宗村 港 大林組。 宗村港(大林組社員)の画像は?学歴や年収の詳細や結婚しているか調査!|ひつじのいいネタ

【東京】大林組社員(27)を逮捕 就職活動のOB訪問に来た女子大学生をマンションの部屋に連れて行き、わいせつな行為をした疑い

宗村 港 大林組

警視庁は就職活動中の20歳代の女子大学生にわいせつ行為をした強制わいせつの疑いで、大手ゼネコン「大林組」社員の宗村港(むねむらみなと)容疑者(27才)を2月18日に逮捕した。 宗村港容疑者(27才) 「2人は『VISITS OB』という社会人と学生をつなぐスマートフォンのアプリがきっかけで知り合いました。 このアプリは就活生のOB訪問を支援するもので、会員登録した学生がプロフィールを見て、会ってみたい社会人を選ぶというシステムです。 外務省や経産省、大手企業の社会人らが登録しています」(捜査関係者) 宗村容疑者は1月27日、就活についてアドバイスすると女子大生を品川駅近くの喫茶店に呼び出したという。 「宗村容疑者はそこで言葉巧みに面接のための資料をパソコンで見せながら説明した方がいい、と誘いました。 パソコンは事務所にあると喫茶店から女子大生を連れ出し、会社の事務所ではなく、宗村容疑者の自宅マンションに連れて行きました」(前出の捜査関係者) 宗村容疑者は自宅で女子大生に襲いかかり、わいせつ行為に及んだという。 大林組の関係者によれば、宗村容疑者は関東の有名大学卒業後、大林組に入社。 スポーツマンタイプで、マラソンや水泳、ゴルフが得意だったという。 「事件を聞いてビックリした。 女子大生、しかも就活生を襲うなんて信じられない」(大林組関係者) だが、宗村容疑者は余罪も追及されているという。 「アプリは就活生側からOB訪問したいと最初に求めるもの。 OBが優位な立場にある就活を逆手に取り、宗村容疑者はわいせつ事件が表に出ると就職には不利だという内容の口止めをしていた。 喫茶店に呼び出し、事務所と称して自宅に連れ込む手口も手慣れた感があるので、今後、余罪を追及する」(前出の捜査関係者) 2018年10月22日 JR東海が発注したリニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件の裁判で、東京地裁は、大手ゼネコン「大林組」に対し罰金2億円、「清水建設」に対し罰金1億8000万円の判決を言い渡しました。 大手ゼネコン「大林組」「清水建設」「大成建設」「鹿島建設」の4社は、JR東海が発注したリニア中央新幹線の新しい品川駅と名古屋駅の工事の入札で談合し、受注する業者を決めていたとして、独占禁止法違反の罪に問われています。 大林組と清水建設はこれまでの裁判で起訴内容を認め、検察側は、大林組と清水建設に対し罰金2億円を求刑しています。 22日の判決で、東京地裁は、「国のゼネコン業界トップの一角を占める2社が国家的プロジェクトであるリニア中央新幹線の工事で違法な受注調整をしていた点で、社会に与えた影響は大きい」と指摘。 その上で、「2社の談合体質は根深いと言わざるを得ない」として、大林組に罰金2億円、清水建設に罰金1億8000万円の判決を言い渡しました。 この談合事件をめぐっては、「大成建設」と「鹿島建設」の担当者2人も起訴されていますが、起訴内容を否認しているため、公判前整理手続きで争点がまとまっておらず、裁判の期日が決まる見通しは立っていません。

次の

【東京】大林組社員(27)を逮捕 就職活動のOB訪問に来た女子大学生をマンションの部屋に連れて行き、わいせつな行為をした疑い

宗村 港 大林組

警視庁は就職活動中の20歳代の女子大学生にわいせつ行為をした強制わいせつの疑いで、大手ゼネコン「大林組」社員の宗村港(むねむらみなと)容疑者(27才)を2月18日に逮捕した。 宗村港容疑者(27才) 「2人は『VISITS OB』という社会人と学生をつなぐスマートフォンのアプリがきっかけで知り合いました。 このアプリは就活生のOB訪問を支援するもので、会員登録した学生がプロフィールを見て、会ってみたい社会人を選ぶというシステムです。 外務省や経産省、大手企業の社会人らが登録しています」(捜査関係者) 宗村容疑者は1月27日、就活についてアドバイスすると女子大生を品川駅近くの喫茶店に呼び出したという。 「宗村容疑者はそこで言葉巧みに面接のための資料をパソコンで見せながら説明した方がいい、と誘いました。 パソコンは事務所にあると喫茶店から女子大生を連れ出し、会社の事務所ではなく、宗村容疑者の自宅マンションに連れて行きました」(前出の捜査関係者) 宗村容疑者は自宅で女子大生に襲いかかり、わいせつ行為に及んだという。 大林組の関係者によれば、宗村容疑者は関東の有名大学卒業後、大林組に入社。 スポーツマンタイプで、マラソンや水泳、ゴルフが得意だったという。 「事件を聞いてビックリした。 女子大生、しかも就活生を襲うなんて信じられない」(大林組関係者) だが、宗村容疑者は余罪も追及されているという。 「アプリは就活生側からOB訪問したいと最初に求めるもの。 OBが優位な立場にある就活を逆手に取り、宗村容疑者はわいせつ事件が表に出ると就職には不利だという内容の口止めをしていた。 喫茶店に呼び出し、事務所と称して自宅に連れ込む手口も手慣れた感があるので、今後、余罪を追及する」(前出の捜査関係者) 2018年10月22日 JR東海が発注したリニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件の裁判で、東京地裁は、大手ゼネコン「大林組」に対し罰金2億円、「清水建設」に対し罰金1億8000万円の判決を言い渡しました。 大手ゼネコン「大林組」「清水建設」「大成建設」「鹿島建設」の4社は、JR東海が発注したリニア中央新幹線の新しい品川駅と名古屋駅の工事の入札で談合し、受注する業者を決めていたとして、独占禁止法違反の罪に問われています。 大林組と清水建設はこれまでの裁判で起訴内容を認め、検察側は、大林組と清水建設に対し罰金2億円を求刑しています。 22日の判決で、東京地裁は、「国のゼネコン業界トップの一角を占める2社が国家的プロジェクトであるリニア中央新幹線の工事で違法な受注調整をしていた点で、社会に与えた影響は大きい」と指摘。 その上で、「2社の談合体質は根深いと言わざるを得ない」として、大林組に罰金2億円、清水建設に罰金1億8000万円の判決を言い渡しました。 この談合事件をめぐっては、「大成建設」と「鹿島建設」の担当者2人も起訴されていますが、起訴内容を否認しているため、公判前整理手続きで争点がまとまっておらず、裁判の期日が決まる見通しは立っていません。

次の

OB訪問の女子大学生にわいせつ容疑 大林組の社員逮捕:朝日新聞デジタル

宗村 港 大林組

スポンサーリンク 宗村港容疑者が起こした事件の概要 まずは、宗村港容疑者が起こした事件の概要をチェックしてみましょう。 宗村港容疑者は、2019年1月27日の夜に、東京都港区にある自宅マンションで、20代の女子大学生にわいせつな行為をして、警視庁三田署に逮捕されました。 宗村港容疑者は、被害に遭われた女子大生と、OBと就活学生をつなぐスマートフォンアプリを使って出会っており、事件があった日が初対面だったということです。 はじめは、会社の近くにある喫茶店にて話をしていただけのようですが、後に宗村港容疑者は女子大生に 「パソコンを見ながら説明したい。 」「面接指導もする。 」と言って、女子大生を自宅マンションに誘っています。 宗村港容疑者の逮捕について、大林組は 「社員が逮捕されたことは遺憾で、詳しい事実関係を確認している」とコメントを残していました。 スポンサーリンク 宗村港容疑者の顔画像 宗村港容疑者の顔画像はすでに特定されています。 会社関係のホームページでは、ビシッとスーツ姿で決まっており、まさか女子大生にわいせつな行為を行うという事件を起こす青年には見えません。 宗村港容疑者は、2019年2月21日現在の 年齢は27歳。 出身地は、 神奈川県横浜市。 逮捕時は、報道にもあったように、 東京都港区にあるマンションに住んでいました。 港区のマンションに住まれていたとのことで、かなり年収も高いことが分かりますし、大林組の中でもかなり年収は高く、優秀な社員だったのでしょう。 ちなみに、大林組の年収は、20代で約800万円だといわれています。 経済的にも、勤め先もかなり充実した環境だったのに、大きな事件を起こしてしまったことが残念で仕方ありませんよね。 スポンサーリンク 宗村港容疑者の経歴と大学 宗村港容疑者の出身大学は、 法政大学経営学部経営戦略学科です。 法政大学という名誉ある大学を卒業しているとのことで、かなり学力も高かったことが判明しています。 宗村港容疑者は2014年に、法政大学を卒業しています。 Facebookアカウントも所有しており、アカウントを覗いてみると、ゴルフをやっている姿もあり、プライベートもかなり充実していた方だったようですね。 Facebook上では、友人も非常に多く、友人たちも法政大学を卒業している方が多かったので、学生時代の友人とは今でも交流はあったものだと思われます。 法政大学を卒業してからは、報道にもあったように、大林組に就職。 2015年6月のときには、大林組防災情報センターという部署に所属していたことが判明しています。 スポンサーリンク 事件のキッカケとなった使用アプリを公開! 宗村港容疑者は、OBと就活学生をつなぐスマートフォンアプリを使って、被害者の女子大生と出会ったといわれています。 では、宗村港容疑者が使用していたアプリは一体どんなアプリなのか? それも、すでに特定されています。 宗村港容疑者が利用していたアプリの名前は、 VISITS OB。 このアプリは、報道にもあったように、最前線で活躍する社会人と学生をつなぐサービスで、学生側は気になった社会人と連絡先を交換したりして、実際に会うこともできるといった画期的なアプリです。 現在、就職も非常に困難となっていて、就職してもブラックな企業ばかりが目立っていますから、就活中の学生には非常に嬉しいサービスのようですね。 被害に遭われた女子大生も、大林組という名誉ある会社に勤める宗村港容疑者のプロフィールなどを閲覧した上で、信用できると思って、会いに行ったのでしょう。 しかし、実際には事件に巻き込まれてしまい、被害届を提出する結果となってしまったのです。 VISITS OBには、ムネというアカウント名で登録されているものがあり、宗村港容疑者と年齢も一致しているとのことで、利用していたアプリがVISITS OBと特定されたようです。 今回紹介したVISITS OBというアプリのサービスは間違いなく、優秀であり、社会貢献しているものなので、今後は正しく利用される方が増えるのを祈るばかりですね。

次の