こつ りょう と は。 手の骨

あじさい ちりょう院・整骨院

こつ りょう と は

俗に こしぼね ともいわれるもので、全体としてはすり鉢、あるいは水盤の形に似た輪状の骨格である。 ラテン語学名Pelvisは「たらい」の意。 骨盤は頭蓋 とうがい や胸郭の骨とは違って、きわめて厚い堅固な壁を形成している骨格で、腰椎 ようつい 以上の脊柱 せきちゅう 可動部分を支えるほか、体幹の重量をも支えている。 とくに腸管や骨盤臓器の保持に役だち、下肢骨の基部ともなっている。 骨盤は4個の骨が組み合わさって構成されている。 すなわち、外側と前方の壁をつくる左右の寛骨 かんこつ 、および後壁をつくる仙骨と尾骨である。 左右の寛骨は腸骨、恥骨、坐骨 ざこつ が化骨癒合したもので、前方では恥骨結合の部分で結合し、後方では中央部の仙骨の左右側面にある耳状面で結合して仙腸関節をつくっている。 尾骨は仙骨の下端に付着している。 骨盤内壁面からみて、仙骨上端前縁にあたる岬角 こうかく 、腸骨内面の骨稜 こつりょう として走る弓状線、恥骨結合上縁、これらを通る輪状の線を分界線とよび、この分界線の面を境にして上方を大骨盤、下方を小骨盤に区別する。 大骨盤腔 くう は前方がまったく開放されているが、小骨盤腔(骨盤腔ともいう)は完全な筒形を形成している。 大骨盤腔は腹腔下部にあたり、両外側壁に腸骨翼の広い面があり、全体として前上方に拡張している。 分界線に囲まれたこの空間部分を骨盤上口 じょうこう とよぶ。 小骨盤の下縁は不規則な線で囲まれ、平面ではないが、この線内の空間部分を骨盤下口 かこう とよぶ。 骨盤下口の前正中部は左右恥骨の結合部にあたり、結合部の下側に恥骨下角 かかく ができる。 この恥骨下角の部分から左右の恥骨と坐骨の下縁に至る弓状線を恥骨弓とよぶ。 骨盤上口の広さを示すものとして、前後径、横径、斜径の3主要径がある。 前後径(縦径)は恥骨結合上縁と岬角とを結ぶ線で、解剖学上では真結合線ともいう。 男性は約10. 5センチメートル、女性は約11. 5センチメートルである。 前後径では、このほか、恥骨結合上縁から下方1センチメートルの点から岬角までの距離を産科結合径といい、分娩 ぶんべん の経過に密接な関係がある。 横径は分界線間の最大距離で、男性は約18センチメートル、女性は約12. 5センチメートルである。 斜径は一側の仙腸関節から対側の腸恥隆起まで斜めに走る距離で、男性は約11センチメートル、女性は約12センチメートルである。 骨盤下口の広さを示す場合は二つの径、すなわち前後径と横径がある。 前後径は尾骨尖 せん から恥骨結合下縁までで、男性は約10. 5センチメートル、女性は約11センチメートルであるが、尾骨が後方に動くため、距離に多少の幅がある。 横径は左右両側の坐骨結節間の距離で、男性は約9. 5センチメートル、女性は約11センチメートルである。 骨盤には多くの計測径が選定されており、解剖学上、また人類学上の目的で利用される。 しかし、女性の場合には胎児が通過する産道として考えるとき、骨盤の計測値は、分娩上とくに重要なものとなる。 ところが、骨盤内の計測は一般にむずかしいものであるため、臨床上は骨盤外計測を用い、間接的に骨盤の大きさを算出する。 たとえば、外結合線(前後径)として恥骨結合上縁と第5腰椎棘突起 きょくとっき 先端との距離、稜間径として左右の腸骨稜間の距離がある。 また、棘間径として左右腸骨の上前腸骨棘間の距離を測るが、これは骨盤上口の間接的な横径となる。 体内における骨盤の位置は、解剖学的な正常立位では体軸に対して斜めとなり、骨盤上口の面が水平面に対して約50~60度前方に傾斜している(これを骨盤傾度という)。 骨盤下口の面は水平面に対して10~15度の傾きである。 骨盤の形態は男女の骨格のなかでは、もっとも性差が著しい。 骨盤の性差は胎生4か月には現れるといわれるが、幼年期まではあまり著しい相違がなく、骨盤上口をみても、男女とも前後径の長い卵円形を示している。 ところが10歳前後から性差が著明に現れ始め、思春期では完全に男女差ができる。 しかし、骨盤の大きさは性差ばかりでなく同性間における個人差も大きい。 一般に女性骨盤は分娩時の胎児の産道となるため、これに適した形態をとる。 このため、男性に比べて、大骨盤は広く外方に広がり、小骨盤は低くて広い。 また、仙骨岬角の突出が弱く、前面から平らなので、骨盤上口は大きく楕円 だえん 形に近くなる。 骨盤下口も広く、仙骨が幅広く短いので、それだけ胎児の脱出が容易となる。 なお、恥骨結合の高さは女性の場合は男性より低いため、恥骨下角 かかく が鈍角(70~80度)となる。 男性の場合は鋭角(50~60度)の弓状を示している。 したがって、古い骨で男女の鑑別をする場合、この恥骨下角を調べると確実に性別が判定できる。 女性骨盤を全体としてみると、繊細で弱く、靭帯 じんたい は緩く、筋の付着も浅い。 一般に骨盤腔という場合は小骨盤腔をさし、骨盤下口は筋や腱 けん の軟部組織で閉じられており、男性では尿道、直腸、女性では尿道、直腸、腟 ちつ が貫いている。 [嶋井和世] 動物の骨盤脊椎動物の左右の腰帯をつくる3骨(腸骨、恥骨、坐骨)とそれを結合する脊椎骨の部分(仙骨)からなる構造体をいう。 哺乳 ほにゅう 類ではこれらの骨が合体して単一の構造体をなしている。 骨盤の形態は雌雄で異なり、雌では妊娠時に子宮を支えるために、骨盤の上部腔所(骨盤腔)が雄に比べて大きい。 哺乳類の腰帯の3骨は初め軟骨で結合しているが、のちに化骨して境界が不明瞭 ふめいりょう となると寛骨とよばれる。 左右の寛骨は、背側で仙骨と融合し、腹正中線上で骨盤結合により結ばれている。 骨盤結合は恥骨結合と坐骨結合の2部分よりなる。 大腿骨 だいたいこつ が収まるところを骨盤臼 きゅう といい、骨盤臼は上を腸骨、下前方を恥骨、下後方を坐骨が囲んでいる。 恥骨結合は、妊娠期の終わりになると、リラキシンというホルモンの作用によって緩み、分娩が終わると急速にもとに戻る。 [川島誠一郎].

次の

骨髄炎(こつずいえん)とは

こつ りょう と は

最も普通にみられるものは急性化膿性骨髄炎で,ブドウ球菌などの化膿菌の感染によって,骨やが炎症を起こす病気。 の感染や,弱毒菌の感染で診断が遅れると慢性骨髄炎に移行し,骨髄だけでなく,多くは骨質,骨膜も冒し,壊死 えし に陥らせることがある。 体内の他の病巣から的に感染するもの,周囲組織の炎症の波及によるもの,外傷から直接細菌が侵入するものがある。 病状は発熱,白血球増加などの全身症状,局部のはれと痛みなど。 早期治療が必要で,ペニシリン等の抗生物質投与,局所の切開,排膿など。 腐骨が認められる場合は,再発の原因となるので手術による除去が必要。 骨質、骨膜、周辺の皮膚にも炎症が波及して発赤、腫脹 しゅちょう 、疼痛 とうつう 、発熱がみられる。 原因はブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎菌、インフルエンザ菌などで、肺炎、腸チフス、化膿性潰瘍 かいよう 、扁桃炎 へんとうえん に続いておこりやすい。 好発部位は大腿骨 だいたいこつ 、頸骨 けいこつ 、上腕骨、橈骨 とうこつ の中間部で、扁平骨にはまれである。 最初は骨髄の蜂巣織炎 ほうそうしきえん の形で炎症が始まるが、やがて膿 うみ がたまり始めると、骨質を貫いているハーバース管を通って化膿が骨外に拡大し、骨膜下に膿がたまる。 また、骨質も侵されて壊死 えし になり腐骨ができると、それを囲むようにして新生骨ができて、骨柩 こつきゅう となり、慢性化して難治性となる。 結核菌による骨髄炎、骨の破壊はカリエスとよばれる。 初期に抗生物質を多量に用いて細菌を死滅させるが、切開排膿、腐骨の摘出、骨の欠損の処置など、治療には時間がかかる。 [伊藤健次郎] どんな病気か 骨に細菌が侵入して、化膿性の炎症を起こす病気です。 骨の内部には骨髄がありますが、血流が豊富で、そこに最初の炎症が起こるため、骨髄炎と呼ばれています。 急に症状が現れる急性化膿性骨髄炎と、慢性化した慢性化膿性骨髄炎とに分けられます。 慢性化膿性骨髄炎は、急性のものが治らないまま慢性化する場合と、最初から慢性型で発症する場合があります。 急性化膿性骨髄炎は、現在では、抗生物質の発達によって非常に治療効果が上がっていますが、慢性化すれば、再発を繰り返して治療が難しくなります。 また、抗生物質が効きにくいMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などが感染して発病する場合や、抵抗力が落ちている場合は、炎症が全身に波及する( はいけつしょう )こともまれにあり、現在でもなお重要な疾患のひとつです。 小児では、成長に伴って骨の短縮や過成長などの後遺障害が問題となることもあります。 原因は何か 細菌が骨に侵入する経路には、以下の3つのパターンがあります。 急性化膿性骨髄炎は、小児に多く、 だいたいこつ や けいこつ 、上腕骨などの部位に起こりますが、その理由として、骨が成長するために血流が豊富であることや、その末端が細菌がとどまりやすい構造になっていることなどが考えられています。 細菌が骨髄の中で繁殖し、うみがたまると( 膿瘍 のうよう )、骨の表面に波及したり、骨の血流を妨げることにより 骨壊死 こつえし ( 腐骨 ふこつ )を引き起こしたり、骨が吸収され、破壊されることもあります。 そのため、抗生物質がより効きにくい原因にもなります。 慢性骨髄炎では、腐骨の周囲を取り囲むように新しい骨が形成されることにより、炎症の病巣はそれ以上は広がりませんが、長期に細菌がとどまりやすくなり、慢性の感染が持続します。 、血液 とうせき 、薬物の常用(副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤など)などで治療中の人は、感染に対する抵抗力が落ちているので、化膿性骨髄炎にかかりやすく、さらに症状が慢性化することがあります。 感染は細菌または真菌類によって引き起こされます。 原因となる菌は、黄色ブドウ球菌が最も多く、最近ではMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の比率が高まっています。 その他、 緑膿菌 りょくのうきん 、表皮ブドウ球菌、変形菌、などがあげられます。 症状の現れ方 上気道炎 じょうきどうえん や尿路感染などの他の部位の感染症に続いて発症することがありますが、急性化膿性骨髄炎の多くは原因が明らかでなく、発熱、不機嫌、食欲不振、全身倦怠などの全身症状や、局所の痛み、はれ、熱感、発赤などで発症します。 小児の場合、痛みのため動かそうとせず、動かすと泣くことが重要な症状の現れ方となることがあります。 また、小児で大腿骨や上腕骨などに発症した場合、感染が関節内まで及び、も引き起こすことがあります。 慢性化膿性骨髄炎では局所症状はみられますが、発熱などの全身症状はあまりみられません。 経過が長くなると、皮膚に孔(あな)があいて( 瘻孔 ろうこう )、うみが出てくることもあります。 こういう状態が長期間続くと皮膚に悪性の変化( 扁平上皮 へんぺいじょうひ がん)を起こすこともあるため注意が必要です。 検査と診断 血液検査とX線検査が行われます。 血液検査では、白血球数の増加、赤血球沈降速度の亢進、C反応性蛋白(CRP)の陽性など、炎症性の変化がみられますが、慢性化膿性骨髄炎で症状が落ち着いている時は、明らかな異常所見がみられない場合もあります。 急性化膿性骨髄炎の初期段階では、X線像では変化が現れにくく、その場合はエコー(超音波)、CT、MRI、骨シンチグラフィなどによる画像検査が有用です。 小児では、発症後1~2週あたりからX線像で骨の変化がみられることもあります。 慢性化膿性骨髄炎では、骨の変化がみられる場合が多く、X線検査が有用で、上記の検査に加え、瘻孔造影(うみが出ている孔から造影薬を注入して撮影)で病変部の範囲を確認することもあります。 さらに、使用する薬剤(抗生物質)の選択のため、原因となる菌を特定する検査が必要です。 瘻孔から出ているうみ、あるいは注射器や手術などによって採取したうみや骨の一部を培養して、菌の種類と効果のある抗生物質を調べます。 また、うみだけでなく血液からの細菌培養を行うこともあります。 菌が証明されれば、診断はほぼ確定できますが、わからない場合もあり、その時は血液検査や画像検査から判断します。 ただ、慢性化膿性骨髄炎の一部で 骨腫瘍 こつしゅよう と区別がつかない場合もあり、その際には骨の一部を採取して顕微鏡による検査(病理学的検査)を行うこともあります。 治療の方法 急性化膿性骨髄炎では、病巣の拡大や慢性化への移行を防止するためにも、診断されれば早急に治療を開始することが重要です。 一般的には、入院、安静のうえ、有効な抗生物質を点滴しますが、細菌培養の検査が未確定の場合は、最も可能性のある抗生物質を使用します。 この治療によっても改善がみられないようであれば、手術による治療が必要となります。 とくに慢性化膿性骨髄炎では腐骨や血行障害により、抗生物質が十分行き届かないため、手術となる場合が多いようです。 手術は、骨に短冊状の窓を開け、中にたまっているうみや壊死した骨をすべて取り除きます。 この部位に再び残った菌が繁殖しないように、抗生物質を含んだ骨セメントや血流の豊富な筋肉を骨の中に入れたり、持続 灌流 かんりゅう (骨の中に入れたチューブで生理的食塩水を持続的に流す)を行ったりします。 これらの操作によって感染がおさまったあと、もし欠損部が大きければ、骨を他の部位から移植するような手術を追加することもあります。 高圧酸素療法も慢性化膿性骨髄炎に有効であり、手術と組み合わせて行われることがあります。 病気に気づいたらどうする 早く治療を開始すれば、それだけ早く治りやすいので、前述のような局所の症状が現れた場合には、すぐに整形外科を受診する必要があります。 とくに小児の場合は、骨の変形などの後遺障害が残る可能性があり、迅速な対応が重要です。 関連項目 、 田中 浩 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について.

次の

骨髄炎(こつずいえん)とは

こつ りょう と は

最も普通にみられるものは急性化膿性骨髄炎で,ブドウ球菌などの化膿菌の感染によって,骨やが炎症を起こす病気。 の感染や,弱毒菌の感染で診断が遅れると慢性骨髄炎に移行し,骨髄だけでなく,多くは骨質,骨膜も冒し,壊死 えし に陥らせることがある。 体内の他の病巣から的に感染するもの,周囲組織の炎症の波及によるもの,外傷から直接細菌が侵入するものがある。 病状は発熱,白血球増加などの全身症状,局部のはれと痛みなど。 早期治療が必要で,ペニシリン等の抗生物質投与,局所の切開,排膿など。 腐骨が認められる場合は,再発の原因となるので手術による除去が必要。 骨質、骨膜、周辺の皮膚にも炎症が波及して発赤、腫脹 しゅちょう 、疼痛 とうつう 、発熱がみられる。 原因はブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎菌、インフルエンザ菌などで、肺炎、腸チフス、化膿性潰瘍 かいよう 、扁桃炎 へんとうえん に続いておこりやすい。 好発部位は大腿骨 だいたいこつ 、頸骨 けいこつ 、上腕骨、橈骨 とうこつ の中間部で、扁平骨にはまれである。 最初は骨髄の蜂巣織炎 ほうそうしきえん の形で炎症が始まるが、やがて膿 うみ がたまり始めると、骨質を貫いているハーバース管を通って化膿が骨外に拡大し、骨膜下に膿がたまる。 また、骨質も侵されて壊死 えし になり腐骨ができると、それを囲むようにして新生骨ができて、骨柩 こつきゅう となり、慢性化して難治性となる。 結核菌による骨髄炎、骨の破壊はカリエスとよばれる。 初期に抗生物質を多量に用いて細菌を死滅させるが、切開排膿、腐骨の摘出、骨の欠損の処置など、治療には時間がかかる。 [伊藤健次郎] どんな病気か 骨に細菌が侵入して、化膿性の炎症を起こす病気です。 骨の内部には骨髄がありますが、血流が豊富で、そこに最初の炎症が起こるため、骨髄炎と呼ばれています。 急に症状が現れる急性化膿性骨髄炎と、慢性化した慢性化膿性骨髄炎とに分けられます。 慢性化膿性骨髄炎は、急性のものが治らないまま慢性化する場合と、最初から慢性型で発症する場合があります。 急性化膿性骨髄炎は、現在では、抗生物質の発達によって非常に治療効果が上がっていますが、慢性化すれば、再発を繰り返して治療が難しくなります。 また、抗生物質が効きにくいMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などが感染して発病する場合や、抵抗力が落ちている場合は、炎症が全身に波及する( はいけつしょう )こともまれにあり、現在でもなお重要な疾患のひとつです。 小児では、成長に伴って骨の短縮や過成長などの後遺障害が問題となることもあります。 原因は何か 細菌が骨に侵入する経路には、以下の3つのパターンがあります。 急性化膿性骨髄炎は、小児に多く、 だいたいこつ や けいこつ 、上腕骨などの部位に起こりますが、その理由として、骨が成長するために血流が豊富であることや、その末端が細菌がとどまりやすい構造になっていることなどが考えられています。 細菌が骨髄の中で繁殖し、うみがたまると( 膿瘍 のうよう )、骨の表面に波及したり、骨の血流を妨げることにより 骨壊死 こつえし ( 腐骨 ふこつ )を引き起こしたり、骨が吸収され、破壊されることもあります。 そのため、抗生物質がより効きにくい原因にもなります。 慢性骨髄炎では、腐骨の周囲を取り囲むように新しい骨が形成されることにより、炎症の病巣はそれ以上は広がりませんが、長期に細菌がとどまりやすくなり、慢性の感染が持続します。 、血液 とうせき 、薬物の常用(副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤など)などで治療中の人は、感染に対する抵抗力が落ちているので、化膿性骨髄炎にかかりやすく、さらに症状が慢性化することがあります。 感染は細菌または真菌類によって引き起こされます。 原因となる菌は、黄色ブドウ球菌が最も多く、最近ではMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の比率が高まっています。 その他、 緑膿菌 りょくのうきん 、表皮ブドウ球菌、変形菌、などがあげられます。 症状の現れ方 上気道炎 じょうきどうえん や尿路感染などの他の部位の感染症に続いて発症することがありますが、急性化膿性骨髄炎の多くは原因が明らかでなく、発熱、不機嫌、食欲不振、全身倦怠などの全身症状や、局所の痛み、はれ、熱感、発赤などで発症します。 小児の場合、痛みのため動かそうとせず、動かすと泣くことが重要な症状の現れ方となることがあります。 また、小児で大腿骨や上腕骨などに発症した場合、感染が関節内まで及び、も引き起こすことがあります。 慢性化膿性骨髄炎では局所症状はみられますが、発熱などの全身症状はあまりみられません。 経過が長くなると、皮膚に孔(あな)があいて( 瘻孔 ろうこう )、うみが出てくることもあります。 こういう状態が長期間続くと皮膚に悪性の変化( 扁平上皮 へんぺいじょうひ がん)を起こすこともあるため注意が必要です。 検査と診断 血液検査とX線検査が行われます。 血液検査では、白血球数の増加、赤血球沈降速度の亢進、C反応性蛋白(CRP)の陽性など、炎症性の変化がみられますが、慢性化膿性骨髄炎で症状が落ち着いている時は、明らかな異常所見がみられない場合もあります。 急性化膿性骨髄炎の初期段階では、X線像では変化が現れにくく、その場合はエコー(超音波)、CT、MRI、骨シンチグラフィなどによる画像検査が有用です。 小児では、発症後1~2週あたりからX線像で骨の変化がみられることもあります。 慢性化膿性骨髄炎では、骨の変化がみられる場合が多く、X線検査が有用で、上記の検査に加え、瘻孔造影(うみが出ている孔から造影薬を注入して撮影)で病変部の範囲を確認することもあります。 さらに、使用する薬剤(抗生物質)の選択のため、原因となる菌を特定する検査が必要です。 瘻孔から出ているうみ、あるいは注射器や手術などによって採取したうみや骨の一部を培養して、菌の種類と効果のある抗生物質を調べます。 また、うみだけでなく血液からの細菌培養を行うこともあります。 菌が証明されれば、診断はほぼ確定できますが、わからない場合もあり、その時は血液検査や画像検査から判断します。 ただ、慢性化膿性骨髄炎の一部で 骨腫瘍 こつしゅよう と区別がつかない場合もあり、その際には骨の一部を採取して顕微鏡による検査(病理学的検査)を行うこともあります。 治療の方法 急性化膿性骨髄炎では、病巣の拡大や慢性化への移行を防止するためにも、診断されれば早急に治療を開始することが重要です。 一般的には、入院、安静のうえ、有効な抗生物質を点滴しますが、細菌培養の検査が未確定の場合は、最も可能性のある抗生物質を使用します。 この治療によっても改善がみられないようであれば、手術による治療が必要となります。 とくに慢性化膿性骨髄炎では腐骨や血行障害により、抗生物質が十分行き届かないため、手術となる場合が多いようです。 手術は、骨に短冊状の窓を開け、中にたまっているうみや壊死した骨をすべて取り除きます。 この部位に再び残った菌が繁殖しないように、抗生物質を含んだ骨セメントや血流の豊富な筋肉を骨の中に入れたり、持続 灌流 かんりゅう (骨の中に入れたチューブで生理的食塩水を持続的に流す)を行ったりします。 これらの操作によって感染がおさまったあと、もし欠損部が大きければ、骨を他の部位から移植するような手術を追加することもあります。 高圧酸素療法も慢性化膿性骨髄炎に有効であり、手術と組み合わせて行われることがあります。 病気に気づいたらどうする 早く治療を開始すれば、それだけ早く治りやすいので、前述のような局所の症状が現れた場合には、すぐに整形外科を受診する必要があります。 とくに小児の場合は、骨の変形などの後遺障害が残る可能性があり、迅速な対応が重要です。 関連項目 、 田中 浩 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について.

次の