その くせ 未来 が 怖く て 歌詞。 歌詞 「アスノヨゾラ哨戒班」96猫 (無料)

アスノヨゾラ哨戒班/夏代孝明の歌詞

その くせ 未来 が 怖く て 歌詞

歌手: 作詞: 作曲: めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YES と 365限られた日 何度一緒に繰り返せる? 『Will you marry me? 』 『Will you be with me? 』 その答えは決まっていた 寂しがりで泣き虫で 弱くってそのくせ強がりで どうしようもない私を そっとぎゅっと抱きしめるその腕は 世界で一番の HERO 離さないでどうか Never let you go 恋が愛に色づくこと 君と出会い知ったこと 忘れないでいよう この始まりの日 今日の涙と薬指の Ring 未来照らす輝きになる めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YES と 365限られた日 何度一緒に繰り返せる? どうかどうかどうかどうか 二人幸せになりますように 『Will you marry me? 』 『Will you be with me? 』 その答えは決まっているから すれ違って喧嘩もして もうダメ.... って思う事もあった だけど赤い糸は繋がってて 心はやっぱり一つだった 大好きだからこそ Missin' you 眠れなかったあの頃は過去 愛が永遠に色づけば もうなにも怖くないよ 側にいることで 強くなれるから プラスになって倍にも変われて 最高のパートナーでありたい めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YES と 一生かけて I love you 誓うから Stay by my side こんな私だけどいいかな? 交わったこの道が重なるなら どこまでもいける気がするから めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YESと 365限られた日 何度一緒に繰り返せる? どうかどうかどうかどうか 二人幸せになりますように 『Will you marry me? 』 『Will you be with me? 』 その答えは決まっているから.

次の

【Orangestar/アスノヨゾラ哨戒班】の歌詞の意味を徹底解釈

その くせ 未来 が 怖く て 歌詞

歌手: 作詞: 作曲: めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YES と 365限られた日 何度一緒に繰り返せる? 『Will you marry me? 』 『Will you be with me? 』 その答えは決まっていた 寂しがりで泣き虫で 弱くってそのくせ強がりで どうしようもない私を そっとぎゅっと抱きしめるその腕は 世界で一番の HERO 離さないでどうか Never let you go 恋が愛に色づくこと 君と出会い知ったこと 忘れないでいよう この始まりの日 今日の涙と薬指の Ring 未来照らす輝きになる めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YES と 365限られた日 何度一緒に繰り返せる? どうかどうかどうかどうか 二人幸せになりますように 『Will you marry me? 』 『Will you be with me? 』 その答えは決まっているから すれ違って喧嘩もして もうダメ.... って思う事もあった だけど赤い糸は繋がってて 心はやっぱり一つだった 大好きだからこそ Missin' you 眠れなかったあの頃は過去 愛が永遠に色づけば もうなにも怖くないよ 側にいることで 強くなれるから プラスになって倍にも変われて 最高のパートナーでありたい めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YES と 一生かけて I love you 誓うから Stay by my side こんな私だけどいいかな? 交わったこの道が重なるなら どこまでもいける気がするから めぐりめぐった奇跡がここに 今二人を繋げてくれた 愛し愛すこと ともに生きること 君だから迷わず頷いた YESと 365限られた日 何度一緒に繰り返せる? どうかどうかどうかどうか 二人幸せになりますように 『Will you marry me? 』 『Will you be with me? 』 その答えは決まっているから.

次の

歌詞 「アスノヨゾラ哨戒班」96猫 (無料)

その くせ 未来 が 怖く て 歌詞

雪ノ下たちの演奏が終わり、俺は舞台裏で雪ノ下たちを待っていた 「比企谷くん、ちゃんと聴いてくれたかしら?」 「あぁ、聴いたよ。 さすがだとしか思えないわ」 雪ノ下さんは息が上がっている様子なく、雪ノ下の顔の横からひょこっと顔を出し 「次はあなたの番よ」 「わかってるよ」 言葉はいつも以上に少ない。 だが、俺も、雪ノ下も、由比ヶ浜もわかっている。 ちゃんと、伝わっている 「私も、早くあなたの演奏を聴きたいものね」 「おう」 数回言葉を交えて、俺は練習に戻る。 ーーーーーーーーーーーーー 戸塚と材木座と最終確認を終えて、俺たちは着替えを行い舞台裏に向かうと俺たちの前に歌うグループが準備をしていた。 会場は沸き上がり、一色の声が届く 「残るグループもあと二つになりました!!さぁ!!ここからさらに盛り上がっていきましょう!! いいですか~!?」 「「うぇ~い!!!!!!!」」 か、会場が戸部化している!? 「ーーいってきます」 こちらを見ずに、ステージへ向かっていく。 その背中を眺めながら、俺も聞こえるように、でも静かに伝える 「いってこい」 「続いては!!『Afterglow』の皆さんです!!」 [newpage] 美竹は静かに一言 「ーー行くよ」 その一言で、会場が湧く 「ーーアスノヨゾラ哨戒班」 会場から音が消え、静かに始まる 「気分次第です僕は 敵を選んで戦う少年 叶えたい未来も無くて 夢に描かれるのを待ってた」 静かに、じわりじわりと会場も、曲も盛り上がっていく 「そのくせ未来が怖くて 明日を嫌って過去に願って もう如何しようも無くなって叫ぶんだ 明日よ 明日よ もう来ないでよって」 そしてまた、曲が落ち着く 「そんな僕を置いて 月は沈み陽は昇る けどその夜は違ったんだ 君は僕の手を」 四人が美竹の声に引き上げられるように、力強く弾く。 そして一気に盛り上げる 「空へ舞う 世界の彼方 闇を照らす魁星 『君と僕もさ また明日へ向かっていこう』 _ 夢で終わってしまうのならば 昨日を変えさせて なんて言わないから また明日も君とこうやって 笑わせて」 イントロに入り、会場は雪ノ下たちに負けず劣らずの盛り上がりを見せている。 ここで、美竹が、魅せる。 音が邪魔をしないように少し音量を下げって、美竹が静かに、歌詞をかみしめるように歌う 「願ったんなら叶えてしまえやって Eh…… 君は言って」 そして音が止まる。 静かに 「行くよ」 美竹の声が会場に響き ダン!!!!と音が今日一番に大きく盛り上げる 「また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またね Sky Arrow 笑ってよう !!!! 未来を少しでも君といたいから 叫ぼう 今日の日をいつか思い出せ 未来の僕ら!!」 「「わぁぁぁぁあああ!!!!!!」」 会場が湧く 俺は美竹たち、目の前に、ステージに立っている姿は凄かった 「上げてんなぁ……」 これは、まだ一曲目なんだ [newpage] 「楽しんでいってくださいね」 上原の恥ずかしそうに、でもどこか自信のある声で呼びかけ、会場にいる女子がキャーーと言っている。 え、上原女子人気やばくね? 美竹と上原は顔を合わせ、二曲目を弾き始める 「考えたことなかった 外の景色の姿を」 「アタシたちだけの 世界しか知らなくて」 今度は美竹のソロではなく、全員で歌う。 ) 絶対大丈夫だよ、やれるさ!(Yes, Sir! )」 「美しき夜空の 一番星探しに行こう」 美竹の最後、歌い終えると割れんばかりの声援が響き渡った 「「わああぁぁぁぁああああああ!!!!!!」」 [newpage] そして戻ってきた美竹は俺の場所まで来て 「ひ、比企谷……先輩…どうでしたか…?」 美竹は息が整っておらず、途切れ途切れだが俺を見てくる。 ……照れるが、頑張ったからな 「よかったぞ」 俺は美竹の頭に手をのせて、ゆっくり少しだけ撫でて、ギターを持ち戸塚と材木座の元まで行く 「ーー次は俺の番だ」 『ラストを飾ってくださるのは、『The three hope book』です!!』.

次の