琴 奨 菊。 大関・琴奨菊が婚約解消

佐渡ヶ嶽部屋

琴 奨 菊

歴史 [ ] に所属する元・(初代)が1955年(昭和30年)5月場所限りで引退して・11代を襲名すると同時に、数名の内弟子を連れて分家独立する形で佐渡ヶ嶽部屋を創設した。 11代は・、大関・、・らを育てたが、1974年7月場所中に急逝した。 11代が逝去したため、1974年7月場所前に引退して年寄・11代を襲名したばかりの琴櫻が名跡変更し、同年7月に12代佐渡ヶ嶽を襲名して部屋を継承した。 12代は精力的に弟子のスカウト活動に力を注ぎ、先代時代からの内弟子だったを大関に育て上げたほか、関脇・や関脇・(2代)など幕内力士を数多く育て上げ、佐渡ヶ嶽部屋を大部屋へと成長させた。 12代が2005年11月場所13日目(同年11月25日)に定年退職を迎えたため、婿養子の幕内・が同日に現役を引退し、年寄・13代佐渡ヶ嶽を襲名して部屋を継承した。 直後に先代からの弟子であるが大関へ昇進し、2007年には、2011年には(いずれも先代からの弟子)が続いて大関に昇進した。 2006年6月には琴欧洲を筆頭に13人の所属力士が外務省の招きで現地を訪れ、親善相撲を行った。 特徴 [ ] 1965年1月場所から完全部屋別総当たり制度が導入されたが、その時点で幕内力士を出していた部屋の中で唯一、現在に至るまで幕内力士を絶やしたことがない。 所属力士は「琴」という1字が頭に付けられた四股名を名乗っているが、これは11代の故郷であるにあるに由来している。 琴光喜が時に名乗った琴田宮など、本名で土俵に上がる場合でも本名の前に「琴」の字を付けて四股名を作ることが通例である。 12代からは「琴という字は 今に王になるという意味だ」と伝えられた。 ただし、これは1975年あたりからで、それ以前はのように本名を名乗る力士や四股名に「琴」の付かない力士も多く存在した。 部屋の中での呼称は「琴」の部分を省略される。 佐渡ヶ嶽部屋から直接分家独立した例は、を創設した琴風、を創設した琴欧洲の2例。 その他、琴錦(2代)が引退後に尾車部屋へ身を寄せ、その後を創設してへ移籍した。 所在地 [ ]• 徒歩7分• 現在地に移転するまでは、に部屋を構えていた。 師匠 [ ]• 11代:佐渡ヶ嶽登(さどがたけ のぼる、小結・、)• 12代:佐渡ヶ嶽慶兼(さどがたけ よしかね、第53代横綱・、)• 13代:佐渡ヶ嶽満宗(さどがたけ みつむね、関脇・、) 部屋付き親方 [ ]• 佳弘(くめがわ よしひろ、小結・、)• 克之(しらたま かつゆき、前頭3・、) 力士 [ ] 現役の関取経験力士 [ ]• (大関・福岡)12代、13代弟子• (関脇・香川)13代弟子• (前7・宮崎)13代弟子• (前13・千葉)13代弟子 13代の息子• (前15・千葉)13代弟子 横綱・大関 [ ] 横綱 [ ]• (53代横綱・鳥取)11代弟子 大関 [ ]• (香川)11代弟子 入門時• (三重)11代、12代弟子• (愛知)12代、13代弟子• (ブルガリア)12代弟子、13代弟子 幕内 [ ] 関脇 [ ]• (北海道)11代、12代弟子• (富山)12代弟子• (千葉)12代弟子• (群馬)12代弟子• (山形)12代弟子 小結 [ ]• (群馬)12代弟子 前頭 [ ]• (前1・北海道)11代、12代弟子• (前1・大分)12代弟子• (前1・兵庫)12代弟子• (前2・北海道)11代、12代弟子• (前3・沖縄)12代弟子• (前5・北海道)11代、12代弟子• (前5・北海道)11代、12代弟子• (前7・福岡)12代、13代弟子 十両 [ ]• (十2・香川)11代弟子• (十4・石川)12代弟子• (十4・岡山)12代、13代弟子• (十5・福岡)12代、13代弟子• (十7・富山)11代、12代弟子• (十7・北海道)12代、13代弟子• (十9・大阪)12代弟子• (十11・北海道)11代、12代弟子• (十11・福岡)11代、12代弟子• (十12・山口)12代弟子• (十12・島根)12代、13代弟子• (十13・福岡)12代、13代弟子 旧・佐渡ヶ嶽部屋(初代~4代) [ ] 師匠 [ ]• 初代:佐渡ヶ嶽澤右衛門(前2・、)• 2代:佐渡ヶ嶽大五郎(三段目・五百ヶ嶽大五郎、上野国)• 3代:佐渡ヶ嶽澤右衛門(小結・、上野国)• 4代:佐渡ヶ嶽澤右衛門(前1・桟シ初五郎、伯耆国) 力士 [ ] 横綱 [ ]• (7代横綱、) 旧・佐渡ヶ嶽部屋(7代~10代) [ ] 現在の佐渡ヶ嶽部屋とは違い系列であった。 横綱・男女ノ川は、入門当時は高砂部屋であったが、その後10代佐渡ヶ嶽の弟子となった。 戦前の相撲部屋で唯一に本拠を構えたことのある部屋であった。 師匠 [ ]• 7代:佐渡ヶ嶽兵右衛門(十8・戸上山兵右エ門、東京)• 8代:佐渡ヶ嶽兵右衛門(十両・眞崎春吉、不明)• 9代:佐渡ヶ嶽脇太郎(前17・玉ノ川脇太郎、神奈川)• 10代:佐渡ヶ嶽高一郎(前1・、栃木) 力士 [ ] 横綱 [ ]• (34代横綱、茨城) 関連項目 [ ]• - 相撲漫画家。 力士時代は佐渡ヶ嶽部屋所属(三段目46)。 脚注 [ ].

次の

琴奨菊の嫁(奥さん)が美人!かわいいガブピースと琴バウアーって?

琴 奨 菊

大相撲の大関琴奨菊(29=佐渡ヶ嶽)が婚約を解消していたことが12日までに本紙の取材で明らかになった。 琴奨菊は昨年10月に一般女性との婚約を発表。 ところが、その後に婚約は解消となり、4月20日に都内で予定されていた挙式披露宴も中止になったという。 琴奨菊は2009年ごろから佐賀県在住で会社員の一般女性と交際。 正式に婚約を発表したのは昨年10月29日のこと。 九州場所の佐渡ヶ嶽部屋宿舎で婚約者同伴で会見し「いろんな試練を2人で乗り越えていけたら。 力を合わせて頑張っていきたい」と幸せいっぱいの表情で話していた。 実際にこの場所は勝ち越して、大関の地位を守った。 ところが、婚約そのものが解消となり、4月20日に都内で予定されていた挙式披露宴も急きょ中止が決定したという。 一度婚約を発表した力士が、その後に婚約を解消することなど異例中の異例。 いったい、何が起こったのか。 関係者の話を総合すると、婚約発表後から琴奨菊と婚約者の双方が次第に「考え方の違い」を感じるようになっていったという。 3年あまりの交際期間があったとはいえ、東京と佐賀の遠距離交際。 しかも、大関の琴奨菊は日本相撲協会の看板力士として土俵外でも多忙を極め、2人きりで過ごせる時間はごくわずかだった。 その状況は婚約発表後も変わることはなく、お互いの心にすれ違いが生じることにつながったという。 また、一般社会とは全く異なる相撲界の実情も微妙に影響しているとみられる。 将来的に琴奨菊が親方となった場合、夫人は「おかみさん」として部屋の若い衆の世話や後援会への対応など一手に切り盛りしなければならない。 いずれにせよ、結果的にはお互いの理解が十分ではない段階で婚約発表に踏み切ってしまったとの見方もできる。 生涯の伴侶を得たはずの琴奨菊にとって、今回の一件は完全に想定外だった展開。 先場所は8勝7敗と低空飛行に終わったが、やはり婚約解消に至るまでの過程が土俵に影響したのか。 悲願の初優勝、さらにはその先にある横綱挑戦を前に、大きな精神的なダメージを負ったことは間違いない。

次の

琴奨菊は婚約破棄した過去アリ?!結婚相手・石田ゆみはどんな人?

琴 奨 菊

祐未さんは元アパレル会社勤務。 婚約をした際、スポニチは次のように伝えていた。 祐未さんは英語、スウェーデン語などが堪能な小柄な美人。 12年10月に別の一般女性と婚約し、3カ月後に破局した経験のある琴奨菊は13年夏に知人の紹介で交際をスタートさせた。 昨年10月のプロポーズが何ともロマンチックだ。 「今回は、絵本を作りました」。 出身地の柳川にちなんで、どじょうのキャラクターなどが登場する自身の成長ストーリーを自ら考案し、知人に描いてもらった6ページの力作。 その絵本にダイヤの指輪を挟んで「結婚しよう」とプレゼントすると「真摯(しんし)な思いが伝わってきました」と祐未さんからOKが出た。 「ダメ大関」の烙印も押され、引退を考えたこともあった。 しかし、祐未さんとの結婚が転機となった。 祐未さんは結婚後、フードマイスターの資格を取得。 油を使わず揚げ物ができるオーブンレンジも購入した。 「胃に負担をかけないように、消化のいいものを作っています」。 食卓にはひじきなど体にいい食事が並ぶ。 毎晩マッサージで体をほぐし、かかとのひび割れを防ぐためにクリームを塗るのも祐未さんの仕事だ。 そして、相撲の話は一切せず、いつも変わらぬ笑顔で接する。 琴奨菊にはそれが何よりのリラックスだった。 15日間一緒に戦ってくれてありがとう。 またこういう思いができるように努力します」と、祐未さんへの。 琴奨菊と祐未さんは、琴奨菊が32歳の誕生日を迎える30日に。

次の