ワイモバイル スマホプラン。 (受付終了)スマホプランS/M/L|料金・割引|ワイモバイル(Y!mobile)法人/ビジネス向け

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要!法改正による旧プランとの変更点について徹底解説!

ワイモバイル スマホプラン

(同一名義・同一請求先でのお申し込みに限ります。 (同一名義・同一請求先でのお申し込みに限ります。 )「法人割引サービス」と合わせて合計1,000円の割引になります。 また、基本使用料のほかにユニバーサルサービス料が別途かかります。 ユニバーサルサービス料について、詳しくは をご覧ください。 通常速度に戻す場合は 500MB[0. 5GB相当]ごとに500円の追加料金が必要となります。 ワイモバイル法人お客さまセンター( 0120-923-157、平日10:00~17:00)へお申し込みが必要です。 実際のご請求額は個々の税抜額の合計から税額を算出するため、個々の税込金額の合計とは異なる場合がございます。 通話料・通信料 通話料 スマートフォン、ケータイ、固定電話(IP電話含む)への国内通話について、下表の料金が適用されます。 10 分以内の通話 無料 10 分超過の通話 20円/30秒 「スーパーだれとでも定額」の追加で無料に。 1回あたり10分を超える国内通話は、 10分超過分において、30秒につき20円の通話料が別途かかります。 「着信転送サービス」における転送先への通話は、ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。 mobileのオンライン料金案内でご確認いただけます。 ・ 事前にワイモバイルの許可なく、電話機を機器や設備に接続して利用すること。 ・ 通信の媒介、転送機能の利用、または他社が提供するサービスへの接続などで通信による直接収入を得る目的で利用すること。 ・ 特定の協定事業者に係る電気通信設備に対し、一方的な発信または機械的な発信により、一定時間内に長時間または多数の通信を一定期間継続するもの。 ・ 通話以外の用途において利用する通信。 ・ 契約者以外の者の用に供され、それが業として行われるものまたは他人の通信を媒介するもの。 条件 下記のいずれかの条件を満たすことが必要です。 以下料金プランのご契約期間が合計して2年以上であること スマホプラン、スマホベーシックプラン、4G-Sプラン、4G-Sベーシックプラン、ケータイプランSS、ケータイベーシックプランSS• 機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」「ケータイベーシックプランSS」にプラン変更すること•

次の

Y!mobile(ワイモバイル)利用者は『更新月』を確認しておこう

ワイモバイル スマホプラン

シンプルなY! mobile(ワイモバイル)の料金プラン「スマホベーシックプラン」 1,480円からスマホが使える「スマホベーシックプラン」 2019年10月から提供されたワイモバイルの新プランである、スマホベーシックプランは、 データ通信量に応じてS・M・Rの3種類から選べるプランです。 シンプルな料金プランで誰にでも分かりやすいのが特徴。 契約月の翌月から、「新規割」適用で最大6ヶ月間が 700円割引、さらに「おうち割」or「家族割引サービス(2回線目以降)」が適用になるとさらに 500円割引になります。 スマホプランは2019年9月30日で新規受付終了しました。 既にワイモバイルを使っているのユーザーは、引き続きスマホプランを利用できます。 10分を超過した場合は30秒当たり20円が発生するため注意。 とはいえ大抵の要件は10分あれば伝えられると思います。 データ通信量は契約から2年間は「データ増量オプション(500円)」が無料になり、通常よりも増量され、【S:4GB、M:12GB、R:17GB】から選べます。 データ通信量をよく使う方はスマホベーシックプランのRをの申込みをおすすめします。 動画を少し見たりWebブラウザで検索したりなど、一般的な使い方であればスマホベーシックプランのMでも十分だと思います。 通話メインでデータ通信量はそこまで使わない方、動画などはWi-Fi環境で観る方はスマホベーシックプランのSが安くてお得です。 ワイモバイルの対応端末であれば、現在お持ちの端末でそのまま使うことができます。 複数台使いたい人はシェアプランも 複数台で使うならシェアプランがオススメ スマホやタブレットを複数台使う方には シェアプランがオススメです。 シェアプランに加入することで親回線のパケットを最大3回線まで子回線に分けあえます。 データ通信量は「データ増量オプション」適用にしたものになります。 この子回線はデータ通信専用で、タブレットや他社のSIMフリースマートフォンなどでサブ機として使用するのに適しています。 シェアプランの子回線で音声契約は出来ないので、他社のシェアプランのように家族で分けあって使うイメージとは少し違います。 ドコモでは子回線でも基本使用料に加えてシェアオプションの加入が必須となりますが、 ワイモバイルではシェアプランの「基本使用料のみ」でOK。 より安価に複数枚のSIMが使えます。 mobile(ワイモバイル)のケータイ向け「ケータイベーシックプラン SS」 Y! ケータイベーシックプランSSは、AQUOS ケータイ3などの ワイモバイルで販売しているケータイを対象としたプラン。 午前1時~午後9時までの間、ワイモバイル・ソフトバンクのスマホ&ケータイへの通話料が無料なのが最大の特徴。 2年の縛りはなく契約期間はありません。 最も注意が必要な点は、 ケータイベーシックプランSSは通話のみの用途を想定しているプランであること。 SMSは利用できますが、 メールやインターネットを利用するにはパケット定額サービスへの申し込みが別途必要(月300円)になります。 なお、パケット定額サービスは使用した分だけ料金を払うタイプで、料金は何も使わなければ0円で上限額は4,500円。 月々最大2. 5GBまで高速データ通信を利用できます。 また、ケータイベーシックプランSSの契約期間の縛りはなく解約金もありません。 5GBまで高速データ通信が利用可能 通話定額オプション「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額」 国内通話が無制限でかけ放題になる「スーパーだれとでも定額」 「スーパーだれとでも定額」は時間制限・回数制限なしでかけ放題になります。 ワイモバイル・ソフトバンクだけでなく、他社も含めて多く電話する方はオススメのオプションです。 スマホベーシックプラン、ケータイベーシックプランSSも月額1,000円から申込み可能です。 データプランはその名の通りデータ通信専用のSIMカードで音声通話は利用できません。 月額料金 データ通信量 データベーシックプランS 1,980円 1GB データベーシックプランL 3,696円 7GB Y! mobile(ワイモバイル)の料金プランと組み合わせられるお得な割引・キャンペーン ワイモバイルの料金を更にお得にするにはキャンペーン情報を厳選してご紹介します。 複数台契約するとお得になる割引もあるので、家族揃ってワイモバイルに乗り換えている方も増えています。 家族割引サービス 複数台契約で子回線の月額料金を割引 ワイモバイルで複数台契約すると、 2回線目以降の基本使用料が500円割引されます。 親回線として、スマホベーシックプラン(S・M・R)・データベーシックプランL・Pocket WiFi(ベーシック)の各料金プランに契約していることが条件。 スマホベーシックプラン(S・M・R)・データプランL・Pocket WiFiプラン2(ベーシック)・Pocket WiFiプラン2ライト(ベーシック)に契約した小回線が、最大9回線まで割引の対象になります。 データ増量オプションの月額料金は500円なので、 2年間で12,000円相当の割引になります。 データ増量オプションはその名の通り データ通信量が増量になる優れもの。 トップページのアクセスだけでマイルが貯まる Yahoo! JAPAN関連サービスを使えば使うほどマイルが貯まり、 貯めたマイルをデータ通信量として利用できる「パケットマイレージ」もワイモバイル独自のサービス。 Yahoo! JAPANアプリやブラウザ版のYahoo! トップページを開いて利用するだけで毎日マイルが貯まります。 さらにボーナスマイルやお得なクーポンなどが当たる「パケくじ」もあります。 貯まったマイルは翌月無料で追加できる高速データ通信量になり、 600マイル(プラチナ)まで貯めると翌月のデータ通信量は無制限に!無料でも毎日コツコツアクセスするだけで貯まっていくのでぜひお試しください。 詳しくはこちら: Y! mobile(ワイモバイル)契約者にはYahoo! プレミアムが無料で付いてくる! ワイモバイル契約者はYahoo! プレミアムが無料に また、 Yahoo! プレミアム(月額462円)が無料になるワイモバイル契約者向けのサービス「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」もとってもオトク。 「Yahoo! 人気オークションサイト「ヤフオク!」なども制限なしで利用可能。 Yahoo! 関係のサービスを利用している方はよりお得に使えます。 また、Yahoo! かんたんバックアップが容量無制限で利用できるのもメリットです。 詳しくはこちら: まとめ:メリットがいっぱいのY! mobile(ワイモバイル)に乗り換えよう ワイモバイルの料金プランはシンプルで分かりやすく、通話とネット代コミコミで安くなるのが最大のメリット。 他社でもキャンペーンや割引を駆使するともっと安く抑えることもできますが、契約条件が複雑で分かりにくいことが多いです。 ワイモバイルでは1台でも複数台でも、通話が多くてもデータ通信量が多くても、様々なニーズに合わせて最適な料金が選べます。 ワイモバイルは10分のかけ放題がプランについています。 使い方にもよりますが、毎月通話は少し、SNSとブラウジングをやるくらいの一般的な使い方であれば、大手キャリアから乗り換えても月額のランニングコストを減らすことができます。 大手キャリアの平均的な月額は6,000円~8,000円とされていますが、ドコモとワイモバイルの料金を参考までに簡単に比較してみましょう。

次の

「Y!mobile(ワイモバイル)」の新料金プランはお得? 3つのポイントでチェック【2020年最新版】

ワイモバイル スマホプラン

SPONSORED LINK 「スマホベーシックプラン」がワイモバイルの新料金プランに これまで、ワイモバイルのスマートフォン向け料金プランは「スマホプラン」でした。 しかし、ワイモバイルがスマートフォン向けの新料金プラン「スマホベーシックプラン」を発表したことで、2019年10月1日より「スマホベーシックプラン」が新たなスマートフォン向けの料金プランとなります。 これに伴い、スマホプランの新規申し込み受付は終了となり、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込む場合「スマホベーシックプラン」を利用するようになります。 ただし、現在スマホプランを利用しているワイモバイルユーザーは、2019年10月1日以降も継続してスマホプランを利用する事ができます。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは 画像引用元: ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」とは、契約期間 縛り なしの料金プランで、簡単にまとめると下記のような料金プランになります。 また、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の月額料金などについて詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホベーシックプランの月額料金 上記では、スマホベーシックプランの月額料金を紹介しましたが、スマホベーシックプラン本来の月額料金は下記のようになっており、• スマホベーシックプランS:月額2,680円• スマホベーシックプランM:月額3,680円• スマホベーシックプランR:月額4,680円 新規割などの割引が適用されることで、スマホベーシックプランを月額1,480円~利用する事ができるようになります。 というのも、スマホベーシックプランに適用される「新規割」という割引には、適用期間が設定されているためです。 新規割には、6ヶ月間という適用期間があるので新規割の適用期間が終了すると、• スマホベーシックプランS:月々4GB• スマホベーシックプランM:月々12GB• しかし、データ増量無料キャンペーンは2年経つと、適用終了となります。 その際、データ増量オプションを継続して利用する場合、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は変わりませんが、データ増量オプションの月額料金500円が発生するようになります。 また、データ増量無料キャンペーンの適用終了後、データ増量オプションを解約すればデータ増量オプションの月額料金は発生しませんが、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB が少なくなってしまうので、ご注意ください。 関連サイト: スマホベーシックプランの通話料 ワイモバイルのスマホベーシックプランには、通話無料サービスがセットになっており、1回10分以内の国内通話であればかけ放題となっています。 そのため、1回10分以内の国内通話であれば、何度電話をかけても通話料が発生することはありません。 また、通話無料サービスはスマホベーシックプランに含まれているサービスなので、通話無料サービスを利用するにあたって利用料金は発生しません。 スマホベーシックプランは契約期間 縛り ・違約金 契約解除料 なし ワイモバイルのスマホベーシックプランの最大の特徴は、2年縛りなど契約期間がないという点です。 ワイモバイルの旧プラン「スマホプラン」では、2年間の契約期間が設定されており、契約期間中にワイモバイルを解約・ワイモバイルから他社に乗り換え MNP転出 を行うと、違約金として契約解除料が発生するようになっていました。 しかし、ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」は契約期間がないので、いつ解約や乗り換えを行っても、違約金が発生することはありません。 ワイモバイルの「スマホプラン」と新プラン「スマホベーシックプラン」の比較 ここまで、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」について解説してきましたが、• スマホベーシックプランは料金プランの月額料金が安くなった• スマホベーシックプランは契約期間と違約金がなくなった• ただし、スマホベーシックプランは スマホベーシックプランRが一番高速データ通信容量 GB が多いプランとなっており、スマホプランのように20GBを超える大容量プランがないので、その点には注意が必要です。 関連サイト: ワイモバイルの「スマホプラン」から新プラン「スマホベーシックプラン」へ変更する場合 現在、ワイモバイルでスマホプランを利用している方の中には、 スマホベーシックプランについてわかったし、ワイモバイルに申し込もう。 と思っている方もいるでしょう。 新プランのスマホベーシックプランは、2019年10月1日より受付が開始されるので、ワイモバイルに申し込んでスマホベーシックプランが利用したいのであれば、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込むようにしましょう。 また、ワイモバイルの申し込み方法については、下記の記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。 関連記事: ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは・まとめ• スマホベーシックプランはワイモバイルのスマートフォン向けの新しい料金プラン• スマホベーシックプランは月額2,680円~利用できる• スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は「S:4GB」「M:12GB」「R:17GB」• スマホベーシックプランは1回10分以内の国内通話がかけ放題• スマホベーシックプランには契約期間 縛り がなく違約金も発生しない• スマホプランよりもスマホベーシックプランのほうが月額料金が安い• スマホベーシックプランには大容量プランがない• スマホプランからスマホベーシックプランに変更する際条件を満たせば違約金はかからない 関連サイト:.

次の