ご足労をおかけしますが。 「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご足労をおかけしますが

「ご足労」の意味と類語 「ご足労」は出向いてもらったことへのお礼を意味する 「ご足労」とは、自分のために出向いてもらったことへの感謝を意味する言葉です。 「足を使い移動する労力」という意味がある「足労」に、接頭語である「御(ご)」を加えた敬語表現で、目上の相手へ敬意を表すのに適した言葉となります。 例えば目上の相手に、出向いてもらったことへの感謝を伝える際は、「ご足労いただきありがとうございます」となります。 出向いてもらう前日・当日・後日で言い回し方が異なるため、状況によって使い分けてください。 「ご足労」の読み方は「ごそくろう」 「ご足労」は「ごそくろう」と読みます。 メールや手紙の書き言葉だけでなく、話し言葉としても使われるため、読み間違えないよう注意してください。 類語の「お越し」や「お手数」に言い換える 「ご足労」は「お越し」や「お手数」が類語となり、状況によって言い換えることができます。 例えば、来てもらったことへの感謝を伝える際、「お越し」を使うと「お越しいただきありがとうございます」となります。 一方で、「お手数」という言葉自体には「出向いてもらう」という意味はありませんが、わざわざ出向いてもらうという行為は相手に面倒をかけていることとなるため、「面倒をおかけして」という意味で「お手数」が使えます。 出向いてもらったことへの感謝を伝えるのではなく、申し訳ない気持ちを表す際に「お手数をおかけして申し訳ございません」と使ってください。 目上への「ご足労」の使い方 メールや手紙で使われることも多い 「ご足労」は対話シーンだけでなくメールや手紙など書き言葉としても多く使われます。 訪問してもらう前日のメールや訪問後のお礼のメールで、「ご足労」を使って相手をねぎらうことで丁寧な印象を与えることができるでしょう。 社内の上司と目下の人へは使わない 「ご足労」は社外の人にわざわざ「来てもらう」際に使われる言葉ですので、上司へはあまり使うことのない物言いとなります。 例えば、取引先の人も居合わせているイベントの場で自分の上司に対し「ご足労いただきありがとうございます」と言うとします。 相手からすれば自分の上司と取引先の担当者が同じ対応なのかと疑問を抱いてしまうのではないでしょうか? 考え方や状況にもよりますが、少なくとも社外の人も居合わせている場では必要以上に上司を労うのは適切ではないといえます。 また、「ご足労」は接頭語のついた敬語表現であるため、目下の部下や対等な立場の同僚へは使わないでください。 「ご足労願えますでしょうか?」は失礼 一見すると適した使い方に見える「ご足労願えますでしょうか?」ですが、目上の人に対しわざわざ来てもらうことを願う物言いは相手に失礼となります。 「ご足労」は既に来ることが決まっている際や、来てもらった後に感謝や謝罪の意味を込めて使われます。 「ご足労願えますでしょうか?」の他にも「ご足労ください」は相手の訪問を望んだ物言いとなるため、使わないでおきましょう。 相手に来てほしいことを伝える際は「お越し」を使って、「大変恐縮ではございますが、弊社までお越しいただけますでしょうか?」と申し訳ない気持ちを加えた言い回しが丁寧で適切と言えます。 タイミング別メールで使える「ご足労」の例文 訪問前に使える「ご足労おかけしてすみません」の例文 相手からの訪問が決まった際、わざわざ出向いてもらうことへの謝罪を込めて「ご足労おかけしてすみません」が使えます。 例えば、「イベント当日はご足労おかけしてすみませんが、よろしくお願い致します」となります。 上記の例文を更に丁寧にすると「イベント当日はご足労おかけして申し訳ないのですが、何卒よろしくお願い致します」となります。 メールでは声色や表情が分からないため、できるだけ丁寧な言葉使いを心掛けてください。 訪問後に使える「ご足労いただきありがとう」の例文 メールでわざわざ出向いてくれたことへの感謝を伝えるのに「ご足労いただき」が使えます。 例えば、遠い所から来てもらった人へ対してだと「遠方にも関わらずご足労いただき、誠にありがとうございました」となります。 訪問を断る際に使える「ご足労いただくのも恐縮ですので」の例文 相手の訪問を断る際に「ご足労いただくのも恐縮ですので」が使えます。 「お伺いしてもよろしいでしょうか?」に対して「すみません」だけでは無礼な対応となってしまいます。 相手からの申し出を「わざわざ来てもらうのは申し訳ない」と丁寧に断ることは、相手の気持ちが考えられた断り方と言えるでしょう。 まとめ 「ご足労」とは相手が出向いてくれることへの感謝を表した言葉です。 目上の人へ使うことで労いや感謝を伝えることができますが、上司への使用や「ご足労」を願った言い回し方には注意しましょう。 場合によっては類語に言い換えて正しく使ってください。

次の

「ご足労」の意味とは?類語とメールでの使い方を例文で紹介

ご足労をおかけしますが

「ご足労」の使い方と例文 ご足労いただきますと幸いです 「ご足労いただきますと幸いです」は、 「足を運んでもらえると嬉しく思います」という意味で、相手に出向いてもらいたい時にお願いする場面で使う表現です。 「ご足労」に「~してもらう」の敬語である「いただく」をつけて、「してもらえると嬉しいです」という意味の「幸いです」をつけた言葉です。 「幸い」は、「助かります」や「幸甚です」または「ご足労ただきたく存じます」などに言い換えることができます。 例文 ・取り扱いは本店のみとなりますので、ご足労いただきますと幸いです。 ・実物を見て確認していただきたいので、ご足労いただきますと幸いです。 ・明日、13時までにご足労いただきますと幸いです。 ご足労をおかけしますが、よろしくお願いいたします 「ご足労をおかげしますが、よろしくお願いします」は、 相手に足を運んでもらう時に使う言葉です。 「ご足労いただき~」には足を運んでくれる人に対する労いや感謝の気持ちを表していますが、 「ご足労をおかけしますがよろしくお願いします~」は、 「面倒をかけますが~」という意味合いが強い言葉です。 主に、すでに足を運んでもらうことが決定している場面で 足を運んでもらう前に使うに「面倒をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いします」というニュアンスで使われる表現です。 例文 ・契約書にサインをしていただきたいので、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします。 ・確認していただきたい書類がございますので、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします。 ・お足元の悪い中ご足労をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます 「ご足労をおかけして恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」は、 相手に足を運んでもらいたいときに、お願いする表現方法です。 「恐縮」には「申し訳なく想い、恐れ入る」という意味があり、「何卒」は、「相手に強く懇願する気持ち」を表しています。 つまり、「面倒をおかけして申し訳ないと思いますが、どうしても来てほしいです」という 強い願いを丁寧にお願いしている表現であると言えます。 「ご足労いただけますと幸いです」などの表現よりも、強い意味合いをもっているので、 絶対に足を運んでもらわなければ困るという場面で使われます。 例文 ・訂正印を押していただきたいので、ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申しあげます。 ・関係者の皆様にはご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しい中ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ご足労をおかけして申し訳ございません 「ご足労をおかけして申しわけございません」は、わざわざ足を運んでもらうことに対する 謝罪の意がこめられています。 「申し訳」とは、「言い訳」という意味があり、「申し訳がない」は「言い訳できることがない」ということで、「弁解の余地がない」という意味です。 足を運んでもらうことが決定しているうえで、「ご足労をおかけして申し訳ございませんがよろしくお願い致します」といったような使い方をします。 「申し訳ありませんが」という使用方法もありますが、 「ありません」は謙譲語ではないので、謙譲語である「ございません」をつけた「申し訳ございません」を使用するほうがより丁寧です。 例文 ・わざわざ遠方からご足労をおかけして申し訳ございません。 ・本日はご足労をおかけして申し訳ございません。 ・お忙しい中、弊社の為にご足労いただき申し訳ございません ご足労いただきありがとうございます 「ご足労いただきありがとうございます」は、 足を運んでもらったあとにお礼として使う言葉です。 「してもらう」の謙譲語である「いただく」をつけた丁寧な敬語です。 「来ること」「行く事」の尊敬語である「お越し」を使用して、「お越しいただきありがとうございます」と言い換えることもできます。 わざわざ足を運んでもらった場合は必ずお礼の言葉を伝えるようにしましょう。 例文 ・本日は弊社の為にご足労いただきありがとうございます。 ・お忙しい中、ご足労いただきありがとうございます。 ・私たちの為にご足労いただきありがとうございます。 ご足労いただくのも恐縮ですので 「ご足労いただくのも恐縮ですので」は、相手の訪問する必要のないことを前もって失礼のないように伝える、または、相手の訪問を断る表現方法です。 「してもらう」の謙譲語である「いただく」に、「申し訳なく思い恐れ入ること」という意味の「恐縮」をつけることで、「面倒をかけてしまうのは申し訳なく恐れ多いので」といったニュアンスになります。 わざわざ時間を割いて足を運んでくれようとしてくれた相手に対して失礼のない言葉で「来ていただかなくても大丈夫です」ということを伝えられる言葉です。 例文 ・ご足労いただくのも恐縮ですので、後日こちらから伺わせていただきます。 ・ご足労いただくのも恐縮ですので、後日資料を郵送させていただきます。 ・ご足労いただくのも恐縮ですので、改めて弊社から連絡させていただきます。 ご足労には及びません 「ご足労には及びません」は、 相手の訪問を断る言葉です。 「及びません」とは、「そこまでしなくてもよい・する必要がない」という意味があります。 「わざわざ足を運んでいただかなくて大丈夫ですよ」という言葉をより丁寧にした表現方法だといえるでしょう。 物事を断る表現方法として「結構です」という言葉がありますが、「ご足労いただかなくて結構です」などという使い方をしてしまうと、「大変なので大丈夫ですよ」という意味合いで使っていたとしても、「来ないでください!」と強めの否定捉えられてしまう可能性もあり、失礼にあたります。 断る場合には、「結構です」ではなく「及びません」を使用するほうが丁寧でよいでしょう。 例文 ・ご足労には及びません、お気遣いありがとうございます。 ・今回の件に関してはご足労には及びません。 ご丁寧にありがとうございます。 ・ご足労には及びません、私共のほうから伺わせていただきたく存じます。 「ご足労」の使用上の注意点 「ご足労ください」「ご足労願えますでしょうか」は使用を避けるべき 「ご足労」は、「~してもらう」の謙譲語である「いただく」を付けることで丁寧な敬語になります。 「ご足労ください」や、「ご足労願えますでしょうか」では、 相手に強要するお願いの仕方になってしまいい失礼にあたる場合があるので使用は避けるべきといえるでしょう。 足を運んでもらいたい場合は、上記でも説明したように、「ご足労いただきたく存じます」などの言い方や、「お越しいただけますでしょうか?」と伝えたほうが望ましいといえるでしょう。 「ご足労、お待ちしています」「ご足労、よろしくお願いします」なども失礼にあたる 「ご足労」とは、 「わざわざ足を運んでくれた相手に対する労いの言葉」です。 「ご足労、お待ちしています」では「あなたがわざわざ足を運んでくれることを待っています」という意味になり、「ご足労、よろしくお願いします」では「まざわざ足を運んでください、お願いします」とお願いを強要しているようなニュアンスになってしまいます。 「わざわざ足を運んでもらっている」ということに対する感謝の気持ちとしての意味合いがあることを忘れないようにしましょう。 「ご足労」は社内の上司に使うには慇懃無礼 「ご足労」とは、 お客様や、取引先の相手など社外の人に対して使う言葉です。 同じ社内にいる人に対して「わざわざ足を運んでいただきありがとうございます」という意味のことばである「ご足労」を使用することは不自然なので使わないようにしましょう。 特に、社外の人が居合わせている場合に 同じ社内の人間を労う言葉をかけるのは不適切ですので注意が必要です。 「ご足労」は来てもらう前後で使うとより丁寧 「ご足労」は 来てもらう前の依頼、そして来てもらった後のお礼の両方で使うとより丁寧になります。 例えば、足を運んでもらう前に「ご足労おかけしますが、よろしくお願い致します」と声をかけたり、来ていただいた後に「ご足労いただき、誠にありがとうございました」などと、言い回しは様々ですが、感謝の気持ちを伝えると印象が良いです。 また、足をはこんでもらってから数日後に再び連絡をとるような場面でも、「先日はお忙しい中ご足労いただきありがとうございました」と先にお礼を述べてから、本題に入ると丁寧でいいでしょう。 「ご足労」の類語《来社依頼の言い換え》 弊社までお越しいただけますか? 「お越し」は、「来てもらう」を丁寧にした表現で。 「いただく」は「してもらう」の謙譲語です。 「弊社までお越しいただけますか?」は 「弊社まで来てもらってもいいですか?」という言葉を丁寧にしたものです。 わざわざ足を運んでもらうという恐縮な気持ちをもった柔らかいお願いの表現です。 「お手数をおかけしますが、一度弊社までお越しいただけますか?」といったような使い方をします。 おいでいただけると幸いです。 「おいでいただく」は、「来てもらう」を敬った表現です。 「お出でいただく」または 「おいで頂く」と表記する場合もあります。 「幸いです」は「嬉しく思います」という意味があります。 「おいでいただけると幸いです」は、「来ていただけると嬉しいです」という言葉をより丁寧に相手に伝える表現方法です。 強要しているわけではなく、柔らかいお願いの仕方であるといっていいでしょう。 「お忙しいことと存じますが、おいでいただけると幸いです」というような使い方をします。 いらしていただけませんか 「いらして」は、 「いらっしゃってください」を略した言葉になります。 「いらっしゃってください」は相手に来てもらうことを敬ってお願いする表現です。 つまり、「いらしていただけませんか?」は 「来ていただけませんか?」を丁寧に言った言葉になります。 例えば、「〇月〇日〇時に、弊社までいらしていただけませんか?」というような使い方をします。 お立ち寄りください 「お立ち寄りください」は、 「来てください」を丁寧に言った表現方法です 相手に足を運んでほしい時に使う言葉ですが、「お立ち寄りください」は、「時間があればよかったら来てくださいね」といったように、 来ても来なくてもどちらでもいいと捉える人もいるので、注意しましょう。 また、直接の対話で使う分には問題ないのですが、ビジネスでのメールなど文面ではカジュアルすぎる表現として失礼だなと感じる方もるので注意必要です。 ご来社いただけますか 「ご来社いただけますか?」は、 「会社に来ていただけますか?」を丁寧に言った言葉です。 「ご来社」とは、会社に来るという意味の「来社」に、接頭語である「ご」をつけて、尊敬語にしています。 「〇月〇日〇時までにご来社いただけますか?」というような使い方ができます。 「ご足労」と同様に、会社まで足を運んでいただいた場合には、「ご来社ありがとうございます」とお礼を述べるようにしましょう。 ご来訪いただけますか 「ご来訪いただけますか」は、 「訪ねていただけますか?」という言葉を丁寧にした表現です。 「来訪」とは、 「人が訪ねてくること」という意味があり、「ご」をつけて「ご来訪」という敬語にしています。 「~いただけますか?」という謙譲語をつけることで、「来訪してください」よりカジュアルな表現になります。 「来訪していただけますか?」と言い換えることもできますが、 「ご来訪していただけますか」は間違った敬語になってしまうので、気を付けましょう。 「ご足労」の類似表現との違い 「ご足労」と「お手数」の違い 「お手数」は、 「おてすう」と読み、 「おてかず」と読むこともあります。 「お手数」は、 「動作・作業などにかかる労力を意味しています。 主に、「お手数をおかけします」といったような使い方をし、 「手間や面倒をおかけします」という意味合いで使われる言葉です。 相手に何かをすることをお願いする場面で、「お手数をおかけしますが~」といったように使用します。 「ご足労」は、社内の上司などには使えない場面が多いですが、「お手数」は 社内の上司にも使用することができる尊敬語です。 また、「ご足労」は相手に足を運んでもらう場面で使われることがほとんどですが、「お手数」は、 相手に何かをしてもらうほとんどの場面で使用することができる言葉です。 例文 ・お手数をおかけしますが、提出書類をご確認いただけますでしょうか。 ・お忙しいところお手数をおかけして申し訳ありません。 ・お手数をおかけしますが、確認のほどよろしくお願いいたします。 「ご足労」と「お手間」の違い 「お手間」は、 「おてま」と読みます。 「手間」には、 「あることをするのに費やす時間や労力」という意味があります。 自分自身が、 何かを時間と労力をかけて行った場合には「手間をかける」といい、「手間をかけて作った作品である」といったような使い方をします。 相手に、 時間と労力をかけて何かをしてもらう場合は「手間を取らせる」と言います。 例えば、何かをしてもらった時に、「お手間をとらせてしまい申し訳ありません」といったような使い方をします。 「ご足労」は、 足を運んでもらったことに対するねぎらいの言葉ですが、「お手間」とは、 相手が使ってくれた時間や労力を指す言葉です。 例文 ・なにかとお手間をとらせてしまい申し訳ありませんでした。 ・お手間をとらせることのないよう、きちんと準備させていただきます。 ・お手間でなければ、こちらも確認をお願い致します。

次の

「ご足労をおかけしますが」の意味と使い方の例文!「ご足労いただき」との違いとは?

ご足労をおかけしますが

「お足元の悪い中」の意味 雨や雪、泥などで道や道路のコンディションが悪い中を歩くと足元が汚れます。 悪路の中をわざわざ出向いてくれた相手に対し、 労いと感謝を文字通りの意味で敬語表現した言葉が「お足元の悪い中」です。 敬語表現として使われる言葉ですが、場合によっては差別表現と受け取られかねない言葉でもあります。 使い分けが難しい言葉ではありますが、決して悪い意味の言葉ではありません。 「お足元の悪い中」の使い方 「お足元の悪い中」が使われている主なシチュエーションには、ホテルやデパートなど接客業やお越しいただいたクライアントに対してのビジネスシーンが一例として挙げられます。 労いとおもてなしの言葉として用いられる 「お足元の悪い中」の例文を様々なシーンを想定して紹介します。 「お足元の悪い中、お越しいただき誠にありがとうございます。 」 雨や雪の日などの天候が悪い日に訪ねてきてくれた相手に対して使える言葉です。 「お足元の悪い中」を使う際の基本となる言い回しで、続く言葉に謙譲語を加えたり、少し崩して使用するなど使える場面も幅広く応用が利きます。 差別と感じる人もいるため「お足元の悪い中」を使用する際は注意! 決して悪い言葉ではなく、むしろ丁寧な敬語表現の「お足元の悪い中」という表現に少なからず悪い印象を持つ方もいます。 例えば、 下半身にハンディキャップを持つ方に対して使用するとネガティブなイメージとして捉えられる場合があります。 言った本人に悪気が無くても、相手側が差別と受け止め、悪いイメージを持ってしまうのであればそれは敬語では無くなります。 時と場合を考えて使い分ける必要があるデリケートな言葉であることも理解しておきましょう。 「お足元の悪い中」の類語(言い換え表現) 訪ねてきてくれたことを労い、感謝する言葉に「ご足労」という言葉があります。 先述しましたが、足という言葉を2回使うのは少々くどいと思われるかもしれません。 そのほか、「お足元の悪い中」という言葉は「足が悪い」と受け取られる恐れもあります。 使う相手を間違えると差別と捉えられる可能性があるため、公の場では 「ご足労」を選んだ方が相手に不快感や悪い印象を与えるリスクを回避できます。 「お足元が悪い中」を「ご足労」に言い換えた例文(メール・挨拶など) 日常会話やビジネスシーンのような公の場など、「お足元の悪い中」に変わる「ご足労」を用いた例文を紹介します。 基本的には言い換えただけの文章ですが、使い分けることで 相手の受け取り方や印象がガラリと変わります。 ・ご足労おかけします.

次の