アナキン 父親。 【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由 (2/2)

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由 (2/2)

アナキン 父親

アナキンの父 HOTH PRESS [] [] [] [] [] [] [] [] アナキン・スカイウォーカーの父親は誰か? クワイ・ガンは、シミ・スカイウォーカーに尋ねる。 「あの子の父親は誰だね? 」 シミは答える。 「 父親はいませんでした。 私に言えるのは、・・・あの子を身ごもり、産んだだけ。 何があったのかは、説明できません。 」 「ファントム・メナス」では、「エピソード2」「エピソード3」にかけて、いくつかの伏線が周到に張られ、いくつかの謎が提示された。 そのいくつかの謎のうち最大の謎ともいえるのが、アナキンの父親は誰かという点である。 この問題に関して、「ホス・プレス」では、論点を整理し、いくつかの仮説を提示したい。 まず、シミのセリフをそのまま解釈すると、何もしていないのに、アナキンを身ごもり、そして生んだということになる。 つまり、肉親としての父親がいないということになろろうか。 まず、アナキンの父親候補を大きく分けると、生身の人間である可能性と、生身の人間ではない可能性の二つに大別できる。 A 生身の人間ではない説 (処女懐胎説) まず、シミのセリフ「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」を、比喩や婉曲の表現ではなく、絶対的な事実を語った言葉として理解するなら、シミは処女のまま懐胎したということになる。 処女懐胎といえば、新約聖書、聖母マリアの処女懐胎をまず思い出す。 アナキンは救世主イエスで、シミは聖母マリアのイメージをオーバー・ラップさせたという、については、別に考察している。 アナキンは、シミの処女懐胎によって生まれたのだろうか。 もし、そうならすぐに三つの可能性が想定される。 仮説1 ミディ=クロリアン説 まず、最初に考えるべきは、ミディ=クロリアン説であろう。 なぜなら、直接セリフで語られているからである。 クワイ=ガンは,ジェダイ評議会においてヨーダたちに,「アナキンは,ミディ=クロリアンによる受胎の末,生まれたのかもしれません」と報告している。 ミディ=クロリアンによる受胎と言っている。 純粋に言葉をそのまま理解すると、アナキンは,ミディ=クロリアンによって生まれたことになるのである。 しかし、シミがごく普通の、フォースを持たない人間だとしたら、ミディ=クロリアンによる受胎が、彼女に起こるであろうか。 「ミディ=クロリアンによる受胎」が、平凡な普通の女性に起こる現象だとすれば、全宇宙で多数起こってもおかしくない。 なぜ、シミのもとに、極めて珍しいと考えられる「ミディ=クロリアンによる受胎」が起きたのかが重要となる。 ミディ=クロリアンは゛は誰にでも存在するようだが、シミの、ミディ=クロリアン値が極めて低くくても、「ミディ=クロリアンによる受胎」が起きるのか、ということななろう。 そうなると、シミ・スカイウォーカーとは何者か。 彼女は一体どこから来たのかという点が重要になるだろう。 しかし、スター・ウォーズの世界で、セリフを文字通り解釈するのは危険である。 独特のあいまいさと暗示によって、観客を混乱させ、観客にいろいろなイメージを想起させるというのが、スター・ウォーズである。 文字通り、「ミディ=クロリアンによる受胎」によって、アナキンが生まれたとして、それが「エピソード1」で。 直接言語的説明されてしまっているとしたら、後の「エピソード2」「エピソード3」が、味気ないものになることは間違いない。 「ミディ=クロリアンによる受胎」という表現は、何らかの暗示や象徴、そして伏線である可能性が高く、文字通り解釈すべきものではないように思える。 仮説2 遺伝子操作説 「ファントム・メナス」には、いくつもの映画の影響が垣間見られる。 例えば、以下の作品がそうである。 作品名 類似点 ベン・ハー ポッド・レースのシーンが、そのまんま。 影武者 (黒澤明監督) 影武者が、アミダラ王女に成り代わりる。 乱 (黒澤明監督) バトル・ドロイドとグンガンの合戦シーン。 ブレーブ・ハート バトル・ドロイドとグンガンの合戦シーン。 ローマの休日 王女アミダラが、一般人パドメになって市井の生活と恋を楽しむ。 これらの、過去の映画の影響を考慮すると、アナキンの父親についても、ある映画の強い影響が現れているのではないかという可能性が浮かび上がる。 その作品名は『ブラジルから来た少年』。 『ブラジルから来た少年』は、ヒトラーの細胞から作ったヒトラーのクローン人間を作りだそうというおそろしい計画を扱った作品である。 世界を救うためにフォースの異常に高い子供が、遺伝子技術によって生み出された。 あるいは、シスの暗黒卿らが世界を破壊するために作り出したかもしれないが。 今後の「エピソード2」以降に登場するであろう、クローン大戦。 そして、帝国軍のストーム・トルーパーはクローン技術によって作り出された兵士であるという説がある。 スター・ウォーズ・ユニバースでは、クローン技術は、非常にあたりまえの手法なのである。 それでは、遺伝子操作をしたのは、誰かということになる。。 一番、疑わしいのはダース・シディアスである。 しかし、議長となったパルパティンが、アナキンの存在を全く意に会していないというのは、おかしい。 特に、ダース・モールは、アナキンと1メートル以内まで超接近したではないか。 遺伝子操作をしたのが、シスの暗黒卿の誰か(例えば、シディアスの師匠とかもあるかも)だとすれば、遺伝子操作の結果生まれてくるだろう子供を念頭においた行動がとられるはずだが、そうしたことはない。 遺伝子操作をしたのが、ジェダイ評議会の人間ということはないだろうる。 しかし、「ミディ・クロリアン」という言葉は「クローン」という言葉に似ている。 「アナキンは,ミディ=クロリアンによる受胎の末,生まれたのかもしれません」という、クワイのセリフは、「(アナキンは)クローン技術による受胎の末、生まれたのかもしれません」と理解すれば、遺伝子操作説は十分に考えられるものである。 仮説3 本物の処女懐胎(アナキンは神の子) これは可能性としては、非常に少ないかもしれない。 「エピソード1」には、「新たなる神話のはじまり」というキャッチ・コピーがつけられていた(たしか、トーン・ポエムか何かで)。 「神話」であるとすれば、その主人公は神、ないしは神の子である。 アナキン・スカイウォーカーはイエス・キリストと同じように、処女懐胎によって生まれたという可能性は、ありえないわけではない。 でも、そうなるとスター・ウォーズは宗教映画になっちゃうよ。 アメリカ映画のほとんどは、や聖書思想を背景にして作られている。 そう考えると、スター・ウォーズにおける聖書描写というのも、あくまでも雰囲気の演出材料として理解したほうが良いかもしれない。 アナキンはイエスか B 生身の人間説 仮説1 クワイ・ガン説 もし、アナキンが、生身の人間の子供であるとすれば、まず考えられるのは、クワイ・ガンではないか。 根拠は以下の通り。 ・クワイ・ガンとシミは、初対面とは思えない雰囲気を漂わしている。 特に、クワイがシミの肩に手を回すシーンのクワイの手の動きは怪しい。 二人には何か心の奥で通じているような雰囲気がある。 ・クワイのアナキンの入れ込み様は、尋常ではない。 ヨーダやメイス。 ウィンドゥらジェダイ評議会は、アナキンにジェダイの修行を受けさせることを、強く反対した。 オビ・ワンですら、最初はあまり乗り気ではない。 クワイだけが、強硬にアナキンをジェダイにすることを主張した。 この入れ込みようは何か。 クワイが成熟したジェダイであれば、冷静になってアナキンの危険性を感知したのではないか。 クワイがアナキンの父親であれば、彼のアナキンへの異常な肩入れは説明できるし、自分の息子であれば、冷静な判断を失ったとしてもおかしくはない。 この二人は絶対に怪しい ・クワイは、ナブー兵士の反対を押し切り、強引にタトウィーンに着陸するよう主張する。 そして、モス・エスパにつくと、すぐに(目的地が決まっていたかのようにたやすく)ワトーのジャンク・ヤードを見つけて、店に入っていく。 そして、アナキンと出合う。 このくだりは、クワイがアナキンがどこにいるのかを正確に知っていたかのような印象すら受けるのだ。 「あの子の父親は誰だね? 」 というクワイのセリフは、「あの子の父親は誰だ。 まさか、俺じゃないだろうな。 」という意味にも理解できるかもしれない。 シミとしては、「はい、そうです」とは答えるのは、はずかしいので、「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」と、あいまいな言葉で答えたと言うわけだ。 ・クワイがアナキンを連れて行くと、シミに言ったとき、シミは全く驚きの表情を浮かべなかった。 むしろ、当然の運命として理解していたようだ。 もし、クワイがアナキンの実の父親であれば、自分の子供を連れて行くと言い出したところで、驚くことではないと、理解できるだろう。 シミは非常に人間的にできた人物であるが、それを考慮してもシミの冷静さは、尋常ではない。 自分の大切な一人息子がいなくなるというのに、ほとんど表情も変えないのだから(実際は、少しは変わる)。 以上の根拠から、アナキンの父親がクワイ・ガンである可能性がある。 しかし、それでは、説明ができない点がある。 アナキンのミディ・クロリアン値は、異常に高値を示していた。 アナキンの息子ルークが、強いフォースを持っていたように、フォースは親子の間で遺伝すると考えられる。 アナキンはヨータよりも高いミディ・クロリアン値を持つわけだが、クワイとシミの間に、それだけ高いミディ・クロリアン値を持った子供が生まれるのかという疑問である。 ただ、シミ・スカイウォーカーの出自が不明であるのが、気にかかる。 シミが極めて高いミディ・クロリアン値を持っていたとすれば、絶対に有り得ない話ではなくなる。 仮説2 シスの暗黒卿説 アナキンに人間の父親がいるとすれば、その人物は高いミディ・クロリアン値を持っているだろう。 その観点から、アナキンの父親候補を考えると、シスの暗黒卿ダース・シティアスが思い浮かぶ。 「ファントム・メナス」に登場する人物で、アナキン以外に、極めて高いミディ・クロリアン値を持っている人物は、ダース・シティアスとヨーダということになる。 アナキンはヨーダの身体的特徴を有していないことから、シティアスがかなりあやしいことになる。 こいつなら、やりかねない その根拠は以下の通り。 ・シミが、クワイに父親が誰かと聞かれたときに、あいまいにしか答えられなかったのは、答えたくなかったという可能性が考えられる。 口に出して、その名前を語りたくない、できれば隠しておきたいとシミが考えたのなら、、「あの子を身ごもり、産んだだけ。 」と答えても、おかくしくはない。 この言葉の裏には、「私はそんなことはしたくなかったのに」という意味合いが含まれているかもしれない。 シミはシディアスにレイプされた。 そんな悲惨な過去があれば、シミとしてはその事実は絶対に隠しておきたいはずだ。 シミをなぐさみものにしたシディアスは、その事実を隠すためにシミを奴隷として売ってしまったのだ。 そうすると、シミがなぜ奴隷として、タトウィーンにいたのかという説明にもなる。 ・歴史は繰り返す。 「ファントム・メナス」を見ると、アナキンとルークは、極めて似通った人物として描かれている。 共通点は以下の通り。 表 ルークとアナキンの共通点 ルーク・スカイウォーカー アナキン・スカイウォーカー 辺境の惑星タトウィーンから何とか出たいと思っていた。 奴隷制度のあるタトウィーンから、なんとか出たいと思っていた。 反乱軍に対する強いあこがれ。 ジェダイに対する強いあこがれ。 スカイホッパーのパイロットとして凄腕であった。 ポッド・レーサーのパイロットとして凄腕であった。 ランド・スピーダーを中古屋に売って金を得る。 レース用ポッドを中古屋に売って金を得る。 R2を子分のように連れまわす。 R2を子分のように連れまわす。 命令違反をR2に警告される。 (ダゴバに向かう途中) 命令違反をR2に警告される。 (バトルドロイド指令船に向かう途中) 初戦でデス・スターを爆破。 (爆発の映像も似ている) 初戦で、バトルドロイド指令船を爆破。 (爆発の映像も似ている) 自分の経験を成功に生かした。 「スカイホッパーで、大ネズミを撃つより簡単だ」 自分の経験を成功に生かした。 "The force is strong. "と言われる。 (ダース・ベイダーに、NHで) "The force is strong. "と言われる。 (キアディにジェダイ評議会で) ダース・ベーダー(父親)から、ダーク・サイドへの誘惑をうける。 ダース・シディアスから、ダーク・サイドへの誘惑をうける(? これだけ、ルークとアナキンの共通点がある。 ルークは父親である、ダース・ベイダーから、ダーク・サイドへの誘惑をうけた。 アナキンは、「エピソード2」か「エピソード3」で、ダース・シディアスから、ダーク・サイドへ誘惑される可能性が高い。 歴史はくりかえす。 そう考えると、ダース・シディアスが "I am your father. " と、アナキンを誘惑してもおかしくないではないか。 なお、アナキンの父親は、ダース・シディアス以外の、シスの暗黒卿の可能性もあるかもしれない。 例えば、ダース・モール。 あるいは、ダース・シディアスの師匠とか。 シスの血が流れていたからこそ、シスの暗黒卿タース・ベイダーになってしまったという説明にもなるだろう。 以上のように、ここでは代表的と考えられるいくつかの説について、考察を加えた。 皆さんの、考えはどうであろうか。

次の

アナキン・スカイウォーカー

アナキン 父親

Contents• 考察1:父親はいない 最初の考察としては、アナキンの母親が言ったように、 本当に父親はいないというものです。 そして、アナキンを自然妊娠したとも言っていましたね。 まるで聖母マリアがイエスを授かるようです。 ということは、ストーリーを純粋にとらえるならば、アナキンの父親はいないということになります。 考察2:ダース・プレイガス説 続いての考察は、 アナキンの父親はダース・プレイガスであるという考察です。 ダース・プレイガスは、 非常に強力なフォースを扱うことができるシスの暗黒卿で、パルパティーンのかつての師。 『スター・ウォーズ』シリーズに直接登場したことはありませんが、エピソード3でパルパティーンがダース・プレイガスについて述べていました。 つまり、 人間を作り出すことが可能ということです。 ただし、パルパティーンが言うには、ダース・プレイガスはパルパティーンが寝込みを襲って息の根を止めたということなので、シミの体内にアナキンを宿すまで生きていたのかはわかりません。 スポンサーリンク 考察3:ダース・シディアス説 最後の考察は、 パルパティーンことダース・シディアスがアナキンの父親という考察。 おそらく、パルパティーンがダース・プレイガスの息の根を止めたというのは本当でしょう。 ですが、パルパィーンは師であるダース・プレイガスからあらゆるフォースの力を学んでいました。 そうだとしたら、パルパティーンがアナキンに早いうちから目を付け、シスの暗黒卿に育てあげたことも納得いきますね。 まとめ 今回は、アナキンの父親は誰かという考察です。 考察の内容としては、父親はいない、父親はダース・プレイガス説、父親はダース・シディアス説を挙げました。 その中で私が最もしっくりきたのは、ダース・シディアス説です。 もしかすると、今後の『スター・ウォーズ』シリーズで、スカイウォーカー家について何かわかるかもしれませんね。 スポンサーリンク 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の

アナキンの父

アナキン 父親

個人的に、このpvを見た瞬間に、 最後の笑い声がパルパティーンだということでかなりびっくりしていました。 パルパティーンとは、エピソード1~6に登場した黒幕。 元、元老院議員にして、議長。 表の世界では議員だったが、その正体は シスの暗黒卿ダース・シディアス。 師匠のダース・プレイガスの命を奪い、シスの全ての知識を手に入れる。 その後、銀河に秩序をもたらすという使命のために、銀河皇帝となり、アナキンスカイウォーカーをダース・ベイダーとして使役しました。 しかし、最終的にルークという息子の言葉によって、真のジェダイとして復活し、アナキン・スカイウォーカーとしてよみがえったダースベイダーによって、反応炉に突き落とされ、命を落としたかのように思われていました。 それが、このポスターの通りまさかの復活! いやいやこんなネタバレをポスターでしちゃっていいの?と正直映画館で思いました。。 さらに、レイの正体は、このダース・シディアスことパルパティーンの孫であるというネタバレ。 すでにここまでわかっていたので、映画本編ではあまり驚きは少なかったのですが・・・。 なぜパルパティーンが生きていたのかを考察してみたいと思います。 1なぜパルパティーンことダース・シディアス皇帝が生きていたのか? エピソード6の最後で、ベイダーによって反応炉に投げ込まれたダースシディアス。 しかし、実際はシスであり、マスターである彼が投げ飛ばされただけで命を落とすというのは、少し疑問なところでした。 レイアがエピソード8で見せた通り、 生身で宇宙空間を浮遊する能力があってもおかしくはなかったのです。 これは私が子供のころからの疑問でもあったので、生きていたとしたら納得です。 また、 エピソード8でルークが見せた通り、遠方の星からフォースで作り出した分身を操る能力もある以上、シディアス皇帝がそれを使えた可能性がある、というのも考えられるところでした。 パルパティーンは生きていたのではなく、ゾンビ状態だった! 映画で明らかになったのは、 パルパティーン皇帝は生きていたのではなく、正確には肉体は死んでいる状態(ゾンビ状態)であり、そこに魂だけが憑依している、というものでした。 これは、ダース・プレイガスの秘術の一つであり、パルパティーンがたどりついたとされるのが、クローンボディへの魂の転移です。 プレイガスはパルパティーンにすべての知識を与えたとされているが、パルパティーン自身はフォースを通じて死を欺くというプレイガスの教えを実践することができず、 クローン・ボディに自分の魂を転移するという方法に頼らざるを得なかったのだ。 出典:Darth Plagueis — Wookieepedia つまり、パルパティーンことシディアスは肉体が滅びても魂だけを移動する術を持っており、スノークのようなクローンの体、または死んだ肉体さえあればずっと生きられるということです。 2レイの正体がパルパティーンの孫というネタバレ もう一つ大きなネタバレは、 レイの正体がダース・シディアスの孫だったというものでした。 ルークすら畏怖するほどの暗黒面の素養と、わずかな期間で習得するフォース能力の高さ。 さらにスノークにも魅入られるほどの人間。 その理由も納得です。 エピソード8で、カイロレンは、レイの両親について、 「何者でもない。 ただの飲んだくれで、お金のためにお前を売り飛ばした」 とフォースビジョンで見た内容を伝えていました。 これについて、当時はカイロレンがレイをだますために言った言葉の可能性と、真実の可能性と二つの側面から考えていました。 しかし、 これが事実であり、レイの両親こそただの人だが、実はその祖父がパルパティーンであった・・・というのは納得のいくところです。 というのも、 皇帝はエピソード6においてダースベイダーことアナキンとルークのスカイウォーカー家によってやられたのであり、 その原因を彼等の絆にあったと解するならば、自分の血筋によって真の弟子は自分の血を引くものにしたい、と考えるのは至極自然な気がします。 しかし、エピソード9の時点で、皇帝は推定年齢113歳。 孫と言っても不可能ではない気がしますが・・・、それが可能だったのかは難しいところです。 ですが、それを可能にする術があります。 それこそがスカイウォーカー家とシディアスの戦いそのものにつながる本質なのです。 3スターウォーズはダース・プレイガスvsダース・シディアスの戦いだった? エピソード3でパルパティーンが語っている通り、 シディアスの師匠であったプレイガスは、ミディクロリアンにフォースを用いて命を作り出す、ということが可能であったと言います。 プレイガスについては、以下に詳しく書いています。 そして、アナキンの母親であるシミ・スカイウォーカーが語る通り、彼女に夫はなく、アナキンに父親はいません。 プレイガスによる生命創造の実験は成功した。 彼は死の前に計画に着手していたと推測されており、シス卿たちによると、 ミディ=クロリアンに影響を与えてアナキン・スカイウォーカーを生み出したのはプレイガスその人なのである。 出典:Darth Plagueis — Wookieepedia つまり、 アナキンとはダース・プレイガスによって生み出された存在であり、言うなれば父親がプレイガス。 そうだとすると、エピソード1からのスカイウォーカー家の話は、プレイガスがそもそもの祖先ということになります。 そして、レイがシディアスの孫だとしたら、 シディアスは、プレイガスの術の全てを学んでいた(フォースゴースト以外)ということであるので、レイの両親に影響を与えて産ませたというのは十分ありえることでしょう。 おそらくシディアスは実験として無数に行い、レイがたまたま開花して見つけた・・・と考えることもできます。 ただ、もちろん113歳であるパルパティーンがもう少し若いころに子供を作り、その子供たちはパルパティーンに反発、そしてレイを逃がした、というそのままのストーリーもありえます。 こうなると、スカイウォーカー家はプレイガスが祖先であり、レイがシディアスの孫で最終対決を行ったということならば、 ダースプレイガスvsダースシディアスの戦いこそが、スターウォーズの始まりにして終わりだったと言えなくもなさそうです。 実際、プレイガスはシディアスに寝込みを襲われて命を落としていますから、 その復讐がエピソード9にて果たされた、と考えると、スターウォーズの見方が変わる気もします。 スカイウォーカーの祖先はプレイガスにこそあるのです(正確にはスカイウォーカーはアナキンの母シミの姓なので、スカイウォーカーの名前=プレイガスではないですが) 4レイはダース・モールになるはずだった? ただ、個人的にネタバレ以上に、 この場面を見て思ったのが、ダース・モール。 ダース・モールのライトセーバーと同じものを持ち、さらに映画「ハンソロ」にてその復活が判明したばかり。 さらに、 かつてのハンソロの恋人であったキーラ。 私の(女性の)転職体験も載せていけたらと思います。 その他PCやPS5など基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 256• 236• 1 スポンサーリンク.

次の