ヨギボー 福岡。 6畳の和室にヨギボーを設置してみたら残念な結果に!

ヨギボーを3年使ったが、へたるし欠点しかないのでコストコのソファーにしたよ。

ヨギボー 福岡

ヨギボーマックス想像よりでかい! ずっと前から欲しかったので購入しました。 まだ数ヶ月しか使っていませんが文句なしです。 強いて言うなら、思った以上に大きいので、小さいものでも満足できたかも?と思うことはあります。 引用元: デカい! デカすぎます!! でも座りこごちはかなり良いです。 1度座ると立てなる程です。 何度こいつをベッド代わりにして寝たか笑 もうこいつはソファではなくベッドですね笑 引用元: 立ち上がるのが大変! いろんな形にして座ってみると大体気分がよくてリラックスできますが、そこから立ち上がるのが大変です。 しばらく座るつもりでいないと、座ってすぐに立ち上がる用事があるとガッカリします。 引用元: 座るとすぐ寝ちゃう!! これに座るとつい寝てしまう 引用元: 人間のくずになれる最高のクッションソファーです。 居眠り注意。 ただ、現実的にはかなり厳しい方法かなと思います。 と考えて、公式サイトで購入するのが一番良いかなと私は思います。 ということで、ヨギボーを購入するなら安心の公式サイトで購入することをおすすめします! 当サイトヨギボー人気ランキング! ヨギボーマックス 不動の圧倒的1位はやっぱり ヨギボーマックスです! 我が家でも愛用しているヨギボーマックス。 私がかなり押しているということも関係していると思うのですが、当サイト経由で購入して下さる方のしています! うちの旦那さんは、平日は毎日23時過ぎに帰ってくるような生活をしていて、毎日ヘトヘトです。 ヨギボーマックスに包まれて横になると、疲れがジワーと取れていくのがわかるんです。 ヨギボーマックスは、ヨギボーシリーズで一番大きなロングタイプで、長さが170センチもありますので、お昼寝用のベッドとしては最高です。 また、色々な形に変形することで、ソファになったり、ベンチになったり、見ているだけでもテンションがあがっちゃいます。 ただ、大きさが結構大きいため、一人暮らしの方で広さ的に厳しいという方はいると思います。 ですが、ヨギボーを使わない時は立てかけることで、省スペースで収納できるので広さ的に厳しいという方は少数派だと思います。 うちはお部屋が狭いからヨギボーマックスは無理~と最初から諦めてしまう方もいるのですが、以外と狭いお部屋でも置くことはできますので、ご自身のお部屋で一度シミュレーションしてみて下さい。 シミュレーションした結果ヨギボーマックスが置けることがわかったらヨギボーマックスを購入しましょう! ヨギボーミディやヨギボーミニでも確保するスペースはそんなに変わりません。 それなら多少価格は高くなってしまいますが、圧倒的にヨギボーマックスがおすすめです。 ヨギボーポッド 第3位は比較的新しいヨギボー「ヨギボーポッド」です! 我が家の第2のヨギボー「ヨギボーポッド」。 めっちゃかわいくないですか?? 私としては、見た目のかわいさナンバー1だと思っています。 座り心地もかなり良くって、ソファとして座るならヨギボーマックスよりもヨギボーポッドの方が楽チンです。 ただ、ヨギボーポッドの場合はベッドとして使えないという点がヨギボーマックスよりも劣る点ですね。 ヨギボーミニと迷う方が多いみたいですが、私のおすすめは 圧倒的にヨギボーポッドです。 ヨギボーミニを選ぶ理由が見つからないですが、しいてあげるなら大きさの問題でしょうか? とは言っても大きさもそれほど差はありませんので、ヨギボーポッドとヨギボーミニで迷ったら、ヨギボーポッド選ぶことをおすすめします! ヨギボーポッド ヨギボーミニ 長さ 約91cm 約85cm 幅 約91cm 約70cm 厚み 約122cm 約45cm 重さ 約7. 6kg 約4. 2kg ヨギボーミディ ちょうど中間のサイズにあたるのがYogibo Midi(ヨギボーミディ)です。 幅はマックスと同じですが、長さが125センチとマックスよりやや短いです。 私自身がヨギボーマックス押しというのもあるのですが、ヨギボーミディははっきりいって中途半端です! ヨギボーマックスよりも長さが約45㎝短いだけなので、必要なスペースはほとんど変わりません。 ヨギボーミディが置けるお部屋には、ほぼヨギボーマックスが置けるはずです。 なので、ヨギボーミディを購入しようと考えている方は、一度ヨギボーマックスも視野に入れてみて下さい。 ヨギボーミディは長さが125㎝しかないため、ベッドとして使うには少し小さいので1人用のソファとして使うか、横にして2人用のソファとして使うという用途になります。 ヨギボーバブル 第6位はこちらも新しめのヨギボー「ヨギボーバブル」です! ツートンカラーの円柱型ヨギボーです。 ヨギボーバブルは、今発売中のヨギボーの中で一番小さいヨギボーです。 ヨギボーミニより小さくて、ヨギボーピラミッドとほぼ同じ大きさぐらいです。 ヨギボーバブル ヨギボーピラミッド ヨギボーミニ 長さ 約60cm 約76cm 約85cm 幅 約70cm 約76cm 約70cm 厚み 不明 約66cm 約45cm 重さ 約5kg 約3. 1lkg 約4. 2kg ヨギボーマックスに座って、ヨギボーバブルをオットマンとして使ってもいいですし、子供部屋のソファとしても最適な大きさです。 大人がメインのソファとして使うにはちょっと小さいかなって思います。 しっかりとした背もたれと肘置きになります! テレビを見たり読書をしたりするときに最適な大きさです。 また、 ヨギボーサポートは、授乳クッションとしても最高です!.

次の

Yogibo Store イオンモール八幡東店 北九州ではここだけのヨギボー実店舗‼️

ヨギボー 福岡

ヨギボーマックス想像よりでかい! ずっと前から欲しかったので購入しました。 まだ数ヶ月しか使っていませんが文句なしです。 強いて言うなら、思った以上に大きいので、小さいものでも満足できたかも?と思うことはあります。 引用元: デカい! デカすぎます!! でも座りこごちはかなり良いです。 1度座ると立てなる程です。 何度こいつをベッド代わりにして寝たか笑 もうこいつはソファではなくベッドですね笑 引用元: 立ち上がるのが大変! いろんな形にして座ってみると大体気分がよくてリラックスできますが、そこから立ち上がるのが大変です。 しばらく座るつもりでいないと、座ってすぐに立ち上がる用事があるとガッカリします。 引用元: 座るとすぐ寝ちゃう!! これに座るとつい寝てしまう 引用元: 人間のくずになれる最高のクッションソファーです。 居眠り注意。 ただ、現実的にはかなり厳しい方法かなと思います。 と考えて、公式サイトで購入するのが一番良いかなと私は思います。 ということで、ヨギボーを購入するなら安心の公式サイトで購入することをおすすめします! 当サイトヨギボー人気ランキング! ヨギボーマックス 不動の圧倒的1位はやっぱり ヨギボーマックスです! 我が家でも愛用しているヨギボーマックス。 私がかなり押しているということも関係していると思うのですが、当サイト経由で購入して下さる方のしています! うちの旦那さんは、平日は毎日23時過ぎに帰ってくるような生活をしていて、毎日ヘトヘトです。 ヨギボーマックスに包まれて横になると、疲れがジワーと取れていくのがわかるんです。 ヨギボーマックスは、ヨギボーシリーズで一番大きなロングタイプで、長さが170センチもありますので、お昼寝用のベッドとしては最高です。 また、色々な形に変形することで、ソファになったり、ベンチになったり、見ているだけでもテンションがあがっちゃいます。 ただ、大きさが結構大きいため、一人暮らしの方で広さ的に厳しいという方はいると思います。 ですが、ヨギボーを使わない時は立てかけることで、省スペースで収納できるので広さ的に厳しいという方は少数派だと思います。 うちはお部屋が狭いからヨギボーマックスは無理~と最初から諦めてしまう方もいるのですが、以外と狭いお部屋でも置くことはできますので、ご自身のお部屋で一度シミュレーションしてみて下さい。 シミュレーションした結果ヨギボーマックスが置けることがわかったらヨギボーマックスを購入しましょう! ヨギボーミディやヨギボーミニでも確保するスペースはそんなに変わりません。 それなら多少価格は高くなってしまいますが、圧倒的にヨギボーマックスがおすすめです。 ヨギボーポッド 第3位は比較的新しいヨギボー「ヨギボーポッド」です! 我が家の第2のヨギボー「ヨギボーポッド」。 めっちゃかわいくないですか?? 私としては、見た目のかわいさナンバー1だと思っています。 座り心地もかなり良くって、ソファとして座るならヨギボーマックスよりもヨギボーポッドの方が楽チンです。 ただ、ヨギボーポッドの場合はベッドとして使えないという点がヨギボーマックスよりも劣る点ですね。 ヨギボーミニと迷う方が多いみたいですが、私のおすすめは 圧倒的にヨギボーポッドです。 ヨギボーミニを選ぶ理由が見つからないですが、しいてあげるなら大きさの問題でしょうか? とは言っても大きさもそれほど差はありませんので、ヨギボーポッドとヨギボーミニで迷ったら、ヨギボーポッド選ぶことをおすすめします! ヨギボーポッド ヨギボーミニ 長さ 約91cm 約85cm 幅 約91cm 約70cm 厚み 約122cm 約45cm 重さ 約7. 6kg 約4. 2kg ヨギボーミディ ちょうど中間のサイズにあたるのがYogibo Midi(ヨギボーミディ)です。 幅はマックスと同じですが、長さが125センチとマックスよりやや短いです。 私自身がヨギボーマックス押しというのもあるのですが、ヨギボーミディははっきりいって中途半端です! ヨギボーマックスよりも長さが約45㎝短いだけなので、必要なスペースはほとんど変わりません。 ヨギボーミディが置けるお部屋には、ほぼヨギボーマックスが置けるはずです。 なので、ヨギボーミディを購入しようと考えている方は、一度ヨギボーマックスも視野に入れてみて下さい。 ヨギボーミディは長さが125㎝しかないため、ベッドとして使うには少し小さいので1人用のソファとして使うか、横にして2人用のソファとして使うという用途になります。 ヨギボーバブル 第6位はこちらも新しめのヨギボー「ヨギボーバブル」です! ツートンカラーの円柱型ヨギボーです。 ヨギボーバブルは、今発売中のヨギボーの中で一番小さいヨギボーです。 ヨギボーミニより小さくて、ヨギボーピラミッドとほぼ同じ大きさぐらいです。 ヨギボーバブル ヨギボーピラミッド ヨギボーミニ 長さ 約60cm 約76cm 約85cm 幅 約70cm 約76cm 約70cm 厚み 不明 約66cm 約45cm 重さ 約5kg 約3. 1lkg 約4. 2kg ヨギボーマックスに座って、ヨギボーバブルをオットマンとして使ってもいいですし、子供部屋のソファとしても最適な大きさです。 大人がメインのソファとして使うにはちょっと小さいかなって思います。 しっかりとした背もたれと肘置きになります! テレビを見たり読書をしたりするときに最適な大きさです。 また、 ヨギボーサポートは、授乳クッションとしても最高です!.

次の

6畳の和室にヨギボーを設置してみたら残念な結果に!

ヨギボー 福岡

いつもお世話になっております。 今回は、 ヨギボーを3年使ったが、欠点しか見当たらない ので、僕が実際ヨギボーを3年ほど使ってみた感想(欠点)をご紹介したいと思います。 ヨギボーを検討中の方へ、少しでも参考になればと思います。 ちなみにこれが現在の状況、物置部屋へ追いやられて無残な状態です。 ヨギボーの欠点• ヨギボーは、座り心地が悪い。 ヨギボーは、部屋が散らかる。 ヨギボーは『快適すぎて立ち上がりたくなくなる』はウソ。 ヨギボーは、値段が高い。 ヨギボーは、ヘタる。 ヨギボーは、蒸れる。 ヨギボーは、臭い。 ヨギボーは、持ち帰りが大変。 ざっと上げると、このくらいですね。 では、細かく解説していきます。 ヨギボーは座り心地が悪い。 買う 前には気づかないのでこれがなかなか厄介。 店舗で少し試すくらいだと、座り心地がイイなって感じするんですよこれが、でも実際に家で10分、20分座るとむしろ苦痛なレベル。 初めはビーズの位置が体にフィットしてイイ感じなんだけど、時間が経過するにつれて、ビーズが引き締まる感じでどんどん硬くなっていきます。 よく考えればヨギボーの中身はスポンジじゃなく発砲ビーズ、ビーズ1つ1つにクッション性はないのでそりゃ硬くなるねって思いますね(今さら感) この時点で、座る物としては完全にアウトですよね。 むしろ座れないって思った方が良くて、ソファー的な使いかたは出来ないと断言できます。 ヨギボーは、部屋が散らかる。 これは、ソファーを買ってから気が付いたことなんですが、ソファーって場所が固定で定位置が決まりますよね、それが意外と効果的で部屋をきれいな状態に保ちやすいんです。 それに引き換えヨギボーの場合は、1つ1つが簡単に動くので定位置が決まらない。 掃除機をかける時もよけなくちゃダメだし、どんどん部屋が乱雑になっていく。 部屋が散らかるのは、ヨギボーだけが原因ではないけど、一因にはなってると思う。 ヨギボーもちゃんとセットすればこうです。 ですが、これは一回座れば終わりで、すぐに乱れます。 ヨギボーは『快適すぎて立ち上がりたくなくなる』はウソ。 よく『快適すぎて立ち上がりたくなる』とかいうのを見かけますが、そんなのはウソっぱちで、単純に立ち上がりにくいだけ。 ヨギボーの上で動けば、自分の動きに合わせて中のビーズも動いてきて、どんどん沈み込んでいきます。 動けば動くほど沈む底なし沼状態。 ホントに立ち上がりにくいんで、妊婦さんなんか絶対使っちゃダメな感じです。 ヨギボーは、値段が高い。 これは人それぞれの価値観ですが、今となってはとにかく値段が高い。 中身はただの発砲ビーズ、周りは丈夫な伸縮性の有るカバー。 カバーは上質な感じですが、それでもそんなにするか?って値段。 まぁ軽いけどかさばるので輸送費の部分も考えればしょうがないかとも思えるかな。 ちなみに我が家は、• ヨギボーマックス 2• ヨギボーサポート 2• ヨギボーロールマックス 1 なので10万円オーバー。 この時点でソファーが買える値段なのに買っちゃうという事態、今思えばバカなことしたなと後悔しかないです。 ヨギボーは、ヘタる。 ヨギボーはヘタります、でもソファーもヘタリます。 絶対にヘタらない座る物はこの世に存在しません、こういう物はへたるのを前提で買うべきだと僕は思います。 ヘタるのを気にしていたら何も買えないので、気にする必要はないと思います。 ヨギボーのへたりの原因はカバーの伸びとビーズの潰れです。 使っているとカバーが延びます、カバーが伸びるので張りがなくなります、それだけの話です。 ですが、カバーは洗濯すればまた縮むので、カバーの伸びによるへたり関しては洗濯で結構回復できますよ。 使っていればビーズも潰れてくるので、ヘタってきたなと感じれば補充すればOKです。 確実にヘタるので不要な心配はしなくて大丈夫です。 ヨギボーは、蒸れる。 中身が発砲ビーズなので蒸れます。 発泡スチロールの上に布をかぶせて寝ているのと同じです、体に密着するのでそれ以上かも。 子供をヨギボーでお昼寝させると寝汗ビッチョリになりますよ。 ヨギボーは、臭い。 初めのうちは、石油製品くさいというか科学的な匂いがします、要は発泡スチロールのにおいですね。 発砲ビーズが大量に入っているので当たり前といえば当たり前ですが、、、。 この点は時間が経てば匂いが抜けて、気にならなくなってくると思いますので、そこまで気にしなくてもいいかも。 ヨギボーは、持ち帰りが大変。 僕の場合は店舗で買って自分で持ち帰りました。 ミニバン(セレナ)に無理やり詰め込めば何とかいけます。 送ってもらう事も出来るので、持ち帰りの手段がない方は、配送してもらうといいと思います。 (もちろん配送料はかかる) ヨギボーは欠点しかない、まとめ。 色々と書きましたが。 一言でまとめると『ヨギボーを買うくらいだったら絶対にソファーをおすすめする』という事です。 僕の生活環境下で、ソファーよりヨギボーの方がいい部分は1つも見当たらず、座り心地、座りやすさ、立ち上がりやすさ、すべてにおいてソファーが上回ります。 ソファーがどうしても置けない(置きたくない)環境の人で、ヨギボーを検討中の方は小さいもので試してみるといいかもしれません。

次の