西武園 競輪。 遊園地、スキー場に隣接したアミューズメントバンク

西武園競輪場の特徴は?バンクデータや基本情報も公開!

西武園 競輪

西武園競輪場の特徴・バンクデータ 西武園競輪場の予想を通常の400メートルバンクと同様の特徴を使って予想していませんか? 西武園競輪場は400メートルバンクでありながら直線が短く333メートルバンクの様な特徴があります。 車券予想で勝っていくためには、各競輪場の特徴を掴み、コツを覚えていく必要があります。 そこで、車券予想に使える西武園競輪場の特徴やバンクデータを紹介していきます。 西武園競輪場のバンクの特徴 まずは、西武園競輪場の特徴を見ていきましょう。 西武園競輪場はもともとは500メートルのバンクでしたが、1994年に行われた施設改修工事によって、1994年8月より400メートルのバンクへと改修され現在に至っています。 バンクの距離は変わりましたが、旧バンクを基に作られているため、カントが緩いという特徴があります。 その特徴のせいで、1周400メートルの標準的なバンクに見えて、カントのゆるさと直線の短さから、333mバンクのような特徴を持つ競輪場です。 また、「逃げ」の様な先行タイプの脚質が有利と言われています。 なお、建物全体が高い位置から全周囲でバンクを包む一体型建築構造となっており、また走路の全周外側にポリカーボネート(透明板)が設置されているものの走路内側が数mほど大きく窪んでいるため風が内側に落ち込みやすい特徴もあります。 下記に西武園競輪場のバンクデータを記載しますので参考にしてください。 見なし直線距離 47. 0m バック幅員 10. 0m センター幅員 7. 5m 西武園競輪場の決まり手 次は、決まり手データを見ていきましょう。 1着決まり手:逃げ29%、捲り32%、差し39% 2着決まり手:逃げ20%、捲り12%、差し25%、マーク43% 西武園競輪場の決まり手としては、上記の特徴でも説明しましたが、バンクの特徴からも「逃げ」の様な先行タイプの選手が有利となっています。 逃げ残りは約3割程度で、他の競輪場と比べてもかなり高い数値を誇っています。 しかし、「捲り」に関しては決まりづらく、「逃げ」と比べても低い確率です。 2着には逃げ残り、マークが目立ち、ラインでの決着が少なくないバンクであるといえます。 また、位置取りの有利さを活かして1~3枠の内枠の選手が連に絡むことが多いことも当地の特徴です。 西武園競輪場の地元選手 西武園競輪場には、S級1班で成績を残してきた池田 勇人選手などが所属しています。 他にも実績を残してきた選手が沢山いるので紹介します。 上記で紹介した予想のコツを上手く使い、予想のコツとして活用する方法を紹介します。 バンク距離から見るコツ 400メートルバンクと聞くと、クセがなく、どのような脚質でも活躍できるバンクと想像してしまいますよね。 しかし、西武園競輪場の車券予想では400メートルバンクの常識はあまり通用しません。 なぜかというと、西武園競輪場のバンクは直線が非常に短く、カントの角度も緩いため、非常に333メートルバンクの形状に近くなっています。 この特徴を知っている競輪ファンは多くいるため、「逃げ」のラインを中心として考える方が多く、車券が売れやすい傾向にあります。 しかし、それでも逃げた選手の逃げ切りが多く、的中率、回収率ともに高めなので十分に狙っていけるでしょう。 番手からの差しを狙っていくと回収率は低めになってしまいますが、333バンクに似ていることを知っている人が多く、逃げラインからのズブズブは回収率が非常に高いです。 逃げライン番手から逃げライン3番手への車券は抑えておいた方が良いかもしれません。 そして、競りも非常に有利で、自力のない選手が自在コメントをしていたら、2,3着で狙いたいところです。 そして、捲りラインは非常に不利という事は覚えておきましょう。 「捲り」ラインに関しては的中率、回収率が著しく低いので、「捲り」が決まってしまうようなレース展開になった場合には素直に捨てても良いかもしれません。 風や気温に注意 西武園競輪場で注意しなければならないのが風や気温です。 冬になると一気に気温が下がり冷え込みが激しくなり、選手たちにも厳しい環境となってしまいます。 また、西武園競輪場には向きが不安定な強風が吹くことが多いため、先行を走る選手が強風にあおられてしまい、ダメージを受けてしまう事もあるので注意が必要です。 風が強い日には、先行を走る選手を車券からずらすなど、柔軟が工夫が必要です。 西武園競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 上記では西武園競輪場の予想のコツを紹介しました。 抑えておいた方が良いポイントや狙いの車券をしっかりと把握し、車券予想に役立ててください。 それでは、そんな西武園競輪場はいったいどのような競輪場なのか、歴史、入場料、マスコットキャラクター、施設などを紹介していきます。 西武園競輪場の概要&歴史 西武園競輪場は「西武グループ」が運営する競輪場です。 西武園競輪場はもともと「村山競輪場」という名称で1950年に解説されました。 そして、完成から4年後に改称し、現在の名前になりました。 1973年から2年連続の「全日本選手権特別競輪」の開催や、2008年の「第24回全日本選抜競輪」の開催など、名立たる大会の開催に貢献してきました。 1994年以降から本格的に施設を改築し、より清潔感のある快適な空間になりました。 また、野球場の西武ドームと同じように、屋根のある施設内では、観戦者が雨を気にせず開放的な空間で過ごせるのも、西武園競輪場の特徴です。 現在ではミッドナイト競輪も開催しており、電話やインターネットを介してより多くの人が西武園競輪場のイベントを楽しむことができます。 他にも、無料ドリンクサービスデイの開催や、元競輪選手による予想、プレゼントイベントといったファンサービスイベントも数多く行われているので、競輪をとことん楽しむ事ができるでしょう。 西武園の入場料 西武園競輪場の入場料は基本100円となっています。 特別観覧席は座席の種類によっても変わってくるので確認してください。 一般入場料:100円 メインスタンド特別観覧席:1,000円(場外開催時:300円) クイーンルーム:3,000円 ロイヤルルーム:5,000円 西武園競輪場の施設 イベントやファンサービスの開催に積極的な西武園競輪場ですが、様々な施設が用意されています。 どのような施設が用意されているのか紹介します。 ・メインスタンド 1階にメインスタンドがあります。 2階には、発売所・払戻所があります。 ・バックスタンド バックスタンドには、日当たりが良くゆったりと楽しめるクイーンルームが1階西側、2階西東両側にあります。 また、1階には発売・払戻所と売店、レストランがあります。 ・3~4コーナー付近 1階にクロークコーナーがあります。 2階には、2B発売・払戻所、ドリンクコーナーの他にも、無料で利用できるミニテレビルームがあります。 ・ゴール前付近(ホーム側) ゴール前付近には、ファミリーにおすすめの有料特別観覧席があり 1階には576席、2階には西側、東側に214席ずつあります。 1階に無料で利用できるテレビルーム、クローク、売店、ドリンクコーナーもあるので、合わせて利用しましょう。 また3階には、広々とした空間で伸び伸びと観戦ができるロイヤルルームがあります。 別途有料料金が必要となりますのでご注意ください。 ・入り口付近 第1コーナースタンド付近では、迫力のある選手の走りを間近に見ることができます。 地元選手のインタビューやプレゼントの投げ入れもここで行われています。 1階には無料で利用できるサイクルシアターもあり、室内観戦も可能となっています。 2階には入場ゲート、特別観覧席販売所、平日払戻所があります。 日本茶が好物で、狭山茶しか飲まない。 好きなタイプは松浦亜弥。 同じ埼玉県にある大宮競輪場のマスコットキャラの昇竜くんと仲がよく、「埼玉ライン」を組んでいます。 西武園競輪場のアクセス 西武園競輪場への簡単なアクセス方法を紹介します。 「西武園遊園地」駅より徒歩10分。 平日、土曜、休日ともに同時刻で、所要時間は約20分です。

次の

アクセス

西武園 競輪

西武園競輪場の特徴・バンクデータ 西武園競輪場の予想を通常の400メートルバンクと同様の特徴を使って予想していませんか? 西武園競輪場は400メートルバンクでありながら直線が短く333メートルバンクの様な特徴があります。 車券予想で勝っていくためには、各競輪場の特徴を掴み、コツを覚えていく必要があります。 そこで、車券予想に使える西武園競輪場の特徴やバンクデータを紹介していきます。 西武園競輪場のバンクの特徴 まずは、西武園競輪場の特徴を見ていきましょう。 西武園競輪場はもともとは500メートルのバンクでしたが、1994年に行われた施設改修工事によって、1994年8月より400メートルのバンクへと改修され現在に至っています。 バンクの距離は変わりましたが、旧バンクを基に作られているため、カントが緩いという特徴があります。 その特徴のせいで、1周400メートルの標準的なバンクに見えて、カントのゆるさと直線の短さから、333mバンクのような特徴を持つ競輪場です。 また、「逃げ」の様な先行タイプの脚質が有利と言われています。 なお、建物全体が高い位置から全周囲でバンクを包む一体型建築構造となっており、また走路の全周外側にポリカーボネート(透明板)が設置されているものの走路内側が数mほど大きく窪んでいるため風が内側に落ち込みやすい特徴もあります。 下記に西武園競輪場のバンクデータを記載しますので参考にしてください。 見なし直線距離 47. 0m バック幅員 10. 0m センター幅員 7. 5m 西武園競輪場の決まり手 次は、決まり手データを見ていきましょう。 1着決まり手:逃げ29%、捲り32%、差し39% 2着決まり手:逃げ20%、捲り12%、差し25%、マーク43% 西武園競輪場の決まり手としては、上記の特徴でも説明しましたが、バンクの特徴からも「逃げ」の様な先行タイプの選手が有利となっています。 逃げ残りは約3割程度で、他の競輪場と比べてもかなり高い数値を誇っています。 しかし、「捲り」に関しては決まりづらく、「逃げ」と比べても低い確率です。 2着には逃げ残り、マークが目立ち、ラインでの決着が少なくないバンクであるといえます。 また、位置取りの有利さを活かして1~3枠の内枠の選手が連に絡むことが多いことも当地の特徴です。 西武園競輪場の地元選手 西武園競輪場には、S級1班で成績を残してきた池田 勇人選手などが所属しています。 他にも実績を残してきた選手が沢山いるので紹介します。 上記で紹介した予想のコツを上手く使い、予想のコツとして活用する方法を紹介します。 バンク距離から見るコツ 400メートルバンクと聞くと、クセがなく、どのような脚質でも活躍できるバンクと想像してしまいますよね。 しかし、西武園競輪場の車券予想では400メートルバンクの常識はあまり通用しません。 なぜかというと、西武園競輪場のバンクは直線が非常に短く、カントの角度も緩いため、非常に333メートルバンクの形状に近くなっています。 この特徴を知っている競輪ファンは多くいるため、「逃げ」のラインを中心として考える方が多く、車券が売れやすい傾向にあります。 しかし、それでも逃げた選手の逃げ切りが多く、的中率、回収率ともに高めなので十分に狙っていけるでしょう。 番手からの差しを狙っていくと回収率は低めになってしまいますが、333バンクに似ていることを知っている人が多く、逃げラインからのズブズブは回収率が非常に高いです。 逃げライン番手から逃げライン3番手への車券は抑えておいた方が良いかもしれません。 そして、競りも非常に有利で、自力のない選手が自在コメントをしていたら、2,3着で狙いたいところです。 そして、捲りラインは非常に不利という事は覚えておきましょう。 「捲り」ラインに関しては的中率、回収率が著しく低いので、「捲り」が決まってしまうようなレース展開になった場合には素直に捨てても良いかもしれません。 風や気温に注意 西武園競輪場で注意しなければならないのが風や気温です。 冬になると一気に気温が下がり冷え込みが激しくなり、選手たちにも厳しい環境となってしまいます。 また、西武園競輪場には向きが不安定な強風が吹くことが多いため、先行を走る選手が強風にあおられてしまい、ダメージを受けてしまう事もあるので注意が必要です。 風が強い日には、先行を走る選手を車券からずらすなど、柔軟が工夫が必要です。 西武園競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 上記では西武園競輪場の予想のコツを紹介しました。 抑えておいた方が良いポイントや狙いの車券をしっかりと把握し、車券予想に役立ててください。 それでは、そんな西武園競輪場はいったいどのような競輪場なのか、歴史、入場料、マスコットキャラクター、施設などを紹介していきます。 西武園競輪場の概要&歴史 西武園競輪場は「西武グループ」が運営する競輪場です。 西武園競輪場はもともと「村山競輪場」という名称で1950年に解説されました。 そして、完成から4年後に改称し、現在の名前になりました。 1973年から2年連続の「全日本選手権特別競輪」の開催や、2008年の「第24回全日本選抜競輪」の開催など、名立たる大会の開催に貢献してきました。 1994年以降から本格的に施設を改築し、より清潔感のある快適な空間になりました。 また、野球場の西武ドームと同じように、屋根のある施設内では、観戦者が雨を気にせず開放的な空間で過ごせるのも、西武園競輪場の特徴です。 現在ではミッドナイト競輪も開催しており、電話やインターネットを介してより多くの人が西武園競輪場のイベントを楽しむことができます。 他にも、無料ドリンクサービスデイの開催や、元競輪選手による予想、プレゼントイベントといったファンサービスイベントも数多く行われているので、競輪をとことん楽しむ事ができるでしょう。 西武園の入場料 西武園競輪場の入場料は基本100円となっています。 特別観覧席は座席の種類によっても変わってくるので確認してください。 一般入場料:100円 メインスタンド特別観覧席:1,000円(場外開催時:300円) クイーンルーム:3,000円 ロイヤルルーム:5,000円 西武園競輪場の施設 イベントやファンサービスの開催に積極的な西武園競輪場ですが、様々な施設が用意されています。 どのような施設が用意されているのか紹介します。 ・メインスタンド 1階にメインスタンドがあります。 2階には、発売所・払戻所があります。 ・バックスタンド バックスタンドには、日当たりが良くゆったりと楽しめるクイーンルームが1階西側、2階西東両側にあります。 また、1階には発売・払戻所と売店、レストランがあります。 ・3~4コーナー付近 1階にクロークコーナーがあります。 2階には、2B発売・払戻所、ドリンクコーナーの他にも、無料で利用できるミニテレビルームがあります。 ・ゴール前付近(ホーム側) ゴール前付近には、ファミリーにおすすめの有料特別観覧席があり 1階には576席、2階には西側、東側に214席ずつあります。 1階に無料で利用できるテレビルーム、クローク、売店、ドリンクコーナーもあるので、合わせて利用しましょう。 また3階には、広々とした空間で伸び伸びと観戦ができるロイヤルルームがあります。 別途有料料金が必要となりますのでご注意ください。 ・入り口付近 第1コーナースタンド付近では、迫力のある選手の走りを間近に見ることができます。 地元選手のインタビューやプレゼントの投げ入れもここで行われています。 1階には無料で利用できるサイクルシアターもあり、室内観戦も可能となっています。 2階には入場ゲート、特別観覧席販売所、平日払戻所があります。 日本茶が好物で、狭山茶しか飲まない。 好きなタイプは松浦亜弥。 同じ埼玉県にある大宮競輪場のマスコットキャラの昇竜くんと仲がよく、「埼玉ライン」を組んでいます。 西武園競輪場のアクセス 西武園競輪場への簡単なアクセス方法を紹介します。 「西武園遊園地」駅より徒歩10分。 平日、土曜、休日ともに同時刻で、所要時間は約20分です。

次の

たちかわ・西武園競輪チャンネル

西武園 競輪

西武園競輪 8月12日 F2 ミッドナイト 最終日• 西武園競輪 8月11日 F2 ミッドナイト 2日目• 西武園競輪 8月10日 F2 ミッドナイト 初日• 西武園競輪 8月6日 F2 ナイター 最終日• 西武園競輪 8月5日 F2 ナイター 2日目• 西武園競輪 8月4日 F2 ナイター 初日• 西武園競輪 7月28日 F1 最終日• 西武園競輪 7月27日 F1 2日目• 西武園競輪 7月26日 F1 初日• 西武園競輪 7月12日 F2 ミッドナイト 最終日• 西武園競輪 7月11日 F2 ミッドナイト 2日目• 西武園競輪 7月10日 F2 ミッドナイト 初日• 西武園競輪 6月22日 F2 ミッドナイト 最終日• 西武園競輪 6月21日 F2 ミッドナイト 2日目• 西武園競輪 6月20日 F2 ミッドナイト 初日• 4two】西武園競輪 6月17日 F1 最終日• 4two】西武園競輪 6月16日 F1 2日目• 4two】西武園競輪 6月15日 F1 初日•

次の