オーストリア サウナ。 オーストリアウィーンの風俗FKK Golden Times(ゴールデンタイムズ)への行き方・女性のレベルをご紹介

ウィーンの温泉—ウェルネスの源泉

オーストリア サウナ

まず受付で支払いです。 水着着用ゾーンのみか すっぽんぽんゾーンも利用するのか によって料金が違います。 何時間利用するか、というプランも色々あり 初めに希望した時間を超えると後で超過料金を支払います。 多分、すっぽんぽんゾーンのみの利用も出来る気がします。 支払い時に渡されたロッカーのキーの番号で 振り分けられます。 うひゃ。。。 更衣室の中には 幅30センチくらいのロッカーがずらり 大量に並んでいます。 この広い男女兼用の更衣室の中に 個室になる両開きの更衣室もありますが ロッカーの数の10分の1にも満たないかな? なので、すぐ後ろで男の人が脱ぎ始めたりします。。。 ふひゃっ アジアではこんな風でない事は分かってるでしょうから 「驚くかな?でもこういうもんなんだよねー」 みたいな顔だった気がしまふ。 幅30センチ程のロッカーの両脇が カップルで、2人とも 素っ裸だったりもします。。。 ありらしい。。。 でも、私的にはこれらの状況 さほど違和感はないのです。 20才過ぎて温泉(混浴ではないが)で 全く隠さずに居たら友達に 「自信があるからできるんだよね〜」とか言われ… 以来、どうやら隠さなければいけないらしい、 と悟った様な次第なので。 私は一応、個室の更衣室に入って水着に着替え、 まずは水着着用ゾーンへ。 子供やカップル、年配の人まで、 かなり賑わってました。 ここで様子を見ながら すっぽんぽんゾーンと行き来しつつ偵察ですっ。 ロッカーのキーにICチップが入っていて そのキーをかざして双方間の行き来が出来ます。 16才以上でないとすっぽんぽんゾーンは入れないらしいですから、 初めにすっぽんぽんゾーンの分を支払っていないと すっぽんぽんゾーンには入れないかもしれません。 どちらのゾーンもみんな 大きなバスタオルやバスローブを自前で持参しているようです。 私は、受付で借りました。 水着を着たまま小1時間。 私はこんな事をしに来た訳じゃあないのですっっ。 そろそろ意を決して! すっぽんぽん混浴に入らずに日本に帰る訳にゃあ いかんのです!! ロッカーに戻って水着を脱ぎ ローブだけ羽織ってすっぽんぽんゾーンへ!!!• リクライニングっぽい椅子?簡易ベット? にすっぽんぽんで横たわる人あり。 一応タオルをかけている人もいるが 一糸まとわず、本を読む人あり。 歩く時も、タオルを巻く人もあるが すっぽんぽんで歩く人、全然フツーにあり。 男の人は タオルケット程もありそうなデッカいタオルを 片方の肩にかけて、 一緒にプラプラさせている模様…ハハ 手で持つのが面倒なんだと思います。 男の人がすっぽんぽんで堂々と歩いてるのって 結構カッコいいっすっっ!! かなり歳をとった人より 20〜60代位の人が多く、若い人も多いです。 ふひゃっ。 むひゃひゃひゃ。 所々にジャグジーがわいています。 壁からもの凄い勢いで出るジェットと 下から軽くぶくぶく出るのと。 水深は肩か首位。 所々に腰か胸位まである 台?椅子?があって、そこに横たわると 下からぶくぶく出ています。 この大きいプールはそのまま屋外へも続いていて 外はジェットで流れるプールになっています。 ジェットの勢いがスゴイので顔を出したままでも 楽に泳げます。 開放的、と感じるのはドイツ人も同じはず。 きっと、私がとっても喜んでいるのを 分かってくれていたと思います。 さあ、他のプールへも行ってみよう! 膝位までの浅いプール。 ビート板素材の直径10cm長さ2m位の棒が いっぱい浮かんでます。 それに頭と足を引っかけ、 プカプカ浮いてます…勿論素っ裸。 やってみた。 耳が水に浸るとクラシック音楽が聴こえました。 サウナも沢山あり、ほとんどが アロマオイルをたいているのかな? それぞれ違う香りのサウナでした。 ハッキリ言ってプールは水温が低いので身体が冷えます。 私は今までサウナ自体が未経験だったのですが 多分みんなは、サウナで汗をかいて プールで汗を流す…って感じだと思います。 小さめのサウナはほとんど人が居なかったので ローブを着たまま温まりました。 でもこれ、本当はマナー違反だと後で知りました。 身体が冷えていたので 何か温かくて甘いコーヒーはないか?と 頼んで出て来たのがカプチーノ・コレット なるもの。 ヒィ〜!すっごいアルコール! カルーアミルク何て比じゃあありません。 むせる程、痛い程のアルコール。 どぎまぎしているアジア人を思って 出してくれたのか何だか知らんが あたしゃ甘くて温かい、と言っただけなんじゃが。。。 まいっか。 口は受け付けなくても無理矢理頂きました。 私の身体は何はともあれ、 かなり酒に強いらしい。 この後もフツーに過ごしました。 それにしてもこのバーのニイちゃん。 どう見ても20代前半ですが超プロです。 何がって、見て見ぬ振りするのが完璧です!! パチパチ• 外にテラス?木で出来たデッキ?みたいな所があり そこにもデッキチェア?が並んでます。 そしてそのテラスのすぐ下は道路。 そこをトラクターで芝刈りとかしてます。 空には飛行機雲に、鳥も飛んでる。 (笑) 中位のプールは一角に洞窟があり その中にもの凄い勢いでぬるま湯が落ちてくる滝があります。 洞窟の中には防犯カメラがあります。 防犯のために素っ裸のお客さん撮っちゃうんかい? 絶対変だ。。。 ここは、 ホントに泳ぎたい人のためのプールのようでした。 女一人旅さんの旅行記を拝読していて ドイツに対して見る目が変わりましたっ あまりに素晴らしい旅行記です。 とにかく、丸一日ここで過ごして、一通りのことはやってきたいです。 余裕で16歳以上だしー(自爆) もちろん、バーで酒を飲んでやる!! ふと、思ったのですが、駅からは歩いて行かれたのでしょうか。 草原の向こうに見える銀色のドームの写真とか そんな風に見えたので。 あと、意を決して水着を脱がれた時! どこで脱いだの?脱いだ水着はどうしたの?? と、色々な疑問が沸き起こってきて困りました。 まぁ、とにかくそれだけ興味シンシンだということで。 イタリア旅行の情報収集でお邪魔させて頂きました。 「コメント楽しくて笑っちゃうぢゃない」とか思いながら読ませて頂きました。 ミュンヘンの方は、駅から歩きました。 ドームの建物がそれなのですが、写真は道に迷った後のものでwす。 15分か20分くらいだったかな? ミュンヘンのときは、一度更衣室に戻って水着を脱いでローブを羽織って すっぽんぽんゾーンへ行きました。 とは言っても、どうせ男女混合更衣所だし、個室があっても使わず 隣で脱ぎだす人居るしwww バーデンバーデンのカラカラ浴場はドアを開けてすぐの通路で縫いだし カッセルも、サウナの脇のローブかけるハンガーの前とかで脱いだし。 脱いだ水着はそのフックに引っ掛けたり30センチ四方no tanaga naranndetarisurunode sokonioitarisimasu. jitakuno basuru-muto kawaranaihunnikidesu tabunn そういう国らしいです。。。 あの国。。。 わざわざすみません。 足跡も残さずすみません。 もう覚悟はできております! で。 入っていってはいけない場所とか やってはいけない行為??とか、 ドイツ語での表記がまったくわからないというのもイケナイと思い。 ドイツ語をすこーしだけ、勉強したりしてます。 〜verboten ですよね。 他の旅行記を拝読しても(特にバーデンバーデンとか!) きっと、女一人旅さんはドイツ語のスキルがあって、それで 色々チャレンジができるのだと。 お医者様にかかるくだりを拝読しながら思いました。 読んでて激しくドキドキしました。 私も入浴時には気をつけます。 イタリア旅行記といってもオンリーヴェネツィアでしたが。 イタリアに行ってなぜかドイツが好きになって帰国しました(笑) 何度も訪問しそうな予感のする国です。 ビールとスパに呼ばれてるような気がするので。 嗚呼、楽しみ。 Auf Wiedersehen! 私は、日本の混浴は入った事がないので分かりませんが… やっぱ、そうなんですか。。。 どこにも、飲食施設がありましたが、バーデンバーデンのフリードリヒス浴場だけは飲食施設がありませんでした。 それと、ミュンヘンのエアディングの様にすっぽんポンで泳ぐプール内に バーがあるのは、私が行った中ではココだけでした。 SPA好きで世界のSPAを制覇する予定です。 そんな中でドイツのSPAは海外でも少し方向が違いますね。 特に女一人旅さんがいらっしゃったようなSPA(テルメ)は、本来はドイツ独特の医療寄りのSPAかもしれません。 私もヴィースバーデン(カイザーフリードリッヒ)、バーデンバーデン(フリードリッヒ&カラカラテルメ)に行ってきました!! 初日にドイツ式サウナタオルがなかったので(レンタル)、2日目はMYサウナセット(ドイツ式サウナタオルなど一式)を街で買って、それ以降は入浴しました。 すると現地人みたいな感覚になり、少しは溶け込めたような気がしています。 Sand Bathや本格的なマッサージなども良かったですよ〜。 一番笑えたのはカイザーフリードリッヒのアロマサウナの香料入替ショー? でした。 熱かった〜けど笑えた!! それにしてもこの浴場はドキドキしましたね。 でもそれが良かったり。 来年も行くつもりでーす。 で、1日空きがあったのでどこかないかなと検索したら・・ こちらのページを発見しました。 「これはぜひ行かねば」と思い行ってきました。 それはもう・・パラダイス。。。 若いアベックからお年寄りの夫婦らしき人たちまで 皆楽しんでいました。 非常にリラックスできてふと気づいたら2時間くらい熟睡していました。 textilfreiで入るサウナとプールの気持ち良さは格別ですね。 日本のサウナにある水風呂は僕には冷たすぎるのですが、 ここのプールは適温でつかっていても快適。 あと、「流れるプール(?)」から外にでてぼんやりしていましたが これも最高でした。 それにしても、やはりドイツの人たちの感覚は理解できません。 なんでなんとも思わないんだろう。 不思議です。 翌日が帰りで空港に行ったのですがついつい前日のここのことを思い出して ちょっと頭がおかしくなりそうでした。 ワシも混浴には、おったまげましたぁ〜〜。 以下体験記を書きます。 シャワー、入浴、体こすり、入浴、と幾つもの部屋を回って行きました。 一糸まとわず、堂々と通路の真ん中をファッションショーのように、こちらに来るではありませんかぁ〜〜ホェ〜〜!! ウッっと、息が出来なくなりました。 体が硬直して、動けません!!!! アチャ〜〜〜、恥ずかしいわぁ〜〜〜!! 元来た部屋にUターンしたぉ〜〜〜〜。 湯船で心を落ち着かせて、「あちら」の部屋の様子をしばらくうかっがて居ました。 (部屋ごとの扉はありません!!) 壁にある、タオル掛けにタオルを掛けてから、入浴しているのが判りました。 ハハァン、あの要領でやればいいんだな!オシッ! タオルの数が少なくなった時をみはからって、「ファッションショー」を決行したぁ〜〜〜〜。 見苦しい祖チンをお見せして申し訳ありません。 デパートのガラスに映った、西洋人にあらず、 ワシの胴長短足、鼻ペチャ顔、黒髪等で、シクシク、現実に引き戻され たぁ。 最初は、ロッカーの構造に驚き、ハンガーの構造にも感嘆し、ロッカールームのすっぽんぽんに目を見張ったもんです。 そらもう、こんなところで書き込みできないような、あーんな姿とか、こーんな姿が目に浮かびますぅ。 しかも、日本人と会わないところへ。 それにしても、ミュンヘンの混浴ゾーンは、なかなか良さそうですね。

次の

オーストリア 全裸でサウナ体験 6日目

オーストリア サウナ

最大の都市 ウィーン 政府 総計 () 水面積率 1. - Statistik Austria• の崩壊後、現在の国土領域における共和政体()の建国はである。 以前の通貨は。 も参照。 の南方、の内陸に位置し、西側は、と、南はと、東はと、北はドイツとと隣接する。 基本的にはとされるが、歴史的にはやに分類されたこともある。 概要 [ ] に650年間の帝国として君臨し、までは、、、と並ぶ欧州五大国()の一角を占めていた。 1918年、の敗戦と革命によりより続いたが解体し、()となった。 この時点でだった旧帝国のうち、かつての支配民族のが多数を占める地域におおむね版図が絞られた。 1938年には同じ民族の国家であるに併合されたが、ドイツ敗戦後の1945年から1955年には軍によるの時代を経て、1955年の独立回復と化により現在に続く体制となった。 音楽を中心に文化大国としての歴史も有する。 EU加盟以降は、同言語・同民族の国家同士でありながら複雑な国際関係が続いてきたドイツとの距離が再び縮まりつつあり、国内でもの伸張などドイツ民族主義の位置づけが問われている。 本項ではおもに1955年以降のオーストリア共和国に関して記述する。 それ以前については、、、、、、、、 を参照。 公式の英語表記は Republic of Austria。 通称 Austria、形容詞は Austrian(オーストリアン)。 日本語の表記は オーストリア共和国、通称 オーストリア。 では 墺太利または 澳地利(略表記: 墺)と記される。 ドイツ語の表記や発音(および下記オーストラリアとの混同回避)を考慮した日本語表記は エースタ( ー) ライヒ、 エスタ( ー) ライヒ、または的表記による エステ( ル) ライヒであり、専門書や各種サイトなどで使用されている。 フランク王国のころにオストマルク(「東方辺境領」)が設置されたことに由来する。 OstmarkとはOst-markで「東方の守り」を意味する(デンマーク(Danmark)の「マーク」と同じ)。 ドイツ語を含む各言語の呼称はそれが転訛したものである。 狭義のオーストリアはかつてのであり、現在のオーストリアの領土のうちや地方、地方、地方は含まれない。 を名乗り同大公領を世襲してきたハプスブルク家、ハプスブルク=ロートリンゲン家を「オーストリア家」と呼ぶようになり、時代が下るにつれ、同家が統治する領地を漠然と「オーストリア」と呼ぶようになった。 のの成立に際しても「『オーストリア』の地理的範囲」は具体的に定義されなかった。 にオーストリア・ハンガリー帝国が解体され、ウィーンを首都にドイツ人が多数を占める地域で「国民国家オーストリア」が建設されるが、これは一地方の名前(あるいはオーストリア家というかつての王家の通称)を国名に使用したことになる。 現在のオーストリアの行政区画では、かつてのオーストリア大公領は、に分割継承されている。 ドイツ語のエスターライヒのreich()はしばしば「帝国」と日本語訳されるが、フランスのドイツ語名が現在でもFrankreich(フランクライヒ)であるように、厳密には「帝国」という意味ではない。 「reich」には語源的に王国、または政治体制を問わず単に国、(特定の)世界、領域、(動植物の)界という意味が含まれている。 Marie-Antoinette d'Autriche、)。 「オーストリア家」にはスペイン・ハプスブルク家も含まれることがあり、たとえば、のの王妃(スペイン語:マリア・テレサ・デ・アウストリア)はフランス語、スペイン語でそれぞれ「オーストリアの」とあって、スペイン・ハプスブルク家の王女である。 日本語版Wikipediaでは、ハプスブルク家がドイツ系の家系であることから、記事名にはドイツ語の「フォン・エスターライヒ」(e. )を使用している。 オーストラリアとの混同 [ ] オーストリア( Austria)はしばしば( Australia)と間違われるが、オーストラリアはで「」に由来し、オーストリアとは語源的にも無関係である。 しかし、綴りや発音が似ているため、多くの国でオーストリアとオーストラリアが混同されることがある。 日本では、オーストリアとを間違える人もおり、のオーストリア大使館には、同じく港区の「オーストラリア大使館」への地図が掲げられている。 (愛知万博)のオーストリア・で配布された冊子では、日本人にオーストラリアとしばしば混同されることを取り上げ、オーストリアを「オースア」、オーストラリアを「オースリア」と覚えるように呼びかけている。 両国名の混同は日本だけではなく英語圏の国にも広く見られ、聞き取りにくい場合は"European"(ヨーロッパのオーストリア)が付け加えられる場合がある。 しばしばなどに登場し、オーストリアの土産物屋などでは、黄色い菱形にのを黒く描いた「カンガルーに注意」を意味するオーストラリアのに、「NO KANGAROOS IN AUSTRIA(オーストリアにカンガルーはいない)」と書き加えたデザインのなどが売られている。 なお、においてはオーストラリアをAustralie(オストラリ)、オーストリアをAutriche(オトリシュ)と表すためこのような問題はない。 オーストリー表記 [ ] 2006年10月に駐日オーストリア商務部は、との混同を防ぐため、国名の日本語表記を「オーストリア」から「 オーストリー」に変更すると発表した。 オーストリーという表記は、19世紀から1945年まで使われていた「オウストリ」という表記に基づいているとされた。 発表は大使館の一部局である商務部によるものだったが、署名はペーター・モーザー(当時)とエルンスト・ラーシャン商務(商務部の長)の連名(肩書きはすでに「駐日オーストリー大使」「駐日オーストリー大使館商務参事官」だった)で、大使館および商務部で現在変更中だとされ、全面的な変更を思わせるものだった。 しかし11月、大使は、国名表記を決定する裁量は日本国にあり、への国名変更要請はしていないため、公式な日本語表記はオーストリアのままであると発表した。 ただし、オーストリーという表記が広まることにより、オーストラリアと混同されることが少なくなることを願っているとされた。 その後、大使館商務部以外では、大使館、日本の、などに「オーストリー」を使う動きは見られない。 たとえば、2007年5月4日の「」の記事では、同国を「オーストリア」と表記している。 大使館商務部の公式サイトは、しばらくは一貫して「オーストリー」を使っていた。 しかし、2007年のサイト移転・リニューアルと前後して(正確な時期は不明)、大使館商務部のサイトでも基本的に「オーストリア」を使うようになった。 「オーストリー」については、わが国の日本語名はオーストリア共和国であると断ったうえで• オーストリーの使用はそれぞれの企業の判断にゆだねる• マーケティングで生産国が重要な企業にはオーストリーの使用を提案する• 「オーストリーワイン」がその成功例である などと述べるにとどまっている。 日本では雑誌『』がオーストリーの表記を一部で用いている。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 ボヘミアがバーベンベルクを継承 [ ] 以前の時代、現在オーストリアのあるの地域にはさまざまなが住んでいた。 やがて、ケルト人のはローマ帝国に併合され属州となった。 ローマ帝国の衰退後、この地域は、、の侵略を受けた。 スラブ系カランタニア族はアルプス山脈へ移住し、オーストリアの東部と中部を占める ()( - )を建国した。 にがこの地域を征服し、植民を奨励してキリスト教を広めた。 の一部だった現在のオーストリア一帯の中心地域はにのリウトポルトに与えられ、オーストリア辺境伯領( marchia Orientalis)となった。 10 - 11世紀には帝国教会政策をとったが、11世紀後半から12世紀にかけてで皇帝は敗北した。 、"Privilegium Minus"で知られる調停案により、オーストリアは公領に昇格した。 、バーベンベルク家はを獲得する。 に(在位: - )が即位。 フリードリヒは近隣諸国にしばしば外征を行い、財政の悪化を重税でまかなった。 とも対立。 にがに侵入()すると、その領土を奪い取った。 にでフリードリヒ2世が敗死したことによりバーベンベルク家は断絶。 その結果、ボヘミア王がオーストリア、シュタイアーマルク、各公領の支配権を獲得した。 彼の支配はのでに敗れて終わった。 教会のハプスブルク包囲網 [ ] は ()( - )となり、 ()が領主となった。 ザルツブルクにはオーストリア最古の修道院があり、古来からバイエルンと関係が深い。 のテオド公がザルツブルクを寄進していたのである。 はその後も一貫して教会建設に好意的で、ザルツブルクの教会に莫大な土地を与えた。 1290年、がエンス渓谷の所有権と諸権利をめぐってザルツブルク大司教と争い、ルドルフ1世の調停によって自身に有利な条約が結ばれた。 翌年7月にルドルフが死んで、アルブレヒト包囲網が編成された。 教皇の了解を得て、ハンガリー王、ボヘミア王、、、ザルツブルク、、の聖界諸侯、旧の諸都市、および誓約同盟も加わった諸国が大同盟を結成した。 を味方につけられないアルブレヒトは大同盟から大打撃を受け、を範にとり財政改革を行うことになった。 裕福なウィーン市民をフープマイスターなる管財人へ任命し、人手に渡っていた所領をたちまちに回収した。 しかしアルブレヒトが1308年に暗殺されてオーストリアは弱くなった。 はに敗れてフランスに接近した。 西方では1309年、でフランスが神聖ローマと国境を接した。 イタリア政策が結婚政策となるまで [ ] の 皇帝の の死後一世紀あまりの間、ハプスブルク家はローマ王位から遠ざかった。 しかし、この間にも政争は絶えなかった。 1335年、ゲルツ伯家のが没し、唯一の女子が伯位を継承したが(女伯)、領土の相続をめぐって、、が介入した。 銀山のあるチロルは位置もの拠点となりうる垂涎の的であった。 1349年、フランスがを獲得してハプスブルクとの緊張を深め、のちのに発展した。 にハプスブルクは()を称した。 1363年、ハプスブルク家のオーストリア公は、マルガレーテを退位させて強引にチロル伯領を継承、以後チロル地方はハプスブルク家の統治下に置かれた。 「チロル伯領」の首都は、1418年にメラーノに移転し、ついでに移った。 からにかけて、このようにハプスブルクはオーストリア公領周辺領域を獲得していく。 領土の一円化はでイタリア政策が頓挫してから急務であった。 にが義父の後継に選ばれた。 アルブレヒト2世自身の治世は1年に過ぎなかったが、これ以降、一例を除いて神聖ローマ皇帝はハプスブルク家が独占することになる。 ハプスブルク家は世襲領をはるかに離れた地域にも領地を獲得し始める。 、の唯一の子であるは跡取りのいないのと結婚しての大半を獲得した。 彼の子のはとの王女と結婚した。 フアナがのちに王位継承者となったためを得て、さらにその領土のイタリア、アフリカ、をハプスブルク家のものとした。 ヴェストファーレン条約という審判 [ ] 皇帝の治世におけるは、コスモポリタンとしてやと結びつき、2度の活況を享受した。 ポルトガルはアフリカの、セビリアはの貿易窓口となった。 、でハンガリー王が戦死したあと、地域とが占領していないの残りの地域がオーストリアの支配下となった。 1529年、。 オスマン帝国のハンガリーへの拡大により、両帝国はしばしば戦火を交えるようになった()。 これは2国間紛争のようでいて、にとっては旧を奪還するのに、フランスとハプスブルクとのいずれが尖兵にふさわしいかという政治問題でもあった。 そこでカール5世はカトリックへ接近していった()。 1556年、カール5世が退位してスペイン=ハプスブルク家が枝分かれした。 このときにアントウェルペンの隣でがスペイン領となった。 1565年、で植民を殺す事件が起こった。 そしてに発展した。 にが結ばれ、神聖ローマ帝国は形骸化しフランスが勢力を伸張した。 マリア・テレジアと二元主義 [ ] 18世紀の ( - ) の長期の治世では、のの勝利(指揮をしたのは) に続く一連の戦役(、 - )の結果締結されたのにより、オーストリアは全土・・を獲得した。 ( - )は家系の断絶を恐れるあまりに先年に獲得した広大な領土の多くを手放してしまう(、、)。 カール6世はを出して家領不分割とにハプスブルク家を相続させる(あまり価値のない)同意を諸国から得る見返りに、領土と権威を明け渡してしまった。 、 ()( - )の ()(在位:1727年 - 1744年)による迫害()が始まり、2万人といわれる人口流出が起った。 多くのプロテスタントを受け入れたが大国として擡頭することになった。 このザルツブルク追放を題材にして、は『』を書いた。 カール6世の死後、諸国はマリア・テレジアの相続に異議を唱え、( - )が起き、で終結。 ウェストファリア条約で過酷な経済制裁を受けていたアントウェルペンが復興した()。 プロイセン領となったをめぐって再び( - )が勃発。 オーストリアに勝利したの勃興により、が始まる。 二元主義というのは政体というよりも宗教対立というべきもので、プロイセン経済はオランダのそれと共通してユグノーが台頭せしめたのである。 オーストリアはプロイセン、とともに第1回および第3回の(と)に加わった。 神聖ローマ帝国の解体とウィーン体制 [ ] 作「 ウィーン会議」() が起こるとオーストリアはフランスと戦争になったが、幾多の会戦でに敗退し、形骸化していた神聖ローマ帝国はに消滅した。 この2年前の 、が宣言されている。 、オーストリアは他の諸国とともにフランスへ侵攻してを終わらせた。 にが開催され、オーストリアはヨーロッパ大陸における4つの列強国のひとつと認められた()。 同年、オーストリアを盟主とするが作られる。 1818年のでがウィーン財界に列した。 1822年にはハプスブルク家から彼を含む5兄弟全員に男爵位が送られた。 彼らにより現在のが建設された。 政治と連携したロスチャイルドを含む財界の力で、ウィーンから・・を経由してまでが鉄道で結ばれていった。 未解決の社会的、政治的、そして国家的紛争のためにドイツは統一国家を目指した に揺れ動かされた。 結局のところ、はか、大オーストリアか、のいずれかに絞られる。 オーストリアにはドイツ語圏の領土を手放す意思はなく、そのためにがプロイセン王へドイツ皇帝の称号を贈ったものの拒否されてしまった。 、オーストリアとプロイセンは連合してと戦い、とをデンマークから分離させた()。 しかしオーストリアとドイツは両公国の管理問題で対立し、にを開戦する。 で敗れたオーストリアはドイツ連邦から脱退し、以後、ドイツ本土の政治に関与することはなくなった。 のオーストリアとハンガリーの妥協()により、を君主に戴くオーストリア帝国との二重帝国が成立した。 オーストリア=ハンガリーは、、、、、、、さらには、の大きなコミュニティまでもを支配する多民族帝国であった。 この結果、民族主義運動の出現した時代においてオーストリア=ハンガリーの統治は次第に困難になりつつあった。 それにもかかわらず、オーストリア政府はいくつかの部分で融通を利かすべく最善を尽くそうとした。 たとえば(オーストリア=ハンガリー帝国におけるオーストリア部分の呼称)における法律と布告( Reichsgesetzblatt)は8言語で発行され、すべての民族は各自の言語の学校で学ぶことができ、役所でも各々の母語を使用していた。 ハンガリー政府は反対にほかの民族のマジャール化を進めている。 このため二重帝国の両方の部分に居住している諸民族の願望はほとんど解決させることができなかった。 オーストリアはの終盤からフランスへある程度接近せざるをえなかった。 が17世紀にパール家()に譲ったオーストリア事業は、1816年に国有化された。 もうひとつの郵便制度がオスマン帝国との外交チャンネルとして開拓されていた。 オーストリアはのはじめからイスタンブールに弁理公使を常駐させていた。 そして、友好国のイスタンブール駐在大使についても通信文の郵送を請け負った。 1746年、マリア・テレジアがウィーンとイスタンブール間で月1回の定期郵送を命じた。 1748年、イスタンブールとにオーストリア郵便局が設立された(オスマン帝国最初の郵便局)。 1788年 から91年の交戦中は郵便が停止されたが、戦後まもなく復活し、新たにアナトリア、エジプト、クレタ、ドナウ周辺にも郵便局が開設された。 1910年、オスマン帝国に置かれていたオーストリア郵便局は28も存在した。 このうち国有郵便局は7つにすぎず、残りはオーストリア・ロイド汽船会社()の郵便局であった。 汽船会社の親会社はロイド・アウストリアコ(Lloyd Austoriaco)という調査・出版会社で、1833年にに設立されてからイギリスのに関する情報を発信していた。 汽船会社は第二部門として、1836年にブルック()の計画とザーロモン・ロートシルトの資本参加で発足した。 1837年、汽船会社はオーストリア政府と郵便契約を結び、各地への海上郵便輸送を担当のうえ、収益の8割を約束された。 そして汽船会社は自社の代理店として郵便局を設置したのである。 1874年、の創設に関する条約を討議する第一回郵便会議(ベルン)において、オスマン帝国は外国郵便局の追放を目指すと宣言した。 1884年にオスマン帝国はと郵便協定を結び、イスタンブールとヴァルナ間の郵袋をブルガリア郵便に引き受けさせるという通達を諸国に発信した。 こうしてスタートしたオスマン独自の汽船郵便であったが、オーストリア・ロイド汽船との熾烈な競争にあえなく敗れた。 オスマン帝国は1890年代以降に憲兵を使うなどして外国郵便の営業を妨害したため、万国郵便連合での発言力を失ってしまった。 1908年10月、オーストリアはを併合した。 その直後からオーストリア・ロイド汽船は荷揚げボイコットの標的となった。 それは11月末に過激なものとなった。 ロイド船で輸送された宛ての貨物をフランス籍の船が積み替えようとした際に、オスマン役人がフランス汽船会社の代理店に現れ、積み替えを行えば黒海のオスマン領内の全港に向けて、フランスの船をボイコットするよう打電すると警告した。 脅しに屈した会社は、ロイド船の貨物を再び積み戻した。 第一次世界大戦と共和制への移行 [ ] 1910年時点のオーストリア=ハンガリーの言語民族地図 19世紀末からをめぐり、債権国間の対立は海溝のごとく深まっていった。 にがセルビア民族主義者に暗殺される事件が起こる。 オーストリア=ハンガリー帝国はに宣戦布告し、紛争はに発展した。 セルビアはの影響下にある国である。 のときオーストリアがセルビアに差別関税を導入したのは、フランス資本のからではなくオーストリア資本のから兵器を輸入させるためであった。 セルビアは財政管理を受けながらを勝ち抜いた。 1914年にはが進出していた。 4年以上の戦争を戦ったドイツ、オーストリア=ハンガリー、トルコ、のの戦況は後半には決定的に不利になり、異民族の離反が起きて政情も不安となったオーストリア=ハンガリーはに連合国と休戦条約を結び、事実上の降伏をした。 第一次世界大戦の降伏直後にが起こり、皇帝は「国事不関与」を宣言して共和制()に移行し、600年以上にわたったハプスブルク家の統治は終焉を迎えた。 に連合国とのが結ばれ、ハンガリー、が独立し、そのほかの領土の多くも周辺国へ割譲させられてオーストリアの領土は帝国時代の4分の1程度になってしまった。 300万人のドイツ系住民がチェコスロバキアのや、などに分かれて住むことになった。 また、ドイツとの合邦も禁じられ、国名もドイツ=オーストリア共和国からオーストリア共和国へ改めさせられた。 戦後、オーストリアは激しいインフレーションに苦しめられた。 に経済立て直しのためにの管理の下での借款が行われ、からには経済はやや上向いてきたがそこへが起き、1931年にが倒産した。 ファシズムからアンシュルスへ [ ] 、のによるに似た独裁体制が確立した()。 この時期のオーストリアにはキリスト教社会党との二大政党があり各々民兵組織を有していた。 対立が高まり内戦( )となる。 進駐ドイツ軍を歓迎するウィーン市民 内戦に勝利したドルフースは社会民主党を非合法化し 、翌1934年5月には憲法を改正して権力を固めたが、7月にのクーデターが起こり暗殺された。 後継者のはから独立を守ろうとするが、、ドイツ軍が侵入して全土を占領し、オーストリア・ナチスが政権を掌握した。 に(合邦)が宣言され、オーストリア出身のが母国をドイツと統一させた。 このときが他行を吸収合併し経営を拡大したが、レンダーバンクはと事実上の資本提携関係にあった。 オーストリアはに編入されて独立は失われた。 ナチスはオーストリアをオストマルク州とし 、にアルペン・ドナウ帝国大管区と改称している。 第三帝国崩壊直前の、によるによってウィーンは陥落した。 がソ連軍の承認を受けて速やかにウィーンに臨時政府を樹立し 、に独立宣言を行い第三帝国からの分離を宣言した。 1939年から1945年の死者は26万人 、によるの犠牲者は6万5,000人に上っている。 第二次大戦後 [ ] ドイツと同様にオーストリアも、フランス、ソ連、によって分割占領され、オーストリア連合国委員会によって管理された()。 ののときから予測されていたが、連合国の間ではオーストリアの扱いについて見解の相違があり 、ドイツ同様に分断されるおそれがあった。 結局、ソ連占領区のウィーンに置かれた社会民主主義者と共産主義者による政権は、レンナーがの傀儡ではないかとの疑いがあったものの、西側連合国から承認された。 これによって西部に別の政権が立てられ国家が分断されることは避けられ、オーストリアはドイツに侵略され連合国によって解放された国として扱われた。 の影響を受けて数年かかった交渉の末、、占領4か国とのが締結されて完全な独立を取り戻した。 、オーストリアはを宣言した。 1995年にへ加盟し 、間接的な憲法改正は加えられている。 この軌道修正は経済的な対外依存を背景としている。 はとを開催している 第二共和国の政治システムは1945年に再導入された1920年および1929年の憲法に基づいている。 オーストリアの政治体制は(比例配分主義: Proporz)に特徴づけられる。 これは政治的に重要なポストはとに党員に平等に分配されるというものである。 義務的な党員資格を持つ利益団体の「会議」(労働者、事業者、農民)の重要性が増し、立法過程に関与するという特徴がある。 1945年以降、単独政権は - (国民党)と - (社会党)のみで、ほかの期間は大連立(国民党と社会党)もしくは小連立(二大政党のいずれかと小党)のいずれかになっている。 1970年 - 1983年の社会党政権における経済政策はおおむね自由化を進める方向で動いた。 為替管理は1946年から外為法でへ委任されているが、では国際決済において資本移動を制限するなどした。 1974年に(と互恵主義を前提として)オーストリア・シリングをあらゆる通貨と売買取引ができるようにした。 1975年に資本移動制限は緩和された。 外国法人による直接投資も外国による間接投資も再自由化されたのである。 1981年、非居住者による不動産取得も再び自由化された。 このような社会党政権のときに国連事務総長をつとめてきたが、1986年に大統領となった。 合衆国とは対立したが、自国資本で機関化されていく東欧諸国を足場にを国連に加盟させ、グローバル化に寄与した。 政治 [ ] の 政体は連邦共和制。 は4年毎に国民から選挙で選ばれる183議席の( Nationalrat)と各州議会から送られる62議席の( Bundesrat)から成る二院制の議会制民主主義国家。 国民に選挙で選ばれる国民議会の議決は連邦議会のそれに優先する。 連邦議会は州に関連する法案にしか絶対拒否権を行使できない。 任期は6年。 大統領就任宣誓式は( Bundesversammlung)で行われる。 連邦会議は非常設の連邦機関で、国民議会ならびに連邦議会の議員を構成員とし、大統領宣誓式のほかには、任期満了前の大統領の罷免の国民投票の実施、大統領への刑事訴追の承認、宣戦布告の決定、大統領を憲法裁判所へ告発する承認の権限がある。 連邦政府の首班は( Bundeskanzler)。 ( Bundesregierung)は国民議会における内閣不信任案の可決か、大統領による罷免でしか交代することはない。 2008年7月に国民党が連立解消を決め、9月に国民議会選挙が実施された。 その結果、社会民主党と国民党の第1党・第2党の関係は変わらなかったものの、両党ともに議席をこの選挙で躍進した極右派の自由党と未来同盟に奪われる形となった。 その後、およそ2か月にわたる協議を経て、社会民主党と国民党は再び連立を組むこととなった。 中道右派、中道左派、極右派は時代のキリスト教社会党・・ドイツ民族主義派(諸政党…「農民同盟」、「大ドイツ人党」、「」などの連合体)の3党に由来しており、1世紀近くにわたって3派共立の政党スタイルが確立していた。 国際関係 [ ] 2017年から2019年まで、また2020年より首相を務めている オーストリア共和国は後のによる占領を経て、にを条件に独立を認められ、以来東西冷戦中もその立場を堅持してきた。 に対抗するために結成されたには、1960年の結成時からメンバー国だったが、1995年の加盟に伴い脱退した。 加盟した欧州連合においては軍事面についても統合が進められており、永世中立国は形骸化したとの指摘がある。 国民の間には永世中立国堅持支持も多いが、非永世中立国化への方針が2001年1月の閣議決定による国家安全保障ドクトリンにおいて公式に記述されたことにより、国内で議論が起こっている。 歴史的、地理的に・や西の国と関係が深く、などの欧州連合加盟に向けた働きかけを積極的に行っている。 の欧州連合加盟には消極的な立場をとっている。 日本とはにを締結して以来友好な関係で、特に音楽方面での交流が盛んである。 では敵対したが、1955年の永世中立宣言に対しては日本が最初の承認を行った。 2011年に隣国のがに加盟したことにより、周囲の国家がすべて同協定の加盟国となり、国境管理を行っていない。 軍事 [ ] オーストリアは1999年よりを導入している 国土面積はのとほぼ同じ大きさである。 オーストリアの地形は大きく、同山麓、カルパチア盆地(パンノニア低地)、、北部山地(ボヘミア高地)に分けられる。 アルプスが国土の62%を占め、海抜500メートル以下は全土の32%に過ぎない。 最高地点は(標高3,798メートル)である。 アルプスの水を集め、ドイツから首都ウィーンを通過して最終的に黒海に達するがドナウ川である。 1992年にライン川やマイン川を結ぶ運河が完成し北海との交通が可能となった。 オーストリアの地理的名所 [ ]• 気候 [ ] 気候は大きく3つに大別される。 東部は大陸的なパンノニア低地気候、アルプス地方は降水量が多く、夏が短く冬が長いアルプス型気候、その他の地域は中部ヨーロッパの過渡的な気候である。 経済 [ ] 詳細は「 ()」を参照 年のに位置し、経済的に豊かな国である。 主要産業としては、の自動車産業、の鉄鋼業などがある。 大企業はないものの、ドイツ企業の下請け的な役割の中小企業がオーストリア経済の中心を担っている。 や、を中心に観光産業も盛んである。 失業率はほかの欧州諸国と比較して低い。 欧州の地理的中心にあることから近年日本企業の欧州拠点、工場なども増加しつつある。 オーストリアにとって日本はアジア有数の貿易相手国である。 ヨーロッパを代表する音響機器メーカーとして歴史を持つは、クラシック愛好者を中心に日本でも有名である。 1986年にが大統領となると、マルク類似の安定かつ若干高利回りのシリング債券・株式は外国機関投資家の注目するところとなり、オーストリアへ大量の外貨が流入した。 オーストリアの資本市場は瞬く間に機関化された。 機関投資家へ流動性を提供するが重視されるようになった。 機関投資家のスワップ取引も同様であった。 結果として、オーストリアの資本市場ではを含む(直接金融化)の発達が促進された。 官民そろっての発行規模を増した。 オーストリアのは1,200億シリング相当額を超え、全金融債務の20%程度になった。 グローバル化の結果、オーストリア全銀行の総資産に占める外貨債券・債務の割合がともに約24%になり、大きく対外依存度を高めた。 退職年金ファンドは1987年末に残高252億シリングを記録した。 これは全国総ファンド残高687億シリングの36. 7%を占める。 ユーロ債は円債が1981年以降毎年発行されており、1985年以降の発行額は1,000億円超である。 狭い国内市場での債券発行は、が起きないように、資本市場委員会の審議を経て大蔵大臣の許可を得る必要があった。 外債は当然に制限された。 民間大手保険会社は債券市場の発展に貢献している。 そして1993年、巨大な国有コンツェルン()が民営化(=機関化)された。 オーストリアの加盟した欧州連合も、から勢いを得て、の諮問委員会から機関化されていった。 機関化を受けてプロポルツも変容した。 社会党は中立政策を支持し(反機関化)、一方、国民党は欧州連合安全保障体制との一体化を主張している(機関化支持)。 国民党の議員の中には加入すら否定しない意見もある。 実際にオーストリアは欧州連合のに加わっており、いわゆるピーターズバーグ・アジェンダ(と平和創造を含む)に参加して、NATOの「平和のためのパートナーシップ」のメンバーになっている。 これらに伴い憲法が改正されている。 金融 [ ] 、、ライフアイゼンバンク、BAWAG、フォルクスバンクが主要銀行である。 交通 [ ] 帝国時代の民族分布 「領地はたくさんある。 人口もたくさんある。 しかし オーストリア民族はいない。 国家はない」とはオーストリアのジャーナリスト、ヘルムート・アンディクス()がオーストリア帝国を評したものであるが、実際に今のオーストリアの領土はかつての「 ドイツ人の神聖ローマ帝国」を構成する「上オーストリア」「下オーストリア」「ケルンテン」「ザルツブルク司教領」「チロル」などから構成されており、その統治者であったハプスブルク家は「 ドイツ人の神聖ローマ皇帝」を世襲してきた。 そのためオーストリア民族という概念はなく、オーストリア人という概念はきわめて新しい。 をとするは全人口の91. この割合はドイツ、リヒテンシュタインとほぼ同じである。 血統的にはゲルマン系にスラヴ系、ラテン系、ハンガリー系、トルコ系などが入り混じっているものの、ゲルマン系言語であるドイツ語を母語とするため、オーストリア人は通常とみなされる。 オーストリア人はに含まれるのか、という問題は戦後意識的に避けられてきたが、近年急速にクローズアップされている。 もともとオーストリアは、などと同じくドイツを構成する分邦のひとつであり(古くはバイエルンの一部であり、ドイツ人を支族別に分けるとオーストリア人はである)、しかも12 - 19世紀の間、オーストリア大公家であるがドイツ帝国()の帝位や議長国の座を独占していた。 形骸化していたとはいえ、神聖ローマ帝国が長年ドイツ諸邦の盟主だった歴史は無視できない。 の崩壊によって、オーストリアの国土が民族ドイツ人居住地域に限定されると、左右を問わずにへの合併を求める声が高まり、第一次大戦敗戦直後は「ドイツ・オーストリア共和国」という国名を名乗っており、国歌の歌詞には「ドイツ人の国」という言葉が1930年代まで残っていた。 1945年のブリタニカ百科事典には、オーストリアをドイツから除外した小ドイツ主義のビスマルク体制の方が歴史的例外であり、ヒトラーの独墺合併は元の自然な形に戻したにすぎないという記述があり、連合国側にすら戦後の統一ドイツ維持を支持する見方があったことを伺わせる。 しかし、この論を逆手に取ったオーストリア人の行為に対する反省から、戦後は「ドイツ人と異なるオーストリア人」という国民意識が誕生し、浸透した。 ドイツ側はさらにソヴィエト占領地区の分離が余儀なくされていた。 こうして3つの国家(オーストリア、、西ドイツ)、2つの国民、1つの民族と呼ばれる時代が始まる。 オーストリア側ではドイツ人と別個の国民であるの意識が育ち、さらにはにおいてもドイツ民族とは異なるオーストリア民族であると自己規定する人も現れた。 しかしながら、・欧州連合加盟以降、ドイツ民族主義が再び急伸した。 2000年から2007年にかけて、ドイツ民族主義者系の極右政党が連立与党に加わり、国際的に波紋を呼んだのもそうした風潮と関連している。 「ドイツ人」という言葉には、国家・国民以前に「を話す人」というニュアンスが強い。 ゲルマン民族が西進しフランク王国を立てたのち、西部や南部でラテン語との同化を選択した勢力(フランス人、イタリア人、スペイン人の一部の先祖となる)には加わらず、もともとのゲルマン語を守り続けてきた東フランク人が「ドイッチュ」(古来は民衆を意味した。 当初ラテン語が支配階層のみで使われたため)の名でドイツ人の先祖となったためである。 その後、ドイツ語はやと違い、ほとんど他民族では母語化しなかったため、言語と民族概念とが不可分となっている。 オーストリアでは「ドイッチェ~」で始まる市町村名が、東南部をはじめ数多く見られるが、これらの名称も今日となってはドイツ人の街と解釈するのかドイツ語の街と解釈するのかは微妙である。 いずれにせよ、ドイツ連邦共和国よりもオーストリアの方にこの地名が多く見られるのは、ドイツ圏全体からは東南に偏して他民族地域との境界に接し「ドイツ」を強調する必要があった地域特性を示している。 また、オーストリアを多民族国家として論じる場合、現在の版図では9割を占める最多数派の民族を「ドイツ人」と呼ばざるをえないという事情もある(ゲルマン人では曖昧すぎ、オーストリア人と呼んでしまうと、少数民族はオーストリア人ではないのかということになってしまう。 これは、移民の歴史が古く、民族名とは異なる国号を採用した同国ならではのジレンマである)。 1970年代における、でのハンガリー系、スラブ系住民の比率調査では、もう一方の選択肢は「ドイツ人」だった。 近年の民族主義的傾向には、こうした言語民族文化の再確認という側面が見られる反面、拡大EUにおける一等市民=ドイツ人として差別主義的に結束しようとする傾向も否めない。 今日ウィーン市内では、を高唱する右派の学生集会なども見られる。 ただし、元をただせば現在のドイツ国歌は、が神聖ローマ帝国最後の皇帝を讃えるために作曲した『』の歌詞を替えたものであり、19世紀後半にはの国歌となっていた。 における神聖ローマ帝国の勝利と帝国の権威維持を祈願して当曲が作られた当時はオーストリア国家は存在せず、に敗戦してローマ帝位を辞するまでフランツ2世は形式的には直轄地オーストリア地域をふくめる全ドイツ人の皇帝だったため、両国共通のルーツを持つ歌ともいえる(ちなみには1999年まで欧州議会議員をドイツ選出でつとめた)。 しかし、外国人観光客が右翼学生たちを奇異な目で見るのは、国歌のメロディではなく、政治的には外国であるドイツを「わが祖国」と連呼する歌詞をそのまま歌っている点である。 はまでは側だったため、今日でもハンガリー系、クロアチア系が多い。 にはスロベニア系も居住している。 そのため、標識や学校授業に第2言語を取り入れている地域もある。 外国人や移民は人口の9. その多くがと旧諸国出身者である。 言語 [ ] オーストリアを含むの方言区分 がであり、ほとんどの住民が日常使っている言語でもある。 ただし、日常ので使われているのは標準ドイツ語ではなく、ドイツ南部などと同じ()系の方言()である。 この方言は、フォアアールベルク州で話されているもの(に近い)を除き、と同じ区画に属するである。 オーストリアでは、、の放送などでは標準ドイツ語が使われているが、独特の発音や言い回しが残っているため、ドイツで使われている標準ドイツ語とは異なる。 標準ドイツ語では有声で発音されるsの音はオーストリアにおいては無声で発音されることが多い。 またオーストリア内でも多くの違いがあり、ウィーンやグラーツなどで話されている東オーストリアの方言と西オーストリアのチロル州の方言は随分異なる。 東オーストリアの方言では• -erl• Kipferl• Ein Moment erl (少々お待ちください) となる。 南部のケルンテン州にはも居住し、Windisch(ドイツ語とスロベニア語の混声語)と呼ばれる方言も話されている。 首都ウィーンの方言は「ヴィーナリッシュ(ウィーン訛り)」として知られ、かつてのの領土だった・・などの諸国の言語の影響が残っていると言われている。 また、単語レベルでみた場合、ドイツと異なる語彙も数多く存在するほか、ドイツとオーストリアで意味が異なる単語もあるため注意が必要である。 - オーストリアのドイツ語に関するリンク集。 宗教 [ ] 詳細は「 ()」を参照 は、553万人(66. のうち、約31万人(3. 51万5,914人(6. さらに、もいる。 婚姻 [ ] 婚姻の際、2013年までは、原則として「夫または妻の氏(その決定がない場合は夫の氏)を称する(同氏)。 自己の氏を後置することもできる 」とされていた。 しかし2013年4月以降、「婚前に特に手続きしない限り、原則として婚前の氏を保持する(が原則)」と変更された。 これまで通りの選択も可能であるが、その場合婚前に手続きが必要となる。 また、別姓での結婚において夫婦が子の姓について合意できない場合は母の姓となる規定がある。 これには母子家庭以外でも子が母の姓を名乗るケースを認めることで、親子関係と姓でだと分からないようにするという、婚外子差別をなくす意味合いがある。 2019年1月1日よりが可能になった。 文化 [ ] この節のが望まれています。 世界遺産 [ ] のリストに登録されたが7件存在する。 さらにハンガリーにまたがって1件の文化遺産が登録されている。 詳細はを参照。 中でもは絶大な人気を誇り、で計4個のメダルを獲得しているは国民的スターでもある。 2006 - 2007年シーズンでは男女計12種目のうち実に7種目をオーストリア人選手が制覇している。 競技とを組み合わせたの強豪国でもあり、とは独立しているは、その本部をオーストリアのに置いている。 またも人気が高く、、、などとともに強豪国として名高い。 (1993年、1995年、1996年FIS・W杯総合優勝)、(2001年FIS・W杯総合優勝)、(ジャンプ2008年FIS・W杯総合優勝)といった有名選手を輩出している。 近年ではのジャンプ競技で金メダルを獲得している。 も盛んであり、3度のチャンピオンであるはウィーン出身である。 また1963年よりも開催されており、近年はからにかけてF1の製造者部門で4連覇を果たしたのホームグランプリとして盛況を博している。 伝統的にの人気が高く、を除くではもっとも古い歴史を誇るプロリーグである(1部)を筆頭にサッカーリーグは9部まである。 1部のには、日本のが在籍している(2020年現在)。 オーストリアの最高峰リーグであるをステップアップとしてサッカーのブランドネーションに移籍する選手が多く、毎年のようにやに移籍する選手が数多く輩出されている。 にはをと共同で開催した。 はやを相手に善戦したもののグループリーグで敗退を喫した。 では、 (、)がやといった世界最高峰のレースで活躍した。 現在はなどが知られている。 オーストリア最大のステージレース(複数の日数にわたって行われるレース)「」はのHC(超級)という高いカテゴリーに分類されており、ツール・ド・フランスと同時期の7月に開催されるが、その年のツール・ド・フランスに出場しない大物選手が数多く出場している。 積雪の多い気候ゆえ、や、、などの室内スポーツの競技人口も多い。 著名な出身者 [ ]• Dudenverlag. 604. 「」2006年11月20日号• (リンク切れ)• (リンク切れ)• 20—21. , p. エーリヒ・ツェルナー 『オーストリア史』 (リンツビヒラ裕美訳、彩流社、2000年5月) 71-72頁、157-162頁• , p. , p. 26—28. , p. , p. , p. 233. , p. Dominique Kirchner Reill, Nationalists Who Feared the Nation: Adriatic Multi-Nationalism in Habsburg Dalmatia, Trieste, and Venice, Stanford University Press, 2012, pp. 83-86. ジェームズ・ジョル 『第一次世界大戦の起源』 みすず書房 2007年 217頁• , p. 246. 104. 269-70. , p. 261. 107. , p. 283. , p. 109. , p. 292. 112—3. 135—6. Oldenbourg 2000. Britannica Online Encyclopedia. , p. 137. Manfried Rauchensteiner: Der Sonderfall. 153. , p. 447,449. , p. 139. , p. 165. Wien, 『オーストリアにおける投資と金融(84年版)』 日本経済調査協議会 1984年 62-63頁• 二国間関係の箇所. 2013年1月13日閲覧。 細矢 治夫、宮崎 興二 編集 『多角形百科』 p. 3 丸善 2015年6月30日発行• 『オーストリアの金融・資本市場』 59-64、96-98頁• 平成13年10月11日男女共同参画会議基本問題専調査会• "", The Austrian Foreign Ministry Worldwide. [ ]• 2017年12月12日. 2019年1月1日時点のよりアーカイブ。 2018年1月25日閲覧。 を参照 参考文献 [ ]• Brook-Shepherd, Gordon 1998. The Austrians: a thousand-year odyssey. Johnson, Lonnie 1989. Introducing Austria: a short history. Riverside, Calif. : Ariadne Press. Schulze, Hagen 1996. States, nations, and nationalism: from the Middle Ages to the present. Cambridge, Mass. : Blackwell. 関連項目 [ ].

次の

混浴?格好は?フィンランド式サウナの入り方&おすすめ完全攻略!|旅工房

オーストリア サウナ

2003年の冬にウィーン近郊の温泉地バーデン・バーデンに行きました。 駅に着くと硫黄の匂いで温泉に来たなと実感します。 ところが温泉場 露天風呂 らしきものが見あたらない。 原則として映画などで見るように高級ホテルの内部などにあるから聞かないと分からない。 当然ホテルによって恐らくは一般客も利用できるのだろうが、ある高級ホテルのフロントで聞くと公衆浴場は存在した。 と言っても、名前は忘れたが体育館のような場所で室内に大きな温泉プールがあり屋外に小さな温泉があるが、当然極寒なので室内からお湯に入ったまま移動できるようになっている。 プールの奥に行くとサウナがあった。 別料金 入場時に腕に特殊なバンドをして、タッチすればバーが開き、帰るとき精算される で入ると小さな部屋がいくつかあって数種類のサウナがある。 入って驚いたが部屋の外に脱いだ水着を掛けて入る。 もちろん男女の区別はありません。 水着を着たまま入っている人もゼロではなかったが、基本的に老若男女全裸で返って目立ちます。 通路も全裸で歩いています。 言うまでもなくプールの方は水着着用です。 ちなみに時間制なのが分からなくて30分超過し追加料金を取られた。 4つ星ホテル内のサウナが全裸かどうかは知りませんが、入っている人に合わせるしかないでしょうね。 A ベストアンサー こんにちは、 こればっかりはホント、店によるようです。 エリアによっては安いところや、日本人が少ないようなところだと紙パンツの用意のないとこのほうが多いかも。。。 私もバリでさすがに素っ裸で仰向けにって言われたときは恥ずかしかったです。 担当のお姉さんは女性同士だから恥ずかしがらないで、なんていってくれましたけどね。 別の店ではオイルマッサージでしたが紙パンツあり。 でもこの紙パンツがブカブカでおむつみたい。 ダンナとカップルルームだったんですけど、かえって恥ずかしかったw アジアだと日本人経営者とか日本人のお客さんが多いところはそれなりに気を使うところが多いみたいです。 逆に欧米人の人は、素っ裸に日本人ほど抵抗ないみたい。 タンポンなら問題ないでしょうが、ナプキンだとパンツなしじゃ厳しいと思うので、やれるコースが制限されるかもしれませんね。 店によっては紙パンツの用意のないとこもありますし。 ちなみに、水着などの用意は不要です。 店によって、パレオや簡単な室内着のようなもの貸してくれます。 水着を着ていっても結局脱がされるか着替えさせれれるかのどちらかです。 もちろん、ボトムも素っ裸になるような場合だと基本は個室か、何人かいるところであれば布で隠してくれたりします。 不安なら予め個室を頼んでおいたほうが良いかも。 ちなみに、ボトムじゃなくてトップのほうは裸が基本です。 でもマッサージであればうつ伏せがほとんどなんであんまり気にすることないと思います。 仰向けならタオルとかかけてくれますしね。 こんにちは、 こればっかりはホント、店によるようです。 エリアによっては安いところや、日本人が少ないようなところだと紙パンツの用意のないとこのほうが多いかも。。。 私もバリでさすがに素っ裸で仰向けにって言われたときは恥ずかしかったです。 担当のお姉さんは女性同士だから恥ずかしがらないで、なんていってくれましたけどね。 別の店ではオイルマ... A ベストアンサー 用語的には。 VA:Value Analysisの頭文字(価値分析) VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学) VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。 製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。 VEは、開発設計段階から行う手法。 設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。 (適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど) 不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。 現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。 geocities. sjve. pdf (PDFファイルです) こんな感じです。 用語的には。 VA:Value Analysisの頭文字(価値分析) VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学) VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。 製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。 VEは、開発設計段階から行う手法。 設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。 A ベストアンサー フランスに行ってから両替すると損しますよ。 「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。 現地通貨を準備する方法としては大別して 1 日本でユーロ現金に両替 2 現地で日本円現金からユーロに両替 3 ユーロ建てトラベラーズチェック 以下TC を現地で換金 4 円建てトラベラーズチェックから現地で両替 5 クレジットカードでショッピング 6 クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング 7 国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す の7つがあります。 それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。 ・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。 ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。 顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。 ・公示仲値 TTM 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回 銀行によっては数回 、取引きの基準として定めるレート。 銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。 公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。 ・対顧客電信売レート TTS 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。 公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。 上乗せの幅は銀行によって異なる。 また当然、通貨によっても変わってくる。 ・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。 他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。 また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。 チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。 多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。 次に 2 ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。 まずレートの設定がよくありません。 しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。 3 はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。 アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです これを見落としている回答が少なくありません。 一応レートの数字を示しておきます。 日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。 まず日本でのTC発行時に 146. なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。 ご興味があれば[4]をご覧ください。 4 は 2 と同じ理由 レートが悪い、換金時に手数料を徴収される からお勧めしません。 5 のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1. なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。 日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。 6 は意外に有利な方法です。 適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」 TTMとほとんど同じ です。 「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。 ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。 7 の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。 6 と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。 【結論】 身の回り費用程度 200~300ユーロ の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。 それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。 e-daikoku. btgp. americanexpress. goo. php3? nicos. dccard. cecile. 海外利用手数料はVISA, masterが1. 換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日 利用から2~3日程度 」のものが適用される。 利用日当日や、銀行引落し日のレートではない フランスに行ってから両替すると損しますよ。 「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。 現地通貨を準備する方法としては大別して 1 日本でユーロ現金に両替 2 現地で日本円現金からユーロに両替 3 ユーロ建てトラベラーズチェック 以下TC を現地で換金 4 円建てトラベラーズチェックから現地で両替 5 クレジットカードでショッピング 6 クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング 7 国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す の7つがあります。 それぞれの最終的なレ... A ベストアンサー スーツケースベルトの目的は、3つあります。 2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。 (「目印」は、主たる目的ではないと思います。 ) もう一つ、重要な目的があります。 空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。 スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。 ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。 昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。 ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。 窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。 そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。 なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。 渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。 スーツケースベルトの目的は、3つあります。 2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。 (「目印」は、主たる目的ではないと思います。 ) もう一つ、重要な目的があります。 空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。 スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。 ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。 昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕... A ベストアンサー こんばんは。 貴重品は基本的にはプールサイドには持っていきません。 プールで飲食をする際には、伝票に部屋番号とサインで OKです。 ロッカーや更衣室は・・・。 ホテルの構造にもよると 思います。 プールサイドにジムがあるようなホテルだと、プールと 共通で使える更衣室がある場合もありますが・・・。 私は基本的に部屋で水着に着替えます。 上にTシャツ、腰回りに巻きスカートみたいになる 布を巻いたりもします。 薄手のTシャツ生地のドレス?を着る事もあります。 夫は水着の上にTシャツを羽織る事が多いです。 私はプールに行く時は、だいたいサンダルを持って行って いるので、部屋から自分のサンダルを履いて行きます。 必要ならば本なども持って行くといいです。 部屋からプールまでですが・・・。 ホテルによるみたいですが、おそらくほとんどのホテルが 部屋にあるバスローブ・スリッパ着用を許可しているのでは・・・と 思います。 5つ星でもです。 (ホテルによってはプール用に薄いコットンのローブが用意 してあるところもあります)。 ただし条件があります。 ホテルのロビーは通過しない事、 その格好でレストランに入らない事などです。 (私もエレベーターの中でバスローブを着た白人さんに あって、ビックリして、帰国後に「これはマナー違反じゃ?」と OK WEB以外のサイトで質問したところ、ホテルによって 条件があり、それをクリアしているならマナー違反ではないとの 事でした。 不安ならチェックイン時に確認すると、さらに安心でしょうとの 事でした)。 部屋のバスタオルは不要です。 プールサイドに行くと、タオルを山積みにされているカウンターが あると思います。 そこでタオルを借ります。 ホテルによっては鍵を預けたり、部屋に置いてあった 「タオル借りるよ」みたいなメッセージが書いてあるカードを 渡したり、ただノートに部屋番号と借りたタオルの枚数を記入する だけだったり・・・。 そこで必要な枚数を借ります。 ホテルによっては一人一枚のところもありますが、私は一人2枚 借ります。 朝一番とかだと、椅子なども空いているでしょうが・・・。 空いていない場合は、とりあえず係員に「椅子に座りたい」と 伝えます。 座れる椅子を探してくれる場合もありますし、 無理と断られる時もあります。 椅子が空いていて、係員が暇な場合だと、借りてきたタオルの内 1枚を席に敷いてくれる事もあります。 ガラガラな時などは、自分で敷いてしまいますが・・・。 パラソルの下に椅子を移動したいとかの場合は、係員さんに 言って、席を移動してもらってください。 (大きな椅子の移動は・・・。 自分でするのはマナー違反というか、 一人では運べないので、一人でやろうとすると白い目で見られると 思います)。 自分の席を確保したら、もう一枚のタオル(これは濡れた体を 拭いたり、体にかけたりするのに使います)や、持ってきた小物を 置いてプールへ行きます。 たまに無料で氷の入った水やフルーツを配る事もあります。 その時に席にいたら、いただけます。 お腹がすいたら、席に戻り、係員さんにメニュー(ドリンクメニューか スナックのメニュー)を持ってきてもらい、注文します。 品物が届いた時などに、伝票に部屋番号などのサインをします。 肌さむい時はTシャツを着たり、タオルを羽織ります。 プールサイドから去る時は、借りたタオルを返却します。 返却しなくてよい場合は、椅子に敷いてあったタオルなどを 「もう使わないよ」と丸めて椅子に置いたり、係員さんに直接 「もう帰るから。 ありがとう」という感じで言葉をかけます。 行きと同じようにTシャツやバスローブを着て帰ります。 Tシャツを着ると汚れものが増えるのが嫌なのですが・・・。 以前泊まったホテルで「私も、部屋のバスローブを着て プールサイドに行く!!」と挑戦しましたが・・・。 建物を出てプールサイドに行くだけで、暑くて疲れてしまった んです。 そのホテルのバスローブが分厚かった事もありますが・・。 薄手のローブが用意してあるのホテルがあったので、それを 見た時は「そうよね。 バスローブじゃ、分厚いわよね」と 思ってしまいました。 Tシャツは手ごろで便利だと思います。 こんばんは。 貴重品は基本的にはプールサイドには持っていきません。 プールで飲食をする際には、伝票に部屋番号とサインで OKです。 ロッカーや更衣室は・・・。 ホテルの構造にもよると 思います。 プールサイドにジムがあるようなホテルだと、プールと 共通で使える更衣室がある場合もありますが・・・。 私は基本的に部屋で水着に着替えます。 上にTシャツ、腰回りに巻きスカートみたいになる 布を巻いたりもします。 薄手のTシャツ生地のドレス?を着る事もあります。 夫は水着の上にTシャツを羽織る... A ベストアンサー こんばんは。 なんか、NO1さんが可哀想になって・・・・。 今回の質問に関しては、質問者様が宿泊されるホテルのタイプによるので、それが不明な状態ではいろんな回答がよせられると思います。 まあ、それぞれ回答者の経験に応じてということでしょうけど。 一般的にアメリカンタイプの大規模ホテルですと、プール・フィットネス施設は日本のシティホテルとほぼ同じでロッカールームもあり、いってみれば、スポーツクラブに行くような気持ち・準備でよいと思います。 ところが、ホテルといっても、スパやエステメインのホテル、あるいはオーベルジュなどになると、逆にロッカールームなどなく、部屋で着替えてバスローブを羽織って、というのも珍しくありません。 マナー違反どころか、それ以外の選択肢がないホテルもありますしね。 正直、プールなどの前で途方に暮れている人、ちょっと気の毒ですよね。 ちなみに、この種のホテルだと、部屋に入浴用のバスローブとスパ用の着衣が別々に用意されているところもあります。 NO2さんは残念ながらこの種のホテルを利用されたことがないんでしょうねえ。 あと、ドイツのホテルだと???、なんて意見もありますが、ドイツの高級ホテルの場合、スパ直結のエレベーターがあり、カードキー操作で他の客と絶対にバッティングしないようにして部屋からバスローブで移動、というところも結構ありますよ。 いやあ、みなさん自分が経験していない情報はほぼガセのように批判されてますが、ご自身の謙虚妄想甚だしいことの自己批判も忘れないでくださいね。 以上が、おいらの経験則上からの回答です。 ただ、マナーやルールなどはその場所その場所で多少は違うものです。 マナーやルールを気になさるのであれば、チェックイン時にフロントでお尋ねになるか、実際の設備係員にお尋ねになるか、して正確な情報を入手されることが、もっとも肝要なマナー・ルールだと思います。 こんばんは。 なんか、NO1さんが可哀想になって・・・・。 今回の質問に関しては、質問者様が宿泊されるホテルのタイプによるので、それが不明な状態ではいろんな回答がよせられると思います。 まあ、それぞれ回答者の経験に応じてということでしょうけど。 一般的にアメリカンタイプの大規模ホテルですと、プール・フィットネス施設は日本のシティホテルとほぼ同じでロッカールームもあり、いってみれば、スポーツクラブに行くような気持ち・準備でよいと思います。 ところが、ホテルといっても、スパやエステメ... Q 海外旅行の際の行き帰りの格好なんですが,少々迷っているのでお尋ねします。 機内では浮腫防止のためメディキュットを履いておこうと考えてますが,メディキュットを着用するにはマキシ丈のスカート又はワンピじゃないと,履くのに苦労しますよね? パンツではメディキュットあがらないし,スカートやショートパンツだとメディキュット履いてるのがバレバレで見た目どうかな?ってのもありますし,冷えてしまう気がします! まあ,機内だけなのでメディキュットがバレバレでも,さほど気にしないでも大丈夫って考えも出来ますが・・。 ウエストがない(ストンとしている?)もので、 通常部屋着にもなりそうなワンピです。 機内ではずっと座りっぱなしなので、 ウエストあるものだと、窮屈さを感じますし、 機内でもゆったりとしたいので・・・ 細身ですが、やっぱりズボンのベルトはきつく感じます。 夏はそのままの服装で行って着替えたりしませんが、 寒い時期はそのままでは行けないので、 いつも機内で着替えます。 着圧ソックスは履いたことがないですが、 座席で体育座りをして足を上に上げたり、 座席下に足を延ばしたりしています。 それだけでも足のむくみは防げますよ。 靴下は、眠る時と寒い時だけ履いています。 それ以外は基本的にはだしですね。 普段、自宅でもはだしなので、靴下好きじゃなくて。 靴は履かずにスリッパに履き替えて、 トイレに行く時もスリッパのまま移動しています。 スリッパは旅先のホテルでも使えるので便利ですよ。 高い座席に座る場合はスリッパついてますけど、 そうじゃない時は100円ショップで買ったり、 国内旅先のホテルにある使い捨てを持参したりしています。 あと、メイクですが、 明るい時間帯はそのままお化粧していますが、 寝るために暗くなったからはメイクを落としています。 拭くだけでよいタイプのコットンを使って、 座席でふき取ってメイクを落とします。 その上から通常のスキンケアをして寝ます。 その時は化粧水も乳液も少し多めにつけてます。 リップも厚めに塗って、唇の乾燥も防いでます。 朝は食事後にメイクをしますが、 その時は人目を気にせず、そのまま御手洗に行きます。 石鹸は使わずに、水で簡単にパチャパチャして席に戻り、 スキンケア後にお化粧をします。 顔、リセットされて、スッキリしますよ。 ハワイなら、多分朝早くに現地着ですよね? ホテルでお化粧する時間は多分ないかと思われますが、 もし時間的にお化粧時間があるなら、 機内でお化粧しなくても良いかもしれないですね。 そのまま遊びに行くのなら機内リセットをオススメします。 それと、乾燥が気になった時のために、 化粧水が含まれているタイプのパックを何枚か持参して、 その日の夜にお部屋で使用してケアしています。 あとあと・・・ 喉の乾燥を防ぐためにマスクも持参してくださいね。 綺麗な写真を残すためには、 機内で人の目は気にしていられません! って根性で、いつも過ごしています(笑) その代わり・・・といってはなんですが、 身だしなみ上、スッピンは機内が暗くなってからですけどね。 ウエストがない(ストンとしている?)もので、 通常部屋着にもなりそうなワンピです。 機内ではずっと座りっぱなしなので、 ウエストあるものだと、窮屈さを感じますし、 機内でもゆったりとしたいので・・・ 細身ですが、やっぱりズボンのベルトはきつく感じます。 夏はそのままの服装で行って着替えたりしませんが、 寒い時期はそのままでは行けないので、 いつも機内で着替えます。 着圧ソックスは履いたことがないですが、 座席で体育...

次の