たこ焼き キャベツ。 たこ焼きにキャベツは入れる?入れない?

たこ焼きにキャベツは入れる?入れない?

たこ焼き キャベツ

これが一般的な、 昔ながらのたこ焼きだと思っている方も、 多いはずではないでしょうか。 事実、たこ焼きの本場とされる、 大阪のたこ焼き屋さんでは、 これらの具材が最もスタンダードに扱われています。 少なくとも関西では、 たこ焼きの具材として、 キャベツは一般的ではないといえます。 しかし一転して、中部・関東地方では、 キャベツはたこ焼きに「なくてはならない存在」だと聞きます。 例えばですが、 スーパーで売られているたこ焼き粉って、 袋の裏面にたこ焼きの作り方が書いてありますよね。 中部・関東地域では、 必要な材料としてタコ・天かすに並んで、 キャベツが当然のように書かれていて、 キャベツはたこ焼きの具材として、 メジャーであることがうかがえます。 大阪道頓堀に店舗を構える、 本場大阪のたこ焼き屋、 くれおーるのたこ焼きは、 東京にも店舗がありますので、 そちらのたこ焼きは、関西風です。 食い倒れの街、大阪・道頓堀にくれおーるがあります。 大阪名物のたこ焼き・お好み焼・串かつを一度に食べることができる70席の大フロア。 道頓堀くれおーるは、屈指の大型店舗です。 くれおーる発祥の大阪京橋店と京橋コア店や東京にも渋谷道玄坂店や新橋店など、各店舗さまざまな顔でお客さまをお迎えしております。 とくに大阪道頓堀名物たこ焼きは、一流有名ホテルから地方のお客さまに、ぜひ大阪の味をと呼ばれてイベントの度に喜んで頂いております。 そんな自慢の道頓堀くれおーるのたこ焼きを是非、ご賞味ください。 スタッフ一同、心よりお待ちしております。 店舗を探す• インフォメーション•

次の

マジ!? たこ焼きにキャベツ「入れる」が3割越え!|「マイナビウーマン」

たこ焼き キャベツ

たこ焼きは1920年ごろに.. 関西発祥 確か会津屋 ですが、それが本来の「たこ焼き」とするならば、「たこ焼き」にはキャベツは入ってません。 入れません。 断言します^^ しかしキャベツ入りが普通ではないとか、どっちが美味しいとか、邪道だとかは特に思いません。 現在はチーズ入りだのキムチいりだの、名古屋で多い醤油塗りのたこ焼きもあるし、とにかくかなりのバリエーションですからね。。 お好み焼、広島焼き、たこ焼き、もんじゃ、などもそうですが全国に知れわたるようになり、そしてそれぞれその地域でそれぞれのオリジナルが出たのでしょう。 それは当然のことだと思います。 こちら大阪のど真ん中ですが、個人的にはキャベツ入りのたこ焼きは食べた事はないです・・。 確かに「お好み焼」をイメージしてしまいますね.. でも美味そうだとは思いますけど^^ 大阪 に限らず では「たこ焼き」と「お好み焼」は系統は同じでも完全に違うものとして存在してると思います。 けっこう前から存在するのですが、関東などで「キャベツ入りたこ焼き」が多いらしいです。 関西でも京都や局地的にあるそうです。

次の

クックパッドでつくれぽ1200越え 小麦粉で作る基本のたこ焼き

たこ焼き キャベツ

タコ焼きの具材といえば、タコに天かすが一般的ですよね。 最近ではチーズやコーンなどの変わり種も人気で、タコ焼き屋のメニューにも当然のように並んでいるようです。 そうやって入れる具材によって味・食感の変化を楽しめるというのがタコ焼きの良い所ですが、ここで気になる問題が一つ。 「 キャベツはタコ焼きに入れるのか?入れないのか?」です。 この疑問にお答えすべく、今回は• 西と東で違う?キャベツ入りタコ焼きの是非• タコ焼きにキャベツを入れるメリット• タコ焼きにキャベツを入れるデメリット についてご紹介していきたいと思います。 これが一般的な昔ながらのタコ焼きだと思っている方も多いはずでは?事実、タコ焼きの本場とされる大阪のタコ焼き屋さんでは、これらの具材が最もスタンダードに扱われています。 私自身も何度か大阪でタコ焼きを食べたことがあるのですが、どれも美味しくて、そしてどれもキャベツは入っていませんでした。 周囲の関西人に聞いてみても、タコ焼きにキャベツを入れるという方はほぼゼロです。 入れる、と答えた人もスタンダードな具材としてではなく「変わり種」として楽しむために入れるとのことでした。 このことから考えてみると、少なくとも関西では、タコ焼きの具材としてキャベツは一般的ではないといえます。 しかし一転して、中部・関東地方では キャベツはタコ焼きに「なくてはならない存在」だと聞きます。 例えばですが、スーパーで売られているタコ焼き粉って袋の裏面にタコ焼きの作り方が書いてありますよね。 中部・関東地域では、必要な材料としてタコ・天かすに並んでキャベツが当然のように書かれているらしく、キャベツはタコ焼きの具材としてメジャーであることがうかがえます。 確かに、関東出身の友人も、関西のタコ焼きに刻みキャベツが入っていないことに驚いていました。 タコ焼きにキャベツを入れるメリット 粉もん代表のお好み焼きにキャベツが必須材料であるように、同じく粉もんのタコ焼きにキャベツがマッチするだろうことは食べずともわかりますとね。 刻んだキャベツのシャキシャキとした食感や、 加熱したキャベツならではの優しい甘みもタコ焼きとの相性は抜群です。 また、キャベツを入れることによって野菜がたっぷり摂れるので、ヘルシーかつダイエットにも効果的です。 美味しくて、さらに健康的…こうしてみると確かに、関東・中部地方でキャベツがタコ焼きの具材としてメジャーとされている理由にも納得できます。 Sponsored Link タコ焼きにキャベツを入れるデメリット いくらタコ焼きとキャベツの相性がばっちりといっても、 例えば中がトロトロのタコ焼きが好きなんだ!という方にはやはり受け入れがたいかもしれません。 タコのプリッとした食感とふわふわトロトロな生地のハーモニーを楽しみたいならば、キャベツのシャキシャキ感は主張が強いので、相性があまり良くないのです。 また、キャベツを大量に入れる場合はキャベツの水分で生地が少し水っぽくなってしまうこともあります。 最後に キャベツを入れる・入れないというのは結局は好みの問題といえますが、どちらも違った美味しさがあるというのは確かですね。 キャベツを当然入れる派も入れない派も、一度それぞれに試してみてはいかがでしょうか。 案外、「こっちの方が好きかも…」なんてこともあるかもしれませんよ。 Sponsored Link.

次の