コロナ ウイルス お湯 を 飲む。 新型コロナウイルス『お湯を飲んで予防』のデマ拡散。専門家は「常識的に考えてありえない」

「お湯を飲むのが効果的」「アオサが効く」新型コロナウイルスをめぐるデマ拡散の背景に、過剰な報道による不安か(ABEMA TIMES)

コロナ ウイルス お湯 を 飲む

新型コロナウイルスに関連して、WHOのフィリピン支部のツイッターが、こんな素朴な疑問に正面から答えている。 その質問は「アルコール飲料を飲むこと(drinking alcohol)は、新型コロナウイルスを防ぎますか(prevent)?」。 その回答は、勿論「No(以下は後に詳述)」。 当然すぎるから、ということなのか、WHO本体サイトの「Q&A」や「デマ撲滅(Myth busters)」でも、厚生労働省サイトの「Q&A」でも見当たらない質問と回答だ(2020年2月14日昼現在、J-CASTニュース編集部調べ)。 ツイッターには、厚労省などが新型コロナ対策の一つにアルコール消毒を挙げていることに触れつつ、冗談めかして「明日は飲み会!アルコール消毒だよ」といったつぶやきも少なくない。 ただ、中には冗談なのかどうか微妙な書きぶりの人も。 念のため、冒頭で紹介したツイートや添付資料(WHO西太平洋事務局作成)を紹介する。 「アルコール飲料は常に適度に消費されるべき」 WHOフィリピン支部のツイッター(公式確認マークあり)は2月8日、 「(原文英語、以下編集部訳)Q:アルコール飲料を飲むこと(drinking alcohol)は、新型コロナウイルスを防ぎますか(prevent)? A:いいえ、アルコール飲料を飲むことは、2019-nCoV(新型コロナ、数日後にCOVID-19と命名)の感染からあなたを守りません。 アルコール飲料は常に適度に消費されるべきで、アルコール飲料を飲まない人々は、2019-nCoV感染を防ごうと飲み始めるべきではありません」 と情報発信した。 添付された図には、アルコール飲料らしきビン2本とグラス2個の絵が描かれ、ツイート内容とほぼ同じ文が掲載されている。 この図の作成者表記(左下)部分には、「WHO西太平洋事務局」(原文英語)と表記されている。 同事務局はフィリピンにあり、フィリピン支部の上部組織だ。 公式ツイッターも運用しており、2月8日前後のツイートを中心に確認したが、フィリピン支部ツイートと同じ内容は見当たらなかった。 ツイッター検索した範囲でも、他のWHO組織(本体や地域事務局など含む)によるツイートは確認できなかった。 WHO本体の新型コロナ特設サイト(2月14日昼過ぎ閲覧)には、「Q&A」や「デマ撲滅(Myth busters)」欄で同種の内容は見つからなかった。 「デマ(作り話)撲滅」欄では、図付きで14種の間違った情報を正しているが、「アルコール飲料を飲むこと」に関する指摘はない。 また、厚労省サイトの「Q&A」(一般の方向け、2月13日版)にもなかった。 厚労省「石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください」 新型コロナに関連しては、1月段階から2月に入ってからも、「お酒を飲んでアルコール消毒」といった趣旨の冗談めかしたツイート(日本語)が見受けられる。 「冗談」と明記する人もいる一方、どこまで冗談か分からない声も...。 「明日は飲み会があります!(略)飲むよー。 新型コロナウイルスもアルコール消毒だよ」 「新型コロナもアルコール消毒有効なのか。 飲んで消毒ってのも有効と信じて飲む」 といった調子だ。 中には、アルコール度数が一定程度高い必要があるからと、90度を超える有名なウォッカの銘柄を挙げて「おすすめ」する人もいた。 もっとも、「お酒を飲んでアルコール消毒」の言い回しは、今回の新型コロナ問題に限らず以前から見受けられるもので、冗談だと分かって対応するツイッター利用者がほとんどだ。 「デマだ」などと「マジ切れ」して反発する向きは、確認した範囲では見当たらなかった。 アルコール消毒をめぐっては、厚労省ツイッターが2月6日、 「【ご注意ください!】#新型コロナウイルス 予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。 厚生労働省では、咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」 と発信。 また、厚労省サイトの新型コロナ「Q&A」(一般の方向け、2月13日版)では、 「まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください」 としており、「アルコール消毒」はあくまで手洗いや手指消毒のためのもの、としている。

次の

「新型コロナウイルスは26〜27度で死滅」「お湯を飲むと良い」 真偽不明の情報がSNSで出回る(BIGLOBEニュース)

コロナ ウイルス お湯 を 飲む

スポンサーリンク お湯を飲んで新型コロナウイルスを予防するデマがLINEやツイッターで嘘拡散! この件に関しては全くのデマであり、嘘(チェーンメール)が拡散されています。 これは2週間ほど前に中国などで流行ったものが、日本でも使われたようです。 過去に東日本大震災のときもそうでしたが、この手の情報はよく流れてきます。 実際に僕にもタイムラインで流れてきて、 「今回のコロナウイルスは非常に熱に弱いことがわかりました。 耐熱に乏しく、26度ー27度の温度で殺傷します。 より多くのお湯を飲んでください。 お湯を飲むことは全てのウイルスのためにも効果的。 冷たいものは厳禁です。 外出時はポットを持って出かけ、なければ出先で熱いお湯や白湯を調達して飲むようにしてください。 」 と言った感じです。 最後には「医療機関やアメリカからの情報」と締めくくってあり、あたかも本当かのように書いています。 この情報なら、最後にどこの論文とか発表したURLとかがあればまだ可能性はあるんですが、ないですからね。 また情報がガセだと思うのは、そもそも26度や27度の温度ってぬるいですよね? 人間の体温ですら36度前後ですよ? まな板を思い出してもらえば分かりやすいかもしれませんが、菌を殺菌するのに沸騰したお湯とかで洗い流すはずです。 お風呂もそうですが、お風呂のお湯って大体38度~42度程度だと思います。 つまり、26度~27度ってかなり温いのに、ウイルスを予防できるとか考えにくいです。 医療ガバナンス研究上の上昌広理事長も「常識的に考えてありえない」と否定しています。 人間より体温が低いお湯や白湯で、本当に新型コロナウイルスが予防できるなら、ここまで感染しているとは思えないのですが。 最近ではトイレットペーパーがなくなるデマも拡散されました。 お湯を飲んで予防は3つのパターンがある 上記で紹介したのも1つですが、あと2つのパターンがLINEやツイッターで拡散されています。 コロナウイルスは57度で死滅する。 だから、より多くのお湯を飲みなさい。 冷たいものは厳禁! コロナウイルスは実は非常に熱に弱いらしい。 普段から白湯を飲むようにするとイチコロらしい。 36度前後でいいので楽勝! このようなパターンのどれかが多いそうです。 この3つに共通しているのは「お湯や白湯」「冷たいものは厳禁」ということ。 冷たいものは体を冷やすので、この時期は厳禁するのは理解できます。 ただし、3つのパターンを見てもらえば分かりますが、お湯の温度がバラバラなんですよね。 僕に送られてきたのは26度ー27度と1番デマっぽいです。

次の

「お湯を飲むのが効果的」「アオサが効く」新型コロナウイルスをめぐるデマ拡散の背景に、過剰な報道による不安か(ABEMA TIMES)

コロナ ウイルス お湯 を 飲む

新型コロナウイルスの感染者が拡大する中、ウイルスは「26〜27度で死滅する」、予防のために「お湯を飲むと良い」という真偽不明の情報がSNSで拡散している。 SNSで拡散しているのは、武漢の病院で働いている知人から送られてきたいう情報。 「新型コロナウイルスは熱抵抗力がなく26度から27度で死滅します。 それ故たくさんのお湯を飲んで下さい」などと呼びかけている。 また、風邪と違い新型コロナウイルスは「鼻水はなく乾いた咳がでるだけ」、「生姜を食べ運動して下さい。 そうすれば感染しないしょう」、「ウイルスは太陽にさらされると完全に消えます」といった内容が、わずかに言葉を変えながら出回っている。 歌舞伎役者の市川海老蔵は25日、この情報を「友達より医療機関に勤めている方から」だとしてブログで紹介。 また、補足として「カテキン入りのお茶と体温より熱いお風呂有効です。 カテキンは抗ウイルス作用、お風呂 免疫力高まります」とアドバイスしている。 一方で、感染症の専門家・神戸大学の岩田健太郎教授は、市川海老蔵のブログの内容が正しいかどうかをTwitterで問われ、「個人的には推奨しません」とコメント。 紹介されている予防法については、「体に害にもならない」とした。

次の