いじめられる側 原因。 いじめられる側にも原因がある!|ブサメンオヤジの【非モテ中年 ナンパ道場】

いじめられる側にも原因がある!|ブサメンオヤジの【非モテ中年 ナンパ道場】

いじめられる側 原因

いじめられる子には、何かしらの特徴があります。 それは一体、何なのか? 気になるところだと思います。 人間は集団行動の中で生活しています。 幼稚園から始まり、小学校、中学校、高校、大学、そして会社と常に組織の中で活動しています。 その組織の中でも集団行動を乱す者、異質な者、特に周囲から 目を引く者があげられます。 理由はどうであれ、 みんなから見て目立つ者はターゲットになる傾向があります。 じゃあ、具体的には何なのか? まとめてみましたので、読んでみてください。 また、 いじめで悪いのは間違いなく、いじめた側です。 許されない行為です。 言語道断です。 組織の中で生活している人間社会において、いじめを完全に0になくすことは難しいのではないかと思います。 ですが、いじめられないように対策することは十分可能です。 特徴を知り、対策をすればいじめられる子は減るでしょう。 もくじ• いじめられる子の特徴について いじめられる子の特徴で小学生の場合 特徴としてあげられるものは、• あきらかに不潔• 自己主張がなく、おとなしすぎる• 勉強ができなすぎる• オシャレすぎて、かえって目立ってしまっている• 他の学校から転校してきた(親の都合もあるので仕方がない)• 運動が極端に苦手• 体型が異質(極端に太っている、痩せすぎ等)• 簡単なことが1人だけできない• 陰口をたたく• 嘘をつく などが挙げられます。 日々、子供を観察し注意を払う必要があります。 変化に気が付いたら、子供に声をかけ、子供の意見に耳を傾けましょう。 早めに気がつくことができれば対処も早くなりいじめられずに済みます。 いじめられる子の特徴で中学生の場合はどうなの? 中学生になっても、上記と同じ小学生の時と同様の原因があげられます。 小学生の時とは違い身体も発達してきます。 言葉もいろいろ学ぶようになります。 いじめが エスカレートしたり、 最悪喧嘩に発展してしまう恐れもあります。 特に子供の行動、友人関係を観察することが必要でしょう。 親にも原因があるの? いじめは、いじめた方が悪い。 当然です。 先に手を出したものが悪いです。 しかし、いじめが起こるには何らかの原因があります。 いじめられる子供の親に何か責任があるのではないか? 育て方の特徴として、• 過保護• 汚い恰好をさせている• 愛情がない• 子供の意見を聞いてない• 子供の要求を認めない などが挙げられます。 Sponsored Link 『 三つ子の魂百まで』ということわざがあります。 これは、 子供が3歳までに受けた教育や愛情で形成された性格は100歳まで変わらないという意味です。 愛情をかけることは常に必要ですが、 3歳までは特に愛情を持って育てましょう。 愛情を受けて育った子供は心が豊かになります。 いじめられる特徴で大人は?社内ではどうなの? こどものいじめとは違い、大人はいじめたりはしません。 面倒な事には関わりたくないという考えがあります。 関わりたくないと考えれば、行動することは「 無視」もしくは、「 見て見ぬふり」です。 そうさせてしまう行動としては、• 仕事ができない• 協調性がなく自己中心的で主張が強すぎる• だらしない• 人の悪口を言う、口が軽い• 人の話を聞いていない• 自分の非を認めない• 他人に迷惑をかけても謝らない• 責任転嫁する• ぶりっ子• マイナス思考 などが挙げられます。 会社組織では、自分と気が合う人、合わない人が必ずいます。 同期や、同じ部署の同僚や上司と交流を深め、仕事をすることはすばらしいことです。 ですが、 同じ仕事をする仲間であって友達ではありません。 一線を置く必要があります。 また、会社で怖いのが人事評価です。 どこかのタイミングで上司に嫌われれば出世街道からは間違いなく外れるでしょう。 そうならない為にも、日々、気を付けて行動しなければならないのです。 まとめ あてはまること、思い当たる点はありましたか? 一度、振り返ってみてください。 あてはまるものがあれば、要注意です。 生活する上で、集団生活の中で生きています。 人間は協調性に欠ける、自己中心的、異質なものは排除しようとします。 また、 嫉妬や憎みでいじめられる可能性も十分あります。 『出る杭は打たれる』ということわざもあるくらいですからね。 ですが、原因が分かれば対策できます。 いじめる人間がいて、いじめられる人間もいる。 また、中立を取っていじめにまったく関わらない人もいます。 『人の振り見て我がふ振り直せ』ではありませんが、なぜ他の人はいじめられないのか? いじめられないようにするにはどうするべきなのか? いじめられない人を真似することも必要ではないでしょうか? 万が一、自分の子供がいじめられていると気がついたとき、『目には目を、歯には歯を』というように、時には相手に立ち向かうことも必要ではないでしょうか? いずれにしても、 いじめは弱い者のすることです。 かっこ悪いのは確かです。 いじめられている人がいたらその人を守るほうが、何倍もかっこいいのです。

次の

いじめられる側にも問題がある。

いじめられる側 原因

どんな時代でも無くならないいじめですが、この話題の際に度々見受けられるのが 「いじめはいじめられる方が悪い」 という意見。 また中には 「どうしていじめられる方が悪いって言われてるの?」 「この人達はどういう理屈でそんなことを言うの?」 といじめられる方が悪いという意見について疑問に思っている人も多いのではないかと思います。 そこで今回は 「 いじめはいじめられる 方が悪い」と主張する人の中でも多く見受けられると思った理由や意見を個人的にいくつか紹介します。 ぜひ参考にしてください。 いじめられるだけの原因があるから いじめはいじめられる方が悪いと言う人の中で一番多いと思われる主張がこれですね。 この主張をする人の意見を少し詳しく書くと「いじめる方が悪いとは思う。 でもいじめられる方にもそれなりの原因があるのだから仕方がない」といった感じですね。 というのもいじめというのは太っている、喋り方が独特など個性で済ませられる範囲のものでも、 いじめっ子に目をつけられてしまったせいでいじめられるというどうしようもないケースも少なくありません。 しかしこの主張をする人曰く、 「どうしようもない理由でいじめられることもあるだろうけど、今まで見てきたいじめられっ子は大抵共通点がある」 「どんなところでも大抵同じような奴がターゲットになるから少なからずいじめられる側にも原因がある」 というように いじめられるからにはそれだけの共通点や原因があるからいじめられる方も悪いと考えているようです。 またいじめというのはその他にも• いじめられる前は他の人をいじめていた• 普段から空気が読めず、他人を不快な思いにさせることが度々あった• 常に他人に対して攻撃的• 嫌われても仕方がないことをした といったように傍から見て 「いじめられても仕方がないことをしていた」と思われるような言動が原因でいじめられることもあります。 そのためこの主張をする人の中には 「いじめられるだけのことをしてるから仕方ない」 「いじめられるからにはそれだけのことをしたんだろう」 という考え方からいじめられる方が悪いという人もいます。 いじめる奴が悪いのは当たり前だけどいじめられる方にも何かしら原因あるよね — R B RBLesm いじめられる方にも原因があるかもしれないけど、いじめる側にはなりたくないな。 相手が可哀想だし、年下の方々の教育に悪いし、因果応報が怖いし、脳科学的に脳に悪いし、ベットの上で合意の元以外でそんなことする女性を好きになる男性がいると思えないし、 何より生き方として美しくない。 — asuku04 asuku0417 さっき本屋で俺の後ろで物色してた高校生が学校でいじめた件で注意されたか何かで文句言ってのが耳に入って来て ・いじめられる奴が悪い。 「どうしようもないことでいじめられたのかもしれないけど、何でいじめられて黙ったままなの?」 「何をされても反撃しないからいじめられるんだよ」 といった感じですね。 確かにどんな場所でも• 相手の言うことを何でも聞く• 怒らない、言い返さない といった人はなめられやすく、そこからいじめの標的にされることも少なくありません。 むしろいじめをする人は反撃してこない人を選んでいる もしくは反撃してこないと思っている ため、上記で挙げた特徴は いじめられる人の共通点とも言えます。 【関連】 なのでこういったことからこの主張をする人は いじめられてるのに反撃しない方が悪いと考えるようです。 ちなみにいじめてきてたのはクラスの男子たちで、特に揉めた結果とか理由があったわけではなかった。 反撃できない娘が良いターゲットだったんだと思う。 今のいじめは、いじめやすい生贄を探して行われるからたちが悪い。 — ふじみん fujimin11 いじめはやり返えしてクラスのパワーバランスを崩さないとなくならない。 — climber climberjpn ワイ、基本いじめで休職とか不登校にならず反撃する人間だから逃げる人の気持ちがわからない… 逃げたところで解決はしないし自分を変えるのは無理だから受け入れてほしいってのは虫が良すぎると思ってしまう 一人で生きれるほど強くなければ順応して社会に適応するのは普通じゃない? — くま 仕事超忙しいお! kouemon2590 俺とほぼ同じ意見ですね。 俺は転校していじめられて、主犯格と喧嘩してからいじめられなくなりました。 いじめを正当化し許す訳ではないが… 少なからずいじめられる側も反撃する勇気があるべきだと思う。 この主張をする人の意見をいくつか紹介すると 「いじめられているのに自分を変えようとしないから」 「なぜいじめられてるのかその原因を考えないから」 「いじめられた自分に非があるとは考えず、何もかも周りのせいにするから」 といったように• いじめられる原因がある自分を変えようとしない• いじめられる原因を考えない、他人のせいにするなど自分を変えようとすることを放棄する といったことでいじめられる方が悪いという意見も見受けられます。 この主張をする人は最初に紹介した 「いじめる方も悪いけど、いじめられる方にもそれなりの原因がある」といった考えが根底にあるように思われます。 いじめって、いろいろ原因があると思うけど、1番の原因は「いじめられる側が周囲に適応していない」ことだと思う。 周りが悪い?自分は何も悪くない?だったらいじめられるわけないでしょ? 被害者ツラしたって誰にも相手にされないよ。 正直者になって訴えたって誰も何もできないよ。 自分を変えろ。 てか、そんなことも考えられないからいじめられるんだよ。 って教わって来た私は 申し訳ないけどまだいじめられたことはない。 — yama yamakdbz いじめに関して、「友達沢山いたけどいつのまにかみんなにいじめられるようになった」って人はほぼほぼ自分のせいだからな。 お前が悪いんやぞ。 自分の行い見直せよ。 知ったかぶりとかしてない?難しい横文字とか使ってない?カッコつけたりしてない?自慢ばっかりしてない?それが一番嫌われるからな。 — ガイージ Gaeasy1094 まとめ いかがでしたでしょうか? こうして見てみると いじめられる方が悪いという人は思っているより多いように感じます。 そのためどんな人もいじめはいじめる側が悪いという前提で考えていると感じました。 皆さんは今回記事にしたいじめられる方が悪い理論をどう思われますか? 皆さんのコメントをお待ちしております。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

いじめられる側にも原因があるのは本当なのか?【原因と悪の違いを明確に】

いじめられる側 原因

平成27年版の『子ども・若者白書』によると、平成25年度に学校に認知されたは185803件。 小学校4年生から中学校3年生になるまでの6年間に4割前後の子どもが被害・加害ともに6回以上経験しているという数字が出ています。 また、原因・動機としては「力が弱い・無抵抗」が1番多くなっています。 『pixiv』などで活躍中のスルメロックさん( surumelock)が、「いじめられる側の原因」という4コママンガを『Twitter』で発表して、その内容について議論が展開されています。 「何が原因なの?」といじめる側に聞くと「原因はこいつだよ!陰気で空気読めなくてクラスの空気を悪くする!俺たちに馴染もうとせずにコミュニケーションもとろうとしやがらねぇ!こんな非協調野郎はいじめられて当然だ!」と主張。 続けて「だが、いじめの責任はない」「いじめの『原因』が問題であったならばもっと平和的で穏便な解決法があったはずだ。 それをすっとばして暴力や中傷を行った時点で『原因』の罪は帳消しになりいじめた側の『責任』になる。 いじめはいじめた側が100%悪いのだ」と結論づけています。 「話の輪に入れない人を無視する場合は?」という疑問に対して、スルメロックさんは「いじめる側が意図的に傷つける目的で行ったら立派ないじめ」と返答。 「ただ話の中に入れると面白くなくなるから避ける場合」については「どちらが悪いということではなくどちらにもコミュニケーション不在の原因と責任があるとも言えます」と説明。 これには「とても納得がいく」「わかりやすい」「長年言いたかったこと」といった声が集まり、とりわけ「原因」と「責任」を分けて考えるということに対して「もっと広まってほしい」といった意見が目立ちました。 「どんな理由があろうともいじめた方が悪い」というツイートも多く寄せられていたこの4コママンガ。 一方で、「いじめをどっちが悪いかと考えるのは的外れ」「いじめの原因は両方にある」といった声もあり、この問題の解決の難しさが浮き彫りになったとも言えそうです。

次の