みうのおしゃべりパチスロ 有利区間ランプ。 みうのおしゃべりパチスロ【天井 期待値 恩恵 狙い目 やめどき 朝一リセット】

パチスロ6号機を狙い打つ!第2弾 〜せめて楽しいところだけでも〜

みうのおしゃべりパチスロ 有利区間ランプ

台の基本情報• 機種名:パチスロ新鬼武者~DAWN OF DREAMS~• メーカー:エンターライズ• 導入時期:2020年3月• タイプ:擬似ボーナスAT ゲーム性について• 通常時はゲーム数やレア役でCZ(目覚めよ鬼)やボーナス(AT)を目指す• 基本的に初当たりはほぼ「鬼ノ試練(赤7・赤7・バー)」となる• 「鬼ノ試練」内で行われるバトル3連戦に全勝すると、「真・鬼斬一閃」へ。 特化ゾーンを経由し「幻魔闘ボーナス」へ。 2敗で終了 2勝で「鬼斬一閃」 3連勝で「真・鬼斬一閃」 ストックしている場合は、2勝状態で開始となり3連勝をかけたバトルのみ行われます。 鬼斬一閃:ほぼ赤7。 まれに青7や特化ゾーンへ。 真・鬼斬一閃:ストック特化ゾーンへ。 特化ゾーンの後は必ず赤7か青7を放出する。 参考:「鬼決戦ボーナス」 鬼ノ試練の一部で突入する信長とのバトル 20Gの間に勝率を上げていき、最終的にその勝率で信長とバトルをする 信長に勝利すれば特化ゾーンへ 信長に勝利したから「覚醒」というわけではないようで、「追想ノ舞」に突入しました。 《注意点》 ボーナス終了後、ベットで「百鬼モード」に行くことがあります。 この時、内部的には有利区間は継続している状態です。 そのため、 ボーナスが当選する可能性がありますので、百鬼モードの当否は確認するようにしましょう。 但し、当然ですがはずれることもあります。 その場合、有利区間はハズレた後に終了します。 ちなみに、有利区間が継続しているため、データカウンターも大当たりの状況のままになるホールが多いかと思います。 有利区間ランプは、クレジットの数字の右下の「・」で確認することができます。 基本的な打ち方 目押しレベル 色目押しができれば問題ないと思います。 通常時の打ち方・リール配列• 左リール上中段バーを狙う• 右リール適当で、スイカテンパイ時には、中リールバーを目安にスイカをフォロー 《注意》 過去の鬼武者シリーズ同様、本機の中段チェリーは、強チェリーです。 立ち回りのポイント 情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。 天井&恩恵• 天井:777G+前兆(実際の放出は810G前後)• 恩恵:ほぼ「鬼ノ試練(赤7・赤7・バー)」 やめ時• 128G付近。 時間がないときや、履歴が悪いときなどは、ベット百鬼モードの当否確認後ヤメでもいいかもしれません。 設定差・設定推測 設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。 細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。 設定確定パターン• 幻魔闘BONUS中の味方戦意上昇時の撃破演出 4444体撃破:設定4以上 5555体撃破:設定5以上 6666体撃破:設定6• 蒼剣乱舞中の鬼力ポイント 設定4以上:444、456、4444鬼力 設定5以上:55、77、555、777、5555、7777鬼力 設定6:66、666、6666鬼力 鬼力はかなり取れることもあれば、全然取れないことも・・・。 鬼ノ試練、幻魔闘ボーナス終了画面蒼鬼・天海・ロベルト:高設定示唆 白い紳士:高設定濃厚 扉(締まっている):奇数設定示唆 扉(開いている):偶数設定示唆 蒼鬼&桜の木:設定1否定 蒼鬼&お初:設定2否定 アニメタッチの茜&阿倫&お初:設定3以上 豊臣軍集合:設定4以上 バックに桜、中心にアニメ調の蒼鬼軍:設定5以上 全員集合:設定6 注目すべき設定差 ボーナスの初当たりが高設定ほど優遇。 過去の鬼武者シリーズを考えると、CZ(目覚めよ鬼)の当選率などが違うかも(推測) 初稼働の状況 天井、天井、また天井みたいな展開になりましたが、その都度連チャンするので、楽しめました。 設定については不明ですが、詳細データについては記事の後半で公開していますので、参考にしてみてください。 筐体関連 エンターライズ台は、バイオハザード5などのころから、ずっとそうなのですが、1周押しができません。 これは、早く打つ打ち手にとっては、かなりのストレスとなりますし、ホール側としても「回転数が落ちる=投資速度が落ちる」という状況を作ってしまいます。 ほんのちょっとの差が、1日単位で見ても大きな差になるはずです。 対応策としては、リールの始動タイミングを少しずらすか、リール配列を工夫し、もう1か所押せる場所を作れば良いはずです。 あともう1つ。 払い出し音がデカ過ぎてびっくりするので、もう少し控えめにして欲しいです。 演出関連 過去の新鬼武者シリーズの音、演出を踏襲しているので、4号機の「鬼武者3」から打ち込んでいる者としては、非常に良かったです。 ボーナス中の演出は、おそらくデキレ(出来レース)なのだとは思いますが、敵のゲージを削れないと、ほぼ勝てないので、少し期待感を持てる演出だと良かったと思います。 対戦相手が強くても普通に勝てるので、その点は良いと感じました。 通常時の演出は少し単調ですが、バトル中が楽しめるので、感覚的には「モンハン月下」に近い印象を受けました。 出玉関連 出玉に関しては、スタートがほぼ「鬼ノ試練(赤7・赤7・バー)」となりますが、このボーナスで3戦3勝しなければならないという設定であるため、1戦目で負けると、出玉的にもほぼない状態で終了するのは、流石に厳しかったと思います。 鬼ノ試練は他の台で言うところの「バケ、REG」に当たるかと思いますが、数ゲームで強制打ち切りになるボーナスは、打ち手の心をへし折ってしまいます。 さらに、設定によるのだとは思いますが、天井到達率が高いように感じました。 ボーナス中が結構楽しめるだけに、勿体ないと感じました。 エンディングに到達したときの獲得枚数 後日エンディングに到達できたので、その時の獲得枚数をお伝えします。 どうやら2400枚には到達しないようですね。 しかし、データを見ていると、かなり悲惨な状況になる台も多く、この辺りの出玉バランスは、もう少し何とかすべきだったのではないかと感じます。 また、記事作成にあたりホームページを見たところ、「鬼ノ十箇条」なるものがありました。 ホームページを確認する人は少ないはずなので、こういうのは小冊子に乗せて欲しいものです。 打ち手に見られなければ、意味をなさないですから。 とは言え、鬼武者シリーズ好きの自分としては、たぶん打ってしまう台なのだと思います。 参考:「鬼ノ十箇条」• 幻魔闘BONUSで同一味方キャラが選択されると大チャンス!?• いついかなる時もウーファー発生でチャンス到来!?• 幻魔闘BONUS開始時は決定ボタンでバトルのモード選択が出来るぞ!• バトル中に白色のナビが出ると!?• 鬼斬一閃はリール上の鬼ノ眼ランプに注目!全てのランプが点灯すると!?• 追想ノ舞、蒼剣乱舞、蒼剣乱舞・覚醒ではベル連がカギとなる!• 判定演出_幻魔創造神白い紳士発展でチャンス到来!白い紳士を倒せれば!?• ステージチェンジ演出で蒼鬼の眼が光るとボーナス当選時に期待!• 普段と違うタイミングで醍醐寺参道ステージに移行したら大チャンス!?• 通常時に隠しPUSHが存在!台座にいる女性キャラが当選役やモードを示唆してくれる!? 稼働継続予測と適正台数予測• 稼働継続:1~6か月• 次回作改善要望 1周押しに関しては、メーカーとして取り組んで欲しいところです。 小さいようですが、個人的には結構大きな問題であると感じます。 また、初当たりである程度の出玉は取れるようにして欲しいところです。 流石に1戦目落ちは厳しすぎます。 メーカーさん、よろしくお願いいたします。 偶数示唆2回初稼働データ 鬼ノ試練は「バケ」で表記。 Eはストックによる「エクストラバトル(2勝した状態で始まるボーナス)」 百鬼のあとに矢印が付いている場合には、同一有利区間での連続したボーナス。 百鬼の後に矢印が無い場合には、そこで有利区間終了。 投資5K 最終獲得枚数2100枚程度。

次の

スーパービンゴギャラクシー パチスロ スロット

みうのおしゃべりパチスロ 有利区間ランプ

9 97. 3 98. 3 100. 7 103. 9 105. 8 110. 8~57. 白BARテンパイハズレで「白BAR」、白BAR揃いで確定役A。 中段に「リプレイ・リプレイ・ブランク」停止、または中段に「リプレイ・ベル・ベル」停止でチャンス目A。 ハートテンパイハズレで確定役Borチャンス目B。 通常時の内部モードは「通常」「高確」「超高確」の3種類があり、それぞれ成立役別のAT当選期待度が異なる。 サイドランプの色やセリフパターン(様々なタイミングで発生)が滞在モードを示唆しており、青以上に光れば高確や本前兆期待度がアップする。 サイドランプの色とモード示唆 ・ 青:高確期待度アップ!? ・ 黄:高確以上!? ・ 緑:超高確!? ・ 赤:本前兆期待度アップ!? セリフパターン別のモード示唆 親密度が高いセリフほどチャンス。 ・ 「少しずつ、君のことがわかってきたよ」:高確期待度アップ!? ・ 「私ね、君になら何でも話せそう」:高確以上!? ・ 「明日も明後日も会えたらいいのに」:超高確!?

次の

みうのおしゃべりパチスロ 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

みうのおしゃべりパチスロ 有利区間ランプ

台の基本情報• 機種名:パチスロ新鬼武者~DAWN OF DREAMS~• メーカー:エンターライズ• 導入時期:2020年3月• タイプ:擬似ボーナスAT ゲーム性について• 通常時はゲーム数やレア役でCZ(目覚めよ鬼)やボーナス(AT)を目指す• 基本的に初当たりはほぼ「鬼ノ試練(赤7・赤7・バー)」となる• 「鬼ノ試練」内で行われるバトル3連戦に全勝すると、「真・鬼斬一閃」へ。 特化ゾーンを経由し「幻魔闘ボーナス」へ。 2敗で終了 2勝で「鬼斬一閃」 3連勝で「真・鬼斬一閃」 ストックしている場合は、2勝状態で開始となり3連勝をかけたバトルのみ行われます。 鬼斬一閃:ほぼ赤7。 まれに青7や特化ゾーンへ。 真・鬼斬一閃:ストック特化ゾーンへ。 特化ゾーンの後は必ず赤7か青7を放出する。 参考:「鬼決戦ボーナス」 鬼ノ試練の一部で突入する信長とのバトル 20Gの間に勝率を上げていき、最終的にその勝率で信長とバトルをする 信長に勝利すれば特化ゾーンへ 信長に勝利したから「覚醒」というわけではないようで、「追想ノ舞」に突入しました。 《注意点》 ボーナス終了後、ベットで「百鬼モード」に行くことがあります。 この時、内部的には有利区間は継続している状態です。 そのため、 ボーナスが当選する可能性がありますので、百鬼モードの当否は確認するようにしましょう。 但し、当然ですがはずれることもあります。 その場合、有利区間はハズレた後に終了します。 ちなみに、有利区間が継続しているため、データカウンターも大当たりの状況のままになるホールが多いかと思います。 有利区間ランプは、クレジットの数字の右下の「・」で確認することができます。 基本的な打ち方 目押しレベル 色目押しができれば問題ないと思います。 通常時の打ち方・リール配列• 左リール上中段バーを狙う• 右リール適当で、スイカテンパイ時には、中リールバーを目安にスイカをフォロー 《注意》 過去の鬼武者シリーズ同様、本機の中段チェリーは、強チェリーです。 立ち回りのポイント 情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。 天井&恩恵• 天井:777G+前兆(実際の放出は810G前後)• 恩恵:ほぼ「鬼ノ試練(赤7・赤7・バー)」 やめ時• 128G付近。 時間がないときや、履歴が悪いときなどは、ベット百鬼モードの当否確認後ヤメでもいいかもしれません。 設定差・設定推測 設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。 細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。 設定確定パターン• 幻魔闘BONUS中の味方戦意上昇時の撃破演出 4444体撃破:設定4以上 5555体撃破:設定5以上 6666体撃破:設定6• 蒼剣乱舞中の鬼力ポイント 設定4以上:444、456、4444鬼力 設定5以上:55、77、555、777、5555、7777鬼力 設定6:66、666、6666鬼力 鬼力はかなり取れることもあれば、全然取れないことも・・・。 鬼ノ試練、幻魔闘ボーナス終了画面蒼鬼・天海・ロベルト:高設定示唆 白い紳士:高設定濃厚 扉(締まっている):奇数設定示唆 扉(開いている):偶数設定示唆 蒼鬼&桜の木:設定1否定 蒼鬼&お初:設定2否定 アニメタッチの茜&阿倫&お初:設定3以上 豊臣軍集合:設定4以上 バックに桜、中心にアニメ調の蒼鬼軍:設定5以上 全員集合:設定6 注目すべき設定差 ボーナスの初当たりが高設定ほど優遇。 過去の鬼武者シリーズを考えると、CZ(目覚めよ鬼)の当選率などが違うかも(推測) 初稼働の状況 天井、天井、また天井みたいな展開になりましたが、その都度連チャンするので、楽しめました。 設定については不明ですが、詳細データについては記事の後半で公開していますので、参考にしてみてください。 筐体関連 エンターライズ台は、バイオハザード5などのころから、ずっとそうなのですが、1周押しができません。 これは、早く打つ打ち手にとっては、かなりのストレスとなりますし、ホール側としても「回転数が落ちる=投資速度が落ちる」という状況を作ってしまいます。 ほんのちょっとの差が、1日単位で見ても大きな差になるはずです。 対応策としては、リールの始動タイミングを少しずらすか、リール配列を工夫し、もう1か所押せる場所を作れば良いはずです。 あともう1つ。 払い出し音がデカ過ぎてびっくりするので、もう少し控えめにして欲しいです。 演出関連 過去の新鬼武者シリーズの音、演出を踏襲しているので、4号機の「鬼武者3」から打ち込んでいる者としては、非常に良かったです。 ボーナス中の演出は、おそらくデキレ(出来レース)なのだとは思いますが、敵のゲージを削れないと、ほぼ勝てないので、少し期待感を持てる演出だと良かったと思います。 対戦相手が強くても普通に勝てるので、その点は良いと感じました。 通常時の演出は少し単調ですが、バトル中が楽しめるので、感覚的には「モンハン月下」に近い印象を受けました。 出玉関連 出玉に関しては、スタートがほぼ「鬼ノ試練(赤7・赤7・バー)」となりますが、このボーナスで3戦3勝しなければならないという設定であるため、1戦目で負けると、出玉的にもほぼない状態で終了するのは、流石に厳しかったと思います。 鬼ノ試練は他の台で言うところの「バケ、REG」に当たるかと思いますが、数ゲームで強制打ち切りになるボーナスは、打ち手の心をへし折ってしまいます。 さらに、設定によるのだとは思いますが、天井到達率が高いように感じました。 ボーナス中が結構楽しめるだけに、勿体ないと感じました。 エンディングに到達したときの獲得枚数 後日エンディングに到達できたので、その時の獲得枚数をお伝えします。 どうやら2400枚には到達しないようですね。 しかし、データを見ていると、かなり悲惨な状況になる台も多く、この辺りの出玉バランスは、もう少し何とかすべきだったのではないかと感じます。 また、記事作成にあたりホームページを見たところ、「鬼ノ十箇条」なるものがありました。 ホームページを確認する人は少ないはずなので、こういうのは小冊子に乗せて欲しいものです。 打ち手に見られなければ、意味をなさないですから。 とは言え、鬼武者シリーズ好きの自分としては、たぶん打ってしまう台なのだと思います。 参考:「鬼ノ十箇条」• 幻魔闘BONUSで同一味方キャラが選択されると大チャンス!?• いついかなる時もウーファー発生でチャンス到来!?• 幻魔闘BONUS開始時は決定ボタンでバトルのモード選択が出来るぞ!• バトル中に白色のナビが出ると!?• 鬼斬一閃はリール上の鬼ノ眼ランプに注目!全てのランプが点灯すると!?• 追想ノ舞、蒼剣乱舞、蒼剣乱舞・覚醒ではベル連がカギとなる!• 判定演出_幻魔創造神白い紳士発展でチャンス到来!白い紳士を倒せれば!?• ステージチェンジ演出で蒼鬼の眼が光るとボーナス当選時に期待!• 普段と違うタイミングで醍醐寺参道ステージに移行したら大チャンス!?• 通常時に隠しPUSHが存在!台座にいる女性キャラが当選役やモードを示唆してくれる!? 稼働継続予測と適正台数予測• 稼働継続:1~6か月• 次回作改善要望 1周押しに関しては、メーカーとして取り組んで欲しいところです。 小さいようですが、個人的には結構大きな問題であると感じます。 また、初当たりである程度の出玉は取れるようにして欲しいところです。 流石に1戦目落ちは厳しすぎます。 メーカーさん、よろしくお願いいたします。 偶数示唆2回初稼働データ 鬼ノ試練は「バケ」で表記。 Eはストックによる「エクストラバトル(2勝した状態で始まるボーナス)」 百鬼のあとに矢印が付いている場合には、同一有利区間での連続したボーナス。 百鬼の後に矢印が無い場合には、そこで有利区間終了。 投資5K 最終獲得枚数2100枚程度。

次の