ご 送付 いただけ ます でしょ うか。 「送付いただけますでしょうか?」意味と使い方・メール例文

【返信が来ない!】催促メールの書き方とケース別の例文をまとめて解説

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

「いただけますでしょうか」は、二重敬語です。 二重敬語とは、一つの言葉の中に敬語をふたつ重ねて使う敬語を言います。 「いただけますでしょうか」は、「いただけます」の「です」の部分と「でしょうか」の二箇所が敬語で二重敬語です。 二重敬語は、正しい敬語ではないので目上の人や敬語の使い方に細かい人に対してはもちろんすべての人に対して使うべきではありません。 「いただけますでしょうか」は、間違った敬語ではありますが、正しい敬語である「いただけますか」よりも丁寧に頼んでいる印象を相手に与えることがあります。 相手に頼みごとをするときに丁寧に頼んでいる印象を与えたいときには「いただけますでしょうか」を使うと効果的な場合があります。 「いただけますでしょうか」の正しい使い方は? 「いただけますでしょうか」の正しい使い方は「いただけますか」です。 「いただけますでしょうか」と「いただけますか」と比較したときに「いただけますでしょうか」の方が丁寧に頼んでいる印象を受け「いただけますか」は、少しきつい言い方に聞こえます。 また住所を教えてほしいときには、「住所をいただけますでしょうか」や「住所をいただけるでしょうか」は、相手に通じますが「住所をいただけますか」は、「住所をください」という意味になってしまいます。 この場合は「住所を教えていただけますか」のように具体的にいただきたいものを挙げないと正しい使い方にはなりません。 「いただけますでしょうか」の漢字表記は「頂けますでしょうか」と「戴けますでしょうか」です。 「戴けますでしょうか」は、常用外漢字です。 「いただけますでしょうか」と「頂けますでしょうか」の使い分けは、「いただく」と「頂く」の使い方が「公用文」の書き方のルールが定められていてそれに準じます。 「いただく」は「~していただく」という使い方のときに使用します。 「頂く」は「物をもらう」という意味の場合に使用します。 頂けますでしょうか 「頂けますでしょうか」は「物をもらう」意味のときに使用します。 「~していただく」の意味の時は、一般的なビジネスシーンにはひらがなを使用します。 漢字で書いた方が改まった印象を相手に与えるので「~していただく」の意味でも個人的なメールやお礼状などでは「頂けますでしょうか」を使うことによって効果を高めることができます。 戴けますでしょうか 「戴けますでしょうか」は、常用漢字ではないので通常は使用しません。 「戴く」には「頭の上にのせる」や「うやうやしくささげる」といった意味があります。 相手がかなり目上の人でかしこまるような場合、「戴けますでしょうか」をあえて使用して敬意を強調するということができます。 「いただけますでしょうか」の例文は? 「お時間いただけますでしょうか」は、相手の時間をもらって自分の話を聴いてもらったり物事を教えてもらいたいことを相手にお願いするときに使用します。 ・今度のイベントの件で打ち合わせさせていただきたいのでお時間いただけますでしょうか ・来週の水曜日でしたらこちらの予定もあいておりますのでお時間いただけますでしょうか ・今、手がいっぱいです。 恐れ入りますが少しお時間いただけますでしょうか ・これから用意させますのでお時間いただけますでしょうか ご依頼 「ご依頼いただけますでしょうか」は、目上の相手やお客様に対して何か依頼したいときに相手にお願いするときに使用します。 ・今度の講演会の講師をご依頼いただけますでしょうか ・私たちの結婚披露宴でのスピーチをご依頼いただけますでしょうか ・お忙しいところ恐縮ですがこの作品の感想についてご依頼いただけますでしょうか ・今度の大会の審査員をご依頼いただけますでしょうか ご指導 「ご指導いただけますでしょうか」は、目上の相手に対して何かを教えて欲しいときに相手にお願いするときに使用します。 ・本日は、大変ありがとうございました。 また、ご指導いただけますでしょうか ・先生のような作家を目指しています。 ご指導いただけますでしょうか ・先生を将棋を指されるんですね。 今度、ご指導いただけますでしょうか ・一生懸命頑張ります。 私をご指導いただけますでしょうか お名前 「お名前いただけますでしょうか」は、目上の相手やお客様に対して名前を教えて欲しいときに相手にお願いするときに使用します。 ・本日はご来場ありがとうございました。 大変恐れ入りますがお名前いただけますでしょうか ・この件については、調査いたします。 申し訳ありませんがお名前いただけますでしょうか ・はじめましてお世話になります。 お名前いただけますでしょうか 「いただけますでしょうか」の使い方は? 「いただけますでしょうか」の使い方は、「いただけますでしょうか」を使わないのが正しい使い方です。 「いただけますでしょうか」は、丁寧語が言葉の中に二つあり二重敬語になるので間違った使い方とされています。 「いただけますでしょうか」は、丁寧な言い方に聞こえるので「いただけますでしょうか」は、多く使用されています。 特にビジネスシーンではよく耳にします。 「いただけますでしょうか」が正しい敬語だと思っている人もいますが間違った使い方です。 「いただけますでしょうか」は、使用しないようにするのが正しい使い方です。 謙譲語 謙譲語は、自分自身や身内をへりくだることによって相手をたててうやまう敬語です。 「いただけますでしょうか」で謙譲語に該当するのは、「いただけます」の部分です。 「いただけます」は「もらう」の謙譲語の「いただく」に丁寧語の「ます」をつけた言葉です。 丁寧語 丁寧語は、「です」や「ます」を語尾につけることによって敬語です。 「いただけますでしょうか」で謙譲語に該当するのは、前半の「いただけます」の「ます」の部分と「でしょうか」の部分の二箇所です。 「でしょうか」は、丁寧語の「です」をさらに丁寧にした「でしょう」に終助詞である「か」をつけたものです。 敬語を正しく使うようにしよう 敬語を正しく使うようにするには、まずは間違った使わないようにすることです。 ここまで「いただけますでしょうかとませんでしょうかの違い」「いただけますでしょうかは、二重敬語なのか」「いただけますでしょうか」の漢字表記「いただけますでしょうかの例文」「いただけますでしょうか」の使い方について説明・紹介しました。 「いただけますでしょうか」は、現在は、二重敬語で正しくない言葉とされています。 しかし、実際に使用している人も多く将来正しい言葉として認められる可能性もあります。 また、シーンによっては、「いただけますか」や「いただけるでしょうか」などの正しい言葉よりも丁寧さが相手に伝わることもあります。 ただし、正しい言葉ではないので「いただけますでしょうか」は、使用しないようにこころがけましょう。 敬語は日頃から正しい言葉を使用するようにこころがけなければいざというときに間違えてしまうことになります。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

送付のお願いメールの文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

メールで「教えていただけますでしょうか」と聞く場合は、相手の顔が見えない分、文章に気を使わなければなりません。 あくまでこちらが相手に教えを請うのですから、「教えて欲しい」という気持ちが十分に伝わらなければなりません。 そのためには、まず「何を教えて欲しいのか」を相手に伝えなければなりません。 ただ「教えてください」では相手も困ってしまいますので、メールで送る場合は、文章の組み立てが重要になってきます。 この「お忙しいところ申し訳ありません」という言葉を入れることで、相手の心証が良くなります。 ビジネス ビジネスにおいて「教えていただきますでしょうか」という言葉は、非常に重要な意味を持ちます。 ビジネスマンにとって仕事などを覚える上で、「教えてもらう」ということは大事なことですので、「教えていただけますでしょうか」という言葉は上手に使わなければなりません。 初めて仕事に就く時は誰もが知識はありません。 自分で勉強しながら仕事を覚えていきます。 社内で教えてもらう時は、ほとんどが対面ですので、言葉だけではなく態度なども重要になってきます。 言葉だけの上っ面にならないように、教えてもらう態度なども相手に示さなければなりません。 就活 「教えていただけますでしょうか」自体が敬語表記となっていますが、言葉を変えるだけで丁寧な言葉になります。 敬語としても十分通用する言葉ですが、丁寧な言葉に直すだけで、相手にとって感じの良い言葉になります。 「教えていただけますでしょうか」の表現を、「教えていただいてよろしいでしょうか」という表現に変更するだけで、敬語表現が丁寧な言葉に変わってきます。 「よろしいでしょうか」という言葉は、相手に対して伺いを立てる言葉ですので、相手も返事がしやすくなります。 「教えていただけますでしょうか」と相手に問いかける場合には、教えるためには相手の時間をとることの可否を聞くことになりますので、なるべく丁寧な言葉で問いかけることが大事です。 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えていただけますか」があります。 同じような表現だと思われますが、「教えていただけますか」という表現は、相手に対して失礼な言葉になる場合があります。 「教えていただけますか」と表現できるのは会社では先輩までです。 上司などに「教えていただけますか」と聞くと、相手は聞き方のトーンなどで不快になる場合があります。 「教えていただけますか」は丁寧な言葉だとおもわれますが、話すトーンによって感じが変わります。 「教えていただけますか」と聞く時には、トーンを下げて疑問符的な言葉で聞くと、相手に対して良い印象を与えます。 しかし、トーンを上げると相手に対して不快な感じを与えますので注意が必要です。 「教えてもらえますか」 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えてもらえますか」という言葉があります。 同じ表現だと思われますが、「教えてもらえますか」という表現は、相手が不快な気分になる言葉になる場合があります。 「教えてもらえますか」と表現ができるのは会社では同僚までです。 先輩や上司などでは、聞き方によっては、相手に不快な感じを与える場合があります。 「教えてもらえますか」は言い方などを考えながら使わないといけない言葉です。 「教えてもらえますか」と聞く時には、話すトーンに気を付けて、穏やかなトーンで話すようにしなければなりませんし、トーンを間違えると相手に対して不快な気分になりますので、注意をしなければなりません。 「教えてくれますか」 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えてくれますか」という言葉があります。 同じ表現だと思われますが、「教えてくれますか」という表現は話す相手を選ばなければなりません。 「教えてくれますか」と表現できるのは会社では同僚までです。 先輩や上司に対してこの言葉を使うと、馴れ馴れしいと感じられる場合もありますし、同僚に対してもあまり馴れ馴れしい感じで聞くと、気分を害される場合もあります。 「教えてくれますか」と聞く時には、穏やかなトーンで相手の表情を見ながら、言葉を出さなければなりません。 また、あまり感情を込めずに相手が良い感じを受けるように話すことが大事です。 そして、きちんと教えてもらえるような姿勢で話すことも大切です。 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「幸いです」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対しての感謝を表す言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 教えていただけるなら幸いです。 教えていただけますでしょうか。 わかりやすく教えて下されば幸いです。 教えていただけますでしょうか。 詳しく教えてくだされば幸いです。 このように「幸いです」は、「教える」ということに対して、「教えてくれるならうれしいです。 ありがとう」を丁寧に表現した言葉になります。 そのため、この言葉を使うと相手に対して感謝の言葉がとても感じの良い言葉になります。 「助かります」 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「助かります」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対しての感謝の言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 教えていただけるなら助かります。 教えていただけますでしょうか。 わからなかったので助かります。 教えていただけますでしょうか。 困っていたので助かります。 このように「助かります」は、「教える」ということに対して、「教えてくれるなら自分が助かります。 ありがとう」を素直な表現になります。 またこの言葉は、感謝の言葉としては少し丁寧ではありませんが、感謝の気持ちが相手には十分伝わります。 「感謝いたします」 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「感謝いたします」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対してのストレートな感謝の言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 お忙しいのに感謝いたします。 教えていただけますでしょうか。 時間をとって下さって感謝いたします。 教えていただけますでしょうか。 教えていただくことに感謝いたします。 このように「感謝いたします」は、「教える」ということに対して、「教えてくれてありがとう」を丁寧に表現した言葉です。 そのため、どのような相手にも気持ちが伝わりますので、気持ちを伝えるには最適な言葉です。 正しい「教えていただけますでしょうか」の使い方 「教えていただけますでしょうか」は、相手にわからないことを聞くために使う言葉です。 使い方によっては相手から教えてもらえなくなる言葉と言えますので、使う時には十分気をつけなければなりません。 この言葉を使う時には感謝の言葉を付け加えると、とても良い言葉になります。 教えてもらうということは、相手の時間をとったりしますので、そこへ対して感謝の言葉を入れるようにしましょう。 「教えていただけますでしょうか」と口頭で聞いた場合には、相手が返答しやすいように聞かなければなりませんので、話すトーンや姿勢が大事です。 また、それ以上に「わからないことを聞きたいです」という気持ちを前面に出していかなえれば、せっかくの言葉が台なしになるので注意しましょう。

次の

「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

ご 送付 いただけ ます でしょ うか

「送付」の敬語表現 「ご送付」は自分が送る場合も相手が送ってくれる場合も使うことができる 相手から何か送ってもらう際の「ご送付」の「ご」は尊敬を表します。 「ご送付ください」では「送付」を強いる印象があるため「ご送付願います」などと使いましょう。 また、相手の動作だけでなく、「ご送付」は自分の動作についても使えます。 自分が送る場合、「ご送付」の「ご」は、謙譲を表します。 例文 ・ご確認の上、折り返しご送付いただけますか。 ・お名前とご住所を記入いただき、ご捺印のうえご送付願います。 ・大変恐縮ですが、至急ご送付くださいますようお願い申し上げます。 ・報告書につきましては、後ほどご送付いたします。 「ご送付いたします」は二重敬語ではない 「ご(お)〜いたす」は謙譲語の基本形のため「ご送付いたします」は二重敬語ではありません。 そのため、自分から相手に送付する場合「ご送付いたします」と使うことができます。 例文 ・本日中に見積書はご送付いたします。 ・明日の会議の資料をご送付いたしますので、ご確認ください。 ・書類に不備があり、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。 修正しましたので、再度ご送付いたします。 簡単に言うと、 書類を送付する際の表紙、目次のようなものです。 「挨拶状」「送り状」「添え状」「カバーレター」などとも言います。 ビジネスシーンにおいては、書類を送る際には送付状を同封するのが礼儀です。 また、送付状は、書類の記入漏れを防ぐ役割も果たします。 メールの「送付状」の書き方 メールの「送付状」の書くときのポイントは以下になります。 ・送信年月日 ・相手先会社名、氏名 ・書類作成者会社名、氏名 ・頭語と結語 ・挨拶文 ・送付内容 相手の会社名、氏名を書くときは、敬称の付け方に気をつけます。 会社名・部署名には「御中」、氏名には「様」をつけます。 両方使ってしまうとマナー違反になるので注意しましょう。 文章の最初は、「貴社におかれましては、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などといった挨拶で始めます。 また、 頭語と結語も付けます。 頭語は「拝啓」「拝呈」「啓上」、結語は「敬具」「敬白」「拝具」などがあります。 faxでの「送付状」の書き方 faxで書類を送るときも、送付状をつけるのがマナーです。 faxはメールとは違い、ミスが起こった場合、被害が大きいです。 誤送信などを防いだり、被害を最小限に抑えるためにも、送付状は必ず付けるようにしましょう。 faxでの「送付状」の書くときのポイントは以下になります。 ・送信年月日 ・相手先会社名、氏名 ・書類作成者会社名、氏名 ・送信枚数 ・送付内容、備考 送信年月日はfax送信状の右上に記載します。 日付を書いておかないと、トラブルの元になってしまいます。 氏名に関しては、会社名・住所・電話番号・氏名の4点を記載します。 また、faxの場合は、 必ず送付枚数を書くことが重要です。 faxの場合、頭語と結語、挨拶文は必要ありません。 付けたいとしても「いつもお世話になっております」程度で簡潔にします。 本文は、要件を手短にまとめて書くようにしましょう。 「送付」と「添付」の違い 「送付」・・・書類や物品などを送り届けること 「添付」・・・書類やメールに他のものを付け添えること 「添付」の意味は「書類やメールなどに、他のものを付け添えること」 「添付」は「 てんぷ」とよみます。 意味は「書類やメールなどに、他のものを付け添えること」です。 ビジネスメールで資料などを付けることを「添付」と言います。 また本来メールを送ることは「送付」と言わず「送信」と言いますが、メールで資料を送る場合は「送付」を使います。 「添付」の例文 ・メールに添付してある資料は来週のミーティングで話す内容となっているため、各自確認しておいてください。 ・提案書に追加の資料を添付する。 「送付」と「発送」の違い 「発送」・・・「荷物や商品などを送り出すこと」 「送付」・・・「資料や品物を送りとどけること」 「発送」の意味は「品物を送り出すこと」 「発送」は「 はっそう」と読みます。 意味は「品物を送り出すこと」を意味します。 2つとも「送る」ことを意味していますが「発送」は「物を他の場所へ向けて送ること」、「送付」は「物を目的のところへ届けること」といった違いがあります。 そのため「発送日」は「品物を送る日」であり届く日ではありません。 ・本日宅急便にて、商品の発送を完了いたしました。 「送付」のその他の類語 送り届ける 「送り届ける」の意味は「人や物を、目的のところやそれを待つ物のところへ送って届ける」です。 品物だけでなく、人に対しても使います。 例文 ・本を小包にして送り届ける。 ・部下を家まで送り届ける。 差し出す 「差し出す」の意味は「前方に出す」「提出する」「発送する」などといった意味があります。 物を送るときによく使われる「差出人」がありますが、これは「提出した人」「発送した人」といった意味になります。 例文 ・案内状を差し出しました。 ・差出人の名前はいかがなさいますか。 「送付」の反対語 「送付」は「送り届けること」「送り渡すこと」を意味しているので、反対語は「受け取ること」を意味する言葉になります。 受け取る 「受け取る」の意味は「自分のところへ来たものや届いたものを手に入れること」です。 「受け取る」は一般的にもよく使われる言葉になります。 「届いた」だけでなく「しっかりと自分の手で取ること」となるため、届いた事実を確認していても自分の手元にない場合は使わないようにしましょう。 例文 ・先ほど、郵便物を受け取りました。 ・受け取った荷物の中に他の人のものが紛れ込んでいた。 受領 「受領」は「 じゅりょう」とよみます。 意味は「(正式に)金品など重要なものを受け取ること」です。 そのため、「受領」は物理的な物にのみ使い「親切」「厚意」などに対して使うのは誤用となります。 例文 ・メールを受領しました。 ・ありがとうございます。 確かに受領いたしました。 「送付」の英語 「送付」は英語で 「send」、「郵便する」は 「mail」を使います。 「send」は、メールを送る場合も郵便物を送る場合も幅広く使うことができます。 「mail」は郵便物にのみです。 「email」は「メールを送る」という意味で使います。 日本語の「メール」は英語で「e-mail」ですので注意してください。 「メールするね」を誤って「I'll mail you. 」と言ってしまうと「郵便するね」という意味になってしまいます。 「send」「mail」「email」の語順はどれも「give」と同じです。 I send a letter to you. のどちらでも構いません。 例文です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の