大腸 内 視 鏡 3 日前 から の 食事 例。 大腸内視鏡検査:ますみつ消化器科

初めて大腸内視鏡検査を受ける方へ

大腸 内 視 鏡 3 日前 から の 食事 例

検査に関する問診票にお答え頂きます。 内容は、大腸内視鏡検査の経験の有無、また受けたことが有る場合は、そのときの様子、現在かかっている病気、普段飲んでいるお薬、薬剤アレルギーの経験等です。 検査を受けられる方は、同意書にも署名をして頂きます。 洗浄液 下剤)1リットルを1時間かけて飲用してもらい、その後500ミリリットルのお水(またはお茶・麦茶(糖分なし)・紅茶(糖分なし)でも可能)を飲用していただきトイレに通って頂きます。 腸管内がきれいになったら検査開始になります。 洗浄液は便を洗い流す作用がありますので、下痢の時の排便と同様の状態です。 にごった便が薄い黄色、または透明になりましたら検査可能です。 検査着と検査用パンツに着替えて準備完了です。 ただし、便の状態がきれいになりづらい方は下剤の追加や浣腸をお願いすることがあります。 個人差が有りますのでご了承下さい。 検査を開始する前に、腸の動きを抑える薬(鎮痙剤)を肩に注射します。 また、鎮痛剤を使用する方は鎮痙剤と共に検査室内のベッド上で腕の静脈に注射します。 専用のベッドに横になった状態で検査を進めます。 検査中は観察の精度を高めるために空気を送り腸管をふくらませますので、腹部の張りを感じる事があります。 検査中は会話が可能です。 ご質問、ご要望がありましたらお話ください。 検査時間は、個人差がありますが、おおよそ30分程です。 検査終了後、送気の影響で腹部の張りを感じた場合でも、通常は1~2時間程で消失します。 尚、当院では、CO2を使用してからは検査後の張りが軽減しています。 大腸内視鏡検査は患者さまの腸管の状態や手術歴等により、検査時間や挿入時の苦痛に個人差がでる検査です。 通常は腸の動きを抑える薬(鎮痙剤)のみを注射し検査をおこないます。 しかし、苦痛が強い方には医師の判断により鎮痛剤注射も行う事があります。 鎮痛剤は副作用として、判断力、注意力、運動能力を低下させます。 また、吐き気やめまいを生じる事があります。 鎮痛剤使用後の体は飲酒後と同様の状態です。 亀田総合病院では事故の防止を目的とし、 鎮痛剤を使用した患者さまは検査当日の自動車・バイク・自転車等の運転を禁止させていただきます。 検査予約時に担当医師より鎮痛剤使用の指示があった方は、公共の交通機関をご利用いただくか、もしくは運転をしていただける方とご一緒に来院をお願いします。 前回の検査で苦痛が強く鎮痛剤をご希望の方は、 外来診察時に担当医師と鎮痛剤の使用についてご相談ください。

次の

大腸内視鏡検査の説明と準備 Archives

大腸 内 視 鏡 3 日前 から の 食事 例

三重県亀山市の内科・胃腸科・消化器科クリニックです。 やさしいベテランの内視鏡専門医が 苦痛の少ない胃内視鏡検査(胃カメラ)・ 痛みのない大腸内視鏡検査(大腸カメラ)・ 日帰りポリープ切除を丁寧に行ないます。 ピロリ菌の除菌治療、 クローン病にとても効果のある レミケード・ヒュミラ・エンタイビオによる治療も行っています。 腹部症状の原因を調べるため積極的に腹部エコー検査を行い、 胃腸疾患をエコー検査で診断することに力を入れています。 おなか・胃腸科の症状でお困りの方はもちろん、一般内科診療も得意です。 内科・消化器内科診療を通じて御来院の皆様がよりハッピーになっていただけるようスタッフ一同で誠心誠意尽くさせていただきます。 *** はじめに***大腸は柔らかく曲がりくねっているため 上手に内視鏡を挿入しないととても苦痛を伴う検査です。 曲がった部分に力がかかって腸を伸ばしてしまったり、傷をつけてしまったりすると患者様に強い痛みを与えてしまいます。 当クリニックの院長は、大腸をアコーディオンをたたむようにして内視鏡を挿入するテクニックをもっています。 このテクニックを駆使することで患者様にあまり苦痛を感じさせずに、しかも速やかに検査を終わらせることができます。 また、ポリープを切除する時にも痛みはありません。 さらに、患者様は内視鏡像を見ながら検査を受けていただけます。 リラックスして検査を受けていただけますよう 準備しておりますので 安心して御来院下さい。 ***大腸内視鏡検査を受けられる方へ*** 大腸内視鏡検査は大腸の中に便が残っていると十分な観察ができなくなります。 従いまして、大腸の中をきれいにする必要があります。 <検査の前日>朝食、昼食、夕食を食べていただけますが、「パン」や「うどん」など なるべく消化の良いものを取ってください。 海草・きのこ・野菜・こんにゃく・種のある果物は食べないで下さい。 * 午後9時に液体の下剤1本をコップ一杯の水(約200cc)に入れ錠剤の下剤2錠と一緒にお飲みいただきます。 (深夜に下痢をする可能性があります。 ) * 便秘の方は適宜下剤を服用し、検査2-3日前から毎日便通があるように調節してください。 * 夜の9時以降は何も食べないでください。 ただし、水、お茶、ジュースなどの水分は飲んでいただいても結構です。 <検査当日> 朝食は食べないでください。 水分(水やお茶)は飲んでください。 お腹がすいて我慢ができない場合、砂糖を舐めたり、透明なジュースを飲んでいただいてもかまいません。 *高血圧の薬、心臓の薬、喘息の薬、精神科の薬など大切な薬を朝に服用されている方は朝7時までにをコップ1〜2杯の水で服用してください。 *朝8時頃から下剤(2Lの水薬)を2時間かけて飲んでいただきます。 10分おきにコップ1杯(約200ml)のペースです。 服用後1-2時間で数回排便があるのが普通です。 服用後1時間しても排便がない場合、服用後気分が悪くなってきた場合、お腹が痛くなってきた場合は電話にて連絡を下さい。 (ご高齢の方、体調が思わしくない方などは、できれば一人で下剤を服用しないで下さい。 下剤を服用して気分が悪くなった場合に相談できる方が近くにいただく方が安全です。 また来院の際も、付き添いの方と一緒にお越しください。 ) *検査終了後、1時間程の安静が必要となりますので、お帰りが夕方になる場合もあります *同意書、問診票、バスタオル、下着の替えを持参して下さい。 <検査後のご注意> *検査中に痛み止め・鎮静剤の注射をする場合があります。 その場合は、検査後 自分で車の運転ができません。 できれば家族の方に迎えに来ていただくか、公共交通機関でお帰りいただくようお願い致します。 *検査終了後は、刺激の少ない消化の良いものを少しずつおとりください。 また、熱すぎたり、冷たすぎるものはできるだけ避けてください。 翌日からはいつもどおりの食事にしていただいて結構です。 *何か気にかかることや、異常がある場合は遠慮なくおたずねください。 鎮静剤・鎮痛剤の使用について* これらの薬を用いなくても内視鏡検査はできます。 ただし、苦痛の感じかたは人それぞれに異なります。 これらの薬を検査前に注射しますと 緊張がとれリラックスして検査を受けていただけます。 以前検査を受けてつらかった方・痛みを感じやすい方・不安が強い方にはお勧めします。 *安全にお帰り頂くため、検査後 自分で車の運転ができません。 できれば家族の方に迎えに来ていただくか、公共交通機関でお帰りいただくようお願い致します。 ・・・・・・ポリープの摘除について・・・・・・・ ・ 大腸内視鏡検査でポリープが見つかることが考えられます。 ・ポリープは前がん病変であるものもあり、摘除する方が良いとされています。 ・摘除というのは「内視鏡を用いた検査・手術」のことで、ポリペクトミーまたはホットバイオプシーといいます。 *摘除には痛みは伴いません。 * 術後 まれに(1000人に3人程度)出血や穿孔(腸に穴があくこと)で入院治療が必要になることがあります。 * 術後3日は食事制限と安静が必要です(仕事を休み 自宅で安静にしている必要があります)。 *術後2週間は旅行・運動・腹圧をかける行為はできません。 注意事項: 1.ワーファリンを服用中の方は 当院でのポリープ摘除はできません。 2.血液をサラサラにする薬(バファリン、バイアスピリン、パナルジン、プレタール、プラビックス、エパデール、ペルサンチン、アンプラーグ、プロサイリン、ドルナー、オパルモン、ロコルナール)などを服用している方はポリープが見つかっても摘除や生検(精密検査)はできません。 このようなお薬を飲んでいる場合は事前にお申し出下さい。 3.摘除した病変により一部負担金が異なる場合があります。 4.以下の場合は 当院では摘除できないことがあります。

次の

大腸カメラ検査を受けられる方へ

大腸 内 視 鏡 3 日前 から の 食事 例

こんにちは。 さて、一昨日ですが大腸内視鏡検査を受けてきました。 やはりブログを読んで下さっている皆様は女性の方がほとんどなので大腸の検査なんて・・・と、抵抗がある方が多いと思います。 もちろん、私も「嫌だな〜!憂鬱だな〜!」と思っていました。 でも、ここ最近は大腸の病気にかかる方も増えていたり、私もお腹にガスが溜まりやすかったり便秘がちだったり・・・とお腹の調子に関しては心配な部分もありました。 なので、少しお腹の調子悪いけど・・・検査は嫌だなと思っている方達の参考になればなと思い(自分でも記憶に残しておきたいので)検査の事を記事にしたいと思います。 よろしくお願いします。 検査の前日の昼食から、検査食を食べます。 ほんの一例ですが、お昼はシチュー。 間食はビスコ。 夕食は、おかゆと大根とそぼろあんかけ いつもなら足りないと思うのに緊張からか、もういいかなという量でした。 その後は気分転換に ゆっくりお風呂タイム。 そして20時から粉状の「マグコロール」という下剤を200mlの水に溶かして飲みました。 個人的にスポーツドリンクに酸味のあるような感じで、意外にいけると一気に飲みました。 が、後で胸やけしてきました。 あくまでも下剤なので ゆっくり飲んだ方が良いみたいです。 21時に、目薬のような下剤「ラキソべロン」を200mlの水に溶かして飲みました。 これはサラっとしていて飲みやすいです。 22時に「センノシド錠」を4錠とありましたが・・・個人の判断で2錠で挑戦しました。 ネットで内視鏡検査について調べても前日に「センノシド」まで飲むケースをほとんど見かけなかったからです。 大抵、「マグコロール」と「ラキソべロン」の2種類を飲むだけだったので。 そうして寝る前に多めの水分を摂って寝ます。 しかし寝る前には2回ほどトイレへ行きました。 通常効き目は8-12時間後なので起床する頃に出てきます。 ドキドキしながらも眠りにつきました。 腸の動きが活発になっているのか、グルグルキュー!と何度もお腹が鳴っていました。 あとは、少しお腹が張って痛かったです。 そこから病院へ直行。 病院へついてから、再び試練が待ち受けていました。 400MLの「マグコロール」を15分置きに3回飲むという試練です。 普段、水分を摂らない方なので辛かったです。 少しづつ飲みましたが、お腹がどんどん膨れてきます。 頑張って飲みきったらキッチンタイマーを渡されて「また15分後に戻ってきてね」 「ウロウロ歩いて腸を刺激してね」と言われました。 1回目を飲みほした時は、まだトイレに行かなかったので不安になりました。 そして何より不安なのが検査される人と外来患者の方達とのトイレが一緒だし、トイレの数も洋式が2つしかないので とても不安になりました。 ここは、、改善して欲しいなと思いました。 そこから検査の日が一緒になった女性と「こんなに飲んだのに、まだトイレ行ってないわ〜」と話したりしていました。 心強かったです! その直後から、トイレの神様と化しました。 トイレとCTの検査場が近いのですが技師の方が「ピーヒャラ ピーヒャラ」と、ちびまる子ちゃんの鼻歌をうたっていたのですが、それが笑えてきました。 もしかしてわざと歌ってる?? なんて思いました。 私のお腹の中がグルグル鳴ってて、まさしくピーヒャラな感じなので そう感じただけかもしれません。 何度かトイレに通って、検査を受けられる状態かを看護師さんに便を見せないといけません。 抵抗ありましたが、その時には水状なので 思ったよりは抵抗は無かったです。 看護師さんも慣れているし。 10回は通ったと思います。 ついに検査OKが出ました。 その時には、お尻がヒリヒリして大変でした。 洗浄を使っても、なかなかなので「赤ちゃん用の流せるタイプのお尻ふき」を持参する のが一番のオススメです。 大腸内視鏡検査で一番つらかったのが、スポーツドリンク状の下剤を飲む事と お尻の痛さです。 特に「お腹痛い〜!!!」という苦痛はありません。 (個人差もあると思いますが) そして検査着に着がえました。 下着の代わりにお尻部分に切れ込みの入った紙のハーフパンツを着用するように言われました。 半ズボンよりかは丈も長いし、お尻部分だけの切れ込みなので 検査の時も、そんなに恥ずかしい事は無いのかもと安心しました!やっぱり女性なので、ここは重要ですよね。 検査室に入室! 主治医が検査をして下さるので少しホッとしました。 血圧も低くなってて少しフラフラだったので「大丈夫か?!」と声をかけて下さいました。 「何とか大丈夫です!」と言い横になりました。 看護師さんが「鼻から酸素入れるからね」と鼻に管を入れていました。 そして安定剤を点滴に入れられフワッとしてきました。 後から麻酔が効いてきたのか、足元がフラフラしていたので2時間ほど休んで帰宅しました。 (寝ると早く麻酔が覚めると言われ、熟睡していました。 検査前の処置の方が少し苦労しました。 (薬の効きは個人差があります。 あくまでも、私の場合は検査は楽でした) 大腸内視鏡検査は恥ずかしい!と抵抗の有る方へ少しでも勇気づけられたら・・・ と思い長文ですが書かせていただきました。 今日、仕事終了後に結果を聞きに行ってきます。 不安ですが、行ってきます! 今回は長文にもかかわらず、最後まで読んで頂いてありがとうございます。 サンキュ!クリックして頂けると更新の活力となります。 よろしくお願い致します。

次の