木村 拓哉 ドラマ。 日曜劇場『グランメゾン東京』|TBSテレビ

名作揃い!木村拓哉のドラマおすすめランキングTOP10!

木村 拓哉 ドラマ

詳細は「」を参照 、自身のラジオ番組『』にて、ソロでの歌手活動を開始すると発表。 にSMAP時代からの所属レーベルであるからアルバム『』をリリースした。 人物 幼少期の僅かな期間はに住んでいた。 (2017年4月30日放送にて本人が発言。 [ ]) 自身のファッションスタイルは、10代のときに観た監督の『』に強い影響を受けたと語っている。 初主演舞台『盲導犬』ではからの厳しい演技指導が連日続き、頭髪の一部分だけがごっそり白髪になった。 は映画『』の撮影のため、木村からギターを貸してもらったことがあり、水嶋は「とても感謝しています。 やはり、考え方や人間性も含めて、木村さんのようにトップでい続ける方には、納得できる理由があるんですよね。 」と語っている。 は「僕たちの世界って、一瞬ポンと名前が出て、売れてっていうことも、とても難しいことだけど、それはある意味、大きな運を持っていればできることだけど」と切り出し、「一等賞を走り続けてくっていうのは、運と、そこに彼がしてきた努力みたいなものが、合わさらないと継続は出来ない」と木村から抱く印象を述べている。 また「木村君が目指しているところというのは、良い俳優であるとか、良い歌手であるとか、そういうとこを目指していないと思う」「良い男であったり、良い人間であったり、今の自分のなりわいの中だけで一等賞を目指すとか、そういうことをしていたら、押しつぶされて行くんだろうけど、彼の場合は、もっと上のものを目指しているような気がするんですよね」と語っている。 『』のプロデューサーは、「ハウルはどういう男か」をとのあいだで共通に決めていたことがあり、この声は誰にやってもらったらいいのかを悩んでいた際、木村のほうから出演の希望が来たとのこと。 鈴木が自身の娘に木村はどういう人なのかを聞いたら「いい男だよ」と言って、その次に「いろんなこと言うんだけど、真実味がないんだよね」と答えたことから、鈴木は「これはいける!」と思ったという。 木村が声を発すると宮崎駿は大喜びで、宮崎による直しはほとんど無かった。 『』の監督を務めるは木村の起用理由について「死ねない男と、永遠にトップアイドルで降りられないところがかぶる。 での「日本版パイレーツ! 役」ランキング1位を獲得した。 」では3位にランクインした。 また木村は『』でジャックのを演じている。 『』2011年10月号では作者のと対談し、前述の「ONE PIECE王決定戦」について木村自ら触れ、「何か言いたい人も多いらしくて、『絶対勝ちますから』と言われたりして、俺も『おう! 』と」と尾田に述べていた。 2015年6月13日放送の『』では、ある番組でのがさんまに対してわざと「なあなあな態度を取った」ところを見た木村が、さんまに「注意しておきます」と言ってきたことを明かしている。 この時さんまは「ネタでやってるんやないか」と二宮をかばったが、木村は「あれはダメですよ」と譲らなかった。 さんまとは、プライベートでも交流がある。 上述の通りキムタクの呼称が報道などで用いられているが、テレビドラマ『』の共演者やのからは「タッくん」と呼ばれている。 が苦手である。 お笑い芸人のやサッカー元日本代表のとは10年以上、家族ぐるみで付き合いがある親友同士である。 またそれ以外にも水嶋ヒロ&夫妻、、、といった芸能人達と交流がある。 タレントのとは当時のマツコの事は覚えてないが千葉県内の高校に1年通っていた頃の同級生で 、その後、別の高校でと同級生であった。 に第2回のメンバーで、のがいる。 2018年11月18日放送の『』にゲスト出演したに「ラジオを続けているモチベーションは何か?」と問われ、「自分の声、感情で自分の思ったことを発信できる場がそれしかないから。 直接の自分の言葉だからこそ、ラジオをやる意味がすごくある」と答えている。 同年12月22日、木村はを中心に展開しているSNS「」のアカウントを取得して配信を開始。 原則としてでの配信ではあるが、同アカウントに対して開設から1日で29万人以上のフォロワーを世界各国から獲得するなどで話題となった。 2020年5月8日からはのアカウントも開設し、母語である日本語でのSNS配信も開始。 こちらのアカウントは開設から1日で100万人以上のフォロワーを獲得している。 SNSでは冷や汗笑顔の(😅)を多用する傾向にある。 俳優として 主演する多くのテレビドラマを高視聴率に導き 、度々「視聴率男」と形容される。 ドラマに出演するたびに視聴率が注目されるが 、自身は出演者と視聴率を結びつけることや視聴率を面白がることについて否定的である。 ドラマ撮影の際は、「感情と感情が重なり合って会話はなされていく。 自分以外の言葉や動き、そして感情まで把握して演じた方が、リアルな会話のスピードに近づける」との理由から 、自身の台詞や共演者の台詞のみならず、共演者の動き方をも記憶して撮影に臨んでいる。 「セットに台本を持ち込まない」と決めているが、これはが手本となっている。 自己主張の強いキャラクターを演じることが多いが、テレビドラマ『』では普通のサラリーマン役を演じ好評を得た。 これまでに20もの職業を連続ドラマで演じており『BG~身辺警護人~』で21職種目と報じられている。 やによるテレビドラマ『アイムホーム』の出演が報じられた記事では初めて父親役を演じる旨の記述があるが 、実際には2007年に放送されたテレビドラマ『』でも父親役を演じている。 評価 脚本家のは、「もともと芝居が上手な方」「あの世代の役者さんの中では群を抜いて才能のある方」と木村を評している。 木村が主演を務めた『』の・は「抜きんでているんじゃないの?」「天才的なところがある」と語っている。 同作品がで上映された際、木村は現地で注目の的となり、メディアから「彼は素晴らしい」と称賛を浴びている。 は、「役者も演出家も、だんだんいなくなってしまった。 敏腕らしいプロデューサーの名ばかりが目立つ、当節のテレビ界である。 」「全身で芝居をしている役者など、数えるほどしかいない。 それは、芝居に興味のないディレクターが、人気俳優のアップさえ撮れればいいと思っているからでもある。 私も昔、さんのアップばかり撮って叱られた。 」などと著した上で、「木村拓哉という役者がいる。 いまその全身を撮ってピカ一の役者である。 」と著している。 また、「バイクに前のめりに凭れた無気力な姿勢が、何とも切ない。 丸めた背中の線が何かを語り、それと裏腹にブーツの足先で楽しそうなリズムを刻んでいるのが快い。 いかにも<ほんとう>なのだ。 夕暮れの道を行く後ろ姿が、またいい。 昔のでも、とても敵わない。 」「ところが可哀想に、この人もアップばかり撮られている。 (中略)この役者を狭いコックピットに閉じ込めておかないで、もっと自由にしてやりたい。 木村拓哉の全身から匂い立つ<色気>がもったいない。 都会の倦怠と、その中の漂泊感を、奇妙なバランスで漂わせることにかけて、いま木村拓哉は、ほとんど天才である。 」と記している。 は木村を「僕が今まで一緒に仕事をした方の中で、いちばん芝居がうまいと思う」と評している。 『』で木村と共演したは木村について「自然に振る舞っているようで、目の動きとかで濃密な演技をしている。 そういう心の動きを辿れる、俳優としての大変な資質を持っているんじゃないかと思います。 」と評している。 同じく『HERO』で共演しているは「僕は、木村さんとさんの芝居を見てて惚れ惚れしてました。 男が見ているだけで魅了されるっていうのは、まず僕は無いんですけど、ホントに見とれてしまいましたね。 (中略)木村君に教えてもらったことは覚悟ですね。 やっぱり、役者としてでるかぎりは覚悟を決めてやれ、っていう彼の生きざまを見て学びました」と述べている。 『HERO』の統括プロデューサーであるは、「芝居をクリエイトしていく意味での能力が非常に高い」「クリエイティブな意味と技術的な意味でのパフォーマンス能力の両方を持っている非常に希有な才能ですね」と語っている。 同じく『HERO』で共演しているからは「打てば響くのに肩の力は抜けている稀有完璧な役者」と評されている。 映画『HERO』の監督を務めたは、木村の感覚が好きだと語っており、「彼の芝居のナチュラルさというのは、何もしないのではなく、ナチュラルを芝居として作ってくる。 」「普段通りにすることが自然な芝居と勘違いする人もいるけれど、お芝居をしないと意味がない。 一回お芝居として立ち上げてから、ナチュラルにしていくという作業が必要なんです。 そのへん、彼はものすごい能力を持っているなと思います。 」などと評している。 『』で共演しているは、木村を憧れの存在と公言している。 また、同作品で医者を演じる木村を本当の医者のようであると舌を巻き、「色々話を聞かせていただいて、ものすごく勉強されてるし、経験を積んでいくっていう絶対に見えない作業や、誰にも見えないところでの努力が半端ない方なんだなと改めて思いました。 だからこそ、その役に説得力を持たすことができるし…すごいなと思います。 本当に。 」と称賛している。 同作品の他、『』や『』で木村とタッグを組んだプロデューサーのは、「ここまでやってもらえれば映像として合格というレベルに終わらない。 『GOOD LUCK!! 』でも実際にパイロットの方がやっていることを演じ切る。 そこへの探求心は並々ならぬものがあると当時から感じていましたね」「我々がそろそろこれをやり始めた方が、というときに5段階でレベル3くらいまで既に行きついている。 本人としては当然としてやりきっているという感じでした」「単純の手の動きだけを模倣しているのではなくて、こういう病気だからこういうアプローチをしている、というのを先生たちに聞いて理解してやっている。 そこがまたリアリティーを生み出しているところなんじゃないかなと思います」と述べている。 は木村について「非常に才能があって知的な方」「身体能力の高さと演技力とが合間って、強い存在感を発揮している。 彼は、世界的に認知されるべき資質をたくさん持っている」などと称賛している。 『』のプロデューサーであるは木村について「今まで多種多才な方々に会ってきたが、彼は特に筆舌に尽くしがたい存在」「取材のインタビューを聞いても記事を読んでも、無駄な言葉はなく、表現も的確で、世論や作品を俯瞰で捉える見方と自分の着地点も知っている」「類い稀な才能と美貌を"楯"にせず、それを"枷"として受け止めている彼に頭が下がる」などと著している。 同ドラマでは実力を知っているがために木村に対しプレッシャーをかけるような要求ばかり行ったが、決まって喜多の希望を叶えてみせたという。 フリーライターのは「アニメーション『』のボイスアクトのアプローチが、『』のときとまるで違っていて驚いたことを思い出す。 キャラクターの違いではなく、アプローチの違い。 」「木村拓哉を、誰かと、何かと、比較するべきではない。 彼の表現には、先行する俳優史に参照すべき存在が見当たらない。 だから、相違点を探ること自体が不毛。 木村の表現は誰にも似ていない。 」などと評している。 」「不安定な立場と複雑な心境に陥ったフツーの男を、木村拓哉がキムタクを封印して誠実に演じている」「夫であり父でもあるという実年齢相応の役柄に挑戦し、きちんと造形していることを評価したい」「今作で役の幅が広がったと思う」などと評している。 同作品で「新境地を開いた」と評されたが 、木村自身は「現場でやっていることは変わらない」「『違う』と言われるのは僕がどうこうではなく、監督の演出でそういう印象を与えてくれたんだと思う」と述べている。 受賞歴• 第11 -15回(1994 -1998年、殿堂入り)• 1994年• 第7回 石原裕次郎新人賞(『』)• 第3回 ベストドレッサー賞(『』)• 第32回 奨励賞個人(『若者のすべて』)• 1995年• 新人賞• 第7回 ベストドレッサー賞(『』)• 1996年• 第9回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 第6回年間ドラマ大賞 主演男優賞(『ロングバケーション』)• 1997年• 第15回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 第7回TV LIFE年間ドラマ大賞 主演男優賞(『』、『ラブジェネレーション』)• 1998年• 第19回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 第1回ドラマグランプリ 主演男優賞(『ラブジェネレーション』)• 1999年• 第3回日刊スポーツドラマグランプリ 主演男優賞(『ビューティフルライフ』)• 2000年• 第24回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 第10回TV LIFE年間ドラマ大賞 主演男優賞(『』)• 第26回 男優演技賞(『ビューティフルライフ』)• 2001年• 第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞(『』)• 主演男優賞• ベストドレッサー賞• 第11回TV LIFE年間ドラマ大賞 主演男優賞(『HERO』)• 第4回日刊スポーツドラマグランプリ 主演男優賞(『HERO』)• 2002年• 第33回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 2003年• 第6回日刊スポーツドラマグランプリ 主演男優賞(『』)• 2006年• 第16回 主演男優賞(『』)• 2007年• 第20回 主演男優賞(『武士の一分』)• 月刊ドラマ・オブ・ザ・イヤー 主演男優賞(『華麗なる一族』)• 第52回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• ソウル・ドラマ・アワーズ2007 最優秀主演男優賞(『華麗なる一族』)• 2008年• 第57回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 2012年• 第75回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• 第9回月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー 主演男優賞(『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん! 〜』)• 第52回CMフェスティバル タレント賞( テレビCMの演技)• 2013年• 第17回日刊スポーツドラマグランプリ秋 主演男優賞(『』)• 第10回月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー 主演男優賞(『安堂ロイド〜A. knows LOVE? 〜』)• 2014年• 第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『HERO』)• 第18回日刊スポーツドラマグランプリ夏 主演男優賞(『HERO』)• 2017年• 第27回 主演男優賞(『』) 出演 テレビドラマ、映画における 太字は主演。 HEROにおける自身が演じる 久利生公平のと テレビドラマ• (1988年10月12日 - 1989年3月29日、) - 本人 役• 新春スペシャル「梅の湯の結婚式はギャグでいっぱい」(1990年1月2日、) - 宝田ヒロシの友達 役• おとうと(1990年4月30日、TBS) - 碧郎 役• 松葉杖のラガーマン『ラグビーやってて良かった! 』(1991年1月14日、TBS) - 平井正樹 役• 『ロミオとジュリエット』(1991年10月5日、テレビ東京) - タカシ 役• 好きなのに…(1991年10月13日 - 10月27日、テレビ東京) - 田村栄一 役• (1992年3月17日、) - 本人 役• 『摩天楼はバラ色に』(1992年4月4日、テレビ東京) - 三沢昇 役• 第3シリーズ『言葉のない部屋』(1992年7月2日) - 田舎者 役• 世にも奇妙な物語春の特別編『トイレの落書き』(1995年4月3日) - 押本 役• 世にも奇妙な物語春の特別編『パパラッチ』(1999年3月31日) - 貴美男 役• 『』(2001年1月1日、フジテレビ) - 湯ノ本ナオキ 役• SELECTION2『少女以上・少年未満』(1992年10月19日、) - 紺野祐一 役• (1992年11月19日 - 12月17日、フジテレビ) - 片瀬雅人 役• 『僕だけの女神』(1993年4月18日、TBS) - タケシ 役• (1993年6月14日、6月21日、テレビ東京) - 川崎 役• (1993年10月11日 - 12月20日、フジテレビ) - 取手治 役• 『再会』(1994年6月12日)• (10月19日 - 12月21日、フジテレビ) - 上田武志 役• 『』(1995年4月12日 - 7月5日)• SMAPのがんばりましょう『GOING NUTS』(1995年7月12日 - 9月20日)• (1995年9月18日、テレビ朝日) - 役• (1995年10月13日 - 12月22日、TBS) - 大上一馬 役• (フジテレビ)• 2nd season 第4話「赤か、青か」(1996年1月31日) - 林功夫 役• 古畑任三郎スペシャル「消えた古畑任三郎」(1996年4月9日) - 林功夫 役• 古畑任三郎スペシャル「古畑任三郎 vs SMAP」(1999年1月3日) - 本人 役• 「古畑任三郎 vs SMAP その後…」(2013年9月30日) - 本人 役• (1996年4月15日 - 6月24日、フジテレビ) - 瀬名秀俊 役• (1996年10月11日 - 12月13日、TBS) - 貴倉翔 役• (1997年1月3日放送、フジテレビ) - 黒澤力 役• (1997年4月16日 - 6月25日、フジテレビ) - 早坂由紀夫 役• 第8話(1997年6月3日、フジテレビ) - 早坂由紀夫 役• (1997年10月13日 - 12月22日、フジテレビ) - 片桐哲平 役• (1998年3月25日、TBS) - 役• (1998年10月8日 - 12月24日、フジテレビ) - 伊藤直季 役• (1999年9月18日、日本テレビ) - 木村拓哉 SMAP 、村木拓哉 役(二役)• (2000年1月16日 - 3月26日、TBS) - 沖島柊二 役• 最終話(2000年6月24日、日本テレビ) - 水谷庸司 役• (2000年7月1日 - 9月16日、日本テレビ) - 九太郎(声)• フードファイトスペシャル香港死闘篇(2001年4月1日)• (2001年1月8日 - 3月19日、フジテレビ) - 久利生公平 役• HERO特別編(2006年7月3日)• HERO(2007年9月23日)• HERO 第2シリーズ(2014年7月14日 - 9月22日)• (2001年12月28日、フジテレビ) - 役• (2002年4月15日 - 6月24日、フジテレビ) - 片瀬涼 役• (2003年1月19日 - 3月23日、TBS) - 新海元 役• (2004年1月12日 - 3月22日、フジテレビ) - 里中ハル 役• (2004年12月25日放送、フジテレビ) - アジー 役• (2005年4月18日 - 6月27日、フジテレビ) - 神崎次郎 役• 第1話(2006年1月9日、フジテレビ) - 幻翼大王 役• (2007年1月14日 - 3月18日、TBS開局55周年記念番組) - 万俵鉄平 役• (2008年5月12日 - 7月14日、フジテレビ) - 朝倉啓太 役• (2009年3月10日) - タクヤ 役• (2009年5月23日 - 7月11日、TBS) - 九十九龍介 役• (2010年5月10日 - 7月5日、フジテレビ) - 葉月蓮介 役• (2010年7月1日、テレビ朝日) - 本人 役• (2011年10月16日 - 12月18日、TBS開局60周年記念番組) - 倉持岳志 役• (2012年10月22日 - 12月24日、フジテレビ) - 金田一二三男 役• (2014年3月15日、16日二夜連続、テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル) - 役• 最終話(2014年6月23日) - 久利生公平 役• (2015年4月16日 - 6月18日、テレビ朝日) - 家路久 役• (2017年1月15日 - 3月19日、TBS) - 沖田一光 役• (2018年1月18日 - 3月15日、テレビ朝日) - 島崎章 役• BG〜身辺警護人〜第2章(2020年6月18日 - 、テレビ朝日)• (2019年10月20日 - 12月29日、TBS) - 尾花夏樹 役• (2020年1月4日、5日二夜連続、フジテレビ開局60周年特別企画) - 風間公親 役 映画• (1994年3月12日公開、) - 久保嘉晴 役• (1995年9月23日公開、) - 上田淳一郎 役• (2004年10月23日公開、) - タク 役• (2006年12月1日公開、松竹) - 三村新之丞 役• (2007年9月8日公開、) - 久利生公平 役• (2015年7月18日公開、東宝)• (2009年6月6日公開、) - シタオ 役(日本吹き替えも担当)• (2010年12月1日公開、東宝) - 役• (2017年4月29日公開、) - 万次 役• (2018年8月24日公開、東宝) - 最上毅 役• (2019年1月18日公開、東宝) - 新田浩介 役 舞台• 盲導犬(1989年、日生劇場)• ドラゴンクエスト (1992年、京都・南座)• 花影の花〜大石内蔵助の妻(1992年、日生劇場)• 洒落男たち〜モダンボーイズ〜(1994年) バラエティ番組• カミングOUT! (1994年10月29日 - 1995年3月25日、TBSテレビ)• (1995年4月29日 - 9月30日、日本テレビ) - 準レギュラー• (1999年7月31日 - 1999年9月4日、フジテレビ) - 準レギュラー• (2000年10月13日 - 2001年3月23日、フジテレビ)• (2001年10月13日 - 2017年9月23日、テレビ朝日) - 準レギュラー• (2003年1月3日 - 、フジテレビ) 単発• (2005年8月27日 - 8月28日、) 特別番組• 地球を彫刻した男(1996年2月12日、札幌テレビ)- ナビゲーター• 愛と勇気のドキュメントこども病院24時(1996年10月12日、フジテレビ)• (1999年9月18日、日本テレビ) - とMC・パフォーマンス• サッカー地球の熱情 第1回ジダンが来た道(2002年5月3日、NHK) - ナレーション ラジオ番組• (1995年1月 - 2018年7月27日、TOKYO FM)金曜日23:00 - 23:30• (2018年8月5日 - 、TOKYO FM)日曜日11:30 - 11:55 インターネット動画配信• オリジナルドラマ『』(2018年7月20日、) - ゲスト出演・芸人A 役• (2018年8月5日 - 、)日曜日12:00から毎週配信予定 CM• 「」(1993年 - 1997年)• 「」(1994年 - 2017年)• (1994年 - 1995年)• (1995年 - 1997年)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (1997年 - )• (1997年 - )• (1997年 - )• (1997年)• (1998年 - 1999年)• (1998年 - 1999年)• (1999年 - 2005年)• (2000年 - 2010年)• (2000年、2008年、2019年)• (2001年 - )• (2004年)• (2006年 - )• (2006年 - 2014年)• (2006年 - 2007年)- と共演。 (2006年 - 2011年)• (2007年 - )• (2007年 - 2010年)• (2007年4月 - )• (2008年)• (2008年 - 2010年)• (2009年)• 「企業」(2009年 - 2017年)• (2010年)• (2010年 - 2014年)• (2012年 - 2013年)• ミス・パリ「」(2012年 - 2017年)• (2012年 - 2014年)• ・「台湾観光誘致CM」「I Love Taiwan」(2015年 - 2016年)• 「企業」(2016年1月18日 - 2016年12月31日)• 「LINEのお年玉スタンプ」キャンペーン (2018年)• ・ (2018年)• MARK&LONA(2018年4月 - )• (2018年7月 - )• RYOMA GOLF(2018年8月 - )• (2018年12月 - )(中国のみ)• (2019年2月 - 2019年12月)• (2020年1月 - )• バルクオム(2020年5月 - ) 声優 全て声の出演。 (ドラマCD) - 花沢類 役• 花より男子(1993年7月)• 花より男子2(1993年12月)• 花より男子3(1994年7月)• (2004年11月20日、劇場アニメ) - ハウル 役• (2010年10月9日公開) - JP 役• 「」(2014年7月27日、テレビアニメ) - タクヤ 役• (2015年5月29日・6月5日、テレビアニメ) - 野原家家族 役• (2018年12月13日発売、ゲーム) - 主人公・ 八神隆之 役• 「」 2018年11月 作品 アルバム• (2020年1月8日) 映像作品• TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow(2020年2月8日) 作詞• Waiting Waiting Waiting - SMAPのアルバム『』に収録。 HA - SMAPのミニアルバム『』に収録。 トマトジュースだよ〜ん - 、との共作で作曲はトータス松本が担当。 放送の「」で披露。 同番組初のオリジナルソングとなった。 参加楽曲• 「」 - 竹内まりやが1995年に発売したシングル曲。 歌詞に「キムタク」のフレーズがあることから、木村も楽曲に参加。 曲冒頭の「ねぇ、パーティにおいでよ」などのフレーズとコーラスを担当している。 開放区(2003年4月24日、)• 開放区2(2011年9月30日、集英社) 写真集• 木村拓哉(1996年、川島インターナショナル、撮影:) - 調べ、2003年6月までの集計で50万部• 『』KIMURA開放区ざまをみろ! (1995年6月号 - 2012年) 映像作品• オフィシャルDVD『一分TAKUYA KIMURA』(2006年、)EAN 4988102307332 脚注 [] 注釈• 放送作家のは「(ドラマ視聴率が)コンマいくつ下がっただけでも『また下がった』と言われるのは木村さんぐらい」と述べている。 も木村について「ロケの時も具体的に場所を想定して動きを考えたり、といった下準備をしている。 僕も下準備はするけれど、どうも観念的になってしまう。 台詞をどう返すかとかばっかり考えてしまうんだけれど、彼は動きから考えているんですね。 」と述べている。 は「彼(木村)は絶対に努力を見せませんからね。 2019年4月21日. 2019年4月25日閲覧。 2017年4月23日閲覧。 携帯電話、スマートフォンのみ• ローソンHMVエンタテイメント 2003年9月23日. 2015年6月6日閲覧。 ジャニーズ事務所 2016年. 2017年4月23日閲覧。 「キムタク」をタイトルに用いた報道の例として、. 2014年8月19日. 2014年9月17日閲覧。 2014年9月8日. の2014年9月12日時点におけるアーカイブ。 2014年9月17日閲覧。 2020年3月19日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年5月28日. 2018年5月28日閲覧。 「」 ORICON STYLE 2014年11月16日閲覧。 2017年3月10日. 2017年4月23日閲覧。 2008年9月23日. 2017年4月23日閲覧。 2016年8月19日. 2016年8月19日閲覧。 ,音楽ナタリー,2019年9月29日• ,音楽ナタリー,2019年9月30日• 2017年4月21日. 2017年4月23日閲覧。 木村拓哉『開放区』(2003年、) [ ]。 「」(2010年)2014年1月4日閲覧。 MusicVoice 2017年4月22日. 2017年4月30日閲覧。 「」ITmedia ビジネスオンライン 2010年11月26日。 デイリースポーツ online. 2015年10月5日. 2015年11月29日閲覧。 「」シネマトゥデイ 2013年12月5日閲覧。 「」CinemaCafe. net 2013年12月5日閲覧。 「」OLICONSTYLE 2013年12月5日閲覧。 Narinari. com 2010年12月9日. 2014年1月18日閲覧。 『MEN'S NON-NO』2011年 10月号、集英社、 、。 ,J-CASTニュース,(2016年11月6日)2016年11月6日• 「」イロリオ(2015年4月28日)2015年12月14日閲覧。 スポニチANEX 2017年4月27日. 2018年9月12日閲覧。 E-TARENTBANK 2016年3月8日. 2018年9月12日閲覧。 ファッションo2oラボ. 2018年5月28日閲覧。 マイナビニュース 2018年11月18日. 2018年11月19日閲覧。 ねとらぼ. 2018年12月23日15時7分. 2018年12月23日閲覧。 モデルプレス. 2020年5月10日. 2020年5月15日閲覧。 J-CASTニュース. 2020年5月14日. 2020年5月15日閲覧。 「」nikkansports. com 2013年10月5日閲覧。 サンケイスポーツ. 2016年12月29日. 2017年1月27日閲覧。 スポーツ報知. 2017年1月17日. 2017年1月27日閲覧。 デイリースポーツ online. 2016年11月11日. 2017年1月27日閲覧。 デイリースポーツ online 2016年12月29日. 2017年1月27日閲覧。 2015年5月30日. 2015年5月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年11月12日閲覧。 1491』キネマ旬報社 発行日2007年9月5日、39頁• スポーツニッポン 2015年6月3日. 2018年1月21日閲覧。 2017年10月20日6時45分 スポーツ報知(報知新聞社、2017年10月20日閲覧)• nikkansports. com 2015年2月16日. 2015年2月17日閲覧。 スポーツニッポン 2015年2月16日. 2015年2月16日閲覧。 『 2006年12月上旬特別号 No. 1472』 キネマ旬報社 発行日2006年11月20日、38頁• 「」シネマトゥデイ 2013年10月30日閲覧。 『今さらながら 大遺言書』、17-19頁。 キネマ旬報WEB. 2019年10月12日閲覧。 『キネマ旬報 2007年9月下旬号 No. 1491』 キネマ旬報社 発行日2007年9月5日、42頁• 『キネマ旬報 2007年9月下旬号 No. 1491』キネマ旬報社 発行日2007年9月5日、44頁• スポーツニッポン. 2017年1月11日. 2017年2月21日閲覧。 スポーツニッポン. 2017年1月12日. 2017年2月21日閲覧。 TBSテレビ:日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』. 2017年1月27日閲覧。 スポーツニッポン 2017年1月15日. 2017年4月30日閲覧。 ニュースウォーカー 2017年4月27日. 2017年4月30日閲覧。 『眠れる森』、383-390頁。 楽天エンタメナビ 2013年9月24日. 2016年10月8日閲覧。 「」Yahoo! ニュース(2015年4月22日)2015年5月9日閲覧。 2016年10月11日. 2017年4月23日閲覧。 2007年12月5日. 2017年4月23日閲覧。 2017年4月23日閲覧。 2003年1月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2003年1月2日閲覧。 Record China 2007年8月29日. 2017年4月23日閲覧。 ザテレビジョンドラマアカデミー賞. 2018年7月21日閲覧。 ザテレビジョンドラマアカデミー賞. 2018年7月21日閲覧。 2012年11月1日. 2017年4月23日閲覧。 日刊スポーツ 2014年. 2017年4月23日閲覧。 jmcao. org. 2018年6月26日閲覧。 フジテレビ. 2015年2月16日閲覧。 ウォーカープラス. 2015年2月16日. 2015年2月16日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年11月11日. 2016年11月11日閲覧。 BuzzFeed. 2016年11月11日. 2016年11月11日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年10月20日. 2017年10月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年5月29日. 2019年8月19日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年6月3日. 2019年6月3日閲覧。 nikkansports. com. 2011年11月10日. の2014年11月15日時点におけるアーカイブ。 2016年8月24日閲覧。 「」 2015年10月5日閲覧。 2015年10月5日. 2015年10月5日閲覧。 com 2017年5月3日. 2018年7月21日閲覧。 cinemacafe. net 2017年10月12日. 2019年1月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年7月20日. 2018年7月21日閲覧。 2018年7月15日• 2018年7月26日• 2007年3月9日. の2008年3月12日時点におけるアーカイブ。 2019年4月25日閲覧。 2015年7月26日. 2015年7月27日閲覧。 2016年1月18日. 2016年1月18日閲覧。 2018年7月25日• 2019年2月26日• 2020年1月15日• 2020年5月12日. 2020年5月19日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。 2015年5月21日. 2015年5月21日閲覧。 4Gamer. net. 株式会社 2018年9月11日. 2018年9月11日閲覧。 2020年2月27日閲覧。 映画ドラえもん公式サイト. 2020年3月19日閲覧。 SANSPO. COM 2020年1月16日• cyzo woman(2008年11月6日)2017年4月23日閲覧。 竹内まりやベスト・アルバム『』ライナーノーツより• 『』2003年12月23・30日合併号、、23頁。 外部リンク• - (英語)• - (中国語) (中国語)• takuya.

次の

木村拓哉、「キムタク推し」を超え進化超プロ意識がもたらした『BG』のヒット

木村 拓哉 ドラマ

目次はこちら• ドラマHEROは型破りで正義感の強い検事・ 久利生 公平を演じる木村拓哉さんと真面目だがチィっち抜けてる検察事務官・ 雨宮 舞子を演じる松たか子さんのコンビで話題となった裁判ドラマです。 当時の平均視聴率は34. HERO第2シースンでは主役の検事・ 久利生 公平は第1シーズンと変わらず木村拓哉さんが演じましたが、検察事務官役には麻木 千佳を演じる北川景子さんがバトンをタッチされました。 尚、雨宮舞子役の松たか子さんはその後司法試験に合格しメデタく検事として本編に出演されています。 HERO(ヒーロー)の動画リンク このドラマHEROの舞台となるのは東京地検の城西支部という設定です。 (もちろん城西支部は架空の支部です) HERO2001 第一話 最悪の出会い ドラマHERO 第二話 帰れないふたり ドラマHERO 第三話 恋という名の犯罪 ドラマHERO 第四話 彼に教わったこと ドラマHERO 第五話 二人きりの夜 ドラマHERO 第六話 彼女の一番大切なモノ ドラマHERO 第七話 君に会えてよかった ドラマHERO 第八話 過去を知る女 ドラマHERO 第九話 俺がずっとそばにい ドラマHERO 第十話 別れの予感 ドラマHERO 第十一話 最後の事件 ドラマHERO HERO2014 13年後の設定も東京地検の城西支部の設定です。 但し、S1とはキャストが殆ど変わっています。 第一話 13年ぶり月9に復活! 久利生新たな伝説の始まりは時効寸前の宝石強盗 ドラマHERO2014 第二話 久利生VS敏腕弁護士! 女の敵…二人の痴漢の嘘と謎 ドラマHERO2014 第三話 真実の行方 コンビ解消の危機!? 絶対に謝らない検事 ドラマHERO2014 第四話 美鈴検事登場! お前は俺が守る ドラマHERO2014 第五話 鬼の検事と秘密を知る少女の涙 ドラマHERO2014 第六話 遠藤事務官逮捕! 惨劇の合コン ドラマHERO2014 第七話 運命の出会い 愛憎の熱海出張 ドラマHERO2014 第八話 久利生危機! 身代わり出頭の闇 ドラマHERO2014 第九話 許されざる嘘! 熾烈なチーム戦 ドラマHERO2014 第十話 最終章突入 暴かれる真実の代償…城西支部最後の事件 ドラマHERO2014 第十一話 前代未聞の裁判員裁判! 久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦 ドラマHERO2014 HERO劇場版 スペシャルドラマ2006年「HERO特別編」 今夜復活!! 美しい海の町の怪事件に伝説の検事が挑む 劇場版第一弾2007年放映「映画HERO」 劇場版第一弾2015年放映「映画HERO」 映画HERO2015動画はこちら HEROスピンオフドラマ HORE HERO第二シーズン 2014年 での東京地検城西支部の警備員・小杉啓太を主人公としたheroのスピンオフドラマHORE。 物語は現在よく使われているチェインストーリー風のショートドラマでドクターXのドクターY的なものである。 放映回数は前4話、放映時間は各回10分強です。 主演はさん。 HERO(ヒーロー)の主な出演者 久利生 公平(くりう こうへい) 演: 東京地検城西支部刑事部の検事。 ジーンズにダウンジャケットと身なりも型破りな常識破りの検事。 雨宮 舞子(あまみや まいこ) 演: S1のヒロイン。 検察事務官。 久利生 公平と恋仲に成りかけるが結局破局。 麻木 千佳(あさぎ ちか) 演: S2のヒロイン。 検察事務官。 元ヤンで過去のことには触れたがらない。 遠藤 賢司(えんどう けんじ) 演: 検察事務官。 末次 隆之(すえつぐ たかゆき) 演: 検察事務官。 中村 美鈴(なかむら みすず) 演: S1 東京地検城西支部刑事部の検事。 S2京都地方検察庁の検事。 芝山検事とS1で不倫していた。 芝山 貢(しばやま みつぐ) 演: S1 東京地検城西支部刑事部主任検事。 中村 美鈴検事と不倫していた。 江上 達夫(えがみ たつお) 演: S1 東京地検城西支部刑事部の検事。 川尻 健三郎(かわじり けんざぶろう) 演: S1東京地検特捜部検事。 S2東京地検城西支部長兼刑事部・部長検事。 牛丸 豊(うしまる ゆたか) 演: S1 東京地検城城西支部の部長検事。 S2東京地検の次席検事。 田村 雅史(たむら まさし) 演: S2 東京地検城西支部刑事部の検事。 宇野 大介(うの だいすけ) 演: S2 東京地検城西支部刑事部の検事。 馬場 礼子(ばば れいこ) 演: S2東京地検城西支部刑事部の検事。 鍋島 利光(なべしま としみつ) 演: S1東京地検の次席検事。 バーのマスター 演: 「あるよ!」で有名なバーのマスター.

次の

TBS ドラマ 『 experience-ga.ctb.com (ミスターブレイン) 』

木村 拓哉 ドラマ

Contents• 10位『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん! ~』(2012) 貧乏人 「キムタクがホームレス役!?」と放送前から話題を呼んでいた月9ドラマ。 家も職も失い、無一文から這い上がっていく元中間管理職。 もう踏んだり蹴ったりで哀れ・・・なはずなのに、気持ちよく笑えるコメディドラマです。 あらすじ 金田一二三男(木村拓哉)はミラクル魔法瓶企画開発営業部、課長。 会社の後輩、同僚からも愛され、そのキャラクターが買われて、難しい商談がうまくいくこともあるほど。 ある日突然、金田一は情報漏洩の罪をかぶせられ会社を追われ、住んでいた家も携帯電話も失い途方に暮れる。 それでもあきらめず前進あるのみと生きていく中で、ゼロからのスタートを切り、PRICELESS=お金では買えない、人生で一番大切なものを見つけていく。 9位『CHANGE』(2008年) 内閣総理大臣 その若さと端正なルックスから「国会王子」と呼ばれる最年少の総理大臣を演じています。 こんなにかっこいい総理大臣いたら、女性陣からの支持率すごそう・・・ 笑 「政治ドラマ」というと難しいストーリーのイメージがありますが、本作では政治の世界がわかりやすく説明されているので安心です。 私のような「政治ってなに~?」状態の人でも楽しめますよ! さらに注目して頂きたいのは、マドンナが歌う主題歌の【マイルズ・アウェイ】。 マドンナが楽曲をドラマに提供したのは、この作品が世界初なんです! 日本のドラマで毎回マドンナの曲が流れるなんて・・・素敵。 あらすじ 小学校の教師だった一人の青年・朝倉啓太が、不慮の事故で衆議院議員だった父を亡くし、父の後継者として補欠選挙に出馬・当選し、総裁選を経て内閣総理大臣となり、政界で奮闘する姿を描く。 8位『MR. まずここ、大事なポイント。 キャストや毎回登場するゲストはやたら豪華で人数も多く、セットも派手だしCGも使い放題。 でも、それに負けないくらいストーリーもしっかりしてます。 事件解決はわかりやすいし、脳科学に関する情報が毎回登場するのもユニーク。 そして、やっぱり木村拓哉さんはぶっきらぼうな役がハマるな・・・と実感。 3のホストだった九十九龍介は、5年前、仕事から帰る際、事故に遭い瀕死の重傷を負う。 ところが、それを機に、損傷した脳を補う形で、右脳が急激に発達し、驚異的な発想力や思考力を手に入れる。 そして、警察庁科学警察研究所(通称:科警研)に引き抜かれた九十九は、独自の脳科学的アプローチによって、様々な難事件を解決していく。 7位『華麗なる一族』(2007年) 高学歴の企業専務 TBS開局55周年記念として制作された作品です。 戦後の猟奇的な空気と高度成長期の雑多感が絶妙に反映され、国や社会が再構築されていく様が魅力的に演出されています。 「ちょっと重いかな・・・」と思いながら私は見始めたのですが、異世界感にぐっと引き込まれて、気づいたらどっぷりとハマっていました。 特に、木村さん演じる鉄平の父親役・北大路欣也さんが作り出す異常な空気感は、ものすごいインパクトです。 それに対し、ちょっと青臭い木村拓哉さんがとてもフレッシュ。 この2人が生み出す強烈な世界観と超豪華な美術セットに圧倒されてしまいます。 6位『ラブジェネレーション』(1997年) 広告代理店 ありえないような胸キュンストーリーが展開する、まるで少女漫画のような展開。 キャッチコピーは「この恋のために生まれてきた」 この作品の木村拓哉さんは、女の子の願いを全て叶えてくれる王子様のような役でした。 そして彼女・理子(松たか子)のことを「おまえ」と呼ぶなど、ちょいちょい飛び出す上から目線。 これには賛否両論あるかと思いますが、ツボにはまってキュンとする女性は多数。 ちなみに私もその中の1人ですが。 そして生まれた名言「ちょ、待てよ」 名言と言っていいかわかりませんが、今となっては木村拓哉さんのモノマネでおなじみのフレーズとなっていますね。 あらすじ 現代を生きる20代の若者たちの恋の行方を描いた、ラブロマンス。 片岡哲平は広告代理店のクリエイティブ。 だが、その日は彼にとって最悪の「運命の日」だった。 引っかけた女にはホテル代を踏み倒され、出社してみれば営業部に異動を命じられる。 出会いから最悪だった二人は反発しあうものの、いつしか距離が縮まっていく。 ところが哲平の前に、初恋の女性さなえが現れたことから、二人の間に溝が生まれてしまう。 いったいどうなってしまうのだろうか。 5位『プライド』(2004年) アイスホッケー選手 「maybe」・・・やっぱり『プライド』と言ったらこのセリフ! 木村拓哉さんが演じる主人公・ハルの口癖なんですが、これがまた癖になる 笑 ドラマ内でヒロインに対して「好きになるよ、俺のこと。 Maybe 君は俺を好きになる」と言うシーンがありますが・・・ こんなセリフ似合うの木村拓哉さんだけでしょう!! そして、主題歌・Queenの【ボーン・トゥ・ラヴ・ユー】がかっこよさを引き立たせます。 何度でも観たくなるドラマです! あらすじ アイスホッケー実業団チームのキャプテン・里中ハル(木村拓哉)は、恋愛もゲームと見なすニヒルな男。 しかし、OL・村瀬亜樹(竹内結子)との出会いがハルを変えてゆく…。 4位『ロングバケーション』(1996年) ピアニスト 90年代を代表するラブロマンスドラマとも言える作品。 世代じゃなくても、ドラマ好きな方なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 主題歌となった久保田利伸さんの【LA・LA・LA LOVE SONG】を聞くとこのドラマを思い出すという方も多いかもしれませんね。 名シーンが多いドラマでもありますが、私が1番好きなのは木村拓哉さんと山口智子さんがマンションの3階からスーパーボールを落として遊ぶシーン。 実はこのシーン、つい最近まで放映していたNHKの朝ドラ『半分、青い。 』の劇中で完コピされたことでも話題となりました! 20年以上の時を経ているのに視聴者を魅了するとは・・・やっぱりロンバケ最高。 あらすじ 結婚式当日に男に逃げられた強気な「葉山南(山口)」と、男のルームメイトで、シャイな心をもつ冴えないピアニスト「瀬名秀俊(木村)」の奇妙な同居生活を描いたラブドラマ。 当初、南と瀬名は別々な人を好きになるが、次第に互いの気持ちに気づき初めると・・・。 3位『GOOD LUCK』(2003年) パイロット 木村拓哉さんがパイロット役って、間違いなくかっこいいでしょ。 個人的にはこの時の髪型が大好きでした! このドラマで主人公・新海役の木村さんが度々発していた言葉が「ぶっちゃけ」 今では日常的に使われている言葉ですが、当時はとても印象的なフレーズでした。 不器用ながらも自分の夢を諦めずに成長していく熱い男・新海の姿に胸を打たれます。 そして、ヒロインの柴咲コウさん。 ツンデレなヒロイン役がぴったりハマっていて、キュンとするシーンがたくさん出てくるのも大きな魅力です。 ちなみに、当時はこのドラマの影響で、航空業界への就職希望者が急増するという現象も起きました。 確かに、私も影響受けて将来はパイロットと結婚したいと思ったもんな~。 (ちょっと違う) あらすじ 航空会社を舞台に、木村拓哉が演じる若手パイロットを中心に、恋と仕事に生きる人達を描く青春ドラマ。 ヒロインは柴咲コウ。 共演に堤真一、黒木瞳、竹中直人、いかりや長介など豪華俳優陣。 パイロットになりたいという子供の頃からの夢を叶えた新米副操縦士・新海(木村拓哉)が次々と振りかかるさまざまな困難に立ち向かっていくというストーリー。 2位『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(2000年) 美容師 あまりにも切なすぎる純愛ラブストーリー。 これは、号泣ですよ、もう。 木村拓哉さんと常盤貴子さん、素直になれない2人の恋を見守っているうちに自然と感情移入してしまうんですよね。 当時は「ヒロインを殺さないで欲しい」という要望が実際に寄せられていたそうです。 初回から視聴率30%台を記録した本作。 最終回では瞬間最高視聴率41. 3%を記録しました。 私は泣きすぎて画面がちゃんと見えていないレベルでしたが・・・ まだご覧になったことがない方には、ぜひ第1話から最終話まで観ていただきたい作品です。 あらすじ 腕はあるが人気のない男性美容師と、難病に侵され、車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。 1位『HERO』(2001年) 検察官 2001年より月9で放送されていた大ヒットドラマ。 これは言わずと知れた木村拓哉さんの代表作ですね。 20014年には続編が放送、翌年には映画版の2作目が公開されるなど、長年にわたって愛され続けている作品です。 型破りなスタイルでありながら、事件に真面目に目を向ける姿が魅力的。 ただのお仕事ドラマではなく、登場人物それぞれの人間ドラマとしての完成度が高い部分が見続けたくなる要因だと思います。 そして、『HERO』と言えば、木村拓哉さんの検察官らしからぬカジュアルな服装にも注目が集まりました。 劇中で着用していたA BATHING APEのダウンジャケットが大ブレイク! プレミアが付くほどの人気アイテムとなりました。 あらすじ 木村拓哉演じる型破りな検察官と松たか子演じる検察事務管理のコンビが難事件を解決していく物語。 難事件を次々と解決していく主人公たちの奮闘に注目の作品。 まとめ 改めて振り返ってみると、やっぱり名作だらけだなぁ・・・と実感します。 これまでに21種目もの職業をドラマで演じてきた木村拓哉さん。 次はどんな職業のどんなキャラクターを見ることができるのか、楽しみです!.

次の