野ブタ 最終回 動画。 野ブタをプロデュース最終回ネタバレ!結末ラストで3人は別れちゃう?

野ブタをプロデュース特別編見逃し動画視聴方法と再放送まとめ【最終話まで!2020年ドラマ】

野ブタ 最終回 動画

(画像引用元:Amazon) ドラマ『野ブタ。 最終回は、 修二の転校が決まってしまったお話です。 修二は今まで出会ってきた人たち、とくに信子からいろんなことを教えられたと告白します。 信子も感謝してもしきれない、この思いが全部伝わるといいのに、と言います。 そしてクラスメートに無事に見送られて 修二が転校した次の学校には、なんと先回りするように彰がやってきていました。 いきなり挫折を感じてしまう修二(苦笑)。 いろいろありましたが、最後はハッピーエンドになった『野ブタをプロデュース』の最終回。 戸田恵梨香かわいい。 修二と信子、彰は、サンタクロースの話をしていました。 信子は夢でサンタクロースが出てきて、修二のところに行ってくださいと行ったという。 修二も夢の中に出てきたといいますが・・彰のところに行けといったという。 二人に嘘つきという彰ですが、夢の中でカレーパンを願ったという。 そこに一平が戻ってきて、何かを渡してくれました・・・。 サンタ姿の一平が持ってきたのは、大量のカレーパンでした・・。 願いがかなったのに・・善意の話が途切れてしまったことを憂う修二と信子は帰ってしまいます。 信子は帰り道に、彰に冷たくしすぎたかな・・・と言いますが、修二はフォローします。 修二は引っ越しのことを信子に言おうとしますが・・笑う訓練の成果を信子が見せようとして、うやむやにしてしまいます。 転校すること、言えなかった・・。 今日こそいう、絶対に言う・・と決める修二ですが、彰が先になんで自分のことを名前で呼ばないのか、と聞いてしまったことで言いそびれてしまいます。 苗字で呼ばれるのは他人ぽい、下の名前で呼んでと言います。 しかも修二は下の名前を知らないことが発覚。 しかも、信子は下の名前を怒りっぽく言ってしまうことが判明。 修二は、これ以上仲良くなるのが嫌だ、悲しくなるだけだ・・・・と思ってしまいます。 ** 信子の突撃校内放送はもうみんなの人気の番組となっており、注目度は抜群。 写真を求められ、ほかの生徒から手を振ってもらえたり、貢物やサインを求められたり・・大変な人気者に。 しかし・・彰の下宿先に集まった3人は、3人一緒に「あのさ・・」と声を掛け合ってしまいます。 信子は突撃リポートを辞めたいといい、修二はあっさりとそうすればと言いますが・・彰は信子を人気者にするのが目的だったのでは?と答えてしまいます。 そして彰は、自分の言いたかったことを飲み込んでしまい・・。 そんな彼に信子が下の名前でなんども呼びかけます。 しぶしぶ・・彰はぬかみそのツボを取り出し、中から忘れたいもの・・生物のテスト28点を取り出し・・例の写真がないことに気がつきます。 そして、今度は修二の番。 年明けたら引っ越しをすることをとうとう告げます。 今学期でこの学校とはお別れ・・・。 彰と信子は一瞬動きが停止します。 そして信子は一人で出ていってしまい・・。 彰はマジで引っ越すの?と聞いて、修二はうなづきます。 彰が信子を探しにいったあと、修二はぬかみその中から、例の写真・・信子が修二を抱きしめた写真を見つけてしまいます。 信子は公園で一人泣いていました。 そんな信子に彰は後ろからマフラーをかけてあげます。 ** 帰宅した父・悟は、思いきり飲んで帰ってきます。 別れの盃をしてきたこと。 修二は、友達って作ろうと思ってできるもんじゃないよね?と聞きますが、悟はここに残るか?と提案します。 浩二は俺だけ残ると困ることとかあるでしょ?と言いますが、悟は「まずは自分のことを考えろっつーの」と笑ってしまいます。 ** 翌日。 登校する修二の姿をみて、信子は「本当に寂しいのは私たちじゃなくて、修二の方だよね。 見送ってあげたい・・」そう信子はいいます。 とまどう彰に、「やる」と力強くいう信子。 何がしてほしいか?記念に残ることでしたいことはないか?と信子と彰は聞いてきます。 彰は信子に巫女さんになってほしいといいますが、急に走り出した信子はかばんをとって一人帰ってしまいます。 そして神社におしかけた信子はゴーヨク堂店主・デルフィーヌの神主姿を発見します。 いわく・・実家なのだとか。 ** 修二は帰り道、彰に俺だけ残ってもいいと言われたことを話しますが・・。 後ろから信子が巫女さん姿でやってきて、野ブタパワー注入!と息を切らしてやってきます。 「私、なんでもやるから・・・それくらい、修二には感謝してるから・・じゃ、バイトの途中だから・・」 そういって帰っていく信子。 ** 浩二は引き釣り回される夢を見ている修二。 ふと目を覚ますと、浩二が一人泣いていました。 声出して泣けよ・・引っ越すのが不安な様子の浩二に、大丈夫だよ、心配すんなよと声をかける修二。 ** いつもの昼休み。 修二はやっぱり引っ越すことを彰に告げます。 弟が心配なことを言いますが、「なんでもっと自分のこと大事にしないの?」と彰に言われてしまいます。 「誰かのために何かをしたいと思うのは、自分を大事にしてないことになるのかな?俺さ、野ブタのために何かをしていたころが、一番自分らしかったっていうか・・お前もそうじゃない?」 修二は彰に言います。 いろんな思い出がよみがえり、指を鳴らす彰。 野ブタだって、だれかを喜ばせようとしているときが、一番生き生きしてない? かすみの家にやってきた信子。 いいよ、いじめられても。 蒼さんのいじわる、私が全部受け止めてみせるから・・・そういった信子に笑って答えるかすみ。 考えておく、と答えたかすみはなぜか笑顔でした。 神社でバイトをしている信子は、とっさのはずみで木の枝を折ってしまいます。 ゴーヨク堂店主・デルフィーヌは、何か大切な人にばちが当たってしまうかも、だからこのお守りを・・と渡されたお守りをもって、信子は走ります。 そして・・・川で釣りをしている修二と彰を発見する信子。 なんでもない、バチとか当たってない?と聞く信子に、ぽかんとする二人。 野ブタの一番大切な人って誰?という彰と修二。 「選べない・・」という信子に、譲る修二。 彰は反抗しますが・・。 いろいろと面倒くさくなる二人に、お守りをのこぎりで分割しようとする信子。 どっちも大事なんだもんとという信子の手からのこぎりを回収する修二ですが、とうとう信子はお守りを投げ捨て・・・「三人で罰あたろう・・」という信子。 そして勝手にこける枝を折るゴーヨク堂店主・デルフィーヌ。 ** 翌日。 修二と彰の周りで、何かいろんな罰があたった?ような人物が発生します。 彰が指を切り、シッタカが事故にあい・・・ ** 職員室で修二が転校することが斑目します。 そんな修二は、選別であんぱんをもらいます。 そして偶然階段でまり子と会い、転校することになったことを告げます。 まり子は何も言わず・・修二の背中を見ていました。 そして・・・とうとう修二のクラスでも転校することがばれてしまいます。 戻ってきた修二を問い詰める一同。 「久しぶりだね、修二の周りに人が集まっているの・・」グッドという彰。 ** 修二の悪いところはすべてのゲームで勝とうとするところだ、だから気をつけろと、担任から言われ・・・。 そして間違ったイニシャルの手編みのマフラー(しかも失恋して別の人にあげるはずだったもの)を渡されてしまいます。 そして、校長からは「なんでも好きなものを食べなさい」と箸を渡されてしまいます。 ** 急に帰ってきた母・伸子は、忘れものだけとりかえってすぐに出ていってしまいます。 何かおいていってしまったもの・・悟が若いころ、信子に送った手紙。 それを拾い上げた浩二は、悟が「野ブタ」と伸子のことを呼んでいたことをバラしてしまいます。 そんな二人を見て修二は、何か忘れていってしまったものについて思いを巡らせ・・。 ** そして、終業式が始まろうとしていました。 教室に戻った修二は、キャサリンからあるもののをもらいます。 そこにいた彰と信子も。 持っていたら幸せになる種・・それを増やして、だれかにも上げられる大人になってください・・・・。 小さな人形を3人は見ていました。 学校が終わったあとで3人は彰の家で、クリスマスプレゼントの交換会をしていました。 中身を空けると、みんなキャサリンからもらった人形を詰めていて、けっきょく元通りに。 修二は言います。 今まで人を好きになることがわからなかったが、信子のおかげでそれがわかったこと。 素敵な景色を一緒にみたり、おいしいものを一緒に食べたり、ときには心配したり。 もっと一緒にいたいなーと思ったり。 人を好きになるって、そんなささやかなことだったんだなと、つぶやく修二。 「この先、もし俺がだれかを好きになるたびに、野ブタのこと思い出すと思う。 全部、野ブタが教えてくれたんだなって、思い出すと思う」 小谷・・・ありがとな。 修二の言葉に、信子もあたしの方こそ、ありがとうと言います。 それしかいえないのが悔しい。 思っていること、全部いえないのが悔しい。 どれだけ感謝しているか、ちゃんと伝わればいいのに・・。 「わかってるよ、っていうか、俺も同じだし。 ちゃんと、なんか、まり子にも伝えなきゃなーって」 ** 翌日。 修二はまり子と一緒に休みの学校に来ていました。 そこには、綺麗に飾り付けられた教室と、お弁当。 嬉しそうなまり子。 行きたがっていた海のサウンドと、雰囲気を作った修二は、彰と信子にも協力してもらっていました。 楽しそうなまり子。 「俺ってバカだよな。 いっぱい時間あったのに。 まり子ともっと楽しいことできたのに。 今度会うときは、もっとマシな人間になってるつもりだから」 修二の弁当を食べておいしい、きっとこの味忘れないというまり子。 学校で最後に見たのは、まり子と野ブタが楽しそうに話している姿だった。 なんだかそれは、とても幸せな気分にしてくれた。 俺と彰は、明日もあるように分かれて、お互い一度も振り返らなかった・・・ ** 翌日、職員室では先生たちが修二の出発を聞いており、彰はなんと家でふて寝をしていました。 すると、一平が「苦しいからって逃げてどうする、修二と会ったことも、全部投げだすのか?苦しいことを投げ出すっていうのは、楽しいことも全部投げだすっていうことだぞ」と言います。 彰は起き上がり、なかったことになんてできないよと言います。 ** 修二は最後に住んでいたマンションの写真をとり、出発するトラックに乗り込みました。 すると、携帯に着信が入ります。 出ると、なんとクラスメートたちが別れの挨拶をしにきてくれていました。 修二は嬉しそうです。 しかも、クラスメートたちのうしろでは、信子と彰が野ブタパワー注入のハンドサインを送ってきて。 修二もこっそり返します。 かすみまで見送りにきていて・・。 それぞれのグループと写真を撮り・・最後は全体の撮影を。 そしてとうとう、お別れのとき。 本当にありがとね、と告げる修二。 「バイセコー!」といっていつまでもついてくるクラスメートと、ガッツポーズで見送る彰と信子。 胸の中で野ブタ注入ともう一度いう修二・・・。 ** この世のすべてはゲームだ巻けたと思って、先に降りてしまうのは馬鹿だ。 最後まで生き残って、ゲームを楽しんだ方が勝ち。 この世はたぶん、そういうルールだ。 今度の桐谷修二は、何があっても挫折しない。 そして、東京から来た修二が紹介されます。 頭を上げた修二の視界に入ってきたのは・・なんと彰でした。 げ、幻覚・・・? 幻覚ではありませんでした。 いきなり挫折してしまった。 聞くと彰は昨日転校してきて、校庭にヘリコプターで到着してきて、注目を集めていました。 とんでも展開に・・・ついていけない修二。 ** 私、笑えてる?と聞くの信子に、鏡を出してみせるまり子。 走り出す信子は階段を駆け上がり、「そうか、もう二人とも、もういないんだった・・」 ** 修二と彰のいなくなった教室。 信子は二人の机を見て、窓の外に視線を移します。 ** 彰は、修二と彰が二人で一つだって、信子から言われたことを伝えます。 最初の3日は泣くけど、あとは立ち直る、とのこと。 な、この空のずっと向こうに、野ブタがいるんだっちゃ。 あの雲、笑っているように見えない? ** 信子。 「私、笑えるようになったよ。 ちゃんと・・・笑えるようになったよ」 涙を流しながら笑う信子。 とても綺麗な笑顔で。 ** 「俺たちってさ、どこででも生きていけるんだよなーって。 」 「何?聞こえねーでしょうが。 気になるだっちゃ。 」 笑って歩いていく修二。 それを追いかける彰。 海に制服のまま入っていく二人。 俺たちは、どこででも、生きていける・・・・。 「Hulu(フールー)」 で、第1話から最新話までフル動画の視聴が配信予定です! 「Hulu(フールー)」は月額933円(税抜)のVOD配信サービスです。

次の

野ブタをプロデュース最終回ネタバレ・あらすじ・感想!原作との感動的な違いもチェック!

野ブタ 最終回 動画

Sponsored Links 野ブタをプロデュースの最終回(10話)のネタバレ 世間はクリスマス。 修二・信子・彰の三人は夢の中にサンタが出てきて、「何か欲しいものはありませんか?」と尋ねる。 信子は修二の所に行くように頼み 修二は彰の所に行くように頼み 彰はカレーパンを頼んだ。 その後三人の元に一平がやって来て、カレーパンを渡した。 桐谷家は父親の転勤が決まっていた。 しかし修二は信子・彰になかなか話を切り出せずにいた。 三人でいる時間が楽しく、別れるのがツラくなっていた。 信子の突撃レポートは学校の名物となり、後輩に写真やサインを求められたり、今ではちょっとした有名人。 みんなから追い回されるほど人気となっていた。 彰の部屋では三人が同時に「あのさ」と話を切り出す。 信子の話は突撃レポートが辞めたいということだった。 人気も二にするということを前提に始まった信子のプロデュースだったが、もはや人気者が本当にいいのか? 修二にもわからなくなってきていた。 修二の話は転校のこと。 年明けに引っ越すことを二人に告げる。 それを聞いた信子は部屋を飛び出して行ってしまう。 信子の後を追う彰。 彰の話はなんだったのかというと・・・ 話をしようとぬかの入った壺を持ってきていた。 その中身を修二がみると そこには信子が修二を後ろから抱きしめる写真が入っていた。 信子は修二の引越しにショックを受け、涙を流していた。 学校では信子と彰が修二のことを話していた。 本当にツラいのは修二の方。 笑って送り出そうと二人で話し合った。 最後に記念に何か三人でしたいという信子と彰。 修二は拒否するが、彰は自分だったら、信子に巫女さんになってもらって、野ブタパワー注入してもらいたいと冗談で言った。 しかしそれを真に受けた信子は走り出し、巫女さんの格好をして、修二の前に現われ、野ブターパワーを注入をした。 修二には感謝してるから、何でもやると巫女のバイトに戻っていく信子。 信子はカスミの家を訪れていた。 カスミが学校に来ないことを気にかける信子。 学校に行くとまた信子をいじめてしまうかもしれないと言うカスミに信子はすべてを受け止めてみせると伝えた。 信子のバイトしている神社には三人の絵馬が奉納してあった。 信子は蒼井さん復帰 修二はどこに行っても大丈夫 彰は楽しいこといっぱい 掃除が神社内を掃除している最中に枝を折ってしまった。 そこに現われたデルフィーヌはその木は枝を折ると折った人の大事な人にバチがあたると言われていた。 デルフィーヌは信子の一番大事な人に渡すようにとお札をあげた。 一番大事な一人と二人分はもらえなかった。 信子が浮かんだ人物は・・・修二と彰の二人。 信子は修二と彰に何か起こっていないか心配になり、一目散に走り出す。 バチのことを伝えた彰は 「一番大事な人はだれ?」 と質問する。 選べないという信子。 信子はお札をノコギリで切ろうとするが、それをバチが当たると修二は制止した。 信子はお札を川に投げ捨てる。 三人でバチ当たることを選択する。 修二は職員室で転校に必要書類をもらっていた。 先生たちも修二の転校をさみしがっている。 Sponsored Links 教室に戻るときにまり子とすれ違い、まり子にも転校することを伝えた。 そしてクラスでも修二が転校することは知れ渡っていた。 修二の回りには久々に人が集まっていた。 桐谷家では突如母親の伸子が帰ってくる。 見られたくない物があったといって、それを手にして、すぐに去っていく。 走り去る伸子から何かが落ちる。 伸子の見られたくない物とは若い頃に父親が母親に送った手紙だった。 2学期の終業式の日。 教室にいた信子・彰・修二にキャサリンは二つ揃えると願いが叶うという人形を渡す。 彰の部屋で修二たちはプレゼント交換をしている。 三人がそれぞれプレゼントは・・・キャサリンにもらった人形だった。 三人は二つ揃えると願いが叶う人形を渡そうとしていた。 しかし結局三人共同じことを考えていたため、元の通り人形は一つのままだった。 修二は野ブタのおかげで人を好きになるという気持ちを知り、ありがとなとお礼を言った。 信子も同じ気持ちで修二にお礼を伝えた。 修二はまり子にも今の自分の気持ちを伝えようとしていた。 修二はまり子を海に行こう誘い、学校に連れて来た。 海へ行く時間がなかったので、せめて学校の教室でまり子とお弁当を食べようとしていた。 教室には修二が海に行った気分を味わえるように装飾が施してあった。 そして信子と彰も波の音をだしたりと協力している。 修二は今さらながら、まり子と過ごした時間を悔やんでいた。 今度会った時は、もっとましな人間になっていると伝える修二。 修二が作ったお弁当を食べながら、二人はその時間を楽しんだ。 修二が街を離れる日。 車に乗っている修二の携帯が鳴る。 「もしもし 左!」 と声がし、左を向くと信子や彰をはじめ、クラスメートが全員見送りに来ていた。 みんなで記念撮影する。 信子と彰は最後に拳を強く握り、修二もそれに答えるように拳を握って別れた。 転校生として新学期を迎える修二。 担任から紹介された修二の目に飛び込んできたのは・・・ 前日に転校してきた 彰だった!! 修二と彰は二人で一人 野ブタはもう一人でも大丈夫 と野ブタは彰を送り出していた。 野ブタとはこの空の向こうでつながっている。 野ブタは空に向かって 「あたし笑えるようになったよ。 ちゃんと笑えるようになったよ。 」 とつぶやいていた。 さいごに 今回は野ブタをプロデュースの最終回のネタバレをお送りしました。 最後の結末は信子を残して、彰は修二の元にやって来るという展開でした。 久しぶりに見る野ブタをプロデュースは新鮮でしたね。 【期間限定】野ブタをプロデュースが無料視聴可能! 2005年に放送されていた野ブタをプロデュースが2020年4月から再放送されています。

次の

【野ブタ】放送当時の最終回感想まとめ 〜 野ブタ をリアルタイムで見ていた人たちは 最終回 どんな感想だったのか? 〜

野ブタ 最終回 動画

亀梨和也さん、 山下智久さんダブル主演のドラマ「 野ブタ。 をプロデュース」 放送当時はKAT-TUNでデビューする前の亀梨さん、NEWSのメンバーだった山下さんが出演とのことで人気のドラマでした。 役名の「修二と彰」でリリースした曲も大ヒット。 2020年に再結成をして新曲リリースも話題になりました。 2020年4月に特別編集したものが放送されました。 彰と信子はそれを知り・・・ 信子も人気者になれて変わってきました。 ラストは予想外な展開? Contents• 最終話のあらすじ 修二は彰と信子に 引っ越すことを言い出せずにいた。 信子は突撃リポートのおかげで、学校中の人気者になっていた。 彰の部屋に集まった3人。 それぞれ 何か言いたそうにしていた。 まず信子から話し始める。 実は リポートを辞めたいと言い出した。 修二は辞めたいならやめればいいと言うが、彰は「人気者になるためにやってきたのに」と言い返す。 そして彰も信子に催促され、言いたいことを言う。 ヌカみその入った壺を出してきて、 忘れたいものが入っていると2人に言う。 しかし出てきたのは28点の答案用紙。 彰が見せようとしたものではなかったので、修二が言う番になる。 修二は 引っ越しするので、今の学校は2学期末までだと告げた。 信子はショックを受け、部屋を飛び出してしまう。 彰が信子を追いかけている間に、修二はヌカみその中から写真を見つける。 修二と信子が抱き合っている写真だった。 彰はこのことを知っていたのに、いつもどおりに接してくれていたことを申し訳なく思う。 酔って帰ってきた父が、 修二だけ残るか?と言う。 家のことを心配する修二に、父は自分のことを考えろと笑う。 信子は修二のために記念になることをしたくて、何をしてほしいか聞いてくる。 修二が冗談で 巫女姿の信子が「 野ブタパワー注入」してくれたら、というと本気にして神社で働くようになる。 浩二が夜うなされているのを見て心配になった修二。 やっぱり 家族とともに引っ越すことに決めた。 信子は不登校になった蒼井のところへ。 学校に来るようにいうが、蒼井はまた信子をいじめるかもと答える。 だが信子はいじめられてもそれを全部受け止めると言った。 クラス内でも修二が引っ越すことが知れ渡る。 久しぶりに修二の周りに人が集まり、クラスメートのほとんどが別れを惜しんでいた。 休日にまり子を学校に呼び出した修二。 教室を海辺のように飾り、2人でお弁当を食べた。 海へ行きたいと言っていたまり子の願いを叶えてやった。 彰と信子は放送室で波の音を出して、2人のデートを盛り上げる。 まり子はそれを知り、信子にお礼を言っていた。 まり子と信子が普通に話せているのを見て、修二は嬉しくなった。 修二が出発する日。 彰は見送りに行きたくないとグズる。 一平に説得されてようやく起き上がった。 修二が携帯電話に出ると、 クラス全員が見送りに来ていると知る。 車を降りてみんなで写真を撮りあった。 彰と信子は少し離れたところで、「野ブタパワー」を送ってやる。 修二が 転校先の学校に初めて登校する日。 クラス内であいさつをした。 だが教室の隅に 彰の姿を見た。 幻覚かと思ったら本物の彰。 修二より1日早く転校してきていたという。 修二と彰がいなくなっても、信子はまり子と仲良くなり、明るく過ごせるようになっていた。 彰が修二に付いてきてしまったことで、信子が一人になったと心配する修二。 でも信子が修二のところへ行くようにいったのだ、と彰。 信子は空を見上げて「 ちゃんと笑えるようになったよ」と修二と彰に伝える。 修二は「俺たちはどこへでも生きていける」と思った。 野ブタをプロデュースの動画は? 現時点ではどの 動画配信サービスでも配信されていません。 野ブタ。 をプロデュースを全話見るには、 DVDレンタルしかありません。 TSUTAYA TVなら月額料金だけでDVDのレンタルができます。 しかも郵送だから 店舗に行かずに済むので、借りるのも返すのもラクラク! 配信されている動画も視聴できるサービスです。 huluでは再放送された回のみ、動画配信されています! 再放送を見逃したという人は、こちらで視聴するのもアリです。 最終話の感想 3人で一応クリスマスパーティらしきことをしている姿が可愛い(笑) 彰がカレーパンをお願いしたサンタは、実は一平だったというオチ。 「欲しい物あるか」って何か買ってきてほしいものは?っていう意味になってる(笑) 彰が「 名前で呼んで」と頼むの良いね。 修二が下の名前知らないってひどい! 「彰ショック!」って結構言ってたのに。 狙ったとおり信子は人気者に。 辞めたいといいながら、ちゃんと サインの練習している信子可愛い。 修二の引っ越しを聞いた信子と彰。 彰の表情とリアクションが上手かったなあ。 本気で驚いたとき無表情になるし、「それもう決まったの?」って聞くしかない。 「えぇ!そんなあ」とか言うのは、たいしてショックじゃない場合だよね(笑) 巫女姿になるため神社でバイトし始める信子。 大切な人にバチが当たると神主(なぜかデルフィーヌ)に言われ、修二と彰のことを心配。 でもバチが当たったぽいのは シッタカ。 彰が「大切な人?」って聞いても、信子が「どうだろう」って否定しない(笑) しかし転校先のシーンはいらなかったかなあ、と思ってしまった。 彰も一緒に転校するって、無理やりすぎー。 社長の息子だからなんとでもできるってことなんだろうけど。 彰は原作にないキャラだから、なんでもありなんだよな。 ま、でも亀ちゃんと山Pの制服姿が2パターン見れるという意味ではアリか(笑) 転校先の高校は「 県立網五(アミーゴ)高校」だそうです(笑) でも信子がまり子と仲良しになってるのは良かったな。 修二と彰がいなくても大丈夫だよって部分はジーンときた。 信子より修二のほうが根の深い闇をもっていそうだったけど、彰と一緒なら安心ってことかな。 カテゴリー•

次の