パンとスープとネコ日和 衣装。 小林聡美「頑張り過ぎないように」自然体で演じる『パンとスープとネコ日和』 (1) 闇雲にお芝居だけするのが好きなら一人芝居でもいい

[B!] パンとスープとネコ日和。かわいい雑貨と衣装、ミナペルホネンが彩る世界。【感想*1話まで】

パンとスープとネコ日和 衣装

小林聡美 こばやし さとみ 1965年5月24日生まれ。 東京都出身。 主演ドラマ『やっぱり猫が好き』 1988年~1991年 は深夜帯にもかかわらず高視聴率を記録して話題に。 ほか、映画では『かもめ食堂』 2006年 、『めがね』 2007年 、『マザーウォーター』 2010年 、『東京オアシス』 2011年 などで主演を務めている。 「そうですね……20代でどんどん仕事を変えたりせず、ある程度、会社でキャリアを積んでベテランと言われる歳にまでなってから新しいことを始めるというのは、やっぱりそれなりの覚悟と勇気がいることだと思うんです。 まぁ、物語だからポーンと出来るというのもあるかもしれませんけど 笑 、覚悟を決めればそうしてもいいんだ、そういうことも出来るんだというか。 「みんないい人たちばかりですよね。 ご近所にああいう人たちがいて、日常がああいう人たちとの関わりの中で続いていくことは幸せだと思います。 「会社を辞めるからと、先生にあいさつに行くシーンは、アキコがどんな思いだったのかを想像すると切なくなります。 岸さんはキャリアのある素晴しい女優さんですけど、『素顔を見られたくないから個室が欲しい』とか 笑 、そういうつまらないことにこだわらない"大きさ"みたいなものをすごく感じました。 あくまでもお芝居をしに来たんだ、という潔い感じがとてもかっこよかったです。 もたいさんは……あの衣装と髪型ですでに反則という感じですよね。 あの人が出て来たらどんな話だったのかも忘れてしまうというか、そう考えるとミスキャスト? 「もたいさんの喫茶店は、ロケでお借りしたカレー屋さんの入口に壁をくっつけてまったく違う外観にしてますし、さりげなくすごいんですよ。 「いえいえ、そんな大変なことは出来ません 笑。 「やっぱりリズム感ですね。 あんまりドタバタしても、 ゆっくりしてもあれですし。 軽快な感じが大事だと私は思います。 スープは……野菜がいっぱい入っているのが好きです。 「そう思います。 特に岸さんに言われるとそうなのかなって 笑。 自分の好きなことが分かっていると無駄がないというか、迷いがなくなるというか。 でも、なかなか簡単にというわけにはいかないでしょうね。 そこに行くまでにはなんとなくつまずづいたり、いろいろあるんでしょうけれど、最終的にはそうなっていくのではないかと。 私自身は仕事が好きというよりも、いろいろな人と何かを作っていくことが楽しいし、面白いんですよ。 予めご了承ください。

次の

パンとスープとネコ日和 : わたしのまいにち

パンとスープとネコ日和 衣装

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます パンとスープとネコ日和。 かわいい雑貨と衣装、ミナペルホネンが彩る世界。 【感想*1話まで】 - かわいいをあつめる。 はてなブックマーク - パンとスープとネコ日和。 かわいい雑貨と衣装、ミナペルホネンが彩る世界。 【感想*1話まで】 - かわいいをあつめる。 プレビュー パンとスープとネコ日和。 かわいい雑貨と衣装、ミナペルホネンが彩る世界。 【感想*1話まで】 - かわいいをあつめる。 はてなブックマーク - パンとスープとネコ日和。 かわいい雑貨と衣装、ミナペルホネンが彩る世界。 【感想*1話まで】 - かわいいをあつめる。

次の

パンとスープとネコ日和。 : ひなたぼっこ通信

パンとスープとネコ日和 衣装

小林聡美 こばやし さとみ 1965年5月24日生まれ。 東京都出身。 主演ドラマ『やっぱり猫が好き』 1988年~1991年 は深夜帯にもかかわらず高視聴率を記録して話題に。 ほか、映画では『かもめ食堂』 2006年 、『めがね』 2007年 、『マザーウォーター』 2010年 、『東京オアシス』 2011年 などで主演を務めている。 「そうですね……20代でどんどん仕事を変えたりせず、ある程度、会社でキャリアを積んでベテランと言われる歳にまでなってから新しいことを始めるというのは、やっぱりそれなりの覚悟と勇気がいることだと思うんです。 まぁ、物語だからポーンと出来るというのもあるかもしれませんけど 笑 、覚悟を決めればそうしてもいいんだ、そういうことも出来るんだというか。 「みんないい人たちばかりですよね。 ご近所にああいう人たちがいて、日常がああいう人たちとの関わりの中で続いていくことは幸せだと思います。 「会社を辞めるからと、先生にあいさつに行くシーンは、アキコがどんな思いだったのかを想像すると切なくなります。 岸さんはキャリアのある素晴しい女優さんですけど、『素顔を見られたくないから個室が欲しい』とか 笑 、そういうつまらないことにこだわらない"大きさ"みたいなものをすごく感じました。 あくまでもお芝居をしに来たんだ、という潔い感じがとてもかっこよかったです。 もたいさんは……あの衣装と髪型ですでに反則という感じですよね。 あの人が出て来たらどんな話だったのかも忘れてしまうというか、そう考えるとミスキャスト? 「もたいさんの喫茶店は、ロケでお借りしたカレー屋さんの入口に壁をくっつけてまったく違う外観にしてますし、さりげなくすごいんですよ。 「いえいえ、そんな大変なことは出来ません 笑。 「やっぱりリズム感ですね。 あんまりドタバタしても、 ゆっくりしてもあれですし。 軽快な感じが大事だと私は思います。 スープは……野菜がいっぱい入っているのが好きです。 「そう思います。 特に岸さんに言われるとそうなのかなって 笑。 自分の好きなことが分かっていると無駄がないというか、迷いがなくなるというか。 でも、なかなか簡単にというわけにはいかないでしょうね。 そこに行くまでにはなんとなくつまずづいたり、いろいろあるんでしょうけれど、最終的にはそうなっていくのではないかと。 私自身は仕事が好きというよりも、いろいろな人と何かを作っていくことが楽しいし、面白いんですよ。 予めご了承ください。

次の