蝉 季語。 『蝉時雨/せみしぐれ』の俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか編

閑さや岩にしみ入る蝉の声

蝉 季語

スポンサーリンク 空蝉の読み方 空蝉を『からせみ』と間違って読んでしまっている方は、意外と多いようです。 空蝉の正しい読み方は、 『うつせみ』です。 『空』には『虚』と同じ意味も含まれており、中身がないことを指す言葉でもあるのです。 空蝉の意味とは? 空蝉とは、 セミの抜け殻を意味する言葉です。 そこから転じて、 この世に生きている人間を指す言葉としても使われます。 (この世、うつしみなど) 他にも、抜け殻に近しい意味として、 虚しいことを表す場合に用いることもできます。 なお、空蝉は『源氏物語』の第3帖の巻名としても有名ですね。 空蝉の反対語や類語 空蝉の類語は、とても簡単です。 抜け殻とはいえ、もとはセミだったわけです。 そのため、類語は『蝉(セミ)』となります。 ただ、空蝉の意味を考えると、類語や言い換え、関連語は非常に多くなります。 『寂しい』『無常』『儚い』『空虚』など、抜け殻の意味を連想させる言葉を代用することができます。 では、空蝉の反対語(対義語)とは何なのでしょうか? 空蝉は、この世に生きている人間……うつしみ(現身)です。 そのため、反対語があるとすれば、たましひ(魂)や仏(故人)となるでしょう。 俳句の季語 空蝉を普段の文章で使うことはないかもしれませんが、俳句の世界では広く使われている言葉です。 空蝉は、季語として使うことができます。 蝉は夏に現れる昆虫ですので、季語は『夏』となります。 もう少し具体的にいえば、『晩夏』にあたります。 俳句で良く使われているのは、『空蝉(は、の、に、を、や)~』から文章を始めることで、うつしみの空虚を表現する方法となります。 空蝉の使い方を例文で解説 空蝉の具体的な使い方を例文で解説していきます。 文章の中で空蝉を使うことは稀だと思いますが、知っておいても損はないでしょう。 まずは、簡単な例文から紹介します。 例文 弟が虫取りをしたいというので、近くの森林を訪れた。 通りかかった大木には、空蝉がくっついていた。 これは、1番分かりやすい空蝉の使い方ですね。 『蝉の抜け殻』と表現しても問題はありませんが、空蝉と表現したほうが文章をスッキリと見せることができます。 例文 日が昇れば、この武器を手に戦場へ戻らなければならない。 空蝉から抜け出し、どこか遠くに行くことができれば、どれほど幸せだろうか。 例文の話者は、紛争地域の戦闘に嫌気がさしているようです。 つまり、戦地(現実)にいる自分を空蝉に置き換えているわけですね。 戦争の虚しさを表現するのなら、空蝉の使い方は適切といえるでしょう。

次の

「蝉時雨」とは?意味や使い方を解説!

蝉 季語

セミは、夏という季節の最も体表的な昆虫と言えます。 まさに夏の風物詩の一つとして、古来より多くの俳句に登場してきました。 多くは夏の季語として使われてきましたが、中には秋の季語として使われている俳句も存在しています。 蝉のことを詠んだ俳句 閑さや岩にしみ入る蝉の声 という、芭蕉の有名な俳句があります。 これはもちろん夏の句です。 松尾芭蕉が奥の細道の中で、出羽国の立石寺に参詣した時に詠んだ句で、芭蕉の中でもかなり有名な俳句の一つでしょう。 実際に奥の細道の日付をたどっていくと、芭蕉が7月ごろに詠んだ句だということが分かっています。 やはり蝉は夏というイメージが定着していますね。 俳句を鑑賞する側としても、夏の暑い盛りに蝉が鳴いている情景を頭の中に思い描きながら俳句を味わうのではないでしょうか? 余談になりますが、実はこの句に登場する蝉の種類について、明治の頃に文壇でちょっとした論争になりました。 アブラゼミか、ニイニイゼミかということで歌人の間で対立があったようですが、様々な研究の結果、結局はニイニイゼミだったということで結論付けられています。 スポンサードリンク 秋の蝉は秋の季語 ところが、蝉は秋の季語として使われることがあります。 正確には、蝉ではなく、秋の蝉というのが季語となります。 夏が終わっても、鳴き続ける蝉は確かにいます。 特に昔の暦では、夏の終わりも秋の始まりも少し早目になりますから、秋の蝉と言っても何らおかしくはありません。 ただ、夏真っ盛りの時期の蝉と比べて、秋の蝉は若干元気がなく、鳴き声が小さくなってしまうのは致し方ありません。 夏が過ぎて、秋が深まるにつれて、だんだん弱々しくなっていく蝉の鳴き声に、俳人がわびさびを感じて俳句を読むのは、なんとも風流の国である日本らしいではありませんか。 夏の虫である蝉を、敢えて秋の蝉として俳句に詠むことで、一層味わいが増すわけです。 実際に、秋の蝉の俳句を読んだ俳人は、たくさんいます。 例えば、小林一茶は 仰のけに落ちて鳴きけり秋のせみ という句を読んでいます。 秋の蝉の俳句は、いずれも何となく物悲しい雰囲気が漂う俳句が多いようです。 まとめ 蝉は夏の虫で、俳句では夏の季語として使われますが、秋の蝉という秋の季語としても使われます。 季節を過ぎた蝉を秋の季語として使うことで、味わい深い寂寥感のある俳句を作ることができるのです。 スポンサードリンク.

次の

『蝉時雨/せみしぐれ』の俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか編

蝉 季語

蝉時雨(蝉しぐれ)ってどういう意味なのか?季語としての使い方は? 蝉時雨(蝉しぐれ)の意味 蝉時雨(蝉しぐれ)とは、多くの蝉が一斉に鳴いている声を時雨の降る音に例えた語です。 万葉集でも蝉を使用しているように、蝉の鳴き声は昔から人々の感情に共鳴してきました。 季節を感じさせてくれたり、時には寂しさや悲しみを感じさせてくれたり、暑いはずなのに涼しげな鳴き声で涼しさを感じさせてくれたりします。 そんな人々の感情に非常に共鳴する鳴き声だからこそ、この言葉が生まれたのでしょうね。 なぜ、蝉「しぐれ」なのか? 夏になると、蝉たちが一斉に鳴きだします。 どこもかしかも蝉の鳴き声に包まれます。 「あ~、また蝉のうるさい時期がやってきた」と嫌気がさす方もいますよね。 蝉たちは、一斉に鳴きだしたと思うと一斉に鳴き止んだりします。 しかも、蝉の鳴き声は基本的には上の方から聞こえますよね。 頭上から蝉の鳴き声が降ってくるわけです。 このように一斉に鳴きだしたと思うと、一斉に鳴き止む蝉の鳴き声を「突然降ってきた雨がいきなり止んでしまった(=しぐれ:時雨)」というイメージになぞらえているわけです。 私自身も、夏に蝉が大量に鳴きだすと、「あ~、まるで土砂降りの雨でも降ってるかのように蝉が鳴いているな」と思うことがよくあります。 季語としての蝉時雨(蝉しぐれ)とは? そんな蝉時雨(蝉しぐれ)は、言うまでもなく夏の季語として使われます。 季語としての使い方に決まりはありませんが、夏の暑さを表す際に使ったり、晩夏に夏を惜しむ気持ちを表す際などに使われます。 この言葉は映画やドラマなどのタイトルにもよく使われていますよね。 俳人 正岡子規は、蝉時雨(蝉しぐれ)を使ったこんな句を残しています。 『人力の森に這入るや蝉時雨』 『汗を吹く茶屋の松風蝉時雨』 俳句では、17音の中に五感をどう表現するかに非常にこだわります。 蝉しぐれの一言で、じりじりとした夏の暑さが、蝉の声として表現されています。 蝉時雨(蝉しぐれ)に鳴いている蝉って? あなたは「(蝉時雨)蝉しぐれ」と聞いてどんな蝉の鳴き声を思い浮かべますか? あなたの頭の中に思い浮かんだ蝉の鳴き声が、あなたにとっての「蝉時雨(蝉しぐれ)に鳴いている蝉」です。 なぜなら、蝉しぐれという言葉に蝉の種類は決められていないのです。 どんな蝉の鳴き声でも、その人がしぐれのように思えば、それは蝉時雨と言えるでしょう。 蝉時雨(蝉しぐれ)で鳴いている蝉の種類 とはいえ、万葉集などには、よく「ヒグラシ」が用いられています。 そういう意味では「ヒグラシ」が蝉しぐれに鳴く蝉では最も中心的な存在なのかもしれませんね。 私の場合も、「蝉時雨(蝉しぐれ)」と聞いて真っ先に思い浮かぶ蝉の鳴き声は、アブラゼミやヒグラシの鳴き声です。 アブラゼミやヒグラシは夕方によく鳴きます。 夏の夕方と言えば夕立がよく降りますよね。 夕立が降る時間帯とアブラゼミやヒグラシの鳴き声の時間帯が一緒なので、非常にマッチしているように思います。 またヒグラシの鳴き声は、晩夏に夏を惜しむ気持ちにぴったりだと思っています。 朝晩が少し涼しくなってきたころの夕方、ヒグラシの何とも言えない寂しげな鳴き声の蝉しぐれが聞こえて、「今年ももう夏が終わるんだな」と寂しい気持ちが増すイメージですね。 このように、蝉時雨(蝉しぐれ)に鳴いている蝉は「ヒグラシ」が中心的な存在かもしれませんが、上記にも書いたように蝉の種類が決められているわけではありません。 あなたにとっての「蝉時雨に鳴いている蝉」を考えてみてください。 すると、蝉しぐれのことだけでなく、自分の考え方などもわかってくるので面白いですよ。 まとめ いかがでしょうか。 蝉時雨(蝉しぐれ)について、少しはおわかりいただけたでしょうか? しぐれの降る音のように感じさせたり、人の気持ちを色々と左右させる蝉の鳴き声はすごいですね。 この記事が少しでも皆さんのお役に立てていれば嬉しく思います。

次の