カモシカ 画像。 ニホンカモシカをみかけたときの注意|盛岡市公式ホームページ

すうたろマウンテン

カモシカ 画像

シカとカモシカの根本的な違いとその由来 実は、シカとカモシカは 名前は同じ「シカ」ですが、 根本的に種類が違うのです。 シカは 鯨偶蹄目(げいぐうていもく)シカ科 であるのに対し、カモシカは ウシ目(偶蹄目) ウシ亜目ウシ科ヤギ亜科 になります。 つまり、 カモシカは シカの仲間ではなく、牛・ヤギの仲間 であるのです。 「とはいえ、見た目は似たようなもんでしょう」 と思っているそこのあなた。 あなたはカモシカに対して、 どのような見た目を想像していますか? 勝手にシカのような動物を イメージしてしまっているのではないでしょうか。 まずシカの見た目 に対して、カモシカの見た目はこんな感じです。 出典: えっ・・・・と思われた方もいると思います。 カモシカって足スラッとしてるんじゃないのか、と。 いえ、全然していないんです。 それが人々を混乱に陥れているまた一つの原因であると思います。 実は「カモシカのような脚」という言葉は、 レイヨウという別の動物のことを指しているのです。 別の動物とは言っても、 同じくウシ科に属しているのですが。 レイヨウ 確かにこちらであれば 「カモシカのような脚」 (細い脚)のイメージに合います。 カモシカとレイヨウがごっちゃになってしまっている 理由については、カモシカの漢字表記にあります。 カモシカを漢字に直すと「氈鹿」「羚羊」の二つに分かれ、 「氈鹿」であればカモシカを意味するので良いのですが、 「羚羊」の場合は牛科に属する大部分のことを意味し、 しかもカモシカが含まれないのです。 しかもシカと名乗ってしまっているものですから、 非常にややこしいことになって多くの勘違いを産む結果となったのです。 (ただし、言葉の起源については 100%の証明は難しいので、 この説にも異論を唱える人がいるのですが笑 Sponsored Link 体の大きさ その体の大きさについては、 ニホンジカ 体長: 100~170cm 体重: 40~100kg ニホンカモシカ 体長: 105-112cm 体重: 30-45kg となっていて、シカの方が大きいです。 どちらも日本の野生動物としては かなり大型な部類に入ります。 足跡やフン、鳴き声の見分け方 根本的な生物的分類がそもそも違うこともあって 見た目が全然違うので、一目見れば見分けは付きますが 足跡やフンなどで見分けるのは意外と難しかったりします。 それでもそれぞれに特徴はあるので、 それを知っておくとかなり便利です。 足跡 足跡については、並べて見比べてみると はっきりと違うことがわかります。 出典: 左がシカで右がカモシカなのですが、 シカの方が先が尖っています。 カモシカの方が全体的に丸っこい感じですね。 ただこの程度の違いですと、 雪道などでは少し見分け辛い ところがあるとは思いますが。 フン 一方でフンについてですが、 こちらはほとんど同じ形状をしています。 しかしながらフンの仕方に違いがあって、 シカが歩きながらする一方で、 カモシカは一ヶ所に止まってします。 ですから、シカの方がフンをばら撒いているのに対して、 カモシカの方はフンを一ヶ所にきちんとまとめているのです。 フン自体ではなく、用を足す際の 行儀の悪さ・良さで判断が可能ということですね。 出典: そういう視点で見ると、こちらはカモシカの糞であると考えて良さそうです。 鳴き声 鳴き声についても、比較的似ています。 こちらは、カモシカの鳴き声です。 可愛い子犬のように鳴いていますね。 ただ、発情中のメスの場合は カモシカはヤギ亜科であることもあって ヤギに近い鳴き声をすると言われています。 シカについては、 ピーという音を立てます。 どちらも声の高さという意味では近いのですが、 シカの場合はきちんと声を出せていないような気がしますね。 これは声帯があまり発達していないからでしょうね。 もしシカとカモシカの両方が生息している場所を 訪れることがあったら、ぜひ参考にしてください。 Sponsored Link カテゴリー•

次の

「カモシカのような足」は勘違いから生まれた言葉 | 雑学王

カモシカ 画像

ニホンカモシカについての予備知識 まずは、 知っているようで知らない知識をおさらいしておきましょう! 英語ではJapanese-serowです。 分類 ニホンカモシカ 出典:PIXTA 哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科カモシカ属に分類される偶蹄類。 日本固有種。 牛に近いんですね。 偶蹄類といえば、牛の病気「口蹄疫」に感染してしまいます。 カモシカも口蹄疫には注意ですね。 また 日本固有種ということで、大切にしていきたい動物の一つです。 *口蹄疫とは2010年に流行した家畜ウイルスのことです。 体長・体重など大きさ 体長は 105〜112センチ。 体重は 30〜45センチ。 ということで、どちらかといえば小柄ですね。 足(脚)は実は太い!? 出典:PIXTA 勘違いしていませんでしたか?「あの子、カモシカみたいな脚してる!」という言葉がありますね。 ぼくは勘違いしていました。 実はそこまで脚が細くありません。 カモシカの脚というのは海外にいる似たような「レイヨン」と呼ばれる動物から来た言葉のようです。 1934年に天然記念物に指定され、その後1955年から特別天然記念物に変更されました。 しかし、九州地方では絶滅の可能性が高いとされる レッドリストに指定されています。 頑張って生き延びてくれ! では予備知識はこの辺にして、生態に迫っていきましょう。 生態に迫る 出典:PIXTA 生息地 本州全般の山方面にかけて生息している。 また、四国、九州にかけても少ないながら生息しているようです。 逆に関東圏や、中国地方には生息していないですね。 習性や餌 単独で行動し、群れを形成しません。 ただ、まれに4頭以上で群れを形成することもあるようです。 縄張りに関しては同性の間ではかぶる事はないですが、異性間ではかぶっているとの事。 餌に関しては完全なるベジタリアンで、植物の葉や、木の実、樹皮を食べるようです。 鳴き声 野生の動画です。

次の

【獣の痕跡一覧】フンや足跡などを図や写真で分かりやすく解説

カモシカ 画像

目次 [閉じる]• 漢字を読み間違えた説 カモシカは漢字で「羚羊」と書きますが、この字は他にも「レイヨウ」という読みがあります。 レイヨウとはガゼルやインパラなどの総称で、多くは長くスラリと伸びた足を持っています。 女性の細くスラリと伸びた足を「レイヨウのような足」と表現するのは褒め言葉として違和感がありませんよね。 しかし日本にはガゼルやインパラはいないし、レイヨウという言葉にも馴染みがありません。 そのため「羚羊 レイヨウ のような足」を「羚羊 カモシカ のような足」と混同して「カモシカのような足」が定着してしまったのではないか、というのがこの説です。 実際にカモシカを見たことがあれば違和感を感じるのでしょうが、人目に付く場所にいる動物ではありませんからね。 カモシカは険しい高山地帯に住んでおり、岩肌をがっちり掴んで走るために立派な足を持っています。 日本風に翻訳して意味が変わった説 英語圏において長くスラリと伸びた足を「ガゼルのような足」と表現します。 しかし日本にガゼルはおらず「ガゼルのような足」と言われてもピンと来ません。 昔の日本人はこの表現を日本風に訳す時、日本にいるガゼルに近い仲間で表現しようとしたのかもしれません。 そして当時ガゼルと同じくレイヨウの一種と考えられていたカモシカに白羽の矢が立ち、「カモシカのような足」になってしまったというのがこの説です。 しかしカモシカは「カモシカのような足」ではないので、ほとんど誤訳のようなものですね。 カモシカがカモシカじゃないとか、なんだか自分で何言ってるんだか分からなくなってきました。 しかもカモシカは「やっぱりこいつレイヨウじゃないや」とレイヨウから外されてしまいました。 もともと薄かった正当性が完全に無くなってしまいましたね。 まとめ なぜ「カモシカのような足」なんて珍妙な言葉が生まれたのか、2つの説のどちらかが正しいのか別の事情があったのかは定かではありません。 しかし何が原因にせよ、言葉の意味と実態がかけ離れてしまっていることは否めません。 このような誤解を招きかねない言い回しや全くピンと来ない表現は、さっさと修正するか教えるのを止めるかした方が良いと思うんですけどね。 誰が管理してるんだか誰も管理してないんだか知りませんが、融通が利かないものです。 「カモシカのような足」は皮肉として使われることもあります。 がっしりした丈夫な足もあえて「カモシカのような足」と表現するような嫌なヤツもいる訳ですね。 「まるでカモシカのような足ですね」と言われた時には、どっちの羚羊のことを言っているのか問い詰めてやりましょう。

次の