トラゾドン。 トラゾドンてどんな薬?副作用や注意点は?

トラゾドン(デジレルなど)の効能・作用・副作用

トラゾドン

デジレル・レスリンとは? まずは名前の由来からいきましょう。 Depressive Symptom Relieverは直訳すると『抑うつ症状をやわらげるもの』となります。 抗うつ薬であるデジレルそのものを表した感じですね。 一般名は トラゾドンです。 一方レスリンですが、名前の由来は特にないようですね。 デジレルの作用を簡単にお話すると 『脳内のセロトニンの量を増やし、また セ ロトニン受容体の 感受性を低下させることで、 うつ病の症状が 改善する。 』となります。 それではまずうつ病が発症するメカニズム、モノアミン仮説と受容体仮説についてお話していきましょう。 うつ病発症のメカニズム ここではモノアミン仮説と受容体仮説についてお話していきますが、仮説はこれ以外にもあると考えられており、うつ病発症の原因は未だ完全に解明されていないのが実情です。 ただ抗うつ薬の作用機序を説明するときにこれらの仮説を用いるのがわかりやすいので、今回はこの2つについて解説していきます。 モノアミン仮説 うつ病の患者様は脳内の神経伝達物質、 セロトニンとノルアドレナリンが不足していると言われています。 これらを(ドパミンを含めてまとめて)モノアミンといいます。 モノアミンが減少することによりやる気がでない、眠れないなどの症状が現れるという考え方を モノアミン仮説といいます。 これ以外にも症状がありますし、食欲についても逆に増えて体重が増加する方もいます。 次に情報の伝達の仕組みをみていきましょう。 神経細胞の末端はシナプスと呼ばれる構造を持ちます。 神経細胞同士はくっついておらず、数万分の1mm程度離れており、この隙間をシナプス間隙といいます。 そして情報を伝達する側のシナプスを前シナプス、情報を受け取る側のシナプスを後シナプスといいます。 前シナプスからモノアミンがシナプス間隙に放出され、それが後シナプスに到達し受容体と結合することで情報が伝達されます。 モノアミンは情報の伝達を終えると、前シナプスにある モノアミントランスポーターにより取り込まれ再利用されます。 抗うつ薬は基本的に モノアミンを増やす事で効果を発揮します。 ただ服用しても効果が発現するまである程度(数週間)の時間がかかります。 なぜ薬によりモノアミンが増えてもすぐに効果が現れないのでしょうか?これはモノアミン仮説だけでは説明がつきません。 そこでもう一つの仮説が考えられています。 それが受容体仮説です。 受容体仮説 受容体は後シナプスにあるモノアミンのいわゆる受け皿です。 モノアミンが減少すると情報がスムーズに伝達されなくなります。 そこで後シナプスは少ないモノアミンを確実に捕まえようと受容体の数を増やすという荒業を繰り出します。 これを アップレギュレーションといいます。 ただこれにより後シナプスが過剰に刺激される事で混乱し、うつ病を発症するという説が 受容体仮説です。 抗うつ薬の服用を続けることでモノアミンの量が増えると、後シナプスは「これだけモノアミンの量が増えればもう大丈夫だろう」と徐々に受容体の数を減らします。 これを ダウンレギュレーションといいます。 モノアミンが増える事、ダウンレギュレーションが起こる事。 この2つにより情報伝達の流れが正常に近い状態になるまでには時間を要します。 これが抗うつ薬の作用発現に時間がかかる理由です。 スポンサーリンク デジレルの作用機序と特徴 デジレルは前シナプスにあるモノアミントランスポーター、中でも セロトニントランスポーターに選択的に作用し、セロトニンの再取り込みを邪魔します。 セロトニンは不安や緊張を緩和し、ノルアドレナリンは意欲を高める作用がありますが、デジレルは等のSNRIと異なりノルアドレナリンの再取り込みは阻害しません。 そのため意欲を高める効果にはあまり期待できないとされています。 またデジレルにはもう一つ別の作用があります。 それは セロトニン5-HT2(2A、2C)遮断作用です。 5-HT2受容体が刺激されるとイライラしたり、攻撃的になったり、不安、不眠などの症状が出現する アクチベーション・シンドロームを起こす可能性があります。 5-HT2受容体を遮断されると上記とは逆の作用、つまり 鎮静・睡眠作用が期待できます。 デジレルが睡眠薬として使用されることがあるのはこのためです。 消失半減期は6~7時間となります。 ・半減期:血中濃度が半分になるまでの時間 またデジレルは比較的即効性があり、個人差はありますが服用開始1週間程度で効果が現れます。 デジレルの副作用 眠気の副作用が比較的多いです。 これは先ほどお話した5-HT2受容体遮断作用によるものです。 他にも口渇、便秘などがみられますが、デジレルはこれらの抗コリン作用による副作用は弱いという特徴があります。 あとは起立性低血圧、めまい、ふらつきなどがあります。 一応注意が必要です。 デジレルの注意事項 自己判断で中止しないこと 先ほどもお話しましたが、効果発現に時間がかかるのに吐き気などの副作用は早期に出てきます。 非常に厄介で、つらいのは十分わかります。 ですが吐き気がみられても自己判断で中止をしないで下さいね。 ただこの記事をお読み頂いた方はご理解頂けるはずです。 効果発現に時間がかかる理由、吐き気などの副作用も他のお薬で症状を軽くする事ができます。 自己判断ではなく、必ず医師の指示を仰ぎましょう。 増量した時も悪化したと考えないこと 抗うつ薬は基本少量から開始することで 徐々に体を慣らすという意味合いがあります。 つまり少量から開始して目立った副作用もなかったため、通常の量にしたとお考え下さい。 医師が止めていいと言うまでは継続して服用すること これはこの薬に限った話ではありませんが、いきなり中止すると吐き気や下痢、頭痛、不眠、不安などの症状が出てくる可能性があるからです。 ちなみにこれを離脱症状といいます。 そのため中止するときは徐々に量を減らしていきます。 余裕を持って医療機関を受診すること 最後にもう一つ注意。 実際飲む時に「薬がない!」なんてことがないように余裕を持って定期的に医療機関を受診するようにしましょう。 仕事やアルバイトなどで忙しい時などは病院に行くのを忘れてしまう事がありますからね。 それではデジレル、レスリンについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

デジレル・レスリン(トラゾドン)の作用機序と副作用

トラゾドン

コンテンツ• トラゾドン について トラゾドン は、うつ病の治療に使用されます。 また、不安障害(例: 不眠症、緊張)、慢性疼痛の緩和にも使用されます。 医師の判断により他の症状にも使用されることがあります。 トラゾドンは抗うつ薬です。 気分を高めるのに役立つ脳の化学物質(セロトニン)の活性を高めることによって作用すると考えられています。 以下の場合は使用を控えましょう• トラゾドンまたはネファゾドンのいずれかの成分にアレルギーがある• 最近の心臓発作を起こしている• 過去14日間にリネゾリドまたはモノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOI)(例: フェネルジン)を服用している、服用している これらのいずれかが当てはまる場合は、すぐに医師または医療従事者に相談してください。 使用上の注意 トラゾドンはいくつかの症状と相互作用を起こす可能性があります。 何か症状がある場合、特に次のいずれかに該当する場合は、医師または薬剤師に相談してください。 妊娠中、妊娠予定、授乳中の場合• 処方薬または非処方薬、ハーブ製品、栄養補助食品を服用している場合• 薬、食品、その他の物質にアレルギーがある場合• あなたや家族が双極性感情障害(躁うつ病)、その他の精神疾患や気分障害(うつ病など)、自殺願望や自殺試行、アルコールや薬物乱用、ある種の不整脈(QT延長)• 肝臓の問題、腎臓の問題、低血中ナトリウム濃度、低血中カリウム濃度、低血中マグネシウム濃度、心臓疾患、低血圧、眼圧又は緑内障の増加がある場合• 鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫、白血病を患っている場合、変形した陰茎がある場合(例: 角膜形成、海綿体線維症、ペイロニー病)• 手術が予定されている場合、脱水されている場合、アルコールを飲む場合• メチレンブルーを含む薬を服用している場合• 特定の種類の不整脈(QT間隔の延長)のリスクを高める可能性のある薬を服用した場合。 このタイプの不整脈のリスクを高める可能性のある薬があるかどうかわからない場合は、医師または薬剤師に確認してください いくつかの医薬品はトラゾドンと相互作用する可能性があります。 他の薬、特に次のいずれかを服用している場合は、医療提供者に相談してください:• 出血のリスクが高まる可能性がある医薬品: 抗凝血剤(ワルファリンなど)、アスピリン、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDsなど)(イブプロフェンなど)• 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)(例: フルオキセチン)、セロトニン(serotonin)、セロトニン(セロトニン)、セロトニン(セロトニン)、セロトニン(セロトニン)、セロトニン(セロトニン) (例: デュロキセチン、ベンラファキシン)、セントジョンズワート、トラマドール、三環系抗うつ薬(例: アミトリプチリン)、「トリプタン」(例: スマトリプタン)、トリプトファンなどの重篤な副作用発熱、硬い筋肉、血圧の変化、精神的変化、精神錯乱、過敏性、激しい感情、せん妄、昏睡を含む可能性がある• 利尿薬(フロセミド、ヒドロクロロチアジドなど)は、低血中ナトリウム濃度のリスクが高まる可能性があるため• (例: イトラコナゾール、ケトコナゾール)、デラビルジン、HIVプロテアーゼ阻害剤(例: インジナビル、リトナビル)、ペルパナノールのようなアゾール抗真菌薬は、トラゾドンの副作用• カルバマゼピンはトラゾドンの有効性が低下する可能性がある医薬品:• アミオダロン、バルビツール酸(例: フェノバルビタール)、ジゴキシン、ヒダントイン(例: フェニトイン)、ネファゾドン、オキシ酸ナトリウム(GHB)、高血圧の薬であり、副作用の危険性は、 スポンサーリンク 上記は起こりうるすべての相互作用を完全に網羅していない可能性があります。 トラゾドンが服用する医薬品と相互作用する可能性があるか、医療提供者に尋ねてください。 医薬品の服用を開始、停止、変更する前に、医療提供者に確認してください。 用法、用量について 貴方の医師の指示に従ってトラゾドンを使用してください。 正確な用量については、医薬品のラベルを確認してください。 Trazodoneには投薬指示書と呼ばれる追加の患者情報シートが付属しています。 注意深くお読みください。 トラゾドンを補充するたびに再度読んでください。 食事や軽食の直後にトラゾドンを服用します。 トラゾドンの作用には1-4週間かかることがあります。 医者に確認せずにトラゾドンの服用を止めないでください。 トラゾドンの服用を忘れた場合は、気づいた時点で服用して下さい。 次の服用まで時間が無い場合は、その服用を飛ばして通常の服用計画に戻ります。 一度に2回分服用しないでください。 トラゾドンの使用方法について質問がある場合は、医療提供者にお尋ねください。 安全に関する情報• トラゾドンは、眠気、めまい、ぼやけた視力を引き起こす可能性があります。 アルコールや特定の薬と服用すると副作用が悪化することがあります。 トラゾドンは慎重に使用してください。 どのような反応が起こるか分かるまでは、運転や危険な作業を避けてください。 アルコールを飲む前に医師に確認するか、トラゾドンを使用している間に眠気を引き起こす可能性のある薬(睡眠補助剤、筋弛緩剤など)を使用してください。 効果を増強する可能性があります。 眠気を引き起こす可能性のある薬について質問がある場合は、薬剤師に相談してください。 トラゾドンは、めまい、軽度の頭痛、失神を引き起こす可能性があります。 アルコール、気温の上昇、運動、発熱などがこれらの副作用を悪化させる可能性があります。 これらの副作用を防ぐために、特に午前中はゆっくりと座ったり立ったりしてください。 このような症状の兆候が現れた場合には、座ったり、横になったりしてください。 トラゾドンを服用している子供、十代の若者、若年成人は、自殺願望や自殺試行の危険性が高くなります。 トラゾドンを服用しているすべての患者を注意深く観察してください。 突然うつ状態などの症状が出たり、悪化した場合は、すぐに医師に連絡してください。 不安、落ち着きがない、過敏な行動;パニック発作;または気分または行動の異常な変化が起こる。 自殺願望や自殺試行の兆候が現れたら直ちに医師に連絡してください。 セロトニン症候群は、おそらくトラゾドンによって引き起こされる可能性のある命にかかわる症候群です。 特定の他の医薬品(例: 「トリプタン」、MAOI)でトラゾドンを服用すると、リスクが大きくなることがあります。 症状には激しい感情が含まれる。 精神錯乱;幻覚;昏睡;熱;頻脈または不整脈;振戦;過度の発汗。 吐き気、嘔吐、下痢が含まれる。 これらの症状がある場合は、すぐに医師に相談してください。 トラゾドンを含む特定の抗うつ薬は、出血のリスクを増加させる可能性があります。 時々、出血が生命を脅かす可能性があります。 質問や懸念事項について医師に相談してください。 一部の人々は、トラゾドンによる眼の問題のリスクがあります。 医者は、これらの眼の問題の危険にさらされているかどうかを目で確認することを望む可能性があります。 目の痛み、視力の変化、腫れや赤みが目の中または周りにある場合は、すぐに医師に相談してください。 医師または歯科医師に、トラゾドンを服用していることを伝えてから、医療や歯科医療、救急医療、手術を受ける前に服用するよう伝えてください。 トラゾドンはめったに長期の痛みを伴う勃起(勃起不全)を引き起こすことはありません。 セックスをしていないときにも起こる可能性があります。 すぐに治療を行わない場合、インポテンスのような性的後遺症を引き起こす可能性があります。 このような場合はすぐに医者にご相談下さい。 高齢者には注意してトラゾドンを使用してください。 副作用、特に低血中ナトリウム濃度に対してより影響を受けやすい可能性があります。 妊娠中や授乳中:妊娠した場合には医師に相談してください。 妊娠中のトラゾドン使用の利点とリスクについて話し合う必要があります。 トラゾドンは母乳に流入することが分かっています。 トラゾドンを使用している間に母乳育児中である場合、医師に確認してください。 赤ちゃんに起こりうるリスクについて相談してください。 副作用 すべての薬は副作用の原因となることがありますが、多くの場合、副作用がないか、あった場合でも軽微です。 下記の一般的な副作用のいずれかが持続したり煩わしい場合は、医師に相談してください。 便秘、 下痢、 めまい、 眠気、 口の乾燥、 頭痛、 座ったり立ったりするときの軽い頭痛、 筋肉の痛み痛み、 吐き気、 緊張感、 胃痛、 鼻詰まり、 疲れ 下記の重大な副作用が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。 重度のアレルギー反応(発疹、 蕁麻疹、 かゆみ、 呼吸困難、 胸苦しさ、 口・ 顔・ 唇・ 舌の腫脹)、 黒、 タール、 血便の便、 血尿暗色尿、 胸痛、 協調運動能力の低下、 性的欲求能力の低下、 失神、 頻脈・ 不整脈、 発熱、 悪寒、 咽頭痛、 幻覚、 衝動性、 パニック、 苛立ち、 敵意、 異常な幸福感、 落ち着かず、 睡眠障害、 座っていられない、 不適切な、 痛みを伴った勃起、 発作、 重度・ 持続性のめまい疲労、 息切れ、 会話の問題、 自殺願望や自殺試行、 手・ 足首・ 足の腫れ、 精神錯乱、 持続性頭痛、 集中集中、 記憶障害、 衰弱、 不安定、 低迷、 人格変化などの低血中ナトリウム濃度の症状、 振戦、 異常な打撲や出血、 異常な体重変化、 コーヒー様の嘔吐物、 目や皮膚の黄変 上記は起こり得る副作用を全て網羅していない可能性があります。 副作用に関する質問がある場合は、医療従事者にお問い合わせください。 トラゾドンと同じカテゴリーに分類されている医薬品 N06 精神賦活薬 あなたが(頭痛、霧、怠惰) — コーヒーとアスピリンを開始するときTrazの二日酔いのために10の代わりに9を与えたこれを助ける必要があります。 可能な限り最低用量で開始し、上に移動することをお勧めします。 私は50mgを取るとそれは不思議に動作します。 ゾルピデムで7年間働いていましたが、私がやったことや睡眠時間が短いことを覚えておらず、無作為に食べるのに疲れました。 トラゾドーネを使用すると、深くて安らかな睡眠(6〜8時間)が得られます。 副作用は一週間以内に消えていくはずです。 さもなければ、あなたは睡眠ウインドウを失うリスクがあり、一晩中起きる可能性があります。 私が試みた最高の睡眠補助。 これは私を無限に助けてくれました。 私は約5ヶ月前にそれを取ることを始めた、それは睡眠であることが最初になると、私は眠りに落ちるので、簡単に&目を覚まさないだろうが、私が気づいた一つは鮮やかな夢であった、悪いか普通の異常な夢によって。 私はいつもこの薬を飲む前に気分が悪く、悲しい、絶望的で、エネルギーがないと感じます。 それで私はもっと自信があり、他の人たちとより多くの努力をし、自分の会社を恐れず、論理的に見ることができる何かを起こさせます。 私の問題の1つは非論理的思考であり、これはそれを90%削減しました。 あなたはこの薬のアルコールにもっと注意する必要があります。 Trazodoneを今すぐ中止してください。 理由はここにあります。 約4か5か月間私のために働いたが、私はそれのより高い投与量(100-150 mgs)を必要としたとき、本当に悪い側の効果が始まった。 私はペンをつかんで書いているうちに、最悪のトレモースを今話しています。 私はこれを私の電話に書いており、それをしっかりと保持することができます。 私がそれを取った後の影響は決して翌日ではありませんでした。 あなたがそれを失っているように感じたら、あなたはそうではありません。 ただトラゾドンの服用をやめてください。 私は4年間不眠症に苦しんでいます。 私はゾルピデムを試しました:10mgは3〜4時間以上眠っていませんでした。 私は奇妙な副作用を恐れるので、私は新しい医薬品についてはむしろ妄想的です。 だから私はトラゾドーネを奮闘しました(私が勇気を得るまで、私の夜は約2週間立っていました!)。 私はとても感謝しています。 私の鼻はちょっとした腹が立たず、ちょっと乾いた咳で目が覚めた。 私はそれが偶然であるかどうかわからないが、それを取ってから14ポンドを失った! (2ヶ月)追加のボーナスは、私が眠ることができるようにレースから私の心を守るのに役立つということです。 ホラー、トラゾドン! 私は医者が治療するのは難しい人です。 彼らが助けになると思っていたことの多くは、私のために完全に反対でした。 私はしばしばリストの最悪の副作用を得る! Im 35は、十代の若い頃から慢性うつ病と不安にぶつかっています。 激しい後ろ&首のトラブルは、ほぼ15年前に始まりました。 ますます悪化し、線維筋痛&cps、&cfsの診断を受けています。 私は非常に若いので、眠って、私はいくつかの大きな不安を常に作り出しました。 私は15年間トラゾドンを服用してきましたが、用量を増やすことなく、今でもまったく同じように機能します。 だから私は100mgの錠剤を得て、それを4本に入れます。 1つは私に7時間を得るために働く。 あなたはベッドにいなければならず、寝る準備ができてから、それを取って、20〜30分与えなければなりません。 私は眠りを約束します。 私は今何年も不眠症を抱えており、ついに私の精神に尋ねました。 何か寝るのを助ける何かのために。 彼女は私にトラゾドンを与えた。 私は過去にうつ病を治療するためにそれを服用したことを覚えており、私は400mgを上回った。 私は最初の夜300mgを試しましたが、翌日はほとんど耐えられませんでした。 私は翌日150mgを試しましたが、私はまだ翌日眠気を感じました。 だから私はそれを忘れてしまった。 その後、昨夜、私は150トライスコアの錠剤を約10mgに切った。 私は岩のように眠り、眠気を感じることなく目を覚ました。 私は生きていると感じ、休んだ。 私は自分自身のためにこれらの小さなトラゾドンの束を作り、それに慣れるまでそれを取るでしょう。 私はこの薬をAに与える。 もともと私は不眠症のためにトラゾドンを服用し始めましたが、あまりにも多く服用することを恐れていましたので、私はその用量を最小限に抑えました。 間違いでした。 私は、あなたが働き始める用量まで滴定しながら、一貫して働く量を取ることが重要だと考えています。 そして、システムに構築する時間を与える必要があります。 私が寝るときに250mgまでですが、もう50mgを服用してしまい、早く目を覚ますと2時間以上寝る傾向があります。 この薬の本当にすばらしいことは、もはやうつ病や不安に苦しんでいないことです。 私の脳を化学バランスで保ち、私は午前中に少し疲れていることを除いて、副作用なしではっきりと思います。 だから私は大きなコーヒーを飲み、それが助けになります。

次の

No. 109 トラゾドン

トラゾドン

スポンサーリンク トラゾドン(デジレルなど)についての基本情報 トラゾドンの効能・作用……効能は 『うつ病・うつ状態』です。 トラゾドンは三環系抗うつ薬でも四環系抗うつ薬でもない抗うつ薬で、主に脳内のセロトニンの量を増やすことで、抑うつ感・不安感・気分の落ち込み・焦燥感・億劫感・無気力などのうつ病の諸症状を緩和する効果を発揮する。 不安感を和らげる抗不安作用も特徴的であり、比較的軽度のうつ病に対して処方されやすい。 一般的に、脳内におけるノルアドレナリンの増加は『意欲・気力・行動力』を高めて、セロトニンの増加は『抑うつ感・不安感・焦燥感・緊張感』を緩和してマイルドな精神状態を作る効果があると考えられている。 トラゾドンは三環系・四環系の抗うつ薬も副作用が弱かったため、SSRIやSNRIが登場するまでは、抗ヒスタミンによる睡眠薬の効果と合わせてうつ病の人に処方されることが多かった。 脳内にあるセロトニン(HT-5)の受容体の再取り込みを阻害することで、『抑うつ感(憂鬱感)・意欲減退・興味と喜びの喪失・集中力や思考力の低下・億劫感・無気力・焦燥感・絶望感・悲観』といったうつ病の様々な精神症状を緩和する効果を発現します。 トラゾドンは臨床試験においては三環系抗うつ薬と同等の効き目があるとされているが、実際の精神科臨床では最大量200mgまで投与しないと眠気(催眠)以上の抗うつ効果を実感しづらいとも言われている。 トラゾドンは抗ヒスタミン作用による眠気・ふらつきの副作用が出やすいので、眠れないという睡眠障害を訴えるうつ病患者に処方されることが多いが、基本的に就寝前服用が推奨されている。 スポンサーリンク トラゾドンの商品名……デジレル(ファイザー)、レスリン(MSD)、アンデプレ(ジェネリック薬,共和薬品工業) 平均的な用法・用量……うつ病・抑うつ症状に対しては、1日75~100mgくらいから初期投与を始め、副作用の出方を確認しながら最大量の200mgまで増量していく。 その用量を、何回かに分けて服用する。 うつ病と関係する睡眠障害に対しては、1日25~50mgを就寝前に投与し、副作用をチェックしながら不眠が強ければ75~100mgまで増量することができる。 なお年齢及び症状により適宜増減する。 副作用……口渇・便秘・排尿障害・動悸・頻脈などの末梢性抗コリン作用。 眠気、めまい、吐き気・嘔吐、立ちくらみ、起立性低血圧、倦怠感、脱力感など。 不安感、焦燥感、イライラ、衝動性などの精神症状の副作用が出ることもある。 抗うつ薬は、他の抗精神薬との相互作用を起こしやすいので、医師に今飲んでいる薬についての情報を提示して指導を受けるようにして下さい。 重大な副作用(発症頻度は低い)……悪性症候群(Syndrome malin)、セロトニン症候群、麻痺性イレウス、重症の血液成分障害、重い不整脈、妄想・幻覚、陰茎・陰核の持続性勃起など。 注意・禁忌…… 『注意を要する人』は、緑内障、前立腺肥大症(尿がでにくい人)、心臓疾患、てんかん、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症の素因がある人、衝動性の精神症状を持つ人、高齢者、24歳以下の若者(特に10代以下の子供に対しては処方を控えるべきとされる)、希死念慮のある人など。 『処方してはいけない禁忌』は、抗エイズウイルス薬のサキナビル(インビラーゼ)を服用している人。 禁忌ではないが、セロトニン症候群を発症する危険性があるので、パーキンソン病治療薬のセレギリン(エフピー)を服用している人にも十分な注意が必要である。

次の