山田 光俊。 整形外科

山田孝之&森田望智インタビュー!Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

山田 光俊

山田孝之が、強く、たくましく、奔放に昭和の最後を駆け抜けたAV監督・村西とおるを演じるNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」。 実力派俳優たちが参加する本作で、山田さん演じる村西とおるの相棒的存在で、村西を裏の世界へと誘う憎めないお調子者・荒井トシを演じたのが満島真之介。 彼らが駆け抜けた1980年代と、ひとつの時代を創り上げた男たちへの思いを熱く語ってくれた。 満島さんといえば、今年大ヒットを記録した映画『キングダム』や、大河ドラマ「いだてん」への出演、今秋Netflixで配信が予定されている園子温監督の「愛なき森で叫べ」にも出演しており、その役の幅を広げている。 多忙を極める満島さんだが、本作のオファーが来た際、「Netflixが世界に配信するオリジナル作品、そして山田さんが村西とおるさんを演じ、80年代のアダルトビデオ業界を描く。 平成元年(1989年)生まれの満島さんはリアルタイムで舞台となった80年代を感じることはなかったが、「たった数十年の間でこんなにも違うのか、と感じたし、当時のことを映像や本で調べると、どの業界もエネルギッシュな人が中心になって、またそこに共鳴した人が集まって、とてつもないエネルギーが直接人に繋がっていっている。 それを村西さんから感じるし、ご本人も昔の映像と変わらない。 そこに驚きました。 変わらず生きていくって美しい」と、村西とおるの生き様やその時代にも強い魅力を感じたようだ。 また、園監督作品の助監督経験もある満島さんは、まさか自分が表舞台に立つ日が来るとは微塵も思わず、いまも役者を続ける理由はよく分からないという。 だが、昔から物作りには興味があり「一つのゴールに向けて何十人何十脚というチームに巡り会いたかった。 そのためには自分が力強く生きていないと。 それぞれの形は違いますが、『全裸監督』のスタッフ、キャストはみんな力がみなぎっていました。 価値観や経験をみんなが受け入れ、必要としてくれる。 作品への愛情、個々へのリスペクトも強く感じていたので、みんなで階段を登っていく日々でした。 最高のタイミングで出会えましたよ」と明かす。 満島さんの持つエナジーは、時代を超え、現代に蘇った本作と良い相乗効果を生んでいる。 奇しくも、村西とおるが世に出た頃と同じ時、平成元年に生まれた満島さん。 昭和から平成へ、まさに時代が移り変わるタイミングであり、リアルタイムに経験はしていないが80年代への憧れは身近なところで感じていたという。 「ちょうど親が今の僕らと同じ世代だった頃で、どんな思い出もすべて昨日のことかのように力強く話すんです。 それぞれの違う環境で生まれ、生きているはずなのに、人間と人間がぶつかった瞬間に、計り知れないエネルギーが生まれる瞬間がある。 トシと村西の出会いもそのように描きたかったんです」。 だからこそ今作のテーマにより共感を抱くのだと満島さん。 「『全裸監督』はアンダーグラウンドな世界を描いていますが、人間と人間の命の繋がりが愛を生み、僕たちは生まれてきたことを忘れちゃいけない。 生命の根源に繋がっている話だと思うんです」。 「そういう気持ちでいることで、撮影が神聖なものになり、みんなをリスペクトすることができました。 劇中で村西が『人間のありのままを撮ることがなぜ猥褻なんだ』と問うのですが、それに対して(リリー・フランキー演じる)刑事が『国が決めたものが猥褻なんだ』と答える。 それこそが大きなテーマなんだと思うんです。 命の根源を語る人と、国を統治しなくてはいけない人。 その間に何があるんだろうと。 今を生きる人たちに、『君は、どう生きる?』と問いかける作品になっています。 僕? もちろんパワフルに生きていきますよ!」と、「全裸監督」の世界観から飛び出して来たかのごとく情熱たっぷりに語っている。 Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」は8月8日(木)より全世界独占配信スタート。 《text:cinemacafe. net》.

次の

満島真之介、“AV業界の風雲児”に魅せられる男に…「最高のタイミングで出会えた」

山田 光俊

山田:ずっとしゃべられている方なので圧倒されちゃいますよね(笑)。 僕は直接お話ししたというより、プロデューサーたちとの会話をずっと聞いていました。 「どう話されるのか?」「どう相手に伝えるのか?」。 そのことを自分が村西さんを演じる上で取り入れさせてもらいました。 気持ちの面ではさらけ出していこうという思いで臨みました。 山田:日本だけでなく、人種も宗教も違う世界190か国に配信される作品なので、全力で楽しいエンターテインメント作品を作ることだけを心掛けました。 村西さんの人生そのものが刺激的で面白いですから、リスペクトをしながら、全力で向き合って作っていけば確実に面白いものになるだろうという感覚はありましたね。 しかも、森田さんの芝居を見た瞬間、キャストみんなが「本物の黒木さんじゃん!こりゃ、本気出さないとヤバいぞ!」と思ってしまうぐらいすごかったんです。 森田:それは山田さんも同じで、私はずっと「村西さんだ!」って思っていました。 芸歴なんか関係ない中、森田さん全力で来るからもちろん全力で受け止めたけど、あそこまでやられた経験がなかったから、正直怖かったかも。 頭のてっぺんから指先まで全部くい尽くされる感覚だったから(笑)。 森田:私、そんな怖くは全然ないですよ。 私もやったことなかったですし(笑)。 ただ、私がどう動いても山田さんが村西さんとして受け止めてくれるというか、同じ目線で戦ってくださっていることをずっと感じていて、そういう安心感に助けられました。 事務所内のシーンは楽しすぎてずっとカメラが回っていてもいいぐらい(笑)。 常に感覚が研ぎ澄まされている感じ。 でも、アドリブを足していこうという感じでもないのが面白かった。 森田:実は私、現場では村西役の山田さん以外、何も見えてなかったんです。 作品を見て皆さんの動きに気づいたぐらいで、村西軍団のチーム感みたいなものは分からないぐらい役に入り込んでいたのかもしれません。 山田:みんな独特なしゃべり口調だったり、確かにキャラが立っていたりするんですが、めちゃくちゃ役を作り込んでいるという感覚がないんですよ。 僕も含めて、わりとフラットにやっていましたね。 それで何も違和感なく、村西軍団の男性陣と沙莉で、普通に店内に入って普通に選んであげて試着してもらっていました。 撮影の勢いもあってかどこか感覚が麻痺していたのかもしれません。 森田:(笑)。 私はハワイロケには参加していなんですが、伊藤さんは村西軍団唯一の女性スタッフ役なので、私にとって心の拠りどころのようでもありました。 伊藤さんとの共演シーンも楽しかったです。 「今日が最後かもしれない」という覚悟で受けたオーディションが懐かしいと思うぐらい今の自分にびっくりしているんですけれど、その時の自分の気持ちに恥じないように頑張っていきたいと思います。 山田:森田さんのお芝居、スタッフ、キャスト全員大絶賛ですから!今回は間違いなく、僕の中で他の作品と違う意識もありまして。 12年前に「クローズZERO」で芹沢という役をやらせてもらい、SNSだけでなく、旅行先で、世界中の方から「セリザワ!」と呼ばれることが多いんです。 鹿児島県出身。 主な出演作にドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ、「クローズZERO」シリーズ、「闇金ウシジマくん」シリーズ、「50回目のファーストキス」など。 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が現在公開中。 舞台「ペテン師と詐欺師」が9月1日(日)より新橋演舞場にて上演。 神奈川県出身。 主な主演作にドラマ『パパ活』、映画「キスは命がけ!」「生贄のジレンマ」「一週間フレンズ。 」「世界でいちばん長い写真」などドラマ、映画、CMで活躍。 現在、ドラマ『Iターン』(テレビ東京系)に出演中。 会社の倒産や妻の浮気で、失意のどん底にいた営業マンの村西(山田)は、チンピラのトシ(満島)と出版社社長の川田(玉山)らと、アダルト業界に進出。 その後、ビデオ業界に新風を巻き起こす中、女子大生・恵美(森田)が現れる。

次の

吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

山田 光俊

村西氏は昭和23年生まれ。 その後ビデオ業界に転身し、自ら監督、出演するスタイルを確立。 ドラマ化の経緯を村西氏が話す。 「打診があったのは約2年前。 要望を聞かれ、『村西とおる役は福山雅治さんでお願いします』と(笑)。 失礼ながら山田孝之さんのことは存じあげませんでした。 完成した作品を見て、感動しましたね。 日本にこんな役者がいたのかと」 原作の著者でノンフィクション作家の本橋信宏氏(63)も言う。 「AV監督という役を演じたら今後CMのオファーなどに影響が出るかもしれない。 すると山田さんは『それでも演りたいんです』と言った。 コンプライアンスだらけの現代。 包み隠さず、人間のありのままを描いた作品が求められているのかもしれない」 〈人間まるだし。 〉 こんなキャッチコピーを掲げた同ドラマ。 ドラマ関係者が証言する。

次の