今年 節分 方角。 2020年の節分の日はいつ?恵方巻きの方角は?

今年(2020年)の恵方は西南西の方角

今年 節分 方角

2020年の節分の日はいつ? 毎年2月3日が節分なんだから、節分と言えば2月3日に決まってる!と思っている人も多いはず。 でも、節分というのはいつでも2月3日というわけではないらしいんです。 節分の日の決め方は? 節分の日というのは、2月3日というわけではなくもともとは 「立春の前の日」のことを指します。 立春というのは、「冬至」と「春分の日」のちょうど中間の日のことをいい、 昔は今のお正月ではなく立春の日から新しい年という考え方であったために、大きな季節の分かれ目の日に邪気を払った新しい年と迎えようというのが「節分」だったんです。 季節の分かれ目というのは1年を24分割した「二十四節気」と呼ばれるもので決められていて「地球と太陽の位置関係」を国立天文台が調べて決定しているんだそうです! 立春の日は2月3日~5日で変化する 地球と太陽の位置関係で変わる二十四節気というのは、古代の中国で決められたもので、現在のグレゴリオ暦(新暦)にあてはめていくと、微妙に日付のズレが生じてくるんです。 グレゴリオ暦(新暦)は、 1年間の平均日数が365. 2425日という端数が出るんです。 ですから、4年に一度うるう年というものを作り調整しているんです。 立春というのは、2月4日を中心にして最大で1日ズレが生じる場合があるんです。 暦の調節の関係で、なが~い目で見ていくと 立春の日は2月3日~2月5日の間で変動していくということになります。 立春が変動すればもちろんその前日である節分の日も変動するということになります。 2020年の節分の日 2020年の節分の日は2月3日となります。 2021年 2月2日• 2022年 2月3日• 2023年 2月3日• 2024年 2月3日• 2025年 2月2日• 2026年 2月3日• 2027年 2月3日• 2028年 2月3日• 2029年 2月2日• そもそも、恵方とは一体なんなんでしょうか? 恵方というのは、その年の一番良いとされる方角のことです。 歳徳神という島根県の神魂神社の歳徳神様で、金運や幸せを司っている神様なんです。 東北東• 西南西• 南南東• 2020年 西南西やや西• 2021年 南南東やや南• 2022年 北北西やや北• 2023年 南南東やや南• 昔は一年の始まりが立春からだったので、 「立春からの一年も良いことがありますように」という思いを込めて恵方という吉報向かって恵方巻きを食べることになったということです! いつから流行りだした? 恵方巻きというのは、 江戸時代に大阪の商人たちが商売繁盛を祈願して食べたことが始まりだとされています。 もともと、関西の風習だったのですが、スーパーやコンビニなどが恵方巻きを売り出したことから全国的に広がっていきました! セブンイレブンが発売したのをきっかけに、全国的に普及されていったのです。 「恵方巻きを食べる」という風習は、平成に入ってからの新しいイベントとなったと言えるでしょう。 恵方巻きの食べ方 恵方巻きは、きちんとした食べ方のルールが定められています。 その年の恵方を向いて食べる• 恵方巻きは一人で一気に一本食べきる。 願い事をしながら黙って食べる。 一気に一本食べきる 恵方巻きは 丸かぶりをして食べなければいけません。 恵方巻きを切り分けて食べてしまうと、 「福を切る」「縁を切る」などということに繋がるので、丸かぶりしなければいけないのです。 願い事をしながら黙って食べる 喋ると口から福が逃げてしまうということから、 黙って黙々と食べなければならないと言われています。 願い事をしながら、口を開かず黙々と食べるようにしましょう。 恵方巻きを食べる時間は? 恵方巻きを食べる時間は決まっていません! いつ食べてもOK! 恵方巻きは、福を招き入れるという意味も込められていますので、 邪気を祓ってからのほうがいいと言われています。 2020年の節分は2月3日。 節分の日は2月3日で固定ではない!•

次の

今年(2020年)の恵方は西南西の方角

今年 節分 方角

今年の恵方巻きの方角は? まず、結論から述べます。 2020年今年の恵方巻きの方角は、 『西南西やや右』です。 「西南西」自体ぱっと言われたらどの方角かわからないと思いますが、 感覚としては 『ほぼ西だけど、わずかに南より(向かって左)』といったところ。 スマホでグーグルマップを開いたら自分が向いている方角がわかるので、大体この方角になるように調整するのが一番楽かなと思います。 今年の恵方巻きの方角がわかったと思いますが、 ついでに恵方がどのように定められているのか説明していきます。 恵方巻きの方角 恵方巻きの方角は毎年違うのでややこしく感じますが、 実は4つの方角しかありません。 東北東やや右(ほぼ東でわずかに北寄り)• 西南西やや右(ほぼ西でわずかに南寄り)• 南南東やや右(ほぼ南でわずかに東寄り)• 北北西やや右(ほぼ北でわずかに西寄り) このように綺麗に90度間隔の4つの方角です。 そして、これら4方角のうち今年の恵方を定めるのは、 干支の 十干(じっかん)です。 よく「今年の干支は〇年」と言うと思いますが、 それは『子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥』の十二支です。 それに対し十干は、 『甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)』の十種類からなります。 毎年十二支のうちの一つが干支として定まっていますが、 同じように十干もそれぞれ割り当てられており、西暦の下一桁できまります。 甲:4、乙:5、丙:6、丁:7、戊:8、己:9、 庚:0、辛:1、壬:2、癸:3 そして、以下の方角に対応します。 甲・己: 東北東やや右• 乙・庚: 西南西やや右• 丙・辛・戊・癸: 南南東やや右• 丁・壬: 北北西やや右 今年は2020年なので、『庚』で 『西南西 やや右』ですね。 恵方の順番を追ってみよう 次に年ごとの恵方の方角の変化を見てみましょう。 この方角も順番に回ってくるんだったらいくらかマシでしょうけど、 この規則もまた少々ややこしいのです。 少し南の割合が高いんですよね。 ちなみに何故「やや右」というのが付いているのでしょうか? 「やや右」の理由 私達は日頃「東西南北」で方角を示しています。 「東・西・南・北」で4方位• 漢字2つを重ねて「北東」や「南西」などで8方位• 漢字3つを重ねて16方位• さらに「微」を用いて32方位 これらが一般的に私達が用いているものです。 これに対し、東洋(中国を中心とする東アジア)は、 6方位、12方位、24方位などを用いています。 恵方というのは、この24方位によって表されたものなので、 私達が用いる32方位ではどうしてもズレが生じてしまうのです。 これが「やや右」の理由です。 恵方巻きの正しい食べ方 続いて恵方巻きの正しい食べ方についてご紹介します。 恵方巻きを食べるポイントは以下の3つです。 切らずに食べる• 恵方の方角を向いて食べる• 黙って願い事を思い浮かべながら食べる 切らずに食べる 恵方巻きは食べやすいように切って食べたいところですが、 そうではなく、切らずに1本をそのまま食べましょう。 これには「縁を切らない」というような意味があります。 恵方の方角を向いて食べる ここまで散々の方角の話をしておいていまさらですが、 恵方巻きは、恵方の方角を向いて食べるようにしましょう。 恵方というのは、 その年の幸せをつかさどる『歳徳神(としとくじん)』がいるとされており、 縁起が良い方角です。 黙って願い事を思い浮かべながら食べる 恵方巻きを全部食べ終えるまでに言葉を発してしまうと、 運が逃げてしまいます。 黙って願い事を頭に思い浮かべながら食べることで願いが叶うと言われているのです。 恵方巻きの起源・由来 最後に恵方巻きの由来について説明します。 起源と現在のように普及しだした経緯について見て行きましょう。 恵方巻きの起源 その起源は様々な説があり、はっきりしていませんが、 時代としては 『江戸時代末期』ではないかとされています。 以下が様々な起源の説の一例です。 「大阪の商人が商売繁盛を祈願した」、「恵方巻きを鬼の金棒と見立てて厄除けの意味で食べていた風習」、「豊臣秀吉の家臣が節分の日に海苔巻きを食べて次の日に勝利した」など。 恵方巻きの普及の経緯 大正時代から戦前には、 大阪の一部の地域で節分に恵方巻きを食べる風習が定着していたことが確認されています。 戦後に一度廃れてまた復活したり、 大阪を中心に色々あり段々大きくなっていき、1970年代にメディアで報じられ関西まで広がりました。 はじめは大阪と兵庫県の 『ファミリーマート』が先駆けとなり、 全国的には 『セブンイレブン』が1989年に広島で販売し、翌年から地域を拡大していき、 1998年に全国まで普及したのです。 なんとも強かですね。 あとがき 以上、「恵方巻きを食べる方角」から、 「恵方巻きの正しい食べ方」、「恵方巻きの由来」などについてでした。 方角は「やや右」という曖昧な表現をする割には、 恵方巻きの食べ方には少し細かいルールがあるところが面白いです。 私は毎年恵方巻きを食べている記憶があるのですが、 それにしては意外と最近の風習なんですよね。 恵方巻きの風習はもっと古くからあるものだと思っていましたが。 コンビニの戦略によって普及した恵方巻きですが、 恵方巻きのようにコンビニから普及するような新たな風習は今後現れるんでしょうか? また、今回は恵方巻きに関しての記事でしたが、 節分の豆まきの由来や正しい方法についても記事にしました。 是非こちらもご覧ください。

次の

恵方の方角!2020年はどっち?恵方の決め方も具体的に解説!

今年 節分 方角

目次 Contents• 恵方巻き 恵方巻きの方角(年) 2020年 令和2年 、2月3日:西南西やや西 右。 2021年 令和3年 、2月3日:南南東やや南 右。 2022年 令和4年 、2月3日:北北西やや北 右。 2023年 令和5年 、2月3日:南南東やや南 右。 よく見ると、十干(じっかん)という暦に基づいて決められていて、恵方とされる方角は16方位中、4つの方角しかないそうです。 そうなんです、方角は4つだけ。 年によって方角が変わりますが、4つしか恵方巻きの方角はないこと理解しておくとよいです。 1、北北西やや北 右。 2、南南東やや南 右。 3、西南西やや西 右。 4、東北東やや東 右。 出典元:ちょっと便利長様HPより(二十四方位図) 2019年は、東北東やや東なので、(甲:きのえ)右の方角となります。 2020年は、西南西やや西なので、(庚:かのえ)左の方角となります。 2021年は、南南東やや南なので、(丙:ひのえ)下の方角となります。 2022年は、北北西やや北なので、(壬:みずのえ)上の方角となります。 2023年は、南南東やや南なので、(丙:ひのえ)下の方角となります。 ご自宅の方角が不明の場合、スマホなら方位・方角を確認するアプリをダウンロードすれば可能となりますが、スマートフォンを持っていない方は、こちらで確認することができるので、便利です。 恵方とは 恵方とは、歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指します。 歳徳神のいる場所は毎年変わり、昔からなじまれている神様。 別名は年徳(としとく)、年神様(としがみさま)、正月様などとも呼ばれているそうです。 その年のよい方角と理解されれば、OKです。 恵方巻を丸かぶりすれば、良い1年が過ごせて幸せになれるといわれてます。 恵方巻きの食べ方 1、恵方をむいて食べること。 注意点 神様がいらっしゃる、恵方をむいて食べる、その間はその方向だけ、よそ見をしてはいけません。 2、切らずに食べること。 縁を切らないという意味になります。 注意点 恵方巻きを切らない。 2、恵方巻きは黙って食べること。 運を逃がさないという意味になる。 注意点 食べるときは、黙って食べる、食べ終わるまで黙って食べないと、ご利益を得ることが出来ない。 3、恵方巻きは一気に食べること。 注意点 食べるときは、上品に切り分けせず、一本をがぶっと一気にいただきましょう、途中で休んだりすると、やはりご利益がなくなるそうです。 一本丸かじりはなぜ? 一本丸ごと食べる事で幸福や、商売繁盛の運を一気にいただく、ということを意味している事が大きいようです。 福を「巻き」込む、巻きずし。 切ってはいけない理由は、縁を切らない意味だそうです。 恵方巻きの全国周知されたのは? 大正初期からの縁起ものでしたが、1989年 昭和64 、コンビニエンスチェーンが広島県で太巻きを売りだしことで、「恵方巻き」と名前をつけ、販売始め、1998年 平成10 、恵方巻きは全国に広がり、節分の時には見られる食品になりました。 節分にする行事 豆まきをする。 豆を年の数食べる。 恵方巻きを食べる。 鰯にヒイラギ。 何もしない。 徐々に、伝統的な「豆まき」などが減少し、「何もしない」と「恵方巻き」が増えているそうです。 鰯(いわし)にヒイラギ?と思う方も多いと思いますが、玄関に飾るようです。 柊鰯(ひいらぎいわし)とは、柊の枝に焼いた鰯の頭を刺したものです。 こちらが柊鰯です。 魔除けや厄除けとして使われ、昔から日本で行われている風習だそうです。 葉の棘が鬼の目を刺し、焼いた鰯の煙や臭いによって鬼が近寄らないのだそうです。 飾る期間:一般的に2月3日~2月終わりまで。 奈良県奈良市内では、柊鰯の風習を受け継ぎ、普通に柊鰯が見られる。 福島県~関東エリアでも、この風習が見られる。 恵方巻きの中身 具材は7種類、縁起のよい「七福神」に関係し福が来てくれるように、食べて縁起を担ぐものだそうです。 7福神 恵比寿(えびす)さま。 「大漁追福」の漁業の神、時代と共に福の神として「商家に商売繁盛」や「農民に五穀豊穣」をもたらす神となり、唯一日本由来の神さまです。 恵比寿さま=きゅうり(九の利を得て商売繁盛) 大黒天(だいこくてん)さま。 大黒柱と現されるように食物・財福(金運アップ)・田の神・かまどの神・商売繁盛を司る神さまです。 大黒天さま=玉子焼き「伊達巻・だし巻き」(黄色は金運アップ) 毘沙門天(びしゃもんてん・ヴァイシュラヴァナ)さま。 勝負事に利益ありとして崇められる、財宝・知恵の福の神。 毘沙門天さま=高野豆腐(原料である大豆は邪気を取るので) 弁才天(弁財天)(べんざいてん)さま。 七福神の中で唯一女性の神様・縁結び・財福(金運アップ)・音楽・知恵の得ある神さま。 弁才天さま=かんぴょう(弁財天のはおる羽衣が長いかんぴょうに似ていることで) 福禄寿(ふくろじゅ)さま。 長寿・財産・幸福をもたらす、寿老人と同一神とされる神さま。 大きな福耳とあごひげが多い。 福禄寿さま=しいたけ(大きな耳たぶはふっくらと炊いたしいたけ) 寿老人(じゅろうじん)さま。 長寿延命・病気を治す神さま、道教の神で南極星の化身の南極老人、頭が長く、ひげも長い。 福禄寿さま=うなぎ・穴子(身の長い穴子は「永続」を象徴) 布袋(ほてい)さま。 太っておおらかな風貌が好まれ、手にした袋から財を出し与えてくれる、笑顔をいつも絶やさず、笑門来福」「夫婦円満」「子宝の神」の神さま。 布袋さま=桜でんぶ(幸せを連想する桜色) 神さまと恵方巻き7種類の具。 恵比寿さま:きゅうり 大黒天さま:玉子焼き 毘沙門天さま:高野豆腐 弁才天さま:かんぴょう 福禄寿さま:しいたけ 寿老人さま:うなぎ 布袋さま:桜でんぶ 具材を食べ、縁起を担ぎ、鬼=邪気を払う意味合いが込められております。 以上、恵方巻きについてでした。 縁起物で七福神にちなんで7種類の具材に意味があったとは、納得です。 なんちゃって太巻き、なんちゃってロールケーキとは新物が出回りますが、やはりこの7種類、外せないです。 ただ、8種の具材(末広がり)の意味を含めて、8種の具材入り恵方巻きもあります。 「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻寿司」といのも地域の言い方だといわれ、比較的古くかるあるものらしいです。 具材は地域によって違うようなので、七福神にあやかって7種類というのは基本同じのようですが、ここで掲げた7種は、あくまでも参考となるようです。 今では、7種の具材が、10~15種類も増え売られている場合があります。 また、中身が海鮮系の恵方巻きもある。 食べ方も、目を閉じて食べる、笑いながら食べるというところもあり、さまざまです。 今年からは、スーパー、コンビにへ行き具材を調べてから購入し、方角調べて食べてみてはいかがでしょうか? その他 節分関連.

次の