ニンテンドーアカウント フレンド。 ニンテンドースイッチで「フレンド」を登録・ブロックする方法

【子供用も】ニンテンドーアカウントの作成・連携・変更方法、2019年完全版!【Nintendo Switch】|おふとんしてたらまたねてた

ニンテンドーアカウント フレンド

サービスアカウントとは? ここでクイズです。 そもそも 「アカウント」とは、どういう意味でしょう? 【1】乗車券、切符 【2】会計、口座 【3】略歴、人物紹介、名刺 正解は 【2】の「会計、口座」です。 元々はダウンロードゲームやダウンロードコンテンツを購入するときに引き落とされる 口座を登録するという意味だったんです。 現在ではサービスの内容も多くなったため、 「このプレイヤーは、どのサービスを受けているか」を管理するための 個人識別に利用されるようになりました。 現代のオンラインゲームでは、この アカウントがないと何もできないのです。 それだけではありません。 現在では SNSのアカウントと結びつけることで簡単にログインできたり、 ゲームの画像(スクリーンショット)をSNSへ簡単に投稿できたりします。 このアカウントにも 2種類あります。 1)ローカルアカウント ローカルアカウントとは、 ネットに繋いでない状態でもプレイヤーを識別するために利用するものです。 例えば家族でゲーム機を使っているときに、 家族のうちの誰が使っているかを識別します。 2)サービスアカウント サービスアカウントとは、 ネットに繋いでいる状態でプレイヤー個人識別を行い、どのサービスが使えるかを管理するためのものです。 ネット経由でのプレイヤー識別にも使用します。 今回は、サービスアカウントのうちの 「Sony Entertainment Network(SEN)アカウント」と 「ニンテンドーアカウント」の作り方、そして 作るときに注意してほしいことを伝授します。 もうアカウントを持ってる人も、これを読んだら、設定しなおすか、作り直したいと思うかも……! ……と、アカウント作成の前に 「メールアドレス」は持っていますか? 持っているなら、 まで飛ばしてOK。 持ってなければ、次のコラムを読んで、メールアドレスを入手しましょう! 【コラム】メールアドレスの入手方法 現在では、インターネットサービスだけでなく、リアルなサービスでも、メールアドレスを聞かれることが多いです。 必需品ともいえる メールアドレスの入手方法を紹介します。 入手したら、 一生使い続けることになるかもしれませんよ? なお、メールを 送受信するには、スマートフォンやパソコンで メールアプリを使うことになります。 ひとつのメールアドレスで、 どの端末のアプリでも受け取れるように設定することも可能です。 メールアドレスの入手方法は主に 3つの方法があります。 【1】インターネットプロバイダや携帯電話キャリアのサービスを利用する 【2】GoogleやYahoo! Japanの提供する無料ウェブメールサービスを利用する 【3】Appleのメールサービス「iCloudメール」を利用する もしあなたが 未成年なら、 【1】の方法を 保護者の方に依頼するのが最良でしょう。 あなたが 法的に責任を取れない以上、 連絡先は保護者と共有しておくべきだからです。 ただし、後日、その プロバイダ・キャリアから変更することになった場合、その メールアドレスが使えなくなります。 メールアドレスだけを使い続けられるサービスを用意しているプロバイダもありますので、確認しておきましょう。 メールアドレス変更を避けたい場合や、インターネットプロバイダを使っておらず、携帯電話もMVNOを利用していて メールアドレスの提供がない場合などは、 【2】の ウェブメールサービスを使う方法があります。 各サービスが廃止されない限り、使い続けることができるでしょう。 しかし、ウェブメールサービスのメールアドレス(「 ~~ gmail. com」や「 ~~ yahoo. jp」)だと、 送ったメールが迷惑メール扱いになってしまったり、 登録を受け付けてくれないサービスがあったりするのが デメリットです。 各サービスのメールアドレスの作り方は下記のリンク先を確認してください。 Apple IDは「 ~~ icloud. com」というメールアドレス形式となっており、 そのままメールアドレスとして使うことができます。 このメールサービス「 iCloudメール」については、下記のリンク先を確認してください。 ここで紹介した方法以外にも、 自分でメールサーバーを立てるなど、 入手方法はいろいろあります。 自分に合った方法で入手してみてください。 いくつかメールアドレスを作って、 用途によって併用するのもアリでしょう。 このコラムの最初に書きましたが、メールアドレスはその後 一生モノになることもあります。 乗っ取られると一大事なので、次回記事を参考にして強いパスワードを使って守るようにしましょう。 「SENアカウント」を作る=「PlayStation Network」への加入 PS4を最初に起動すると、 「SENアカウント」を作るように勧められます。 これがないと様々な動作が制限されますので、ぜひ作っておきましょう。 ちなみにSENアカウントは 、昔は「PlayStation Network(PSN)アカウント」と呼ばれていました。 PlayStation3やPlayStation Portable、PlayStation Vitaで作ったことがある人はそのまま使えます。 新しく作る人も、この記事を読めば簡単に、安心して作れるので、サクっと作っちゃいましょう。 生年月日は重要! まず、 生年月日を聞かれます。 ここは適当に入力するのではなく、あなたの 生年月日を正しく入力してください。 後で変更することはできません。 正しく入力すべき理由は 2点です。 ひとつ目は、 年齢制限ありコンテンツを購入するときにこの 生年月日が参照されるから。 ふたつ目は、パスワードを忘れてしまった際に、 パスワードリセットするのに聞かれる重要な情報だからです。 適当に入力して、 後で忘れてしまうと、面倒くさいことになります! 住所は大まかでOK 次に住所です。 細かい住所を入力する必要はありません。 郵便番号を入力することで自動的に補完されますので、それが正しいか確かめてください。 ちなみにこの項目は、消費税が州ごとに異なる米国で主に参照される項目だったりします。 サインインIDはメールアドレス さて、サインインIDです。 アカウントの名前ですね。 これは自分の持っている メールアドレスを正しく入力してください。 メールアドレスを持っていない場合は、メールを受け取れる環境とメールアドレスを手に入れましょう。 入手方法は、前出のコラムで紹介しています。 メールアドレスを入力したら 「すでに登録されているメールアドレス」と表示された場合は、そのメールアドレスですでにアカウント登録されているということですから、それで サインインしてみましょう。 パスワードを決めて入力 パスワードに関しては、 他のサービスとかぶらない、 できるだけ長いパスワードを作って入力しておいてください。 30文字まで大丈夫なので、とりあえず15文字くらいの好きな日本語をローマ字にしたものが良いでしょう。 名前や住所など、自分を表す他の情報を使うのはNGです。 安全なパスワードの作り方と、管理する方法は、 次回くわしく説明します。 あとで パスワードを作り直して設定しなおすこともできます。 その次は アバターを設定します。 これは 後でも変えられますのでお好きなものを選択してください。 オンラインIDと氏名入力は慎重に! そして オンラインIDと名前の入力です。 ここで注意点ですが、オンラインIDには、あなたの 「正体バレ」につながる情報、具体的には 自分の名前や 生年月日などは 使わないようにしましょう! オンラインIDは ゲーム内などで公開される上に、 あとで変更できませんので、後で「あー、本名じゃなくしておけばよかった」となっても遅いのです……。 実は筆者はこのオンラインIDに本名を登録していて 非常に後悔しております……(当時はこの注意点が周知されていませんでした)。 ローマ字で入力する姓名は、あなたが許可した人にしか公開されません。 こちらはコントロールできますので、正しく入力しておくことをお勧めします(変名を入力することでのペナルティはありません)。 自分のポリシーに従ってプライバシー設定 そして、 プライバシー設定です。 ここはあなたの 「ポリシー」に従って設定してください。 「ポリシー」とは、 「正体バレ」をどこまで許すのか、の方針のことです。 まったく公開しない設定から 全世界へ公開まで、細かく設定できます。 ただし、 一点だけ注意すべき項目があります。 「検索での実名」です。 これを「許可」すると、先ほど入力したローマ字の 姓名を誰かが検索すると、 あなたが見つけ出されてしまうということです。 そして 友達や見知らぬ人からフレンド依頼が来るかもしれません。 PSNで遊んでいることがバレたり、フレンド依頼が来ることがOKであれば「許可」しても良いですが、 「正体バレ」を避けたい場合はここを許可しないにしておくべきです。 誰か特定の人とフレンドになりたい場合は、 フレンドになるその時だけ「許可」にして検索してもらい、 フレンド依頼を受け付けて、そのあとに「許可しない」にすればOKです。 SENアカウント作成完了! 以上を全て登録すれば完了です。 SENアカウントが作成されました。 ここで、先ほど 登録したメールアドレスに確認のメールが届きますので、そのメール内の 「確認する」ボタン(リンク)をタップ(クリック)してください。 この後、 「二段階認証」に使用するための携帯電話の番号を登録するよう促されますが、ここは 次回説明しますので 入力せずに進めてください。 もうちっとだけ続くんじゃ さて、続いて 「アカウントをFacebookにリンク」するように促されます。 Facebookとは、 世界最大の「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」のこと。 自分のプロフィールや日記などを掲載して、 ネット上でコミュニケーションするためのサービスです。 使っていないのなら、とりあえずスキップしましょう。 後で使うようになったときに考えましょう。 Facebookを使っていて、リンクするように設定すると、 フレンドをFacebookから探し出したり、Facebookにスクリーンショットやムービーを投稿できるようになったりします。 ただ、 他の人からも探し出されることもありますので、 「正体バレ」を避けたい方はここをスキップしておきましょう。 オンラインマルチプレイには「PlayStation Plus」が必須 次に PlayStation Plusへの加入を促されます。 オンラインマルチプレイをするときには必須ですので、オンラインゲームをプレイする場合には加入しておきましょう。 オンラインマルチプレイ対応タイトルリストは です。 最初の14日は無料ですが、無料期間が終わったら 利用権を購入しないとオンラインマルチプレイはできなくなってしまいます。 利用券の購入は、PS4上でも、Webサイト「」でも購入できます。 料金や購入方法はを参照してください。 クレジットカードや、携帯電話料金と一緒に払う モバイル決済、 「PayPal」などが使えますが、まだインターネットでの料金支払いに慣れていない人は、 お店で「プロダクトコード」を購入して入力するのが一番安心でしょう。 クレジットカードなどの支払い方法の場合、購入した期間が過ぎると 自動的に次の期間の料金が登録された口座から引き落とされるので、注意してください。 (当然、口座に充分なお金がない場合はサービスがストップします) オンラインゲームに限らず、いかなるサービスでも 無料期間があると言っても、クレジットカード番号や請求先を登録するということは、無料期間終了後に自動引き落としが実行されると考えておきましょう。 まだ購入するか悩んでいる場合は、 オンラインマルチプレイをしたいタイトルができてから加入し、無料期間中に続けるかやめるかを決めると良いでしょう。 家族がいる方はファミリー設定を 最後にファミリーを設定する項目もあります。 これは家族でPS4を使っていて、 未成年のプレイを管理するための項目です。 もし、家族でPS4を使っていて、子供がいる場合は登録しておきましょう。 ちなみに あなたが未成年の場合は、 先に保護者のアカウントを作っておいてもらって、このファミリー設定でアカウントを作成することになります。 これでようやく完了です! お疲れ様でした。 「ニンテンドーアカウント」を作る 「Nintendo Switch」で、オンラインで遊ぶには 「ニンテンドーアカウント」が必要です。 とりあえず手順ごとにみていきましょう。 アイコンを設定、Miiも使えるよ まず、 アイコンを設定します。 これは好きなものを設定してください。 Miiを使うこともできますので、細かい設定もできます。 ニックネームは本名以外を 次に ニックネームです。 ニックネームは ゲーム内などで公開されるので、そのまま 本名を使うと「正体バレ」してしまうかもしれません。 本名や誕生日など、 自分と特定できるようなニックネームは避けておきましょう。 「ニンテンドーアカウント」の作成&連携 ここまで作ったのは 実はローカルアカウントです。 オンラインで遊ぶためには 「ニンテンドーアカウント」を作成して連携する必要があります。 ニンテンドーアカウントを作っておきましょう。 また、 「ニンテンドーアカウント」と「ニンテンドーネットワークID」とは別モノです。 「ニンテンドーネットワークID」は「3DSシリーズ」や「Wii U」で使用するものです。 スマートフォンやパソコンが必須 ニンテンドーアカウントはNintendo Switch単体で作ることはできず、 スマートフォンやパソコンを使って、ウェブサイト上で作る必要があります。 また、メールを確認できる メールアドレスを持っている必要があります。 メールアドレスを持っていない場合は、メールを受け取れる環境とメールアドレスを手に入れましょう。 入手方法は、前出のコラムで紹介しています。 まず、Nintendo Switchから自分のメールアドレスにメールを送ります。 すると、メールアドレスに 確認URLが書かれたメール届くので、 URLをタップ(クリック)するとブラウザを開き、ニンテンドーアカウントの登録画面になります。 パスワード、生年月日、性別などを入力するだけの簡単なフォームです。 パスワードは、 他のサービスとかぶらない、できるだけ長いパスワードを作って入力しておいてください。 20文字まで大丈夫なので、とりあえず10文字くらいの好きな日本語をローマ字にしたものが良いでしょう。 名前や住所など、自分を表す他の情報を使うのはNGです。 安全なパスワードの作り方と、管理する方法は、次回くわしく説明します。 あとでパスワードを作り直して設定しなおすこともできます。 生年月日は正しく入力してください。 Nintendo Switchのゲームでも18歳以上対象のゲームはありますので、そういったものが購入できなくなる可能性があります。 最後にブラウザに表示された 確認番号をNintendo Switchで入力することで、 ニンテンドーアカウントとNintendo Switch内の ローカルアカウントが 連携されます。 お疲れ様でした。 PS4と比較するとかなり簡単に終わったかと思います。 「Nintendo Switch Online」に加入しよう 2018年9月20日より、Nintendo Switchのオンラインマルチプレイは「」というサービスとして 有料化されました。 オンラインゲームを遊ぶ際には必ず加入しておきましょう。 最初の7日間は無料ですが、無料期間が終わったら利用券を購入しないといけないのもPlayStation Plusと同じです。 料金については をご覧ください。 2名以上の家族が加入するときにお得な ファミリーパックという制度もありますよ。 利用権は から購入することもできますし、Nintendo Switch上のe-shopから購入することもできます。 クレジットカードや 「PayPal」が使えるのもPlayStation Plusと同様です(携帯電話会社のキャリア決済や、new3DSで使えた交通系ICカード決済は2018年9月現在使えません)。 やはり、まだインターネットでの料金支払いに慣れていない人は、 お店で「プロダクトコード」を購入して入力するのが一番安心でしょう。 クレジットカードなどの支払い方法の場合、購入した期間が過ぎると 自動的に次の期間の料金が登録された口座から引き落とされるので、注意してください。 (当然、口座に充分なお金がない場合はサービスがストップします) オンラインゲームに限らず、いかなるサービスでも 無料期間があると言っても、クレジットカード番号や請求先を登録するということは、無料期間終了後に自動引き落としが実行されると考えておきましょう。 これで、Nintendo Switchでオンラインプレイができるようになりました! 次回はパスワードの作成と管理について というわけで、サービスアカウントを作ることができました。 問題は、今回はとりあえず作った パスワードをどうやって作り替えて、管理していくかです。 第3回は、 「強い」パスワードの作り方と、 パスワード管理ソフトなども使った管理の仕方を解説していきたいと思います。 それではみなさん、良いゲームライフを過ごしましょう! 【コラム】Xbox LiveはMicrosoftアカウントを使う もうひとつのゲーム機 「Xbox One」でもオンラインプレイにはサービスアカウントが必要で、基本的に Microsoftアカウントを使用します。 Microsoftアカウントとは、Xbox Oneだけでなく、 Office 365や Hotmail、 Skype、そして Windowsといった Microsoft製品を使うためのアカウントです。 すでにMicrosoftアカウントを使っている人は、それを そのまま連携して使っても良いでしょう。 ただし 「正体バレ」を気にする人は要注意です。 念のため 別のMicrosoftアカウントを作ってログインすると 「正体バレ」しづらくなります。 Microsoftアカウントの作り方は を参照してください。 Microsoftアカウントの作成にも メールアドレスが必要なので、メールアドレスを作っておきましょう。 引き続きライター業や編集者業も行っています。 18歳以上対象のゲームといってもいろいろありまして、決してお色気だけではありません。 例えばバイオハザード7のグロテスクバージョンは18歳以上対象です。 最近注目されているFPS(ファーストパーソンシューター)の多くもグロテスクな表現があり、18歳以上対象になっていることが多いです。 生年月日登録は重々注意しましょうね。

次の

スイッチで子供のアカウント作成前に知りたかった複数の制限2018

ニンテンドーアカウント フレンド

保護者の方へ 12歳以下のお子様が、Nintendo Switchのオンラインプレイを楽しんだり、ニンテンドーeショップでソフトを購入したりするには、子どもアカウントが必要になります。 先に保護者の方のニンテンドーアカウントを作成してから、子どもアカウントを作成してください。 なお、子どもアカウントは、作成した時点で自動的に「みまもり対象」に設定されます。 保護者のニンテンドーアカウントから「みまもり対象」のアカウントに対して、「みまもり設定」をすることができます。 「ニンテンドーアカウントのみまもり設定」をすると、Nintendo Switchのニンテンドーeショップでのソフト等の購入・閲覧の制限などができます。 アカウント作成時のご注意 「おなまえ」について ニンテンドーアカウントに設定する「おなまえ」は、任天堂がお客様にご連絡する際に使用します。 無断でほかの人に公開されることはありません。 お客様ご自身だとわかる、お好きな名前を設定してください(本名を設定する必要はありません)。 ニンテンドーアカウントの「おなまえ」 任天堂とお客様の間で使用します。 (任天堂から送信する各種メールの宛名などに表示されます) Nintendo Switchのユーザーの「ニックネーム」 お客様同士で使用します。 (例えば、オンラインプレイ時にほかのプレイヤーに表示されます。 連携しているニンテンドーアカウントの「おなまえ」は表示されません) 生年月日は変更できません 作成時に設定した「生年月日」はあとから変更できません。 登録した情報に誤りがあると、一部のサービス・機能等が利用できない場合があります。 お間違いのないようご注意ください。 将来的に使い続けるメールアドレスの登録をおすすめします ニンテンドーアカウントに登録したメールアドレスには、次のようなメールが送信されます。 ニンテンドーeショップのご利用明細• パスワードを忘れた場合の変更手続き用URL• 登録済みメールアドレスを変更する際の本人確認用認証コード• 任天堂からの各種お知らせ 携帯電話・スマートフォンの買い替えなどで、「登録済みのメールアドレス」が使えなくなると、ニンテンドーアカウントのメールアドレスを変更できなくなります。 メールアドレスが変更できなくなった場合は、オンラインお問い合わせ窓口の「」からお問い合わせください。

次の

ニンテンドースイッチのオンラインのやり方は?加入方法やメリットは

ニンテンドーアカウント フレンド

友人とわいわい楽しむのはもちろん、ファミリーでプレイするにはまさに最適。 子どもと一緒にプレイするため、本作の発売に合わせていよいよNintendo Switchを購入するというお父さん、お母さんも多いのではないだろうか。 そこで本稿では、「あつ森」発売に合わせて今まさにNintendo Switch、Nintendo Switch Lite購入を検討中という方に向けて、2種類あるマルチプレイに必要な準備とそれぞれのメリットを整理していく。 目の前に立ちはだかる「Switch何台買えばいいのか問題」を解決し、それぞれの家庭に合わせた理想的「あつ森」ライフの一助になれば幸いだ。 事前準備1:Nintendo Switchの「ユーザー」と「ニンテンドーアカウント」の違いは? まずNintendo Switchと「あつ森」を同時購入して家族でプレイしようとした際、最初に躓きそうなのが本体のユーザー設定とニンテンドーアカウントの連携かと思う。 本題に入る前に、少しだけこちらを整理しておきたい。 というのも、事前準備なしにNintendo Switchを起動した場合、まずユーザー登録をして、さらにインターネットの接続とニンテンドーアカウントとの連携を聞かれることになるから。 慣れていないと、「ひとつアカウントを作ったのにもうひとつ作るの?」と混乱しかねない。 簡単に言うと、「ユーザー」はNintendo Switchを起動直後、インターネット接続の有無に関わらず本体に登録するもの。 「ニンテンドーアカウント」は、任天堂のオンラインゲームストア「ニンテンドーeショップ」などを利用する際に必要になるもの。 つまり、「ユーザー」はNintendo Switchに、「ニンテンドーアカウント」は任天堂のWebサービスに登録するアカウントというわけだ。 ダウンロード版はマイニンテンドーストアなどから購入可能 一方、パッケージ版「あつ森」を購入している場合は上記のニンテンドーアカウント作成・連携を飛ばせるというメリットがある。 インターネットに接続せずとも、本体のユーザー設定だけを終えてソフトを起動すればいい。 ローカル通信を使えばそのままマルチプレイも可能だ。 オフライン環境しかない場合は、こちらも十分にアリなプレイスタイルではある。 ただ付け加えるとするなら、本作は発売以降、インターネット経由のタイトルアップデートによって機能が拡張していく。 ダウンロード版、パッケージ版に関わらず、インターネット環境はあった方が本作の魅力を最大限楽しめる。 加えて他のNintendo Switchタイトルも楽しめるようになるので、ニンテンドーアカウントも合わせて作っておく方が筆者としてはオススメである。 通信は「飛行場」から。 飛行機でそれぞれの無人島を行き来するイメージのようだ 注意点があるとすれば、1台に1つずつソフトが必要なので、アカウントの作り分けは予めイメージしておいた方がいい。 特に家族のソフトをすべてダウンロード版で揃える場合、「誰のニンテンドーアカウント(に紐付いた本体ユーザー)で買ったか」がポイントだ。 たとえば「父親が子どもにダウンロード版ソフトを買ってあげる」という場合は、父親のアカウントとは別に「子ども用の本体ユーザーとニンテンドーアカウントを作成、設定して購入する」という手順が肝心となる。 すでに父親がダウンロード版を購入済みであれば、他の本体であっても父親アカウントを連携させることでソフトを新しく買わずにダウンロード自体はできる。 そうしたトラブルを避けるためにも、家族それぞれにニンテンドーアカウントを作り、個別に買うことが必要というわけだ。 子ども用のニンテンドーアカウントについては、0歳から17歳が対象の「子どもアカウント」というものがある。 一般のニンテンドーアカウント(例えば父親アカウントなど)から作成でき、「みまもり設定」をすることでソフトの購入制限ができたり、SNSとの連携機能が始めからなかったりする。 詳細はに詳しいので、参考にしていただきたい。 一方で、パッケージ版の場合はアカウントの紐付けなどを気にする必要はない。 細かい設定が面倒に感じるなら、最初からパッケージ版で揃えるとよりラクにプレイをスタートできるかもしれない。 「アカウント管理が面倒ならパッケージ版!」。 ここは声を大にして言いたいところである。 本体ユーザーの追加も設定自体はサクサク終わるので、手間もそこまでかからない。 ダウンロード版を買うつもりであっても、作るニンテンドーアカウントは1つでいいのでハードルは低いだろう。 さらに1台共有タイプでは、誰かのプレイ中に「住人呼び出し」をすることでできる。 呼び出せるのは4人までだが、気をつけたいのはその分のコントローラーが必要なこと。 ただ最低限、1人につきJoy-Conが1つあれば横持ちでプレイ可能なので、4人なら左右のJoy-Conが2組あれば協力プレイは成立する。 なお、この「住人呼び出し」はNintendo Switch Liteでもできる。 ただどうしても画面の大きさが制限されるので、最初から複数人プレイを想定しているならモニターに出力できるNintendo Switchがより遊びやすいのではないかと思う。 たとえば、本作ではまず居住用のテントを島のどこかに設置するが、プレーヤーが3人いるならそれぞれ別の場所にテントA、テントB、テントCが作られるわけだ。 島の状況は完全シェアなので、誰かが何かを設置したり、ゲームを進行させたら他のプレーヤーも影響を受ける。 そのため、島全体はみんなで開拓して、居住スペースやファッションで個性を出すイメージかと思う。 マルチプレイ時は誰かをリーダーとしてプレイが進行するので、「マイルを稼ぎたい」、「素材を集めたい」などそれぞれがやりたいことを話し合いながら遊ぶとスムーズに行きそうだ。 1人でやってもみんなでやっても魅力満載! この辺りはまさにケースバイケースで、どこにメリットを感じるかによってベストなプレイスタイルを選択していただけたらと思う。 「家族全員シリーズのファンで最速でプレイしたい」という場合なら1人1台、全員ダウンロード版で揃えるのがベストかもしれないし、「とりあえずどんなものかやってみたい」ならSwitch1台、ソフト1本で十分満足できるかもしれない。 「あつ森」のプレイスタイルについてはいろいろと選択肢があるゆえに複雑に見えるところもあるのだが、つまりはそれだけ選択の幅が広いということだ。 それぞれのメリット、デメリットを確認し、各家庭のベストを決めていただければと思う。

次の