傷病 手当 社会 保険 料。 休職した従業員の社会保険はどうなる?

知らないと損する「健康保険」の落とし穴

傷病 手当 社会 保険 料

会社を休業して給料の支払がない場合でも保険料負担はあります。 給与明細を見ると総支給額が0円で、控除額が健康保険料と厚生年金保険料の分だけマイナスであがっていると思います。 マイナスということはその分、会社に支払わなければならないということなのですが、毎月の給与から天引きされているときには感じない保険料の負担もいざ払うとなると結構な負担感です。 会社としても、私傷病とはいえ、休業中で給与の支給がない人に、「個人負担分の保険料を払ってください」とは言いにくいので、本人に傷病手当金の受取りを会社宛にするようにしてもらい、その傷病手当金から被保険者の本人負担分の健康保険料と厚生年金保険料を控除して残りを本人に渡す方法を考えます。 これは実際に相談を受けたりするんですよ。 この回答ですが、健康保険法に規定により、事業主が被保険者に対して通貨で報酬を支払う場合には、被保険者の負担すべき前月分の保険料(退職時に限っては、前月分及び当月分の保険料)を報酬から控除することが認められています。 よって、現物給与や報酬以外のものから本人負担分の保険料を差し引くことはできませんので、報酬以外のものである傷病手当金から控除することは認められません。 法律的な模範解答はこうなります。 では、どうすればいいのかというアドバイスになるんですが、傷病手当金の支払を本人の銀行口座でなく、本人の同意により会社に委任して会社の口座に振り込んでもらい、会社がそのお金を引き出して本人に手渡しして、その場で本人負担分の保険料をもらう方法なら大丈夫です。 (控除するのではなく本人が自分の意思で会社に本人負担分を渡しているわけですからOKなんです。 ) 家族が代わりに受け取る場合は微妙です。 アウトかもしれませんので、本人のところに持参していったほうが確実です。 傷病手当金から本人負担分の保険料を控除して渡すのはダメで、一旦、現金で傷病手当金を渡しすぐ本人負担分を返してもらうのは問題ないということです。 この辺いつも説明していて「どうかな」と思うんですが・・・。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、してください。 Copyright C 2012. All Rights Reserved.

次の

知らないと損する「健康保険」の落とし穴

傷病 手当 社会 保険 料

com/marchmeena29) 公的医療保険には、病気やけがをしたときの医療サービスだけでなく、現金が給付される制度があります。 ただし、自分から手続きをしなければ、もらえません。 条件を満たしていても、制度を知らないと損をするわけです。 なかでも、働き手として、ぜひとも頭に入れておくべきなのは「傷病手当金」です。 病気やけがで仕事を休んだときに、生活費をそれなりに確保できるからです。 傷病手当金は、雇われている人向けの健康保険の加入者が、病気やけがで仕事を休んだ結果、給与が出なくなるか、元の3分の2程度未満に減った場合に支給されます。 労災保険の対象となる業務災害・通勤災害以外の病気やけがで休んだときの所得保障制度です。 以下、健保組合、協会けんぽに加入している人の場合で説明します。 公務員や私学の共済組合でも、だいたい同じです。 連続して3日休んだ後の欠勤日から支給 傷病手当金は、病気やけがのために労務不能になり、連続して3日間休むと、その次の欠勤日から支給されます。 最初の連続3日の休みは「待期期間」と呼ばれ、公休日や有給休暇も含めて数えます。 早退した場合も、待期期間の1日目にカウントします。 給与がゼロになった場合の支給額は1日あたり、直前の「標準報酬日額」の3分の2です。 雇われている人向けの社会保険(健康保険、厚生年金保険)では、労働の対価の月額を等級区分にあてはめて「標準報酬月額」を決め、保険料の計算などに用いています。 傷病手当金を計算するときは、最初の支給対象日の属する月を含めた以前1年間の標準報酬月額を平均したうえで、それを30で割って「標準報酬日額」とします。 標準報酬月額の平均が30万円の人だと、標準報酬日額は1万円になり、傷病手当金はその3分の2で、1日あたり6667円が支給されます。 公休日の分も支給されます。 休んでいる期間に給与がある程度出た場合も、1日あたりの額が「標準報酬日額の3分の2」より少なければ、差額が支給されます。 その健康保険に加入する前になった病気やけがで、加入後に休んだ場合も給付対象です。

次の

傷病手当金Q&A|本人負担分の保険料を傷病手当金から差し引くことができる?

傷病 手当 社会 保険 料

私生活でのケガが原因の休職期間中 収入ゼロだけど社会保険料はどうなる??? 私生活での怪我等が原因の 休職期間中、給料から天引きされる社会保険料等はどうなるのか? 休職期間が長くなるとお金に関する不安がでてきます。 結論から言いますと、 社会保険料は免除されません。 休職前と同じだけの負担がかかります。 これは、被保険者としての資格(労働者としての身分)がなくなったわけではないからです。 そして給料はゼロですが、 社会保険料は、給料の額をもとに算出した 標準報酬月額に保険料率をかけます。 つまり、この 標準報酬月額が下がらないと、保険料も下がりません。 難しいことは書きませんが、 標準報酬月額を下げるためには条件があって、休職期間中にはその条件を満たすことができないのです。 しかし、社会保険には 傷病手当金というありがたい制度もあります。 社会保険に加入している方が、業務外のケガ等が原因で休職した場合には傷病手当金が支給されます。 傷病手当金の額は、給料の約2/3です。 支給期間は1年6ヶ月です。 これはありがたい制度です。 まあ、毎月高い保険料を支払っているので、これくらいの手当はあたりまえなのですが・・・。 それでは、 休職期間中の社会保険料、税金について簡単にまとめてみました。 ・厚生年金 ・・・ 休職前と同じ額の負担です。 ・健康保険 ・・・ 休職前と同じ額の負担です。 ・雇用保険 ・・・ かかりません。 ・労災保険 ・・・ かかりません(全額会社負担)。 ・所得税 ・・・ かかりません。 ・住民税 ・・・ 前年の収入に対して課税されます。 業務が原因での休職は「 労災保険の休業補償給付」、 業務外でのケガ等による休職は「 健康保険の傷病手当金」で生活保障されます。 最後に・・・請求するのを忘れないでください。 請求しなければもらえません。 当事務所との契約についてはから.

次の