ヘルペスを一日で治す方法。 性器ヘルペスの症状や原因、薬物治療の方法などを専門医が解説

口唇ヘルペスを早く治す方法 — みんな健康

ヘルペスを一日で治す方法

身近に潜むヘルペス ヘルペスと聞くと何か特別な病気と思われる方もいらっしゃると思います。 ですが、身近にあるウイルスが原因で多くの方が感染している珍しくはない病気なのです。 例えば幼い頃多くの方が発症する 水疱瘡、そして大人も発症する 帯状疱疹などもヘルペスウイルスに分類されます。 有名な口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどもあります。 そんな身近なヘルペスは、できてしまってから薬で治療するだけでなく、普段の食事に気をつけることで発症の予防を助けることができるかもしれません。 食べ物で免疫力を持続させてヘルペスを予防する ヘルペスは体の免疫力が低下したときや何らかの刺激を受けたときに症状を発症することが多いと言われています。 そのため、免疫力を高めて持続させて行くのも発症予防のひとつと言えそうです。 免疫力をアップさせるために必要な栄養素として、 ビタミン類や鉄分などがあります。 そのほかの栄養素に亜鉛、セレン、リコピン、フコイダン、ゴマリグナン、乳酸菌、オリゴ糖などがあります。 ビタミンAは油に溶けやすいビタミンなので、野菜炒めなどで吸収力をアップさせましょう。 ビタミンAは、皮膚や粘膜の代謝を正常に保つはたらきをします。 ビタミンCは水に溶けやすい栄養素です。 最近ではデトックスウォーターとして、いちごやキウイなどのフルーツとミントなどのハーブを水にいれて飲むことが流行中です。 ビタミンCは免疫細胞のはたらきを高め、鉄分の吸収率を高めてくれます。 鉄分は免疫細胞の殺菌能力を活性化します。 ビタミンEも、油に溶けやすいビタミンです。 抗酸化作用があり皮膚の代謝を高めます。 ビタミンB2は水に溶けやすいビタミンです。 不足すると口角炎や口内炎などがおこりやすくなります。 しっかりと摂取すれば粘膜を正常にはたらかせます。 これらのビタミンは身近な食品に含まれていますので、積極的に摂取すれば予防の一助となりそうです。 ヘルペスとアルギニン ヘルペスと言えば、 アルギニンというアミノ酸成分がクローズアップされています。 アルギニンを含む食べ物として、 大豆類、肉類、中でも豚ゼラチン(皮に多く含まれる)や牛肉、鶏肉、エビやマグロ、かつお節、ごまなどが挙げられます。 さまざまな説がありますが、アルギニンを摂取しすぎるとヘルペスを発症してしまうという説もあります。 しかし、科学研究費助成事業研究成果報告書(平成25年6月13日)によると、アルギニンはヘルペスウイルスを不活化させるとの研究結果が報告されています。 まだ研究段階なので断定はできませんが、アルギニンを含む食べ物やサプリメントを摂取することで、ヘルペスの予防に役立つ可能性が出てきました。 アルギニンの過剰摂取は体に悪いので、適量を摂取することによって体の免疫力を高めヘルペスの発症を予防することが期待できます。 また、発症してからもヘルペスを早く治す手助けとなることが期待できます。

次の

ヘルペスとは?口唇ヘルペスの原因となるウイルスの感染経路や予防、治療

ヘルペスを一日で治す方法

唇に小さな水ぶくれができて、痛い、痒い、みっともない。 できてしまうと面倒な口唇ヘルペスですが、特に厄介なのは何度も繰り返し再発する点です。 口唇ヘルペスを抑えるには、病院で飲み薬を処方してもらうのが一番効果的ですが、再発するたびに毎回病院に行くのはなかなか大変なものです。 ではどうしたら良いのか? 自然に治癒するのを待つという方もいらっしゃるかもしれませんが、それは賢明な方法とは言えません。 自然に治癒するには1〜3週間かかると言われていて、その間、痛みや痒みなどの不快症状に悩まされることになります。 また、口唇ヘルペスは非常に感染力が強いため、3週間も放置している間に周りの人に感染してしまう恐れもあります。 本人のためにも周りの人のためにも出来るだけ早く症状を抑える必要があるのです。 そこで、そんな再発を繰り返す方にオススメしたいのが、市販薬の使用です。 市販薬は薬局で購入できて手軽に治療を始められるので、何度も繰り返す再発治療にぴったりです。 ここでは、口唇ヘルペスを市販薬で治すために必要な知識を、ご紹介していきたいと思います。 市販薬の購入方法 市販薬を購入する際には注意しなければいけない点が2つあります。 薬剤師からしか買えない 口唇ヘルペスの市販薬は第一類医薬品に分類され、薬剤師が管理する薬局でしか取り扱うことができません。 購入の際には、薬剤師からいくつか質問をされ、その答えから市販薬の使用に適した症状がでていると判断されれば、販売してもらうことができます。 最近は、塗り薬と通販で買える「ヘルぺケア」が定番になっています。 この二つの組み合わせは効率的でほとんどの方が利用しています。 再発した場合のみ買える 口唇ヘルペスの市販薬は、あくまで再発治療を目的として販売されているため、過去に病院で口唇ヘルペスと診断されたことがあり、今回も同じ症状である場合に限り購入することができます。 つまり、初めて発症したというケースでは購入することができないのです。 再発か初めての感染かは、薬剤師からの質問で必ず聞かれ、最終的な販売の可否は薬剤師が決めます。 確実に購入できるように、この2点を踏まえた上で薬局に行きましょう。 市販薬の種類 口唇ヘルペスの市販薬は、軟膏やクリームなどの外用薬のみで、内服薬は販売されていません。 様々な製薬会社から販売されていますが、その全てに「アシクロビル」や「ビタラビン」などの抗ウイルス薬が配合されています。 これらの抗ウイルス薬がヘルペスウイルスの遺伝子に働きかけることにより、ウイルスの増殖を抑え、症状を改善してくれるのです。 代表的な市販薬としては次のようなものがあります。 市販薬の効果的な使用法 市販薬を使用する場合には「早期発見、早期治療ができるか」がポイントになってきます。 市販薬として販売されているのは外用薬のみですが、外用薬は内服薬に比べ効果が弱いと言われています。 そのため、症状が酷くなってから市販薬を使うのでは、十分な効果を得られないことがあるのです。 口唇ヘルペスが再発すると、初期症状として赤み、熱っぽさ、痛みなどを感じます。 これらのサインを感じたらすぐに外用薬を塗って、軽症のうちにウイルスの増殖を抑えてしまいましょう。 口唇ヘルペスを飲み薬で治せるの? 口唇ヘルペスには飲み薬が効く? 唇に痛みや痒みをともなう小さな水ぶくれができる、口唇ヘルペス。 何度も再発を繰り返すのが特徴で、再発するたびに痛み、痒み、見た目の恥ずかしさを感じる、とても煩わしいものです。 口唇ヘルペスは皮膚疾患であることから、軟膏やクリームなどの塗り薬で治療するものと思われがちですが、実は飲み薬による治療の方がより高い効果を得られることがわかっています。 なぜ飲み薬の方が効果的なのでしょうか? 口唇ヘルペスは根治できない そもそも口唇ヘルペスは、「単純ヘルペス1型ウイルス」に感染することが原因で引き起こされます。 感染は、感染者との直接的あるいは間接的な接触によって起こります。 この「単純ヘルペス1型ウイルス」の最も厄介な点は、一度体に入ってしまうと根絶することができないということです。 口唇ヘルペスの治療薬には外用薬・内服薬・注射薬がありますが、現時点では、どの薬も「単純ヘルペス1型ウイルス」の働きを抑えることはできても、死滅させることはできません。 症状が治まっても、「単純ヘルペス1型ウイルス」自体は死んでおらず、体内の神経節というところに隠れて住み着いているのです。 そしてこの潜伏しているウイルスが、風邪、疲労、ストレス、ダイエット、紫外線などによる免疫力の低下をきっかけとして再活性化することで、口唇ヘルペスが再発してしまうのです。 飲み薬は、口唇ヘルペスの「改善・防止」に効果的 口唇ヘルペスの治療は「根治」ではなく、「改善・防止」を目的に行います。 そして、その「改善・防止」に向いているのが飲み薬なのです。 塗り薬には、薬局でも手に入り、手軽に治療を始められるという利点がありますが、薬を塗った患部にしか成分が届かないので、症状が軽い場合にしか効果が得られないという難点があります。 また、ウイルス自体は神経節内に留まり続けるため、再発を防止する効果も期待できません。 一方、飲み薬には、市販されていないので、病院で医師から処方してもらわなければならないという難点があります。 しかし、成分が神経節内のウイルスにまで届いて活動を抑制するので、回復が早く、再発しにくくする効果も期待できるという利点があるのです。 口唇ヘルペスに効く代表的な飲み薬 口唇ヘルペスの「改善・予防」には飲み薬が効果的であることがわかりました。 では、具体的に飲み薬にはどのようなものがあるのでしょうか? 見ていきましょう。 ゾビラックス 口唇ヘルペス対策の飲み薬として、昔から使われてきた抗ウイルス薬です。 主成分のアシクロビルが、ヘルペスウイルスの増殖を抑制します。 ただし、服用回数が1日5回と多いため、飲み忘れの危険性が高くなるのが難点です。 バルトレックス ゾビラックスを改良した抗ウイルス薬です。 主成分はバラシクロビルで、ヘルペスウイルスの増殖を抑制する効果があります。 ゾビラックスと比べて、体内への吸収率が高いので、服用回数を1日1〜3回と少なくすることができます。 そのため、現在ではゾビラックスよりもバルトレックスを処方されることが多くなっています。 口唇ヘルペスは飲み薬で早期治療を! 市販薬を使用しても症状が治まらない、あるいは酷くなる場合は、迷わず病院を受診しましょう。 重症化すると、水ぶくれが潰れたところにシミができてしまうことがあります。 また、口唇ヘルペス以外の病気にかかっている可能性もあります。 自己治療の場合には、効果が出なかったらすぐに見切りをつけるということも大事なのです。 毎日飲むのは少しめんどくさいですが、ほとんどの方が塗り薬とのサプリを合わせて利用しています。 それで再発や治療は凄く良くなるので試してみてください。 口唇ヘルペスの原因はなに?なぜ? ヘルペスとは、皮膚に痛みや痒みをともなう小さな水ぶくれができる、炎症性皮膚疾患のことをいいます。 顔、手指、性器など様々な場所にできますが、特に口唇にできるものを口唇ヘルペスと呼びます。 この口唇ヘルペスは、ヘルペスの中でも最もよくできるもので、何度も再発を繰り返すのが特徴です。 痛みや痒みが頻繁に起こるのは不快ですし、人目につきやすい口唇にプツプツと水ぶくれがあるのは、見た目も悪く恥ずかしいものです。 この困った口唇ヘルペスは、どうしてできるのでしょうか?また、なぜ再発を繰り返すのでしょうか? 原因を見ていきましょう。 口唇ヘルペスはどうしてできるの? 口唇ヘルペスは「単純ヘルペス1型ウイルス」というウイルスに感染することが原因で引き起こされます。 この「単純ヘルペス1型ウイルス」は感染力が非常に強く、現時点では根治させる方法は見つかっていません。 そのため、成人でいうと、約7割もの人が感染しているといわれています。 「単純ヘルペス1型ウイルス」に感染しないためには? 感染は、患部への直接的あるいは間接的な接触によって起こります。 直接的な接触とは感染者とのキス、食べ物や飲み物の口移し、セックスなどを、間接的な接触とはタオルや食器の共用などを指します。 感染しないためには、これらの接触を避けることが重要です。 また、発症者の側でもマスクをする、患部に触れたら手を洗うなど、周りの人にうつさないための配慮が必要です。 口唇ヘルペスはどうして再発するの? 口唇ヘルペスというと、一旦症状がおさまっても、また何度も再発を繰り返すというイメージがあります。 これは、口唇ヘルペスの原因である「単純ヘルペス1型ウイルス」が、体内の神経節というところに潜り込んで、そこに住み着いてしまうことによります。 神経節内に住み着いたウイルスは普段はおとなしくしていますが、風邪、疲労、ストレス、ダイエット、紫外線などによる免疫力の低下をきっかけとして活性化し、再び口唇ヘルペスを引き起こすのです。 再発しないためには? 口唇ヘルペスの再発が、体内に潜り込んだウイルスの再活性化により引き起こされること、そしてその再活性化の引き金になるのが免疫力の低下だということがわかりました。 つまり、口唇ヘルペスを再発させないためには、日頃から免疫力が低下しないように過ごせば良いわけです。 具体的にどのように過ごせば良いのかみていきましょう。 《免疫力の低下を防ぐ過ごし方》• マスクの着用や手洗いうがいを徹底して、風邪をひかないようにする• 十分に休息を取り、疲労をためない• 体質改善サプリメントを利用する• 自分なりの発散法をみつけて、ストレスをためない• 栄養バランスの良い食事を心がけ、過度なダイエットはしない• 帽子や日焼け止めなどを利用して、直射日光を避ける• 適度な運動をして、体力をつける 注意していても感染や再発してしまったら 口唇ヘルペスができる原因と再発する原因、またそれぞれの防ぎ方がわかりましたね。 しかし、口唇ヘルペスは、知識があって予防法を実践していても、感染や再発してしまうことが多々あります。 口唇ヘルペスの感染力が非常に強いため、また現代人にとって疲労やストレスをゼロにするのが難しいためです。 もし、注意していても感染や再発してしまったら、できるだけすぐに薬を使用することが大切です。 初期の軽い症状であれば、薬の使用で短期間に抑えることが可能です。 短期間でおさまれば、周りへの感染も最小限に抑えられます。 予防と同じく、うまく付き合っていくことも重要だと念頭に置いておきましょう。 口唇ヘルペスがうつる危険は?なぜ? 唇に痛みや痒みをともなう小さな水ぶくれができる、口唇ヘルペス。 何度も再発を繰り返すのが特徴で、再発するたびに痛み、痒み、見た目の恥ずかしさを感じる、とても煩わしいものです。 また、口唇ヘルペスというと「うつる」というイメージがあります。 口唇ヘルペスはどのようにしてうつるのでしょうか?またなぜうつりやすいのでしょうか? 口唇ヘルペスはどんなことでうつる? そもそも口唇ヘルペスは、「単純ヘルペス1型ウイルス」に感染することが原因で引き起こされます。 感染経路は、感染者との直接的あるいは間接的な接触です。 では、「単純ヘルペス1型ウイルス」の感染経路である、直接的・間接的接触にはどんなものがあるのでしょうか? 見ていきましょう。 グラスやタオルの共用で口唇ヘルペスうつる? 感染者が使ったグラスやタオルを介して、ウイルスがうつります。 間接的な接触による感染の代表例です。 感染を防ぐためには、感染していない人がこれらの接触を回避するよう注意することが必要です。 そして、感染者の側でもマスクをする、患部を触ったら手を洗うなど、ウイルスが他の人につかないように心掛けることが大切になります。 口唇ヘルペスはどうしてうつりやすい? 口唇ヘルペスには、一旦症状が治まっても、また何度も再発を繰り返すという特徴があります。 この再発しやすいという特徴こそが、口唇ヘルペスがうつりやすい原因なのです。 何度も再発するということは、その度に周りに感染する可能性ができるということだからです。 しかし、これは逆に言えば、再発を防ぐことができれば、感染の可能性を減らすことができるということでもあります。 口唇ヘルペスの再発は、体内に潜んでいる「単純ヘルペス1型ウイルス」が、免疫力の低下をきっかけに再活性化することで引き起こされます。 つまり、日頃から免疫力が低下しないように過ごせば、口唇ヘルペスの再発を防ぎ、感染拡大も防ぐことができるわけです。 具体的にどのように過ごせば良いのかみていきましょう。 じつはあなたも感染しているかも?.

次の

性器ヘルペスの症状や原因、薬物治療の方法などを専門医が解説

ヘルペスを一日で治す方法

単純ヘルペスウイルス2型の起こす代表的な病気は、性器に水ぶくれを発症する「性器ヘルペス」です。 単純ヘルペスウイルス2型は特に再発頻度が高く、男性で1年に12回程度、女性で7回程度です。 水痘・帯状疱疹ウイルス 水痘・帯状疱疹ウイルスは帯状疱疹の原因となるウイルスです。 子ども時に初めて感染すると、水ぼうそうとして発症します。 その後、大人になって帯状疱疹として再発することが知られています。 帯状疱疹は、発症すると痛みが出るのが特徴です。 また、帯状疱疹に一度かかると、再発することはまれで、再発した場合も比較的軽い症状ですみます。 単純ヘルペスウイルスは感染力の強いウイルスです。 感染経路は大きくわけて2つあります。 水ぶくれなどの症状がある人からの「接触感染」とウイルスがついた「物を介した感染」です。 1型は、接触感染ではほおずり、キスなど、物を介した感染では食器、タオルなど。 2型は、接触感染の多くは性行為で、物を介した感染ではタオルなどが原因で感染します。 皮膚にはウイルスをバリアする機能があるため、通常はウイルスが皮膚についただけでは感染しません。 ただし、皮膚に傷や湿疹などがある場合は、皮膚のバリア機能が弱まっているので感染しやすくなります。 お風呂で感染することはない ヘルペスウイルスは比較的熱に弱く、大量のお湯によって薄まるため、お風呂のお湯を介して感染することはありません。 ただし、タオルを使い回している場合は、感染してしまう可能性があります。 性器感染症の感染リスクに注意 性器にヘルペスの症状が出ている場合は、患部のバリア機能が低下しているため、その状態で性行為をすると他の性感染症の感染リスクも高まりますので、注意が必要です。 ヘルペスの症状が出ている時は、他の場所への感染に注意 抗ヘルペスウイルス薬は発症時期や症状によってのみ薬、ぬり薬、点滴を使い分けます。 のみ薬は「バラシクロビル」と「ファムシクロビル」、ぬり薬と点滴は「アシクロビル」と「ビダラビン」を使用します。 のみ薬 治療の中心はのみ薬です。 体内のウイルスにも効くため、ウイルスの増殖が盛んな初期に用いると効果的です。 また、再発を繰り返している人の場合には、ビリビリ感やチクチク、ムズムズといった水ぶくれができる前の違和感を感じた時にのみ薬の抗ヘルペスウイルス薬を使用することで、症状を軽くすることができます。 ぬり薬 ぬり薬は、皮膚に出てきたウイルスに効果があるので、治りかけのときや軽症のときに使用します。 ただし、ぬり薬は皮膚に出てきたヘルペスウイルスにしか、効果はありません。 また、ぬり薬は市販薬としても販売されており、病院で処方されるものと比べて、成分や効果に大きな差はありません。 点滴 点滴は、ヘルペスウイルスが全身に広がって発熱した場合やただれ・痛みが激しい場合など、すぐに効果が出て欲しいときに使用します。 ヘルペスウイルスの再発を予防「再発抑制療法」 また、性器にヘルペスを年に6回以上再発する人には「再発抑制療法」という治療法があります。 これは、ヘルペスウイルスによる症状が出ていない日も、毎日通常量の半分の抗ヘルペスウイルス薬を予防的に服用して、あらかじめウイルスの再発を防ぐ治療法です。 ヘルペスウイルスはコントロールできる病気 ヘルペスウイルスは、一度感染すると、一生体内に住み続けて再発を繰り返します。 ただし、適切な予防や治療を行うことでコントロールすることが可能な病気です。 日頃から免疫を落とさないように体調管理を行うことが予防になります。 発症した場合は、感染しないように注意しつつ、早めに治療するようにしましょう。 この記事は以下の番組から作成しています•

次の