ラカント お菓子。 今プロたちが大注目! 低糖質を実現する素材がラカントから発売!

カロリー0・糖質0の甘味料 ラカントs について

ラカント お菓子

ラカントsとパルスイートの違いは?原材料から危険性を考える 糖質制限などをしていて、甘味が取りたくなると必須なのが血糖値に影響がない甘味料です。 代表的なのはラカントSとパルスイートですね。 どちらも病的な糖質制限などでも使われる調味料になります。 ラカントsとは? サラヤ株式会社から発売されているカロリーゼロの自然は甘味料です。 原材料としては、ラカントの名前通りの羅漢果エキスとトウモロコシの発酵から得られるエリスリトールです。 ただし、主成分はエリスリトールになっています。 風味付け程度に羅漢果エキスが使われているイメージですね。 パルスイートとは? 味の素株式会社から発売されている低カロリー甘味料です。 原材料としてはアスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース、アドバンテーム、エリスリトール、還元麦芽糖水飴などになるようです。 なかなか原材料の種類が多いですね。 ラカントSでは主成分パルスイートでも含まれているエリスリトールから見ていきましょう。 特徴は爽やかな甘味、虫歯の原因になる酸をつくらない、糖代謝に影響を与えない、下痢を起こしづらい 甘みは砂糖の75%ほどだそうです。 料理に使う場合などは要注意ですね。 砂糖と同分量で調理すると甘味が足りません。 次にパルスイートに含まれているアセスルファムK(カリウム)は砂糖の200倍の甘みを有します。 こちらはザ合成甘味料ですね。 原材料は酢酸になるようです。 酢酸から甘味が作れるのは科学の凄さを感じますね。 スクラロース、こちらも人工甘味料で甘さは砂糖の600倍という恐ろしいほどの甘さになっています。 こちらは砂糖を化学的処理を行うことで生成されるようです。 安全性も大丈夫ですね。 アドバンテームはなんと2014年に味の素株式会社が開発した甘味料になります。 こちらは驚きの砂糖に比べて1400倍~48,000倍の甘味料になります。 安全性は諸外国でも基準をクリアしているので問題ないでしょう。 還元麦芽糖水飴はエリスリトールと同じで自然の食品から採れる甘味料です。 安全性はもちろん保証されています。 ということで、基本的にラカントS、パルスイート両者ともに安全性には問題ありません。 ただし、常識的な範囲で摂取する場合にはと但し書きが付きます。 どんな食品でも過剰に摂取してしまっては健康に害が出ます。 常識的な範囲での利用を心がけましょう。 広告 ラカントSは血糖値に影響はある?糖質はどれくらい含まれているのか ラカントSの原材料は上記でも説明しました通り、羅漢果エキス、エリスリトールになります。 主成分である、エリスリトールには血糖値を上げる糖質は含まれていません。 羅漢果エキスにもほとんど血糖値が上がるような糖質は含まれていません。 そのため、ラカントSはカロリーゼロになります。 糖尿病による糖質制限でもよく使われるラカントS ダイエット目的でも行われる糖質制限ですが、糖尿病に罹患した患者さんも必要になります。 多くの糖質制限では主食を制限します。 当然おやつなどは糖質過多なので取れません。 そこで、ラカントSを利用したお菓子であれば、食べられるというわけです。 とは言え、小麦粉などは糖質が多量に含まれているので作れるものも限られます。 一番間違いないのはプリンですね。 原材料は卵、牛乳、砂糖だけですから砂糖と置き換えるだけで糖質はグッと抑えられます。 最近ですと、コンビニなどにもロカボなお菓子などが置いていますからそういった物を利用するのも一択ですね。

次の

おいしく使うワンポイントアドバイス|使い方のコツ|カロリー0の自然派甘味料『ラカントS』 公式サイト

ラカント お菓子

今日は、朝から梅雨の走りのような雨。 土砂降りにはなってませんが、しとしとしとしと降り続いています。 降り続く雨を見ていていつも思うのですが、雨雲を移動させるってできないもんなんですかねぇ。 これができれば、水害が起こるくらい降ってる地域の雨を、干ばつで苦しんでる地域に降らすことができるじゃないですか。 まあ、そんなことができれば、とっくの昔にやってるわなと思う、あらてつです。 我ながらいいアイデアだと思うのですが…。 ドラえもんの映画に出てきそうな話は置いといて。 先週の記事で、 「アンタとこの商品、原材料に砂糖って書いてあるやないの!本には砂糖はアカンて書いてあるで!どういうこと!」 なんてお電話を頂く話、書きました。 これと本質が同じご質問、いや有り体に云うと、質問じゃなくてクレーム(笑)があります。 どんな内容かと言いますと 「アンタとこで買ったラカント、成分見たら炭水化物が99. 8%と書いてあるやないか。 糖質制限では、炭水化物アカンのちゃうんか!どないなっとんねん!」 こんな感じ(笑) このラカントS以外でも、私ども糖質制限ドットコムで扱っていない、例えば味の素さんのパルスイートカロリーゼロなどの、所謂ゼロカロリー甘味料についても、こちらはクレームじゃなくて「使っていいのでしょうか?」と、まっとうなご質問(笑)を頂くこともあります。 この話は何度か書いてますが、何度もご質問頂くので、また書きますね(笑) ラカントSの成分表には、 100g中 熱量 0kcal 炭水化物 99. 8g 糖質 99. 8g と書いてありますし、パルスイートカロリーゼロの成分表は、 3. 0g(小さじ1杯)の標準栄養成分 エネルギー 0kcal 糖質 3. 0g となっています。 確かに、炭水化物も糖質も、糖質制限じゃ食べちゃダメ食材です。 じゃあなんでこれらの甘味料を糖質制限で使っていいの?なんですが、ラカントSもパルスイートカロリーゼロも、主原料がエリスリトールと呼ばれる糖で、このエリスリトールは、栄養分類上「糖質」になります。 ちょっと話が逸れますが。 ここでややこしいのが、日本の栄養成分表示では、最近まで「糖質=炭水化物」で表記してよかったんですよ。 糖質と炭水化物が同義語だったんですよね。 なもんで、以前のラカントSの栄養成分表示のように、エリスリトールは糖質なのに、 100g中 炭水化物 99. 8g なんて表記がなされて混乱する訳です。 話を戻します。 エリスリトールは、食べて吸収されても体内で栄養として使われずに、殆どが身体の外に排出されます。 「栄養として使われない=カロリーにならない」ので、所謂、カロリーゼロ甘味料の主原料になっています。 このエリスリトールに、各社、羅漢果エキスやアスパルテームなど、これまたカロリーにならない甘味料を足して、各社独自のゼロカロリー甘味料を作っている訳ですね。 なので、例え成分表の炭水化物が100g中100gだったとしても、原材料がエリスリトールや羅漢果エキスやアスパルテーム、アセスルファムKなど、吸収されないか吸収されても体内で使われない糖や甘味料だったら、糖質制限中で使っても大丈夫、ということになります。 なので、ラカントSの栄養成分表示に炭水化物99. 8%と書いてあっても、安心してお使いください(笑).

次の

カロリー0・糖質0の甘味料 ラカントs について

ラカント お菓子

「ラカント」のよくあるご質問 何からできているの? 「ラカント」は、「羅漢果(ラカンカ)」の「高純度エキス」と、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」から作られています。 「羅漢果」は古くから漢方として親しまれ、あらゆる病の予防と治療に効果を発揮する「長寿の神果」として伝えられています。 栽培が難しく、今は"保護植物"に指定され、政府が生の果実の国外持ち出しを禁止しているほど貴重なウリ科の果実です。 「羅漢果」は桂林でしか生育していない植物で、その「高純度エキス(配糖体)」は砂糖の約300倍の甘さがあります。 サラヤは現地研究機関の協力を得て、「高純度 羅漢果エキス」の製造技術を確立し、特許成分として国による安全性確認の試験を経て認可されました。 「ラカント」は、国が安全性を保証しているこの「高純度エキス」で作られています。 主成分である天然甘味成分「エリスリトール」とは何ですか? 「エリスリトール」は、トウモロコシの"でん粉"からつくられるブドウ糖を酵母により発酵させて作られます。 また、「エリスリトール」はワイン、日本酒、ビール、キノコ、すいかなどにも含まれており、人や動物の組織や体液にも存在することが知られています。 ほとんどが腸で吸収されますが代謝されないため、エネルギーとして利用されません。 そのためカロリーが発生しない唯一の甘味料として幅広い食品に使用されております。 「羅漢果(ラカンカ)」の安全性は大丈夫ですか? 「羅漢果(ラカンカ)」は、水と空気がきれいな場所、桂林でしか栽培できず、保護植物に指定され、政府が生の果実の国外持ち出しを禁止しているほど大変貴重な果実です。 「ラカンカエキス」及び「ラカンカ抽出物」をはじめ、「ラカントS顆粒」に農薬が残留していないことを定期的に確認しています。 尚、原材料および製品の製造工程においては、十分な品質管理と衛生技術を取り入れ、安全性を第一義的に重視して製造しています。 加熱しても"甘味"は損なわれませんか? 「ラカント」は、加熱をしても甘味が損なわれません。 そのため、煮込み料理やグリル料理、ケーキやクッキーなどの焼き菓子づくりなど、幅広いメニューにご活用いただけます。 下痢を起こしたりしませんか? マルチトールやソルビトールに代表される糖アルコールは、一時に多量に摂取すると一過性の緩下作用(下痢)を示すことがあります。 そのため、通常の糖アルコールよりも下痢を起こしにくく、腸内でのガスの発生量は少ないと報告されています。 妊娠中や子供に使用できますか。 「ラカント」の主成分である「エリスリトール」は、単回経口投与、反復経口投与、生殖毒性、変異原性・抗原性試験 アレルギー性試験)、および代謝試験などが実施されており、安全性は証明されておりますのでご安心ください。 ただし、妊娠中は普段口にされている食品でも体調を崩される方もいらっしゃることから、心配な方はご利用時には担当の医師にご相談されることをおすすめします。 コレステロールは含まれていますか? コレステロールは含まれておりません。 「ラカント」でカラメルを作ることはできますか? 「ラカント」はカラメル化しないので、カラメルを作ることはできません。 「ラカント」単体での加熱のし過ぎにはご注意ください。 「ラカントS顆粒」「ラカントホワイト」「ラカントSシロップ」に関するご質問 「ラカントS顆粒」と「ラカントホワイト」の違いを教えてください。 「ラカントS顆粒」は原料に焙煎された「羅漢果エキス」を使用しているため、コクのある風味で、煮物などにおすすめです。 一方、「ラカントホワイト」は「羅漢果エキス」から甘味成分のみを取り出した「ラカンカ抽出物」を使用しています。 「ラカンカ抽出物」は「羅漢果エキス」から色や味等の雑味を取り除いたものですので、すっきりした味になり、コーヒーや紅茶などにおすすめです。 それぞれの特長により、おいしく使い分けができるようにしています。 「ラカントS顆粒」、「ラカントSシロップ」、「ラカントホワイト」それぞれの賞味期限を教えてください。 「ラカントS顆粒」と「ラカントホワイト」は製造日から2年、「ラカントSシロップ」は製造日から1年半となります。 「ラカントS顆粒」、「ラカントSシロップ」、「ラカントホワイト」に水を混ぜて、熱し続けていけば、飴のように固まったり、煮詰まったりしますか? 「ラカント」は、主成分の「エリスリトール」に「高純度 羅漢果エキス」を配合することにより、砂糖とほぼ同等の甘味度で、かつ砂糖に近い甘味質に調整しています。 主成分の「エリスリトール」は、砂糖のように水と混ぜて加熱を続けても、水飴のように粘性が高くなりません。 いくら煮詰めても、水溶液のような状態が続き、カラメル化や水飴化にならないのが、砂糖と異なるところです。 しかし、十分に煮詰めた後に、冷却すると飴のように固まりますが、結晶化していますので、食感はジャリジャリとしたものになります。 「ラカント」単体での加熱のし過ぎにはご注意ください。 「ラカントS顆粒」と「ラカントホワイト」が結晶化してしまうことがあるのですが、改善方法はありますか? 「ラカントS顆粒」と「ラカントホワイト」の主成分である「エリスリトール」は、砂糖に比べると、低温で溶けにくく結晶化しやすくなっています。 したがって普段の料理で使用する分には問題ありませんが、多量に使用する際は冷却時の温度低下に伴い「エリスリトール」の結晶が析出することがあります。 その際は砂糖との併用をご検討いただくか、すり鉢などで粉末状にしてふりかけてご使用いただくことをおすすめします。 尚、この「エリスリトール」の結晶は加熱することにより再度溶解します。 「ラカントS顆粒」にカリウムは含まれていますか? 「ラカントS顆粒」には、100gあたり 12. 4mg程度のカリウムが含まれています。 「ラカントホワイト」にカリウムは含まれていますか? 「ラカントホワイト」のカリウムの含有量は製品100g当たり1mg未満です。 「ラカントSシロップ」にカリウムは含まれていますか? 「ラカントSシロップ」には、100gあたり 8. 5mg程度のカリウムが含まれています。 「ラカントSシロップ」の保存方法はどのようにすればいいのでしょうか? 開封前は、直射日光、高温多湿を避けて、常温で保存してください。 開封後は、要冷蔵ですので、冷蔵庫などで保管してください。 「ラカントS顆粒」や「ラカントホワイト」は1日にどれぐらい食べてもいいのですか? 「ラカントS顆粒」や「ラカントホワイト」の原料である「エリスリトール」は、安全性が高いことが証明されておりますので、1日の許容上限摂取量は特には設けておりません。 ただし、「エリスリトール」は他の糖アルコールと同様、一度に大量に摂取すると体質により、お腹が緩くなることがあります。 しかし、一過性のもので痛み等の心配はありません。 あえて許容上限摂取量を設定するとすれば、個人差がありますが、成人一日のエリスリトール許容上限摂取量は30~40g前後(男性に対して0. ご自身のご判断で適量でお召し上がりください。 「ラカント カロリーゼロ飴」に関するご質問 「ラカント カロリーゼロ飴」を食べたとき、口の中がイガイガしたり、または喉が渇くような感じがするのですが? 「ラカント カロリーゼロ飴」の主成分である「エリスリトール」の特徴として、溶解時の吸熱作用や浸透圧差などから口渇感等の刺激を受ける場合があることが関係していると思われます。 この刺激を感じる程度には個人差がございますが、体への影響はございませんのでご安心ください。 「ラカントカロリーゼロ飴」は、1日に何個ぐらい食べても大丈夫ですか? 「ラカント カロリーゼロ飴」の原料、「エリスリトール」は、弊社商品「ラカントS顆粒」と同様に、安全性が高いことが証明されているものですので、1日の許容摂取量は特には設けておりません。 ただし、「エリスリトール」とは他の糖アルコールと同様、一度に大量に摂取すると、体質により、お腹が緩くなることがありますが、一過性のものであり心配はありません。 あえて許容摂取量を設定するとすれば、個人差がありますが、成人一日のエリスリトール摂取限度量は30? 40g前後とされていますので、10? 15個程度にされれば問題ないと思われますが、ご自身のご判断で適量でお召し上がりください。

次の