体 脂肪 率 5 落とす。 体脂肪を1ヶ月で5%落とすために欠かせない筋トレと食事メニュー

体脂肪率5%を切るとどうなる?芸能人の体脂肪率まとめ(ブログ詳細)

体 脂肪 率 5 落とす

体脂肪率5%以下はどんな状態? 体脂肪率が5%以下になると血管や筋繊維はむき出しになり、腹筋の筋は肌を焼かなくてもくっきり割れて見えます。 そしてたっている時はもちろんの事、座った状態でもお腹の皮はほとんど摘めないです。 また体脂肪は人間の体を動かす貴重なエネルギーでもあるのでここまで低いと健康にも影響が出てきます。 めまい、ふらつき、貧血、無気力、無性欲、肌荒れ、女性ならば生理も確実に止まってるし胸はなくなります。 同じ体脂肪率5%でも人によって大きく健康状態が変わる 極端に筋肉のない人であれば体脂肪率5%でもさほど生活に支障はありません。 元々の消費エネルギーが少ないので脂肪が少なくても生命を維持することはできます。 もちろん貧血を起こしやすくなったり、無気力だったり、性欲がなくなるなどの症状はでますが。 でもある一定以上の筋肉を持った人が5%以下になると、消費エネルギーに対して脂肪が足りていない状態なので日常生活すら苦痛に感じ始めます。 そしてボディビルダークラスで体脂肪率5%以下になった場合は全身の筋肉の筋は丸見えになり、どこを摘んでも手の甲の皮くらいしかない状態になります。 しかし この状態は生活どころか立っていることすら難しく命の危険にも関わってきます。 体脂肪率5%はナチュラルでは不可能に近い 筋肉が殆ど無いガリガリの人ならば不可能ではないでしょうけど・・・体脂肪率5%以下は 普通にダイエットや筋トレをした程度では無理です。 まず5%以下なんて到達できません。 ある程度の筋肉を搭載した状態で5%以下は修羅の道です。 例外なく凄まじい努力が要求されるでしょう。 それはもはや 食事管理などといった次元ではなく、糖質を完全にカットしていき骨身を削る減量をしていく必要があるのです。 テレビの話は鵜呑みにしちゃいけない テレビで紹介される芸能人やスポーツ選手の体脂肪率は誇張されてるパターンが数多くあります。 例えば室伏広治選手が体脂肪率3%と言われていますが・・・ありえません。 あの圧倒的な筋肉で体脂肪率3%なんて状態にしてしまったら試合どころではないし、そもそも砲丸投げで体脂肪率を落とす必要はありません。 他にもアイドルなどはどうしても体脂肪率を誇張しておいたほうがイメージアップに繋がりますからね。 なのでテレビの体脂肪率関係の話はあまり鵜呑みにしないほうがいいです。 と言うよりは テレビはその時のトレンドでウケるように内容を作っているので、フィットネス関係の話自体あまり信じないほうがいいかもしれませんね。 体脂肪率5%以下の体を作るには? 長々と話してきましたが、ようやく本題です。 体脂肪率5%以下にするには主に3つの方法があります。 A:ガリガリに痩せるの覚悟で断食レベルの食事と有酸素を繰り返す B:ボディビルダークラスの減量を実行(徐々に炭水化物を減らし、最終的には糖質完全カット+超ハードなウェイト+HIITや有酸素) C:やなどの減量用のアナボリックステロイドをスタックして減量 どの方法にしてもちょっと常識を逸脱したやり方が求められます。 強いて言えばAの方法は体が栄養を取らないのに慣れるので難易度としては一番低いかもしれません。 Bの方法は正攻法ですが最も難易度は高いです。 完璧な食事制限と超ハードなウェイトトレーニングをこなすには相当の精神力を要求されますからね。 なにせプロのボディビルダーでも大会用に体脂肪率5%以下にまで絞るのは稀です。 一番現実的なのはCの減量効果の高いアナボリックステロイドのスタック。 これは有酸素せずにウェイトのみで痩せれて尚且つ筋力も維持できます。 とは言え完璧に元の筋肉を維持するのは不可能だと思いますが・・・どうなのでしょう。 僕も体脂肪率5%以下にしたことはないし、クレンとT3のスタックはやったことありませんので何ともいえないところです。 ただ間違いなく言えるのは体脂肪率の限界を極めようとするのならスタックは避けて通れない道でしょう。 まとめ 体脂肪率5%は目指すには人知を超えた強靭な精神力orアナボリックステロイドの力を借りる必要があります。 ただ体脂肪率5%以下を求めるのは趣味の範囲を越え、健康を大きく犠牲にしたボディメイクになってしまいます。 なので僕はオススメしません、ってそもそもやる人も滅多にいないと思いますけどね。 まとめると 体脂肪率5%以下は健康被害が特大!目指すには並々ならぬ決意と精神力が必要!ということでした。

次の

体脂肪を落とすにはどれくらいの時間がかかるのか?

体 脂肪 率 5 落とす

運動を大きく分けると、有酸素運動と無酸素運動に分けることができます。 そして、直接的に体脂肪を落とすとなると有酸素運動がおすすめです。 有酸素運動とはどういった運動なのでしょうか。 それは、息が弾み、軽く汗が出てくるようなトレーニングのことを言います。 無理して負荷をかけるほどの運動をする必要なないということですよね。 特に負荷をかけすぎて、筋肉痛になるほど、自分に負荷をかけてしまっていると、むしろ無酸素運動になってしまいます。 ですので、有酸素運動とし脂肪を燃焼させるのにおすすめなのが、ウォーキングです。 有酸素運動と聞くと凄みを感じますが、ウォーキングと聞くと、だれにでも簡単に始めることができそうと思いますよね。 負荷をかけてしまうくらい走ってしまうと、無酸素運動になるので注意してください。 ウォーキング以外で、有酸素運動として脂肪を燃焼させることができるのが、水泳もおすすめです。 どちらにしろ、負荷をかけすぎないをテーマに有酸素運動を意識して行いましょう。 一日で消費できるカロリーを超えない食事ってどうすればよいのでしょうか。 特にカロリーが少ない食事は、和食を意識するとよいのではないでしょうか。 外国の人が太っている人が多いのはそれだけカロリーを摂取しているからになります。 それに比べて日本人はカロリーを摂取していない国民性があるので、日本食を意識した食事がよいでしょう。 そして筋肉を増やしながら体脂肪を落としたいときに大事にすることは、1日3食を規則正しく食べることです。 また、食事の内容にも注意しましょう。 たんぱく質や糖質などをきちんと摂取し、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。 もし、このように食事をバランスよく行うことができると、運動を行わないとしても体脂肪を落とすことができます。

次の

体脂肪を減らすには? おすすめな食生活、運動とは?|脂肪燃焼コラム|コッコアポ|クラシエ

体 脂肪 率 5 落とす

体脂肪率が5%を切るとどうなるの? 一見すると鍛え上げられた素晴らしい肉体の象徴である「体脂肪率5%」には、実は様々なリスクが潜んでいます。 例えば、以下のようなリスクです。 体力が落ちる 体脂肪率5%では 「体力が落ちる」ということがよく見られます。 私たちの体は、普段の生活の中でまず肝臓に溜め込んでいる糖質をエネルギーとして消費します。 その次が体脂肪です。 正直、糖質だけでは1〜2時間程度しか持ちません。 つまり、エネルギーとして体脂肪は大きな役割を果たしている訳です。 そんな体脂肪が5%ほどしかないのですから体力が落ちるのも納得できます。 冷え性になる 「冷え性になる」というのも、体脂肪率5%では起こる可能性があります。 これは、体脂肪には体の周りをダウンジャケットのように覆い、体温を溜め込み・外気を遮断する役割がある為です。 体脂肪率が5%というのは、冬場に裸同然で外に出ているような状態です。 「筋肉があるから大丈夫!」と言う方もいますが、体脂肪(ダウンジャケット)に勝る暖房器具はありません。 免疫力が低下する 体脂肪率5%で最も注意したいのが 「免疫力が低下する」ということです。 先述した通り、体脂肪率5%以下になると体温を保持できずに冷え性になる可能性が高まります。 実は、私たち人間は体温が1度下がるだけで免疫力が大幅に低下する生き物です。 体脂肪率5%以下というのは体脂肪率が10%以上の方に比べて病気になりやすい状態と言えます。 体脂肪率5%を目指す方法 体脂肪率5%のリスクについてはご理解いただけたと思います。 それでも、憧れの体脂肪率5%を目指したい方は多いことでしょう。 そこで、ここからは体脂肪率5%を目指す方法についてまとめていきます。 体脂肪を落とす基本理論 体脂肪率5%を目指す上で、基本理論として知っておきたいのが 「ダイエット」と「筋トレ」を組み合わせるということです。 特に、体脂肪を落とすということに関してダイエットは欠かせません。 おすすめは日々の食事量を管理し、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすることです。 たったこれだけのことですが、単純に筋トレを行うよりも何倍もの効果が期待できます。 筋トレで筋肉量を維持する 正直、筋トレだけではほとんど体脂肪を落とせません。 例えば、1kgの体脂肪を落とす為には、150km・300kmほどが必要とされます。 正直、労力と結果が見合ってはいないでしょう。 では、なぜ体脂肪率5%の為に筋トレが必要なのか?その理由はダイエットだけでは 筋肉まで落ちてしまうからです。 ダイエットと筋トレを合わせることで、筋肉量を維持したまま体脂肪だけを落とすことができます。

次の