出産祝い 内祝いなし。 無料!内祝い・出産内祝いに使える!写真でごあいさつカード|「たまひよの内祝」出産内祝い・出産祝いのお返しギフト

出産祝いを頂いて:内祝いなしでよい金額、内祝いなしの場合、マナー、「内祝いなしでいい」と言われた、お礼状

出産祝い 内祝いなし

出産内祝い通販で人気の「たまひよの内祝」で お子さまの誕生の慶びを分かち合う 「幸せのお福わけ」 出産後は、出産内祝い・内祝いを買いに出かけるのが本当に大変な時期。 その時期におすすめなのが 出産内祝い・内祝い通販で満足度の高い「たまひよの内祝」。 高級チョコレートの GODIVA(ゴディバ)や老舗のフルーツ専門店 千疋屋、カステラの 文明堂、人気パティスリーの YOKUMOKU(ヨックモック)、 KIHACHI(キハチ)、老舗和菓子店 とらやなど、贈り先さまに喜んでいただける 有名・人気ブランドの出産内祝い・内祝いが多数。 人気ブランドにお子さまの名前を入れて、 世界で一つだけの名入れ出産内祝い・内祝いギフトも提案しています。 でも、本来の意味合いはちょっと違うのです。 昔は出産のご報告とごあいさつを兼ねて、出産祝いをいただいた・いただいていないにかかわらず、お世話になったかたやこれからお世話になる方を家へ招いて、 お披露目の宴を開いていました。 それが本来の内祝いの形なのです。 内祝いは、お祝いをいただいていないかた、ご近所のかたやこれからお世話になるかたへ贈ってもかまいません。 お赤飯やお菓子を持参して「これからお世話になります。 よろしくお願いします」と、ひと言添えてごあいさつしておくのもよいでしょう。 ベビーの誕生で新しい家族を迎えることは、一家にとっても大きな喜び。 そのため、近しいご親戚の場合はお祝いの額も多くなるのが一般的です。 お返しはお祝いの額の半分といわれますので、自然と高額のものを選ぶことになります。 しかも、これからも縁の深いかたへの贈りものです。 日ごろの感謝をこめてお品を選びましょう。 近しいかたへのお返しで、「たまひよの内祝」人気のお品は「 名入れギフト」です。 ベビーのお名前を印した贈りものは、「これからもよろしくお願いします」の気持ちをまっすぐにお伝えできます。 食品や飲料などが主なので、贈り先さまへの負担も少なく済み、ご家族でおいしく召し上がっていただけます。 ご両親や祖父母へのお返しには、写真入りの名入れギフトもおすすめです。

次の

出産のお祝いを渡したのに内祝いなし

出産祝い 内祝いなし

両親や兄弟から出産祝いを頂いて、お返しに内祝いを贈るべきかどうか悩んでしまう方も最近では少なくないようです。 若い世代の中には内祝いの習慣を知らないという方も増えてきているようですが、たとえ親や兄弟であってもお祝いを頂いたら内祝いはきちんと贈るべきでしょう。 特に兄弟夫婦からお祝いを頂いた場合は、きちんとマナーを守ったお返しをしないと非常識な人だと思われてしまい、今後の付き合いに影響を与えてしまうかもしれません。 また、身内であれば「お返しはいらないから」と言葉をかけてくれる場合も多いでしょう。 このような言葉は社交辞令のあいさつであることもあり、判断が難しいところです。 しかし、悩んでしまう時はやはり贈っておいたほうが無難です。 「幸せのお裾分けだから」と一言添えれば相手も悪い気はしないでしょう。 内祝いとしてではなく、別の機会に食事に招待する、プレゼントを贈るなどで感謝の気持ちを伝えるのもいいですね。 両親からの出産祝いの相場は30,000円~100,000円とされていますが、それ以上に高額な出産祝いをもらうこともあるでしょう。 出産祝いのお返しの相場はもらった金額の半額~3分の1程度が相場とされていますが、果たして高額なお祝いをもらった場合でも相場通りの金額をお返ししたほうが良いのでしょうか。 両親からの出産祝いは「子供が生まれて出費も多くなるだろうから」という援助の気持ちが含まれていますので、相場通りの金額でお返しをしてしまってはかえってその気持ちを無駄にしてしまいかねません。 素直に好意に甘えたほうが相手も喜んでくれるのではないでしょうか。 この場合はあまり金額にはこだわらず、金銭的に負担にならない程度でお返しを贈るといいでしょう。 生まれた孫の写真をまめに送ったり、顔を見せに行くことが両親にとって何よりのお返しになるはずです。 両親に出産内祝いを贈る場合、熨斗の書き方には注意点があります。 通常、出産祝いのお返しの表書きは「内祝」「出産内祝」とするのが一般的です。 現在では「お祝いを頂いたお礼」という意味合いの強い内祝いですが、もともと内祝いとは、家でお祝い事があった時に親族や近所の方に幸せのお裾分けをするという習慣でした。 身内である両親は本来内祝いを贈る側の立場となりますので、表書きは「御礼」にしておいた方が良いという考えがあります。 また、両親からは「お返しはいらない」と言われる場合も少なくないと思いますが、そのようなケースで品物を贈る場合、熨斗は付けずに渡すようにしましょう。 内祝いには「お返し」と「幸せのお裾分け」という2つの意味があることを知っていれば、このようなちょっとした配慮の必要性も理解できるのではないでしょうか。 かわいい我が子の出産は、両親にとっては嬉しい孫の誕生でもあります。 ですので、赤ちゃんの写真入り、名前入りのような記念に残る贈り物は喜んでもらえるでしょう。 赤ちゃんの手形や足型が入ったフォトフレームなどがメモリアルグッズとして定番ですが、今では様々なアイテムに名前や写真を入れてオリジナルの記念品を作成できるサービスがありますので、この機会に利用してみるのもいいかもしれません。 お酒好きのご両親であれば、赤ちゃんの写真や名前が入ったワインや日本酒など、飲み終わった後も記念に飾っておける贈り物も人気です。 ペアグラスを添えて贈るのも素敵ですね。 形に残る品物ではなくても、旅行や食事会のように赤ちゃんに会える機会を設けるのも、喜んでもらえる贈り物になるでしょう。 親や兄弟への出産祝いのお返しは、定番のものにはこだわらずに相手の欲しがっている品物を自由に選ぶ場合が多いかと思います。 こんな時につい見落としてしまいがちなのが「タブーな贈り物」です。 弔事の内祝いで使用される日本酒やハンカチ、縁を切るという意味から縁起が悪いとされている刃物などは、いくら身内への贈り物だとしても避けておいた方がいいかもしれませんね。 仲の良い兄弟姉妹への贈り物は相手の趣味趣向に偏った贈り物をしてしまいがちですが、相手が既婚者である場合はこちらもNGです。 たとえ自分の兄弟姉妹にとっては嬉しい品物であっても、配偶者の方はのけ者にされているようであまりいい気がしないのではないでしょうか。 相手に家庭がある場合は、出産祝いはその家庭からのお祝いです。 配偶者の方や子供が喜ぶ品物を選ぶのが大切なポイントです。

次の

出産内祝い|出産のお祝い・お返し・プレゼントは【リンベル】カタログギフト

出産祝い 内祝いなし

【1】 親しい間柄であれば省略しても構いませんが、お礼状などの改まった手紙を書くときは「拝啓」などの頭語からはじめ、最後に頭語に対応した結語(「敬具」など)を用いましょう。 【3】本文 お祝いへのお礼・近況報告、今後も関係性を続けてほしい旨、内祝いの添え状を兼ねている場合は内祝いの品についても書きます。 【4】結びの言葉 用件をまとめる言葉や、相手を気遣い今後の幸せを祈る言葉で締めくくります。 詳しく知りたい方はを参考にしてください。 お礼状を書くときの注意点 「感謝の気持ち」をメインに お礼状は出産祝いをもらったことに対する感謝の気持ちを述べるための手紙です。 以下のような話題はお礼状の内容としてはふさわしくありませんので、書かないように注意してください。 赤ちゃんが生まれた喜びを前面に押し出す 赤ちゃんがほしくても授かることができない人もいます。 相手に子供がいない、相手の事情をよく知らない場合は、特に気をつけましょう。 出産祝いのお礼とは関係のないことを書く 関係のないことを書いてしまうと、お礼はついでだと思われてしまう可能性があります。 お礼のための手紙なので、お祝いのお礼と関係のない話題は避けてください。 はがきよりも便箋が丁寧 相手との関係性に関わらず、基本的にお礼状は便箋に書き、封筒に入れて出すのが正式なマナーです。 便箋を使用する場合には白い便箋に、黒か紺のインクで、縦書きで書きましょう。 現在でははがきでお礼状を出すことにも寛容になっていますが、はがきを使用する際も縦書きを選んでください。 できるだけ早く出す お礼状は鮮度が命、と言われるほど時期を逸せずに出すことが大切です。 お祝いをいただいた当日のうちに書くのがベストですが、3日以内であればマナー上問題ありません。 それ以上遅くなる場合は電話等でお礼を伝えましょう。 内祝いの品を贈る場合には、内祝いの添え状として送っても構いません。 こんなこと、ありませんか? 相手にプレゼントを贈る時に、 何を選んでいいのか迷う。 せっかく時間をかけて選んだのに、他の人と重複してしまう・・・。 外してしまったらどうしようと考えこむ・・・。 とはいえ、相手に何が欲しいのか聞いて贈るのは、何だか味気ないし、 自分にセンスが無いって言っているようなもの。

次の