ナガレ ヒキガエル。 ナガレヒキガエル

ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルの見分け方

ナガレ ヒキガエル

渓流に生きる、流れに耐えるヒキガエル/ショトショート「わしゃ、カエル」 ナガレヒキガエル(流蟇蛙) は、日本固有種で本州中央部に生息するカエル目ヒキガエル科ヒキガエル属ナガレヒキガエル種の大型のヒキガエルです。 近くに渓流がある低地から高地の森林内で生活しています。 体長は9〜12cmで雌は雄より3回り程大きいです。 背側は深緑色地に白い縞が入り、腹側は黄色です。 食べ物は、昆虫やミミズ、サワガニ等の甲殻類を食べる肉食性で、 長い舌で捕らえし丸呑みします。 春に繁殖期を迎えますが、通常のカエルは流れの穏やかな場所で 産卵しますが、本種は渓流で産卵します。 足や指が長く、口が大きく岩場に吸着できるよう渓流での泳ぎに最適な形状をしています。 岩場に吸い付ける大きな口。 長い舌で捕食し丸呑み。 鼓膜は不明瞭。

次の

日本のカエルの種類は?写真や画像付きで名前や生態を紹介!

ナガレ ヒキガエル

日本だけの「珍」カエル ナガレヒキガエルは 日本だけに棲むヒキガエルで、 石川県、富山県などの中部地方西部から奈 良県、和歌山県などの近畿地方にかけての 本州中央部に分布しています。 彼らは 世界でも珍しい 渓流の中で繁殖を行うカエルで、英名もそれに基づいて名 付けられています。 ナガレヒキガエルはかなり大型のカエルで、 オスは 7〜12cmぐらいですが、メスはそれよりも大きくなって 9〜16cmまで成長し、これまで知られているも のの中で 最大のものは16.8cmという記録が残っています。 彼らの見た目はヒキガエル(ニホンヒキガエル)に似ていますが、特徴として ヒキガエルでは体の外に大きな鼓膜が露出 しているのに対し、ナガレヒキガエルの場合はあまりはっきり としていません。 またナガレヒキガエルは比較的長い足を持っています。 彼らの体は深い緑色をして、白や濃い色の縞がはいっていますが、中には赤やオレンジの斑点を持っているものも知られています。 お腹の方は黄色い色をしてお り、また足の部分の縞はオスよりメスのほうがくっきりとする傾向にあるようです。 ちなみに彼らは「クックックッ」という鳴き声を出すそうです。 流れの中での産卵 普段 ナガレヒキガエル達は渓流 に近い、山の中の森に棲んでおり、 標高50〜1700mの比 較的高い地域に見られます。 ヒキガエルの中でも彼らのように渓流の周りに生息するものは珍しいのですが、まれに木の上などにも上ることが知 られています。 ナガレヒキガエルは肉食で、周辺に棲む昆虫や節足動物、サワガニなどの甲殻類、ミミズ等を食べます。 彼らは 長い舌を持っており、それを素 早く伸ばした獲物 を捕らえ、大きな口で丸のみしてしまいます。 彼らの 繁殖期は3〜5月で、渓流の脇の滝つぼなど 水深10cm〜2mの水場にゼリー状のかたまりの中、 ひも状に連なった卵を産み落とします。 一度に産み落とさ れる卵の数は 2500 個に達し、渓流によって流されないように、 木や石に捲きつけて産卵します。 産まれてくるオタマジャクシも親と同じように 大きな口を持っており、これを 使っ て急な流れの中岩などに吸 いつきます。 こうすることで流されることなく、渓流の中で成長していきます。 ナガレヒキガエルの存在が正式に報告されたのは比較的最近の今から30年ほど前の 1975年のことで、調査期間 が短いことからその生態についてはまだよく 分かっていません。 しかし、近年の森林伐採による生息地の減少にさらされているといわれており、また渓流という周りの影響を受けやすい場所に棲んでいるこ とから、ある日突然大幅に数を減らす可能性もあるのではないかと心配されています。 しかしながら一方で生息数は今のところ安定していて、それなりの数が生息していることから、国際自然保護連合の レッドリストの中では絶滅の可 能性のある動物としては最も危険度の低い 「軽度懸念」というカテゴリー に分類されており、また各地でも保護活動が盛んに行われています。

次の

ニホンヒキガエル

ナガレ ヒキガエル

さて、ヒキガエルは目の後ろに耳腺という毒の入った袋を持っています。 通常の扱いでは毒を出すことはありませんが、かなり乱暴に、手荒な扱いをすると白い液を出します。 じわっと出ることもあれば、ピュッと飛び出ることもあるようです。 たまに、犬がヒキガエルをもてあそんで、泡を吹いているということがあるそうです。 実は先日、ものはためし?と、耳腺を絞って0. 5mmのしゃーペンの先ほどの液を 舐めてみたら、苦い味がしました。 そのときはそれだけだったのですが、 しばらくして、舌がしびれているのに気付きました。 ほぼ小一時間ほど、続きました。 結構強い毒のようです。 その名もブフォトキシン、ブフォとはヒキガエルの学名です。 皆さん、カエルを扱うときは優しく優しく触ってください。

次の