ピティナ 本選。 ピティナピアノコンペティション地区本選

本選結果一覧

ピティナ 本選

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

ピティナ予選落ちの点数は?奨励賞をもらえたらどのレベル?

ピティナ 本選

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

ピティナ弾き。本物と偽者の違いは?

ピティナ 本選

1993年 ピティナピアノコンペティション西日本本選総合優勝、併せて読売賞受賞。 96年 ワルシャワフィルハーモニーホール(ポーランド)にて国立室内管弦楽団と共演。 03年 武生国際音楽祭「若鮎コンサート」に出演。 04年 桐朋学園音楽部門同窓会奨学生に選抜。 05年 浜松国際ピアノアカデミー修了。 07年 全日本マスターズ・ピアノコンクール最高位賞受賞。 武生国際音楽祭ファイナルコンサートにて、モーツァルト「戴冠ミサ」の伴奏ピアニストを務める。 Japan Classical Impressionist Audition第2位(特別奨励賞)。 09年 横浜開港150周年記念ピアノコンクールヴィルトゥオーソ部門優秀賞受賞。 日本ピアノ研究会オーディション横浜市長賞・ドレミ楽譜出版社賞受賞。 東京芸術センター記念ピアノコンクール年間最優秀ピアニストにノミネート、2010年、2014年に東京でのソロリサイタルに招聘される。 10年〜12年 「スクリャービン生誕140周年記念コンサート」などモスクワ音楽院ピアノ科生選抜コンサート、ミハイル・ ヴォスクレセンスキー教授選抜クラスコンサートに多数出演。 12年 スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)第1位。 スクリャービン記念博物館(スクリャービンの家)にてソロリサイタルを行い、好評を博す。 モスクワ音楽院小ホールでの演奏が評価され、ロシア国営テレビ局の取材を受けてロシア国内で放送される。 13年 スペイン(バルセロナ)にてソロリサイタルを行い、好評を博す。 15年 BMWの依頼により、ショールームで多数ソロリサイタルを行う。 14〜16年 福井県新事業「出張音楽堂」のコーディネーターを務める。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。 チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科を最優秀で修了。 現在、毎年国内外で多数ソロリサイタルを行う傍ら、後進の指導にも力を入れている。 ピティナピアノ指導者会員。 1993年 ピティナピアノコンペティション西日本本選総合優勝、併せて読売賞受賞。 96年 ワルシャワフィルハーモニーホール(ポーランド)にて国立室内管弦楽団と共演。 03年 武生国際音楽祭「若鮎コンサート」に出演。 04年 桐朋学園音楽部門同窓会奨学生に選抜。 05年 浜松国際ピアノアカデミー修了。 07年 全日本マスターズ・ピアノコンクール最高位賞受賞。 武生国際音楽祭ファイナルコンサートにて、モーツァルト「戴冠ミサ」の伴奏ピアニストを務める。 Japan Classical Impressionist Audition第2位(特別奨励賞)。 09年 横浜開港150周年記念ピアノコンクールヴィルトゥオーソ部門優秀賞受賞。 日本ピアノ研究会オーディション横浜市長賞・ドレミ楽譜出版社賞受賞。 東京芸術センター記念ピアノコンクール年間最優秀ピアニストにノミネート、2010年、2014年に東京でのソロリサイタルに招聘される。 10年〜12年 「スクリャービン生誕140周年記念コンサート」などモスクワ音楽院ピアノ科生選抜コンサート、ミハイル・ ヴォスクレセンスキー教授選抜クラスコンサートに多数出演。 12年 スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)第1位。 スクリャービン記念博物館(スクリャービンの家)にてソロリサイタルを行い、好評を博す。 モスクワ音楽院小ホールでの演奏が評価され、ロシア国営テレビ局の取材を受けてロシア国内で放送される。 13年 スペイン(バルセロナ)にてソロリサイタルを行い、好評を博す。 15年 BMWの依頼により、ショールームで多数ソロリサイタルを行う。 14〜16年 福井県新事業「出張音楽堂」のコーディネーターを務める。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。 チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科を最優秀で修了。 現在、毎年国内外で多数ソロリサイタルを行う傍ら、後進の指導にも力を入れている。 ピティナピアノ指導者会員。

次の