ステイ ホーム 週間。 旧「STAY HOME週間」ポータルサイト(アーカイブ)|東京都

ステイホーム週間でテレビの見られ方は変わったのか?~後編~を発表:紀伊民報AGARA

ステイ ホーム 週間

政府による緊急事態宣言後、繁華街での人出は減少しているが、休日を中心にスーパーや商店街、公園などに多くの人が訪れる状態が続いているため、それぞれ対策を強化することにした。 スーパーの混雑対策では、買い物の回数抑制の呼びかけのほか、スーパーやホームセンターの業界団体とも連携し、買い物かごの削減による入店抑制や、高齢者や妊婦らが優先して買い物できる仕組みづくりも進める。 事業者への休業要請とは別に、商店街単位で自主的な休業に協力した場合の奨励金制度も新設する。 都関係者によると、5月6日までの土日祝日の間に加盟店が営業を取りやめた商店街組合に対し、1日当たり50万円、最大400万円を給付する方向で調整を進めている。 来園者の密集状態が懸念されていた都立全82公園については、利用自粛を要請した上で駐車場や遊具施設を閉鎖する。 都西部のドライブコースとして人気がある奥多摩周遊道路の駐車場も閉鎖し、車での外出抑制につなげる。 また、企業には期間中、従業員に連続休暇の取得を促すことも求める。 小池知事は会見で、「本当に大事な2週間になる。 とにかく、家にいてください」と訴えた。 あわせて読みたい•

次の

「ステイホーム週間」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ステイ ホーム 週間

ステイホーム週間の意味とは 「ステイホーム週間」の意味を直訳すると「家に居よう週間」となります。 「外粛宣言」を柔らかく表した言葉ですね。 「Stay home」の言葉は、今では世界中ので使われる言葉になり、とても馴染みがある言葉になってきたのではないかと思います。 ステイホーム週間の由来 「ステイホーム週間」は、2020年3月25日に東京都が出した「外粛宣言」、4月7日に国が出した「」に伴い、1都3県が新型コロナウイルス感染拡大の防止に向け、小池都知事が揚げた「いのちを守る STAY HOME週間」が元となっています。 ステイホーム週間期間は、「人との接触を8割削減」や「の外出禁止」、「企業や施設の休業要請」などがあります。 また期間としては、4月4月25日~5月6日の間を期間と予定していますが、感染拡大状況によっては、変更がある場合もあります。 今では、この期間で家族の絆を深めるいい機会と受け止め、前向きに捉えている人も少なくありません。 ステイホーム週間の文章・例文 例文1. 「ステイホーム週間」では、を会社からお願いされている。 例文2. 「ステイホーム週間」の週末に、地方に遊びに行く人が増えて、地方が困っている。 例文3. 「ステイホーム週間」は外に出れないが、勉強するいい機会だと思う。 例文4. 「ステイホーム週間」にたくさんのオンラインサービスが始まっている。 例文5. 「ステイホーム週間」期間に、オンライン動画サイトの登録者数が激増した。 「ステイホーム週間」は、外に出れずストレスが溜まりますが、それぞれの楽しみ方が結構あるかもしれないです。

次の

小池氏 「ゴールデンウイーク」は「ステイホーム週間」/芸能/デイリースポーツ online

ステイ ホーム 週間

小池知事(ロイター) 日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(48)が24日、日本テレビ系「news every.」で週末の外出自粛を訴えた。 番組では自粛が要請される中で、営業する人たちの苦労と苦悩を紹介。 あるスーパーマーケット従業員は「命がけ」「不安な気持ちでレジをやっている」とコメント。 営業することで批判されたり、クレームが寄せられるケースもあるという。 藤井アナは「今、多くの人が自粛を続けていて、そろそろ限界が近いと思います。 そこにはマナーを守れない人への限界も含まれるでしょう。 皆さんばっかり我慢して、理不尽であるとは理解しています」とコロナ禍の自粛ストレスにより、ギスギスし始ていることに理解を示した。 その上で「しかし、ここまでプライドを持って自粛をしてきた皆さんなら、この土日の気分転換すら美しくできるはずです。 2週間後の未来をみんなで作りましょう」と呼び掛けた。 藤井アナは前日の同番組でも「この週末、外出を考えている方もいるかもしれませんが、特に買い物に対するマナーが求められています。 どうぞ、少人数で距離を取って回数を減らしてください。 もちろんお客様は神様ですから、生活を支えてくれている店員さんにも神対応でお願いします」と語りかけている。 「誰にで分かりやすく、届きやすい」と藤井アナの評価は高まり、放送直後からネットで話題になるほど注目されている。 番組の最後に市來玲奈アナウンサー(24)が、東京都が提言する「ステイホーム週間」をアピールすると、藤井アナは「日本語では?」と問いかけた。 東京都の小池百合子知事(67)が「ロックダウン(都市封鎖)」「オーバーシュート(感染爆発)」「クラスター(集団感染)」などとカタカナ語が多いと指摘されたことを皮肉ったものではないだろうが藤井、市來アナは「お家時間」と声を揃えて外出自粛の重要性を強調した。

次の