新生 銀行。 主なサービス・手数料のご案内(個人のお客さま用)

マーケット情報|新生銀行

新生 銀行

- - 外貨建て振替手数料 当行本支店宛 1件 無料 - - - Goレミット新生海外送金サービス (注8)送金手数料 1件 別表2をご参照ください。 外為被仕向送金事務手数料 1件 別表3をご参照ください。 新生 パワーコール 無料 新生パワーダイレクト (インターネット) - - ATM - - 外貨建て振替手数料 当行本支店宛 単位 1件 窓口 無料 新生 パワーコール - 新生パワーダイレクト (インターネット) - ATM - Goレミット新生海外送金サービス (注8)送金手数料 単位 1件 窓口 別表2をご参照ください。 新生 パワーコール 新生パワーダイレクト (インターネット) ATM 外為被仕向送金事務手数料 単位 1件 窓口 別表3をご参照ください。 1%の円為替手数料 (最低1,500円)• 上記手数料の内、消費税の課税対象となるものについては、いずれも10%の消費税・地方消費税が含まれております。 新生銀行に口座をお持ちでないお客さまにつきましては、( )内の手数料が適用されます。 財形・公共債等一部の手数料につきましては、本表と異なる場合がございます。 文書為替、ATMからの振込・振替はお取り扱いしていません。 (注1) 事前登録先への振込の場合は314円、事前登録のない先への振込は629円(1日あたり50万円まで)となります。 (注2) 新生パワーダイレクトでの他行宛振込は月1回(新生ステップアッププログラムのステージによっては月5回または月10回)無料となります。 当該手数料につきましては振込時に一旦手数料をお支払いいただき、該当回数分までをキャッシュバックいたします。 新生ステップアッププログラムの詳細は、または店頭設置の説明書をご覧ください。 (注3) 他行宛の組戻しは月1回無料、2回目以降は1件あたり524円がかかります。 新生銀行に口座をお持ちでないお客さまは毎回1件あたり1,020円がかかります。 (注4) 取扱いは他行宛振込の組戻しのみとなります。 (注5) 新生ステップアッププログラムのステージが「新生ゴールド」「新生プラチナ」のお客さまは無料です。 (注6) 定期発行は受け付けておりません。 (注7) 口座解約済のお客さまは、現金取り扱い店舗にて受付いたします。 同一内容かつ同一言語の場合は1通分の手数料といたします。 (注8) Goレミット新生海外送金サービスのご利用には、別途サービスのお申し込み及び送金先の事前登録が必要です。 1%の円為替手数料 (最低1,500円)• 中継銀行や受取銀行が徴収する支払銀行手数料(バンクチャージ、リフティングチャージ)は送金金額から別途差し引かれて入金されます。 事前にスマホアプリによる新生銀行口座との連携登録が必要です。 【別表3】外為被仕向送金事務手数料(海外・国内からの外貨建てまたは円建て送金に関する事務手数料) 受取通貨(当行取扱通貨) 手数料 (非課税) 香港ドル HKD 145. 00 シンガポールドル SGD 25. 00 南アフリカランド ZAR 340. 00 ノルウェークローネ NOK 195. 00 トルコリラ TRY 125. 00 人民元 CNY 125. 送金事務手数料とは別に、送金元金融機関や経由銀行にて手数料がかかる場合があります。 送金事務手数料は、被仕向送金金額のご入金とは別に口座より引き落とします。 送金事務手数料の通貨の指定はできません。 送金事務手数料を送金依頼人が負担する場合、当行で送金事務手数料の引き落としはされません。 お受取り時点の「新生ステップアッププログラム」のステージが「新生プラチナ」「新生ゴールド」のお客さまで、送金事務手数料が当行口座から引き落とされた場合は、外為被仕向送金1件につき、一律2,000円をキャッシュバックいたします。 詳しくは店頭またはでご確認ください。 外貨建て送金事務手数料は、円換算額が2,000円相当となるよう設定しています。 また、為替レートの変動に伴い円換算額が変動するため、円換算額が2,000円相当となるよう定期的に見直します。

次の

新生銀行網路匯款教學 @ 乖乖做好 :: 痞客邦 ::

新生 銀行

我之前介紹過新生銀行沒有核發存摺,所有的交易都是透過網路銀行或ATM。 後來實際使用後反而覺得這樣很方便,24小時隨時可以操作(當然過了營業時間交易會隔天才生效)。 而且新生銀行真的很大方,除了從海外匯款到新生銀行免手續費、合作超商提款不收手續費之外, 跨行匯款每個月還有五次免手續費的服務。 在日本銀行郵局不只提款有時候要收取手續費,匯款的時候也要。 之前我拿現金去三菱UFJ(M分行)的ATM把錢匯到三菱UFJ(I分行)竟然要收手續費!!! 在台灣基本上不是跨行的話大部分匯款是不用手續費,這個概念看來在日本可行不通。 總之,目前使用起來新生銀行真的還蠻人性化的。 什麼都不用選也不用登打,直接按『次へ』。 如果選項裡面沒有的話請自己在下面輸入。 振込手数料:匯款手續費。 キャッシュバック金額:退還現金金額。 (這個部分因為我還在5次免手續費的機會裡,所以新生銀行就把匯款手續費退給我。 ) 最下面問你要不要把這個對方帳號資料存檔,下次匯同樣帳號就不用再重key資料。 懶惰如我請選『はい』。 確認全部資料都正確後請點『実行』。 参照番号:你這筆匯款的交易編號。 以上,就這麼簡單動動手指你的錢就跑到別人那了(苦笑)。

次の

新生銀行網路匯款教學 @ 乖乖做好 :: 痞客邦 ::

新生 銀行

新生銀行の住宅ローンの金利・金利推移・手数料(新規借入・借り換え) 、おすすめポイント、注意点について紹介しよう。 住宅ローンは、契約時にかかる費用が5. 5万円からと非濁に安いのが特徴だ。 その他、ネット利用で様々な手数料が無料になることを売りにしている。 病気の子供を預かってくれたり、家事を代行してくれたりするユニークな住宅ローンも扱う。 以下にその特徴を具体的に紹介していこう。 450% 1. 200% 5月 0. 450% 1. 200% 4月 0. 450% 1. 200% 3月 0. 450% 1. 200% 2月 0. 450% 1. 200% 1月 0. 450% 1. 200% 2019年12月 0. 450% 1. 200% 11月 0. 450% 1. 200% 10月 0. 450% 1. 200% 9月 0. 450% 1. 200% 8月 0. 450% 1. 200% 7月 0. 450% 1. 200% 6月 0. 550% 1. 500% 5月 0. なお、「ステップダウン金利タイプ」は、10年後から5年毎に、当初金利に対して10%ずつ金利が引き下げられる。 2% 【ステップダウン金利】16万5000円 保証料(税込) 0円 繰上返済手数料(一部、WEB経由) 0円 (1円以上1円単位) 繰上返済手数料(全額、WEB経由) 不可 リフォーム費用算入(新規借り入れ) 〇 リフォーム費用算入(借り換え) 〇 融資を受けられるエリア 全国 審査申し込み方法 WEBもしくは郵送 契約方法 来店不要で契約まで可能 仮審査の日数 なし(本審査のみ)、申込書送付に約5営業日 本審査の日数 約7営業日 審査完了から 融資までの日数 約2週間 仮審査申し込みから 借り入れまでの日数 最短約1カ月。 混雑時は、1ヵ月半以上かかることも 新生銀行は旧日本長期信用銀行が生まれ変わった銀行だ。 インターネットバンキングでの振込手数料の無料化や、ATMの365日24時間営業などを業界に先駆けて展開してきた。 住宅ローンの特徴は、契約時にかかる費用が非常に少ないことだ。 事務手数料は 5万5000円~とその安さはトップクラスで、保証料、団体信用生命保険料、一部繰上返済手数料、全額繰上返済手数料はすべて無料だ。 また、新生総合口座に加入すれば、ATM手数料も無料となる。 新生銀行の住宅ローンのおすすめポイント(2) 「安心パック」加入で、要介護3以上は住宅ローン残高がゼロに 「安心パック付き手数料」(11万円)を支払うと、将来、病気などによって支払いが厳しくなったときに、過去の繰り上げ返済で短くなった返済期間については、利息の返済だけですませることができる。 また、住宅ローン返済中に、要介護状態が180日以上継続した場合、または、公的介護保険制度の「要介護3以上」に認定された場合には、住宅ローンの残高がゼロになる、「団体信用介護保障保険」も付属している。 脳卒中や心臓病で介護が必要になった場合、住宅ローンの返済は心配しなくもてもいい。 保障内容に比べて、手数料は安めだ。 新生銀行の住宅ローンのおすすめポイント(3) 「安心パックW」なら、病児保育や家事代行などの特典あり! 「安心パックW付き手数料」(16万5000円)を支払った場合は、さらに充実した保障が受けられる。 「病児保育サービス」、「家事代行サービス」は住宅ローンの特典としては珍しいもので、 借入金額によってクーポン券が発行される。 3000万円の借り入れだと50枚となる。 1回あたり1枚から2枚でサービスを受けることができる。 ただし、安心パックWに申し込んだ場合は、変動金利(半年型)タイプを選べない。 新生銀行の住宅ローンのおすすめポイント(4) 金利が下がっていく「ステップダウン金利タイプ」を投入 長期固定金利の住宅ローンについては商品を拡充し、新たに「ステップダウン金利タイプ」を投入した。 借入から10年を経過後、5年ごとに段階的に金利を引き下げるという商品だ。 どんどん金利が低下していくため、借入から31~35年目には、スタート金利の半分になるという。 適用金利は以下の通りだ。 他銀行の住宅ローンと比較するのであれば、ダイヤモンド不動産研究所が計算している「実質金利」を使ったり、自分で総支払額を計算してみるのがいいだろう。 新生銀行の住宅ローンの、ここに注意! 低金利の「変動フォーカス」は手数料が高め 新生銀行は、変動金利(半年型)タイプは、業界トップクラスの低水準となっている。 変動金利は2種類あり、2019年7月1日より取り扱いを開始した「変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>」は通常の変動金利よりも、金利を0. 2ポイントも低くしている(2019年7月の場合)。 2%がかかるので、通常の変動金利商品よりは手数料が高い。 本当にお得な商品かどうかを比べるには、ダイヤモンド不動産研究所が使っている、手数料込の金利である「実質金利」をうのがいいだろう。 新生銀行の住宅ローンはこんな人に向いている 新生銀行の住宅ローンは、一部の商品を除き事務手数料が5万5000円と格安で、その他の諸費用もほとんどかからないので、 自己資金が少ない人には有力な選択肢のひとつになるだろう。 また、10年、15年といった短期間で完済を考えている人には、新生銀行の「当初固定金利タイプ(10年固定金利または、15年固定金利)」がおすすめである。 諸費用が安く、表面金利もそれほど高くないので固定期間だけを借りるのであれば、競争力がある。 ただし、固定期間終了後は金利の優遇幅が小さくなるので、早期に完済したほうがいい。 なお、永住許可を有しない場合は、配偶者が日本国籍または永住許可を有し、かつその配偶者が連帯保証人となること。 ただし、以下に該当する場合はお取り扱いできません。 リフォーム資金のお借入の詳細は、「お客様ご説明資料(パワースマート住宅ローン補足商品説明書)」にてご確認いただけます。 諸費用にかかる資金のお借入の詳細は、「お客様ご説明資料(パワースマート住宅ローン補足商品説明書)」にてご確認いただけます。 ただし、「長期固定金利タイプ」の場合は21年以上35年以内(1年単位)となります。 また、いずれの場合も完済時におけるお客さまの年齢が80歳未満となるようにご設定いただく必要があります。 借入利率 具体的な金利水準は、新生銀行ウェブサイト(www. shinseibank. com)、新生パワーコール〈住宅ローン専用〉などにてご確認ください。 当行の「当初借入金利」および「住宅ローン基準金利」は、指標とする市場金利があるものではなく、特定の市場金利には必ずしも連動しておりません。 原則として毎月見直しを行い、ローンの貸出資金を当行が調達するために必要な資金コスト、当商品の審査・ 販売に必要な営業コスト、収益および金融情勢等を勘案し、当行独自の判断で決定しております。 したがって、市場金利の変動がなくとも、適用利率が上昇し、返済額が増加するリスクがありますので、ご注意ください。 ただし、金利動向によっては月中に見直す場合があります。 金利タイプの内容 ご契約時に次の金利タイプから、ご選択いただけます。 また、選択可能な金利タイプの中から、自由に2つの金利タイプをご選択いただけるミックスローンサービスがございます。 ミックスローンサービスの詳細は、「お客様ご説明資料(パワースマート住宅ローン補足商品説明書)」 にてご確認いただけます。 契約締結後にもう一方のタイプへ変更することはできません。 それぞれのタイプの当初利率および 利率変更日以降の適用金利は、新生銀行ウェブサイト(www. shinseibank. com)、新生パワーコール〈住宅ローン専用〉などにてご確認ください。 ミックスローンサービスをご利用の場合、または住宅購入・新築(または住宅ローン借換)資金、リフォーム資金、諸費用にかかる資金を複数組み合わせてお借入の場合で、「変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>」をお選びいただくときは、すべてのお借入につき、「変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>」しかお選びいただけませんので、ご留意ください。 以下では、「変動金利(半年型)タイプ」とは、別段の定めのない限り、「変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>」をお選びいただいたお客さまについては「変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>」、それ以外のお客さまについては「変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>」ではない「変動金利(半年型)タイプ」を意味するものとします。 この場合の適用利率は、固定金利適用期間に応じた、基準日における「当初固定金利タイプ」の「住宅ローン基準金利」を基準として、お客さまの借入条件等によって異なる当行所定の金利が適用されます。 この利率は、当該期間にわたって適用され、当該期間中に利率の変更はありません。 また、当該期間中に別の「当初固定金利タイプ」や「変動金利(半年型)タイプ」に変更することはできません。 この場合の適用利率は、固定金利適用期間に応じた、基準日における「当初固定金利タイプ」の「住宅ローン基準金利」を基準として、お客さまの借入条件等によって異なる当行所定の金利が適用されます。 この利率は、当該期間にわたって適用され、当該期間中に利率の変更はありません。 また、当該期間中に別の「当初固定金利タイプ」や「変動金利(半年型)タイプ」に変更することはできません。 また、他の金利タイプへの変更はできません。 返済方法 元利均等返済により、毎月26日(銀行休業日の場合は翌営業日)に当行ご返済用預金口座より自動引落させていただきます。 ただし、リフォーム資金のお借入、および諸費用にかかる資金のお借入には、半年毎増額返済(ボーナス返済)を設定することができません。 また、お客さまのご都合にあわせて、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)を利用して繰上返済いただくこと(金額指定繰上返済サービス)や、指定金額を超えた金額を自動的に繰上返済にあてること(自動繰上返済サービス(スマート返済))も無料で行うことができます。 ただし、リフォーム資金のお借入、および諸費用にかかる資金のお借入には、スマート返済はご利用になれず、金額指定繰上返済サービスのみご利用いただけます。 繰上返済は借入元本に充当され、借入期間が短縮されますが、月々のご返済額は変わりません(「期間短縮型」のみ)。 連帯保証人 原則として不要ですが、お客さまの収入や担保の状況等によって必要な場合があります。 また、永住許可を有しないお客さまについては、お客さまの配偶者が日本国籍または永住許可を有することを要し、かつその配偶者に連帯保証人になっていただきます。 保証料料 不要です。 2%(消費税込み))をお支払いいただきます。 なお、団体信用生命保険の保険料は当行が負担します。 サービスの詳細は、「お客様ご説明資料(パワースマート住宅ローン補足商品説明書)」にてご確認いただけます。 審査結果によってはご希望にそえない場合がございますので、あらかじめご了承ください。 将来、見直され変更になる場合もありますので、ご了承ください。 shinseibank. com)および「お客様ご説明資料(パワースマート住宅ローン補足商品説明書)」にてご確認いただけます。

次の