日枝 神社 お守り。 東京・日枝神社のご利益とアクセスは?神猿のお守りで開運!

赤坂にある『日枝神社』は出世運・恋愛運のパワースポット!

日枝 神社 お守り

「日枝神社(ひえじんじゃ)」は仕事運、出世運、縁結び、子宝にご利益のある神社です。 日本の政治の中心地・東京都千代田区永田町にあり、皇居(旧江戸城)の裏鬼門として江戸を守っている神社ということで、出世や仕事運を高めるパワースポットとして知られています。 財政界の要人や、ビネスマンが多く訪れています。 また、縁結びや安産などのご利益があると知られているので、女性の参拝客や観光客も多く訪れます。 最近は婚活パワースポットとしても注目されているんです!恋愛運が高まることから、結婚式場としても人気を集めています。 仕事で成功したい、出世したい人から、良い出会いが欲しい人や恋愛運を高めたい人、子宝に恵まれたい人までご利益のある神社なんですよ。 幅広いご利益が受けられるので、参拝してもパワーがもらえますし、お守りはどんな方にも喜ばれる幅広いお守りを入れることができます! 日枝神社の歴史 日枝神社には、神の使いとされる「神猿(おさる)」をモチーフにしたお守りたあります。 そのご利益と、可愛いデザインから人気を集めています。 毎日持ち歩くだけで気分も上がりそうです。 また、猿は「猿(えん)」と読めることから「縁」結びにご利益があると言われています。 お守りは仕事運、成功運、縁結び、恋愛運、子宝を高めてくれるご利益のあるお守りが揃います。 見た目も可愛いお守りは、その効果の良さもあいまってお土産やプレゼントとして渡すのも喜ばれますよ。 あげる方のイメージに合わせてお守りを選ぶのも素敵ですね。 それではさっそく、日枝神社のお守りをご紹介していきます。 日枝神社のお守り一覧• まさる守• こざる守• みちびき守• 子授守• ビジネス守 まさる守(大)|日枝神社のお守り【幸運・仕事運・出世運・縁結び】 丸い猿のフォルムが可愛らしい「まさる」のお守り 「まさる守(大)」はコロンとした可愛い姿が人気のお守りです。 日枝神社の神の使いとされる猿の神様「神猿(まさる)」をモチーフにしていて、「何事にも勝る」「魔が去る」というご利益が込められています。 魔除けや勝負事に効果があるので、力が欲しい!というときに持っておきたいお守りですね。 また、「猿」と「縁」をかけて良縁を運んでくれるご利益もあるとか。 「まさる守」を持っているだけで、良い運気に包まれそうなお守りです。 色は赤と白があり、どちらが良いか迷ってしまいそうです。 後ろには「日枝神社」の刺繍としっぽまでついていて、細かいところまで可愛いので注目してみてくださいね。 料金は大で600円、もう少し小ぶりな小のサイズは500円です。 他にはない、とてもキュートなお守りですよね。 こざる守|日枝神社のお守り【幸運・仕事運・出世運・縁結び】 笑顔が可愛いこざるがお守りに! 「こざる守」は笑顔がかわいくて人気のお守りです。 耳がキュートで、ついついこちらまで笑顔になってしまうようなほっこりさが良いですよね。 ご利益は「まさる守」と同じで、枝神社の神様「神猿(まさる)」から、「何事にも勝る」「魔が去る」といった勝負事や魔除けへのご利益があります。 仕事運、出世運を高めてくれ、ビジネスや学業にも効果があるお守りなので、自分へのエールのつもりで購入するのも良いでしょう。 また、見た目の可愛さから頑張っている人へのプレゼントにも喜ばれそうです。 さらに、お猿さんを撫でてあげると運気がアップすると言われています。 お守りをゲットしたら、ぜひ撫でながらお願いごとが叶うように大事にしてあげてくださいね。 もちろん、「猿」と「縁」をかけて良縁にも恵まれる効果があります。 たくさんの良い縁を運んできてもらいましょう。 みちびき守|日枝神社のお守り【成功運】 「みちびき守」は人生や選択に困ったとき、悩みができたときに良い方向に導いてくれるお守りです。 これは御祭神猿田彦大神が、日本神話の「天孫降臨」で一行を先導したことが由来となり、「道案内の神」「道開きの神」として信仰されているからです。 導いてくれることから「みちびき守」と名付けられました。 「みちびき守」はころんとしたフォルムが可愛い、猿の横坐りのお守りです。 先ほどご紹介した「まさる守」や「こざる守」は顔がアップになっているので、猿の全身姿のお守りが良い方は「みちびき守」を選びましょう。 「みちびき守」にはひょろんとしっぽもついているのでぜひ注目してみてくださいね。 料金は500円で、可愛いのに困ったときに頼りになるお守りです。 何かに悩んでいるお友達や同僚へのお土産に、そっと渡してあげると元気をあげられるかもしれません。 おさるのご利益の効果にお願いしてみましょう! 子授守|日枝神社のお守り【子授け】 赤い猿がキュートな子授かりに効果のあるお守り 「子授守」は可愛い猿がお守りを抱いてくれている、子授けに効果のあるお守りです。 日枝神社は子授け・安産にも効果があるということで、子宝祈願に訪れる方も多いんです。 これから子供が欲しいカップルや、妊活中の女性、妊婦さんも多く訪れています。 「子授守」は飾っているだけでも可愛いので、自分用に購入する方はもちろん、妊活中のお友達や同僚に買っていく方も多く人気のお守りです。 インスタグラムなどのSNSでも、この「子授守」を買ったりもらったりして、元気をもらっている女性も多いんです! もちろん「猿(えん)」とかけて「縁」にも恵まれる効果があるので、良縁のご利益も期待できますよ。 赤ちゃんとの良いご縁に恵まれそうですね。 料金は1,000円です。 日枝神社の子宝祈願で子宝に恵まれますように。 ビジネス守|日枝神社のお守り【仕事運・成功運】 プレゼントにも人気のビジネス用のお守り! お守りの返納のタイミングを迷ってしまう人もいるかもしれませんが、お守りのご利益の目安は1年と言われています。 買って1年以上経ってしまったお守りや、いただいてからしばらく経っているお守りは、せっかくのご利益の効果がなくなってきます。 そのまま持っていても効果がないので、きちんと返納するのが良いでしょう。 「仕事運アップのために買ったら願いが叶った!」「縁結びのお守りのおかげで彼氏ができた!」「安産祈願のお守りのおかげで無事出産できた!」など願いが叶ったらお守りを処分するタイミングになります。 願いが叶っていなくても、受験や大きなプレゼンなどお守りにお願いしていたタイミングがすぎたら返納しましょう。 きちんとお礼を伝えて返納すると、また新しいご利益を得られます。 新しいお守りを手に入れて、その効果やご利益を受け取りましょう。 せっかくのご利益を最大限にいただくためにも、返納して気を循環させていくことを大切にしましょうね。 日枝神社のお守りをGETしよう!.

次の

日枝神社(赤坂)の御朱印とアクセス!縁結びと商売繁盛の神猿についても!

日枝 神社 お守り

「日枝神社(ひえじんじゃ)」は仕事運、出世運、縁結び、子宝にご利益のある神社です。 日本の政治の中心地・東京都千代田区永田町にあり、皇居(旧江戸城)の裏鬼門として江戸を守っている神社ということで、出世や仕事運を高めるパワースポットとして知られています。 財政界の要人や、ビネスマンが多く訪れています。 また、縁結びや安産などのご利益があると知られているので、女性の参拝客や観光客も多く訪れます。 最近は婚活パワースポットとしても注目されているんです!恋愛運が高まることから、結婚式場としても人気を集めています。 仕事で成功したい、出世したい人から、良い出会いが欲しい人や恋愛運を高めたい人、子宝に恵まれたい人までご利益のある神社なんですよ。 幅広いご利益が受けられるので、参拝してもパワーがもらえますし、お守りはどんな方にも喜ばれる幅広いお守りを入れることができます! 日枝神社の歴史 日枝神社には、神の使いとされる「神猿(おさる)」をモチーフにしたお守りたあります。 そのご利益と、可愛いデザインから人気を集めています。 毎日持ち歩くだけで気分も上がりそうです。 また、猿は「猿(えん)」と読めることから「縁」結びにご利益があると言われています。 お守りは仕事運、成功運、縁結び、恋愛運、子宝を高めてくれるご利益のあるお守りが揃います。 見た目も可愛いお守りは、その効果の良さもあいまってお土産やプレゼントとして渡すのも喜ばれますよ。 あげる方のイメージに合わせてお守りを選ぶのも素敵ですね。 それではさっそく、日枝神社のお守りをご紹介していきます。 日枝神社のお守り一覧• まさる守• こざる守• みちびき守• 子授守• ビジネス守 まさる守(大)|日枝神社のお守り【幸運・仕事運・出世運・縁結び】 丸い猿のフォルムが可愛らしい「まさる」のお守り 「まさる守(大)」はコロンとした可愛い姿が人気のお守りです。 日枝神社の神の使いとされる猿の神様「神猿(まさる)」をモチーフにしていて、「何事にも勝る」「魔が去る」というご利益が込められています。 魔除けや勝負事に効果があるので、力が欲しい!というときに持っておきたいお守りですね。 また、「猿」と「縁」をかけて良縁を運んでくれるご利益もあるとか。 「まさる守」を持っているだけで、良い運気に包まれそうなお守りです。 色は赤と白があり、どちらが良いか迷ってしまいそうです。 後ろには「日枝神社」の刺繍としっぽまでついていて、細かいところまで可愛いので注目してみてくださいね。 料金は大で600円、もう少し小ぶりな小のサイズは500円です。 他にはない、とてもキュートなお守りですよね。 こざる守|日枝神社のお守り【幸運・仕事運・出世運・縁結び】 笑顔が可愛いこざるがお守りに! 「こざる守」は笑顔がかわいくて人気のお守りです。 耳がキュートで、ついついこちらまで笑顔になってしまうようなほっこりさが良いですよね。 ご利益は「まさる守」と同じで、枝神社の神様「神猿(まさる)」から、「何事にも勝る」「魔が去る」といった勝負事や魔除けへのご利益があります。 仕事運、出世運を高めてくれ、ビジネスや学業にも効果があるお守りなので、自分へのエールのつもりで購入するのも良いでしょう。 また、見た目の可愛さから頑張っている人へのプレゼントにも喜ばれそうです。 さらに、お猿さんを撫でてあげると運気がアップすると言われています。 お守りをゲットしたら、ぜひ撫でながらお願いごとが叶うように大事にしてあげてくださいね。 もちろん、「猿」と「縁」をかけて良縁にも恵まれる効果があります。 たくさんの良い縁を運んできてもらいましょう。 みちびき守|日枝神社のお守り【成功運】 「みちびき守」は人生や選択に困ったとき、悩みができたときに良い方向に導いてくれるお守りです。 これは御祭神猿田彦大神が、日本神話の「天孫降臨」で一行を先導したことが由来となり、「道案内の神」「道開きの神」として信仰されているからです。 導いてくれることから「みちびき守」と名付けられました。 「みちびき守」はころんとしたフォルムが可愛い、猿の横坐りのお守りです。 先ほどご紹介した「まさる守」や「こざる守」は顔がアップになっているので、猿の全身姿のお守りが良い方は「みちびき守」を選びましょう。 「みちびき守」にはひょろんとしっぽもついているのでぜひ注目してみてくださいね。 料金は500円で、可愛いのに困ったときに頼りになるお守りです。 何かに悩んでいるお友達や同僚へのお土産に、そっと渡してあげると元気をあげられるかもしれません。 おさるのご利益の効果にお願いしてみましょう! 子授守|日枝神社のお守り【子授け】 赤い猿がキュートな子授かりに効果のあるお守り 「子授守」は可愛い猿がお守りを抱いてくれている、子授けに効果のあるお守りです。 日枝神社は子授け・安産にも効果があるということで、子宝祈願に訪れる方も多いんです。 これから子供が欲しいカップルや、妊活中の女性、妊婦さんも多く訪れています。 「子授守」は飾っているだけでも可愛いので、自分用に購入する方はもちろん、妊活中のお友達や同僚に買っていく方も多く人気のお守りです。 インスタグラムなどのSNSでも、この「子授守」を買ったりもらったりして、元気をもらっている女性も多いんです! もちろん「猿(えん)」とかけて「縁」にも恵まれる効果があるので、良縁のご利益も期待できますよ。 赤ちゃんとの良いご縁に恵まれそうですね。 料金は1,000円です。 日枝神社の子宝祈願で子宝に恵まれますように。 ビジネス守|日枝神社のお守り【仕事運・成功運】 プレゼントにも人気のビジネス用のお守り! お守りの返納のタイミングを迷ってしまう人もいるかもしれませんが、お守りのご利益の目安は1年と言われています。 買って1年以上経ってしまったお守りや、いただいてからしばらく経っているお守りは、せっかくのご利益の効果がなくなってきます。 そのまま持っていても効果がないので、きちんと返納するのが良いでしょう。 「仕事運アップのために買ったら願いが叶った!」「縁結びのお守りのおかげで彼氏ができた!」「安産祈願のお守りのおかげで無事出産できた!」など願いが叶ったらお守りを処分するタイミングになります。 願いが叶っていなくても、受験や大きなプレゼンなどお守りにお願いしていたタイミングがすぎたら返納しましょう。 きちんとお礼を伝えて返納すると、また新しいご利益を得られます。 新しいお守りを手に入れて、その効果やご利益を受け取りましょう。 せっかくのご利益を最大限にいただくためにも、返納して気を循環させていくことを大切にしましょうね。 日枝神社のお守りをGETしよう!.

次の

日枝神社のご利益あるお守りの種類と値段│縁結びのパワースポット

日枝 神社 お守り

この記事の概要• 日枝神社は婚活の「パワースポット」良縁成就、縁結びの神さま 古く、古事記などの「丹塗(にぬり)矢」の神話によると、大山昨神は丹塗りの矢に化身して川を流れ下り、その矢を拾った玉依姫(たまよりひめ)と結ばれたとされます。 ゆえに、大山昨神は良縁成就、縁結びのご神徳を持つとされます。 また、大山昨神の神使が「猿」でした。 「猿」を「えん」と読み、「縁」とかけることで、縁結びのご利益があるともされます。 そんな故事に因んだ、かわいい「縁(猿)結び守 500円」が人気で、婚活をしている女性が購入を決めるそうです。 日枝神社は子授けの神さま。 子授け守の丹塗りの「子授矢」が人気。 前述の丹塗矢の神話では、大山昨神と結ばれた玉依姫は、神の子、別雷神(わけいかずち)を懐妊します。 そんな故事に纏わり、日枝神社は子授けもご利益とします。 そして、丹塗矢の神話に因み、日枝神社の子授け守は、丹(赤)塗りの矢、「子授矢 3000円」なのです。 日枝神社は安産の神さま。 御祈願は戌の日、または申の日に。 江戸期に将軍家の産土神として崇敬された日枝神社は、将軍家お世嗣ぎ出産の折には、安産の祈祷所とされました。 また、日枝神社では大山昨神の神使の「猿」が、犬と同様にお産が軽いことにちなみ、妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日、または、申(さる)の日に安産祈願を行うのがよいとされます。 ゆえに、土、日や祝日と戌の日、申の日が重なるときは、大変な賑わいとなります。 安産祈願は平日の戌の日や申の日、または平日の大安がおすすめです。 安産錦守は 700円、腹帯は 5,000円です。 SPONSOR LINK 日枝神社は魔除、厄除の神さま。 猿のお守り「まさる守」が人気。 大山昨神の神使の「猿」は「神猿(まさる)」と呼ばれ、「魔が去る」と解されて、古く、魔除、厄除の信仰をあつめました。 数え年で男性は25歳、42歳(大厄)、61歳、女性は19歳、33歳(大厄)、37歳が厄年とされ、厄年のはじめに厄祓いを行うのがよいとされます。 また、人気の猿のお守り「まさる守」は(小)400円(大)500円。 各、赤と白の2種類があります。 日枝神社は初宮詣で、七五三詣での宮としても人気。 初宮詣では無事な出産を神さまに奉告し、お子さまの健やかな成長をお祈りする行事です。 慶長9年、のちの3代将軍、家光公が江戸城内で誕生された折、日枝神社へ初宮詣でを行い、それ以降、将軍家では日枝神社への初宮詣でが慣例化、のちに庶民の間にも広がりました。 初宮詣では男の子は誕生32日、女の子は33日目のお参りが習わし。 でも、赤ちゃんとママの体調や、お天気や混雑具合を考慮して、日をお選びになるほうが良いようです。 七五三詣ではお子さまの健やかな成長を祝い、11月15日に3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が晴れ着姿で産土神に参詣する儀式です。 初宮詣で、七五三詣では境内の「日枝あかさか」の各施設のご利用が便利。 衣装レンタル、着付け、写真撮影、そしてお祝いのお食事までを承っているようです。 hieakasaka. 受付は午前9時~午後4時半。 祈願料は各10,000円から。 初宮詣での祈願では、お喰い初めの一式をお頒され、七五三では古例に倣い、神楽を奏して、鈴の祓が行なわれるようです。 まとめ 赤坂の日枝神社は永田町。 国会議事堂にも近い街区のど真ん中。 正面から山王鳥居をくぐり、山王男坂と呼ばれる石段を登ると壮麗な神門。 神門の左右で猿の大神像が参拝者を迎えます。 そして、神門を入れば、正面に重厚な社殿が鎮座しています。 また、外堀通りに面した山王鳥居から入れば、石段と並行してエスカレーターが設置されています。 赤ちゃんを抱いたママやご年配の方でも楽に参拝できます。 勿論、車で山上までゆくことも可能です。 日枝神社 主祭神 大山咋神 相殿神 田国常立神、伊弉冉神、足仲彦尊 社格 官幣大社 別表神社 東京都千代田区永田町2-10-5 03-3581-2471 開門時間 4月~9月 朝5時~夕方6時 10月~3月 朝6時~夕方5時 公式HP: 交通 地下鉄千代田線「赤坂駅」 出口2 徒歩3分 地下鉄南北線、銀座線「溜池山王駅」 出口7 徒歩3分 地下鉄千代田線「国会議事堂前駅」 出口5 徒歩5分 地下鉄銀座線、丸の内線「赤坂見附駅」 出口11 徒歩8分.

次の