足 が 冷え て 眠れ ない。 足先が冷えて眠れない人へ・解消法と対策グッズをご紹介

足が冷える原因は?ツボやグッズなど9個の対策を知って冷え性を改善しよう

足 が 冷え て 眠れ ない

Contents• 足先が冷たいと眠れない理由 「赤ちゃんや子どもは眠たい時、身体があったかくなる」って迷信みたいなこと聞いたことありませんか? いつからかわからないですが、私は誰かに聞いたことがあって知っていました。 これ実は本当で、 眠りと体温には深い関係があるんです。 人間は眠りに入る時、体温を下げようとして熱放散を起こすので、皮膚の温度が上がります。 どういうことかというと、身体の内側の熱を外側に出すことで、内側の体温を下げてスムーズに眠る環境を整えているのです。 裏を返せば、 寝ようとし始めた時に身体が冷えているとそれ以上体温が下がらないので、寝つきが悪くなるんですね。 人間の身体は心臓を中心に全身へ血液を送っていて、内臓から温めていくようにできているので、足先は身体の中で一番冷えやすい部位でもあります。 ということは、足先が冷えているということは身体が冷え始めている証拠ですので、寝ようと思っている時間よりも少し前に身体を温めておくと、スッと眠れるようになるかもしれません。 冷たい足を温める方法 理由がわかったところで、既に冷たくなった足はどうしたら温かくなるのでしょう。 足をお湯で温める どうせ眠れないなら思い切って、足湯をしてみるのが一番手っ取り早そうです。 40度前後のお湯をくるぶしが隠れるほどバケツや湯船にためて浸かると効果があります。 レッグウォーマーや靴下を履いて温める レッグウォーマーや靴下は即効性としては弱いですが、じわじわ温めてくれる冬の味方アイテムです! ただしこの場合、メディキュットのような 締め付けタイプではなくてゆるゆるした足を締め付けないタイプのものにしましょう。 締め付けることで汗をかいてしまうと、その汗を布が吸収して逆に足を冷やしてしまう可能性があるので、寝ているうちに脱げてしまうくらいゆるいものを選んでください。 熱湯ではなくやや熱いくらいのお湯を用意 2. 例えば、先述したように体温を下げようとするときに眠たくなるので、眠りたい時間の1時間くらい前にお風呂に入るようにしたり、体が温まるストレッチをするようにするだけでも変わってくると思います。 お風呂は 浴槽に20分ほど浸かると全身が温まって、血行も良くなるので手足まで温かくなります。 寝る前に睡眠をさまたげない、温かい飲み物を飲むのもいいです。 例えば、 ホットミルクやココア、ハーブティー、生姜湯などがいいです。 逆に、カフェインを含むコーヒーや紅茶、緑茶などとアルコール類は控えた方がいいです。 意外なところで、恒温動物である人間は冷えた体を強制的に温めると体は元に戻ろうとして、以前よりも体温が下がってしまうことがあるので 普段から足を外側から温めすぎているのも良くないです。 この記事があなたの悩みの解決につながれば幸いです。

次の

【注意】足が冷たいのは病気のサインかも!たかが足の冷えと甘く見ないで!

足 が 冷え て 眠れ ない

記事の内容• 夜になると足が熱くなる!その原因とは? 昼間は何の異常もないのに、夜、就寝前になると、必ず足がほてり出すことがあります。 このような症状を『 バーニングフィート(灼熱脚)症候群』と呼びます。 脚、特に足首から下の部分が熱く感じられ、夜間に症状が出ることが多いと報告されています。 この変な症状の原因はいったい何なのでしょうか。 考えられる原因には次のようなものが挙げられます。 体温調節のため• 長時間のデスクワークなどによる血行不良• 糖尿病の初期症状 原因1:体温調節のために足が火照る もっとも可能性の高い原因は、体温調節のためと言えるでしょう。 夏の暑い時などはもちろん、冬場に暖房で室内を暖かくしている時などは、体温が一時的に高くなることがあります。 すると、私たちの体の恒常性(ホメオスタシス)を維持するための機構が働き、体温を下げようとします。 このような時、どのようにして体温を下げるかというと、手足など身体の末端部分の血管を広げることで熱の放出を促進させる、という方法です。 この時、手足からの熱の放出が多くなるため、一時的に手足が熱くなります。 これが、ほてりの原因です。 それではなぜ夜寝る前になると足が熱くなるのでしょうか。 私たちヒトが睡眠状態に入るためには、体温を下げる必要があります。 そのため、このような体温調節機構を利用して、睡眠の準備をします。 つまり、寝る前に足がほてる、というのは正常な反応なのです。 原因2:長時間のデスクワークなどによる血行不良 オフィスワークの人などは、1日何時間も連続で座り続けることはざらにあります。 すると、自ずから下半身への血流が悪くなってしまいます。 これによって、ふくらはぎなどや足先が浮腫んだりしますが、同時に熱を持つこともあります。 毎日、夜になると足がほてってしまうという人は、血行不良が原因かもしれません。 原因3:糖尿病の初期症状 糖尿病患者の3人に2人にあるとされる『糖尿病神経障害』は自覚障害なく進行していく症状です。 この障害の初期症状として、足のほてり、しびれ、または足の冷えなどがあります。 毎日の足のほてりの他に、しびれや痛みなどの自覚症状がある人は、糖尿病にかかっている可能性があります。 ぜひ一度、神経内科等を受診することをオススメします。 解消法2:氷枕などで足を冷やす 物理的に足を冷やすことで、足のほてりを抑えてみましょう。 この時、凍傷を防ぐために、氷が直接肌には足らないように、ガーゼなど肌触りの良いもので包むようにしましょう。 解消法3:締め付けの少ない、足に合う靴を履く 足に合わない靴は、やはりむくみ・血行不良の元になります。 歩きやすく、締め付けが少ないものがオススメです。 解消法4:1時間に1回は椅子から立ち上がる 長時間、同じ姿勢でいると、やはり血行不良を招き、むくみなどの原因になります。 1時間に1回は椅子から立ち上がるなどして、姿勢を変えるようにしましょう。 まずは生活リズムを整えることから、心配なら病院へ 手足のほてりは体温調節などの体の恒常性維持の機構が深く関わっています。 この機構は生活リズムの乱れによっても不調をきたします。 足のほてりで辛い!という方は、まず生活リズムを整えることから始めて、長く続くようであれば近くの病院などで相談すると良いでしょう。 また、糖尿病の疑いが少しでもある方は、早めに病院を受診するようにしましょう。 関連記事:.

次の

布団に入っても手足が冷えて眠れません。寝つきがよくなる方法を教えてください。 | エステー株式会社くらしにプラス

足 が 冷え て 眠れ ない

スポンサードリンク 冷え性で足が冷たいと眠れない理由 手や足先が氷のように冷たくなる冷え性。 冬場は大変ですよね。 ホッカイロを使ったり、 厚着をしたり、 暖房をつけたり、 ストーブに手をかざしたり… という程度ではなかなか温まりません。 日中、動いている時ならまだ気も紛れますが、 夜、布団に入ってからも冷たいとなかなか寝付けません。 眠いのに、疲れているのに、早く寝たいのに、 布団の中で数時間も悶々とするのは辛いですよね。 手足が冷たいことと、眠れないこと。 一体どういった関係があるのでしょうか。 手足が温まらないと寝付けない? 夜は、昼間のように活発に活動しないため、 体の代謝を抑えた状態になります。 代謝を抑えるというのは 「余分なエネルギーを使わない」という 省エネ状態のこと。 代謝を抑えるとどうなるかというと、 体内で生み出される熱が少なくなり、体温が下がります。 特に 睡眠中は代謝が下がります。 内臓の動きも最小限になり、 身体の深部の温度もぐっと下がるのです。 ここで、大切なことがあります。 体温を下げて睡眠に入っていくためには、 手や足などの末端部分から体内の熱を外に逃がす ということが必要です。 眠たいと子供の手が温かくなっていたりすることがありますよね。 あれは、 手から放熱して体内の温度を下げ、 睡眠に入る準備をしているのです。 眠りに入る前に体がぽわんと温かく感じるのは そのせいなのです。 しかし。 冷え性で手足が冷たくなっているのは、この逆です。 末端の血管が収縮することで、 体内の熱が逃げていこうとしているのを防いでいる という状態です。 この状態だと、体内の温度がなかなか下がらず、 睡眠に入っていくことができません。 つまり、 冷え性で手足が冷たいまま布団に入っても、 なかなか眠ることができないのは、そのせいなのです。 冷え性で足が冷たい時に靴下を履く? 足が冷たくてなかなか寝られない時には、 靴下を履いて温めよう! という発想になるのは自然なことですよね。 寒い時には温める。 しかし、睡眠の時はこれは当てはまりません。 冷えている足に靴下を履くと、 血流が阻まれてしまいます。 そうすると、 熱を乗せた血液が末端の手足まで回らず、 更に冷えを助長してしまいます。 また、 「寒い時には厚着して温める」 というのは、 身体の熱を逃がさないための方法なので、 放熱したい時には逆効果。 手足が温まってきても、 靴下などで蒸れて放熱がうまくいきません。 そうすると体温をなかなか下げることができず、 うまく寝付けないのです。 というわけで。 靴下を履くのは、 冷え防止や温めるイメージがありますが、 睡眠時に履くのは、実はよくないのです。 しかし… 靴下を履いて寝ても、 朝には脱げていることがほとんど。 きっとどこかで脱いでしまうのでしょうね。 冷え性の足 寝る前に血流を良くする方法 冷え性というのは、体内の血液循環がうまくいかずに 起こることがほとんど。 「手足が冷たい」という症状の裏には、 熱を乗せた血液がちゃんと巡っていない、 血流が悪い という原因があります。 このため、 靴下を履いたり、ストーブにあてたり、 という保温対策ではあまり効果がありません。 運動やマッサージで血行を良くし、 温かな血液が全身に回るようにするのが 冷え性の改善策です。 スポンサードリンク 冷た~い足の血流を良くするには もともと、心臓の動きだけで全身に血を巡らせることは できません。 全身にある筋肉が収縮することにより、 ポンプの役割をして血流を促しています。 筋肉を動かすのは「運動」です。 つまり「運動不足」だと、血の巡りが悪くなります。 というわけで、 冷たい足の血行を促進するためには、 まず足を動かしてみましょう。 本当は1時間程ウォーキングをすればばっちりですが、 寝る前に手っ取り早くできるのが 足の指の開閉 です。 できるだけ足の指を大きく開き、 ぎゅっと「グー」のように握りしめた後に パッと開くのを繰り返します。 足がつりそうになることもありますが、 これを5分ほど続けていると、少しずつ足が温まってきます。 足つぼマッサージも効く! 足の裏には沢山のツボがあることは有名ですね。 身体のあらゆる器官の反射区が集まっており、 ここを刺激することで体調がよくなるのです。 つまり、足の裏はそれだけ体中と密接に リンクしているということですね。 ツボ押しでもむのはなかなか大変ですので、 乗るだけ、踏むだけのこちらがおすすめ。 それは、足の裏に様々な老廃物が溜まっているからです。 根気よく踏み続けることで、 老廃物も流れて行き、血流も良くなります。 結果、足がポカポカしてきます。 踏み終わった後、 気持ちのいい痛みでジンジンすると同時に、 足の裏がぽわ~んと温かく… 足も温かくなるし、健康にもいい足裏マッサージ、 冷え性対策に是非おすすめです。 寝る前の10分、15分程度、是非試してみてくださいね。 (マッサージ後には白湯を飲むと老廃物が排泄されやすくなります。 ) まとめ 冷え性で足が冷たくて眠れない…という時。 つい靴下を履いたり厚着したり、 ストーブの前に張り付いていたり、 というのをしがちですが、 大切なのは血流をよくすることなのです。 足裏マッサージは電気代もお風呂代もかかりませんし、 身体にもいいものです。 ポカポカと健康的な温かさになるので、 身体の力を実感することができます。

次の