けっ た 意味。 結婚記念日の年数と名称・読み方、意味、贈り物を考えて見ました

血清(けっせい)とは

けっ た 意味

パケット通信とは、通信ネットワークにおけるデータの伝送方式の一つで、データを小さな単位に分割して個別に送受信する方式。 分割されたデータのことを「」(packet、「小包」の意)という。 パケットには送りたいデータのほかに送信元や宛先の所在を表す情報(アドレス)などの制御情報が付加される。 送信側の機器は送りたいデータを通信規格などで定められた長さごとに分割し、制御情報を付加して順番に送信する。 通信経路上の中継機器は受け取ったパケットをいったん自身の記憶装置に格納し、次の中継装置へ順次送り出す。 これを繰り返して受信側の機器までパケット群を届け、受信側ではパケットからデータ取り出して順番に連結し、元のデータにする。 このような伝送方式は「」(store and forward、ストアアンドフォワード)とも呼ばれる。 パケット通信は経路上の回線や交換機を占有しないため設備や通信媒体を効率よく利用でき、中継時にデータを蓄積するため異なる通信速度や通信方式の機器間を接続しやすい。 制御情報に誤り検出・訂正符号を付加して、伝送途上で生じたデータの破損を検知してしたり、再送要求を送ることもできる。 また、の選択や変更が容易で、障害発生時に問題箇所を迂回して通信を続行するといった制御を行いやすい。 一方、経路の途中で混雑する回線があると通信が遅延したり中断することがあり、通信速度や遅延時間の保証などは行いにくい。 これに対し、ネットワーク上の二地点間を結ぶ経路を交換機で中継し、両端の機器が通信中はこれを独占的に利用する通信方式を「」(circuit switching)という。 歴史的には電話回線網などは回線交換方式で構築されてきたが、コンピュータネットワークやデータ通信の普及とともにパケット通信が利用される場面が増えている。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

パケット通信(パケット交換方式)とは

けっ た 意味

パケット通信とは、通信ネットワークにおけるデータの伝送方式の一つで、データを小さな単位に分割して個別に送受信する方式。 分割されたデータのことを「」(packet、「小包」の意)という。 パケットには送りたいデータのほかに送信元や宛先の所在を表す情報(アドレス)などの制御情報が付加される。 送信側の機器は送りたいデータを通信規格などで定められた長さごとに分割し、制御情報を付加して順番に送信する。 通信経路上の中継機器は受け取ったパケットをいったん自身の記憶装置に格納し、次の中継装置へ順次送り出す。 これを繰り返して受信側の機器までパケット群を届け、受信側ではパケットからデータ取り出して順番に連結し、元のデータにする。 このような伝送方式は「」(store and forward、ストアアンドフォワード)とも呼ばれる。 パケット通信は経路上の回線や交換機を占有しないため設備や通信媒体を効率よく利用でき、中継時にデータを蓄積するため異なる通信速度や通信方式の機器間を接続しやすい。 制御情報に誤り検出・訂正符号を付加して、伝送途上で生じたデータの破損を検知してしたり、再送要求を送ることもできる。 また、の選択や変更が容易で、障害発生時に問題箇所を迂回して通信を続行するといった制御を行いやすい。 一方、経路の途中で混雑する回線があると通信が遅延したり中断することがあり、通信速度や遅延時間の保証などは行いにくい。 これに対し、ネットワーク上の二地点間を結ぶ経路を交換機で中継し、両端の機器が通信中はこれを独占的に利用する通信方式を「」(circuit switching)という。 歴史的には電話回線網などは回線交換方式で構築されてきたが、コンピュータネットワークやデータ通信の普及とともにパケット通信が利用される場面が増えている。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

パケット通信(パケット交換方式)とは

けっ た 意味

パケット通信とは、通信ネットワークにおけるデータの伝送方式の一つで、データを小さな単位に分割して個別に送受信する方式。 分割されたデータのことを「」(packet、「小包」の意)という。 パケットには送りたいデータのほかに送信元や宛先の所在を表す情報(アドレス)などの制御情報が付加される。 送信側の機器は送りたいデータを通信規格などで定められた長さごとに分割し、制御情報を付加して順番に送信する。 通信経路上の中継機器は受け取ったパケットをいったん自身の記憶装置に格納し、次の中継装置へ順次送り出す。 これを繰り返して受信側の機器までパケット群を届け、受信側ではパケットからデータ取り出して順番に連結し、元のデータにする。 このような伝送方式は「」(store and forward、ストアアンドフォワード)とも呼ばれる。 パケット通信は経路上の回線や交換機を占有しないため設備や通信媒体を効率よく利用でき、中継時にデータを蓄積するため異なる通信速度や通信方式の機器間を接続しやすい。 制御情報に誤り検出・訂正符号を付加して、伝送途上で生じたデータの破損を検知してしたり、再送要求を送ることもできる。 また、の選択や変更が容易で、障害発生時に問題箇所を迂回して通信を続行するといった制御を行いやすい。 一方、経路の途中で混雑する回線があると通信が遅延したり中断することがあり、通信速度や遅延時間の保証などは行いにくい。 これに対し、ネットワーク上の二地点間を結ぶ経路を交換機で中継し、両端の機器が通信中はこれを独占的に利用する通信方式を「」(circuit switching)という。 歴史的には電話回線網などは回線交換方式で構築されてきたが、コンピュータネットワークやデータ通信の普及とともにパケット通信が利用される場面が増えている。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の