白 猫 テニス 初心者 応援。 サッカー日本代表初心者女子も楽しもう!応援コーデ・観戦のポイント

『白猫テニス』独占インタビュー後編 “浅井P&福P”に『白テニ』登場キャラと対戦システムについて聞いてみた [ファミ通App]

白 猫 テニス 初心者 応援

『白テニ』インタビュー後編はキャラと対戦 2016年5月19日、コロプラは新作アプリ 『白猫テニス』を今年の夏リリース予定と発表した。 今回は、『白猫プロジェクト』『白猫テニス』プロデューサーの 浅井Pと、『白猫テニス』プロジェクトマネージャーの 福Pにインタビューを決行。 『白猫』公式ニコ生に出演し、対戦ゲーム好きな白猫攻略班の ケンちゃんと、『白猫』を初期からプレイしているヘレナ役の声優 さあやが気になるアレコレを質問していくぞ。 インタビューの後編では、キャラクターやストーリー、対戦について深く掘り下げていこう。 / キャラの表情が豊かになった!? ケンちゃん 先程軽く『白テニ』を遊ばせていただきましが、見たところ 3Dモデルが『白猫プロジェクト』とはちょっと変わっているなと。 さあや 頭身が高めでしたよね。 福P 等身も変わりましたが、白猫キャラと『白テニ』キャラが大きく違うのは、 フェイシャルするようになったことですね。 さあや フェイシャル……? 福P 表情のことなんですが、喜怒哀楽や、 口パク、目パチするようになりました。 福P 後は、独立した指を作り、ちゃんとラケットを握れるように 自由な関節になっていたりします。 スポーツゲームなので、 キャラがどう動いてるかというモーションを伝えることがけっこう大事だと思っていて、あまり頭身が低すぎると何をやってるのかわからないんです。 なので『白猫』よりも人に近くなるように少し頭身を上げていて、ただそれもやりすぎるとリアルな人になっちゃうので、いまくらいの頭身に落ち着いたという感じです。 さあや す、すごい……! 指も自由に動くから、いろいろなポーズができるんですね! 『白猫テニス』登場キャラは誰? 浅井P 『白猫プロジェクト』ではできなかったことを、全部詰め込んで作っているという感覚はありますね。 福P 『白猫』がリリースされてから2年経っているので、やっぱり 新しいことをやっていかないといけない気持ちがありました。 ケンちゃん 『白テニ』には、どのくらい『白猫』のキャラが出るんでしょうか? 福P リリース当初は、 7キャラ+主人公、アイリスの9キャラで考えています。 さあや 後は、 『白テニ』オリジナルキャラクターが登場するという感じでしょうか? 福P そうですね、残りのキャラはすべてオリジナルです。 総勢50キャラ以上出てきますので、期待していてください(笑)。 ケンちゃん では『白猫』を知らないユーザーも楽しめるし、白猫プレイヤーにとっては新キャラがたくさん出てくるという感じですね。 すべて『白猫プロジェクト』のキャラで固める必要はないと思っていて、『白猫テニス』には『白猫テニス』の世界観があり、中のキャラクターが生き生きしていて、 『白猫テニス』のキャラを皆さんに好きになっていただく、ということが大事かなと思っています。 さあや キャラの衣装も気になります! 個人的には女子のミニスカート姿に期待です(笑)。 浅井P 『白テニ』ではキャラたちが、 『白猫』では見られない衣装になっているので、そちらも楽しみにしていただければと思います。 キャラの育成とストーリーはどう? さあや 『白猫プロジェクト』といえば、キャラの育成も重要なポイントですが、 『白テニ』にはキャラ育成などはあるのでしょうか? 福P 育成もありますね。 ソウルボードに近しいものを使って育てていく形になります。 浅井P 『白猫プロジェクト』を知っている方であれば 、ほぼすべてのシステムはすんなり入ってくるんじゃないかなと。 ケンちゃん 後、『白猫』はストーリーがしっかり作りこまれてるのが印象的なんですが、そういうキャラを深く知るイベントなんかも予定しているんでしょうか? 浅井P 当然 『白猫』なのでストーリーは用意しようと思っております。 『白猫プロジェクト』のときも、最初のうちはメインストーリーがあって、キャラがいて、タウンでしゃべって……くらいだったんですけれども。 どんどんキャライベントができて、ダグラスイベントのような大きいイベントができて、みたいにだんだん大きくなっていったので、『白猫テニス』もそんな形で、 皆さまとともにイベントが膨らんでいくんじゃないかと思っています。 好きなときに好きなだけプレイできるのも本作の魅力だ。 気になるアクションの操作感とゲームモード ケンちゃん プレイしてみた感じ、ユーザー自身のスキルもかなり必要になる気がしますけれども。 福P プレイヤースキルが求められるところはあります。 ただ、そこまで激ムズではないんじゃないかと。 後は試合中のスタミナやスーパーショットが簡単に出せたり、 ユーザースキルではないところでもカバーできるのではないかと思ってますね。 浅井P バランス的にも、 腕前が物を言うところと、スーパーショットいつ使う? とか、キャラチェンジいつする? みたいな 戦略によるところがあるので、そのあたりのバランスでうまいこと調整されているのではないかと思っております。 さあや ぷにコンが搭載されているので、 初心者でも直感で操作できてわかりやすかったです。 タワーを登って対人戦を勝ち抜こう! ケンちゃん ゲームモードはどういったモードがあるのでしょうか? 福P 基本的にはタワーで遊べる対人戦(PvP)がメインで、勝てないときやのんびりやりたいときにシングルモードや友達とのフレンドマッチで練習してまたタワーに戻ってくるという流れになっています。 ケンちゃん タワーでPvPができるんですね。 浅井P タワーは、同じ階層にいる方同士で戦って、 上の階層に行くというシステムになっております。 さあや では 強い人ほど上層階に行くということですか? 福P そうですね。 ケンちゃん 俺、30階のプレイヤーなんだぜ! みたいな自慢ができる、みたいな? さあや ケンちゃんより下の階にいたくない感、あります(笑)。 ケンちゃん あれ、さあやさんまだ10階におるん? みたいなやりとりも(笑)。 さあや それ絶対に言われたくない……! 福P 何階にいるかというのが、いわゆるランク・段位的な強さ…… 上手さの指標になるかと思います。 ユーザーレベルみたいなイメージです。 PvP のマッチングはどうなるの? さあや PvPのマッチングはどうなるんでしょうか? 福P タワーの対人戦は基本、オートでマッチングされます。 ケンちゃん 格闘ゲームだと、 自動で対戦相手が決まるランクマッチっていうモードと、 好きな相手と対戦するフレンドマッチがあって……そういうことですよね? ランクマッチがタワーで、 ランクが変わらないフレンドマッチがべつにあるのかなと。 浅井P その通りです。 たいへんお話が早くて助かります(笑)。 ケンちゃん 格ゲーでいうところの ランクマッチが タワーという形で表現されているんですね。 最終的にわかりやすく、 自分の強さがわかるタワーという形になりました。 ケンちゃん 自動マッチングが 同じ階層の人と戦うのもいいですね。 同じくらいの強さの人とマッチングすることよって一方的な試合展開になるケースが少なくなり、 かなり緊迫したおもしろい勝負が数多くできるんじゃないかと。 さあや 同じ強さの人と戦えるなら 「負けてばっかりでおもしろくない!」、みたいなことはなさそうですね。 福P そうですね、そういうことが極力起きないような設計にするつもりです。 さあや あまりにも負け続けると階層が落ちたり……なんてことは? 福P いまそのあたりを設計中なんですけど、ある程度までは落ちずに進んでいって、一定の階層から落ちるようにしようかと思っています。 現在調整中なので変わるかもしれません。 福P 4人対戦も、もちろんできます! ケンちゃん そういえば、2015年にコロプラの馬場社長が「これからはPvPだ」とインタビューでお話していた記憶があるんですが、PvPの狙いどころというか、コンセプトなどはあるんでしょうか? 浅井P まずPvPは絶対に『白猫プロジェクト』ではできないですね。 そもそもそういう設計ではないですから。 なので、 白猫でできないことをやってみたいという想いが僕の中にありました。 さあや 確かに、『白猫プロジェクト』本家でPvPをやるのは難しそうですね。 でもスポーツって対戦ありきじゃないですか。 なので、『白猫テニス』を作ると決まったときに、これは いかに対人戦を面白くするかがいちばん大事だねと、 福Pと話してました。 福P 対人戦って 勝つ人がいれば、負ける人も絶対出てしまいます。 しかし、スポーツというフィルターを通せば、運要素もあるのですべてではないですが、ある程度は勝敗に納得していただけるのではないかなと。 重圧は感じてはいるんですが、まずは 無事リリースするということが第一優先なので……これから感じていくんじゃないかと思っています。 ケンちゃん 最後に、福Pさんから『白猫』プレイヤーの方々、そして『白テニ』に注目している方々に一言お願いします! 福P 『白猫』のプレイヤーの方々もそうでない方も、そしてテニスを知っている方も知らない方も、多くの方に楽しんでいただけるゲームになったんじゃないかと思います。 対人戦(PvP)だけでなく、『白猫』のクエストのようにひとりで遊べるモードなど、 PvP以外も充実しているのでそちらも期待していただければと思います。 『白猫テニス』は、 『白猫プロジェクト』を踏襲しつつも、クオリティの高いものが作れていると思いますので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。 さあや 浅井Pも何か一言あれば、ぜひ! 浅井P 僕は『白テニ』チームが出したものを厳しくチェックしてまして、それにチームも答えてくれていて。 もともとの 『白猫』ファンの方々を絶対にがっかりさせたりはしないように作っています。 ぜひ楽しみにしていただければ! ケンちゃん ありがとうございます。 そういえばPvPと言うことで気になることが一点。 今後 実際の大会イベントをやってみたいという野望なんかはあるんでしょうか? 福P ぜひやってみたいですね! 浅井P このところ『白猫プロジェクト』のキャラバンがありましたが、やはりリアルなお客様との関わりなど、 オンラインだけでないリアルな関わりを大切にしていきたいと思います。 『白テニ』はまだリリース前のアプリなので、まだやるやらないを言える段階ではないのですが、人気が出てお客様に受け入れていただいた暁には、 大会なども考えていけるんじゃないかなと。 ケンちゃん そう聞くとより全力で応援したくなりました(笑)。 可能であればファミ通Appでも大会など開催していきたいですね。 さあや そうですね。 ダブルスの大会なんかも面白そう! ケンちゃん・ さあや というわけで、本日は長時間ありがとうございました! 福P ありがとうございました。 浅井P ありがとうございました。 『白猫テニス』を楽しみにお待ちください! /.

次の

ウィンブルドンの白のウエアは新鮮だ フェデラー シャラポワ: 面白真面目

白 猫 テニス 初心者 応援

We manage version control so you can make changes on the fly. Sophisticated options allow you to set the QA score rules and policies. Engage agents via dashboards A well designed quality process will only work if your agents engage with and trust the tools. Collaboration, transparency and communication are at the heart of Scorebuddy enabling real, measurable change to take place delivering consistently improving customer experiences. Scorebuddy allows you to highlight and share patterns and trends across groups and teams, drilling all the way down as far as the individual agent. And what if you could brand the survey for your company and link the result to the agent? Easy to deploy• Quick to deploy• Immediate results delivered to the agent and the team The first step we took as part of our QA strategy, was to decide what platform would be used that would provide analytics and reporting that we could do with ease. We needed to make sure we could access the data easily. We selected Scorebuddy! For Outsourcers working with a scorecard system like Scorebuddy, the primary problem is that you take the ecosystem that your clients use when they come on board. Scorebuddy can be used to standardize to one way of capturing quality, regardless of the ecosystem being used by the client. The 1 Outsourcer challenge is too much work and too little time. If used properly, Scorebuddy gives you the gift of time! At Beachbody we manage call centers on a global level and we use Scorebuddy to manage all of our QA Teams. Our QA teams randomly sample agent interactions, auditing all channels including voice, chat, email and social. We find Scorebuddy extremely easy to use, the look and feel is very user friendly. Our agents can review their dashboards immediately, reviewing feedback and gauging where they stand against other agents in real-time. Another major benefit of using Scorebuddy is due to their extensive and unique compliance suite. Furthermore, the team at Scorebuddy has been incredible, as far as when we need to reach out, requesting any type of assistance with a problem. Everyone has always been very attentive, so that has been incredible. Ryanair initially used Scorebuddy to measure 600 staff and 3 outsource partners throughout Europe. The value was seen immediately as our quality team saved hours every week by not having to struggle with the process via spreadsheets, and the team has found it easy to use. This requires a lot of emphasis on creating unique scorecards to cater to those different cultures and languages. Furthermore, we are currently getting ready to go live with our Zendesk integration. Scorebuddy has provided BenefitMall with an application for building consistent and customer focused quality evaluation solutions across business units and locations. Our front line now depends on Scorebuddy as an integral part of performance development tools used with staff. This includes over 400 users along with 80 admins and supervisors, which is why utilizing Agent Insights is essential for our business. By using Agent Dashboards agents feel more involved and the team is more aligned on what quality level is expected, especially the self-scoring and the option to request a 1:1 are really paying off. Using the Analytics reports provide us with information where to focus on, the loop with training and coaching is easily made and we can improve our tools to support our agents in a better way. The Scorebuddy-Zendesk Integration saves us a lot of manual work and that definitely is a plus, which in turn makes the overall QA process more efficient. Staff lists are up to date, unlike their previous system which was only updated annually. The managers have increased autonomy and ownership over their quality forms as they can instantly change their scorecards to what suits their needs. Some of our favourite features of the Scorebuddy enterprise package are Agent Insights and Analytics, which allow us to gain foresight into trends that impact our day to day business.

次の

白猫テニス:ボレーでコース打ち分けるコツは?「ほとんど真ん中にしかいかない…」

白 猫 テニス 初心者 応援

ラケットの面のひも状のものをストリングと呼びます。 「ガット」とも言われる、実際にボール打つ部分のことです。 ストリングパターンは、そのストリングの縦と横の本数のことをいいます。 一般的には縦が16本、横が18本または縦が16本で横が19本であることが多いです。 ストリングパターンが細かい方がラケットのどこにボールが当たったのかがわかりやすく、ボールの飛びを抑えることができます。 そしてストリングが切れにくいのでメンテナンスにかかる費用を抑えることができます。 ストリングパターンが粗い場合は、細かいものよりもたわみが大きくなるため、ホールド感(ラケットとボールの接地時間)が高くなりスピンをかけやすくなります。 ストリングパターン プレーをしている間は、ずっとラケットを手に持っているため、重さは重要になってきます。 ただ、ラケットの重さは「持って重いか」ではなく「振ったときに重いか」で判断することが重要です。 ラケットは長さがあるので、同じ重さのラケットでも重心がどこにあるかで振ったときに感じる重さが大きく異なるためです。 そのため、実重量ではなくスイングウェイトを参考にするようにしましょう。 フレームの厚さ ラケットの面を真横から見た時の厚みがフレームの厚さです。 一般的には17〜30mmのものが市販されています。 フレームの厚さも面の大きさと一緒で、厚いほど楽にボールを飛ばすことができます。 そのため、面の大きさとフレームの厚さの両方がボールの飛距離に影響します。 しかし、テニスは縦横無尽に打ち込む必要があるので、飛べば良いというものでもないことは頭に入れておきましょう。 フレームバランス フレームバランスとはラケットの重みを感じるポイントのことを言い、一般的にトップヘビー、イーブンバランス、トップライトの3種類があります。 ここでは、その3種類について解説していきます。 トップヘビー トップヘビーはラケットの頭側に重さを感じる300g以下のラケットによく採用されているフレームバランスです。 打つ力の強いストローカー向けのラケットで、グリップの端から330mm以上のところに重心があります。 トップに重心をもってきているため遠心力がはたらき、速くて重たいボールにも打ち負けることがありません。 ただし、ボレー(ノーバウンドでの返球)などの素早い動きが必要な時には不利になります。 イーブンバランス イーブンバランスはラケットの中心部に重心があるラケットです。 トップヘビーとトップライトの特性をあわせ持ったタイプなのでストロークもボレーも打ちやすく、オールマイティなプレイヤーを目指す人におすすすめです。 トップライト トップライトのラケットは重心が310mm以下のところにあり、よりグリップに近いところに重さを感じます。 そのため、とっさの動きにも対応しやすくボレーやネット際でプレーすることが得意なプレイヤーに向いています。 グリップサイズ グリップサイズはグリップ(ラケットの握る部分)の太さの区分のことで、通常は1〜3の3サイズで表示されています。 一部のモデルは2〜4や1〜2、2〜3といったサイズの場合もあります。 グリップのサイズは実際に握ってみてちょうど良いのが一番良いとされています。 グリップを握った時に薬指の指先と親指の付け根の膨らんだ部分の間が約8mmというのが握りやすいグリップサイズの目安になると言われています。 色やデザイン テニスラケットは色のバリエーションが豊富です。 フレームの形もメーカーによって異なります。 また、ブランドのロゴが入っているので好みのメーカーの中から選ぶのも良いでしょう。

次の