バックアップレンタル。 レンタルサーバー「自動バックアップ」の比較

バックアップオプション|機能・オプション|レンタルサーバーならスマイルサーバ

バックアップレンタル

レンタルサーバーを検討する上で、業務に使うためバックアップ機能付きのものを探している人もいると思います。 一般的にレンタルサーバーでは、データの安全性を保つためにストレージにRAID構成を採用していまが、顧客の資産をより安全に守るため、バックアップ専用のサーバーに別途データを保存する機能を備えたサーバーも少なくありません。 バックアップには大きく分けて「自動」と「手動」の2種類があり、それぞれ機能と役割が異なります。 また、レンタルサーバーが提供する機能とは別にFTPやCMS(コンテンツ管理システム)を使ったバックアップも存在します。 この記事では、これら各種バックアップの仕組みや役割、メリット・デメリットについて詳しく解説します。 また、独自のバックアップ機能を備えたレンタルサーバーをいくつかピックアップしてまとめてありますので、サーバーを検討する際の参考にしてください。 この記事を流し読み• データの安全性を向上する仕組みは大きく分けて2種類ある レンタルサーバーではデータの安全性を向上する仕組みとして、「RAID」と「外部サーバーへのバックアップ」を備えています。 RAID 「RAID(レイド)」とは、複数のハードディスクを組み合わせてひとつのディスクとして認識させる技術のことです。 ほとんどのレンタルサーバーでは、2台のハードディスクに同じデータを同時に書き込むRAID1か、RAID1にストライピングを組み合わせたRAID10を使用しています。 これにより、例えば1台のハードディスクが故障した場合でも、もう1台のハードディスクが正常に動作していれば、サーバーを停止せずサービスを継続運用することができます。 メモ RAIDは「RAID0」「RAID1」・・・「RAID10」と何種類かありますが、用途はそれぞれ異なります。 信頼性の点から考えると「RAID1」もしくは「RAID10」以外は、あまりレンタルサーバーで使用されません。 外部サーバーへのバックアップ 利用中のサーバー機器とは物理的に別の外部サーバーにデータをバックアップする方法です。 RAIDだけでは、ウイルスが侵入した場合にすべてのハードディスク内のデータが改ざん・削除されてしまったり、自分で誤ってデータを上書き・削除してしまう危険性が残ります。 外部サーバーへ定期的にデータを保存しておけば、もし何かしらのトラブルがあった場合でも、以前の状態にデータを復元することができます。 そのため、RAIDと外部サーバーへのバックアップの両方の機能が実装されているレンタルサーバーが信頼性の面で理想的とされています。 バックアップの対応状況はサーバーにより差がある レンタルサーバーのバックアップには、何らかの障害によって消えてしまったデータを復元するための役割があります。 ただし、レンタルサーバーのなかには、サーバー事業者側の管理のみを目的としてバックアップを実施しているものもあります。 この場合、ユーザーがデータの復元を求めても、対応してくれないこともあるため注意が必要です。 バックアップの頻度はレンタルサーバーによって大きく異なるため注意が必要です。 例えばエックスサーバーやさくらのレンタルサーバーでは1日1回ですが、CPIレンタルサーバーは3日に1回のバックアップです。 また、データの保存期間に関しては、ほとんどレンタルサーバーで7日間ほどです。 バックアップのタイミングがサーバー側の都合で決められており、データの復元に費用がかかる場合がある 自動バックアップの最大のデメリットはバックアップのタイミングが1日1回などサーバー側の都合で決められていることです。 バックアップが毎日確実に行われているという保証がない場合も多いため、確実なバックアップには向きません。 また、データの復元に費用がかかる場合もあります。 具体的な金額はレンタルサーバーによって異なりますが、例えばエックスサーバーであればサーバー領域のデータを復元するために10,000円かかります。 mixhostなど一部のレンタルサーバーでは復元まで含めて無料の場合もありますが、サーバーを検討する際に復元にかかる費用を確認しておくことをおすすめします。 手動バックアップのメリット・デメリット バックアップに手間がかかる 手動バックアップのデメリットはバックアップに手間がかかるという点です。 決まった日時に繰り返しバックアップし続けるのはなかなか大変です。 FTPやWordPressプラグインを使ったバックアップはデメリットがある レンタルサーバー側の機能を使わず、FTPやWordPressのプラグインを使えば、誰でも無料でバックアップをとることができます。 しかし、レンタルサーバー側で提供されているバックアップと比較してデメリットもあるため覚えておきましょう。 FTPバックアップはタイムアウトとトラフィック量がデメリット バックアップファイルは一般的にサイズが大きいため、その分サーバーと接続する時間も長くなります。 そのため、FTP通信では一定時間サーバーから応答がないとタイムアウトとなり、接続が切れてしまうことがあります。 FTPを使ってバックアップする際は、タイムアウト時間を長めに設定するようにしましょう。 また、Zenlogicのように1ヶ月に使用可能なトラフィック量が1TBを超えると、トラフィック量を制限される場合もあります。 FTPを使ってバックアップする場合は、事前に利用規約を確認しておきましょう。 WordPressプラグインを使ったバックアップは制限付きの場合がある WordPressのプラグインを使うと無料でバックアップをとることができますが、機能の一部に制限があることが多いため注意が必要です。 例えば「All-in-One WP Migration」では一部のデータだけ復元するといったことができません。 また、無料で利用できる最大サイズは512MB(2018年10月30日のアップデート以降はサーバー依存)までです。 ほとんどのプラグインは簡単に使えますが、使い方を間違えると復元できない場合もあるため、安全性を重視する場合はレンタルサーバーが提供しているバックアップを利用しましょう。 目的別!バックアップ機能に対応したレンタルサーバー 利用目的や予算の観点から、編集部がおすすめする自動・手動バックアップ対応のレンタルサーバーをいくつか紹介します。

次の

ホスティング(レンタルサーバ)のバックアップについて徹底解説!|ITトレンド

バックアップレンタル

レンタルサーバーを利用している上で、バックアップをとっていないのは大変危険です。 ちょっとしたトラブルで大事なデータを破損・消失する可能性もあるからです。 そのため、レンタルサーバーを利用する際は、バックアップの取得や、バックアップ自動化を検討しましょう。 今回は、サーバーのデータバックアップの重要性やバックアップの種類、そしてCPIのバックアップサービスをご紹介します。 なぜサーバーのバックアップが必要? データの破損・消失などデータ事故はいつどのような形で起こるか分かりませんので、バックアップは必須です。 なお、事故例には以下のようなケースが考えられます。 ・上書きや削除などの誤操作 ・マルウェア等によるデータ改ざん ・地震、洪水、火事等災害による物理的なサーバーの故障 このような事態が起きても、業務を早急に復旧するためにはバックアップが必須です。 また、データのバックアップには、以下のようなメリットもあります。 ・データ事故が起きても復旧できる ・バックアップがあるので安心して業務を進められる ・データの世代管理が可能 中には、「バックアップは面倒な作業」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、バックアップはユーザー自身でHDDやSSDなどストレージを用意しなくても、レンタルサーバー管理会社のオプションや標準搭載機能で提供されています。 また、自動バックアップ・手動バックアップはサーバー管理画面から簡単に行うこともできます。 ですから、ただ「面倒だから」という理由だけで、バックアップを怠ってしまわないようにしましょう。 バックアップの方法 データのバックアップ方法は大きくわけて4種類あります。 外部バックアップ レンタルサーバー管理会社が、物理的に別のサーバーにデータを転送してデータを保存する方法です。 外部バックアップは物理的に別のサーバーにデータが保管されているため、レンタルサーバーに万が一、事故が発生しても、別サーバーに保管したバックアップデータからデータ復旧が可能です。 なお、CPIは外部バックアップサービスを提供しています。 内部バックアップ 外部バックアップが物理的に別のサーバーに転送することに対して、内部バックアップは同一のサーバー内でバックアップを取る方法です。 この場合、転送速度などを考える必要がなく、復旧も外部バックアップと比べて速いですが、その反面、ハード障害時にはバックアップデータにアクセスできない、などのデメリットも存在します。 ローカルバックアップ ユーザーのパソコンや社内サーバーのHDD、SSDなどにバックアップをとる方法です。 ローカルバックアップは、ユーザーの判断で手元にデータを置いておきたい場合などに用いられます。 クラウドバックアップ クラウド上にデータを保存する方法です。 外部、内部バックアップのような、レンタルサーバーのデータをバックアップするというよりは、ローカルのデータを保存する場合などに多く用いられます。 クラウドバックアップは、万が一、災害などが起きてローカルのデータが被害に遭ったとしても、クラウドからデータ復旧が可能なため、企業の重要データのバックアップなどでも用いられている方法です。 またバックアップには、全データイメージをバックアップする完全(フル)バックアップと、データの書き換え内容を保存する方法があります。 データの書き換え内容を保存する場合は、保存する書き換え内容によって、差分バックアップまたは増分バックアップと呼びます。 差分、増分バックアップは完全バックアップと比べてデータ容量が小さいため、バックアップ時間の短縮に繋がります。 しかし、復旧する際はデータをつなぎ合わせる必要があるため、完全バックアップと比べて時間がかかるなどのデメリットもあります。 データのバックアップ方法として4つを紹介しましたが、例えばレンタルサーバーでは外部バックアップを使用したり、社内のデータであればクラウドバックアップを使用したりと、用途によって選べるものが変わってきます。 バックアップしたいデータを確認して、適切なバックアップ方法を選びましょう。 レンタルサーバーのバックアップの方法 ほとんどのレンタルサーバー管理会社は、バックアップサービスを提供しており、管理画面から簡単にバックアップすることができます。 費用面から見ても、月額で数百円〜数千円程度と比較的安価でできるため、万が一のデータ消失による被害を考えれば高いコストではありません。 なお、CPIには「SmartRelease」という無料のサーバーツールに自動・手動バックアップ機能が搭載されています。 このSmartReleaseは、以下のタイミングで自動バックアップを取得しています。 ・毎日深夜帯 ・サイト公開時 ・公開サイトからテストサイトにファイル転送時 そのため、手間をかけずにバックアップが可能です。 また、オプションで提供されている外部バックアップサービスでは、最大9日前までのデータが復旧可能です。 外部サーバーのFTPアカウントで、バックアップデータのダウンロードがいつでもできるため、迅速な復旧作業を実現します。 専用サーバーでのバックアップ方法 CPIの専用サーバーサービスでは、外部バックアップサービスを標準機能として提供しています。 レンタルサーバーと同じく、9日前までのデータをFTP転送でダウンロードできるため、万が一事故が起きても復旧作業時間が大幅に短縮されます。 また、自動かつ管理画面から簡単にバックアップできるため、運用コスト削減にも貢献するでしょう。 まとめ バックアップは、大事なデータを守るために、必ず行うべき作業といえます。 バックアップサービスは、安価で手軽に利用することができますので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。 関連タグ:•

次の

ホスティング(レンタルサーバ)のバックアップについて徹底解説!|ITトレンド

バックアップレンタル

ホスティングにおけるバックアップの必要性 ホスティングに保存したデータは消えるリスクがあります。 具体的には以下の危険性が考えられます。 何の対策もしていなければ、ある日突然データが失われ、業務に多大な悪影響を及ぼすでしょう。 そのため、日ごろからこまめにバックアップを取っておきましょう。 適切にバックアップをとっていれば、安心して業務に集中できるようになります。 ホスティングにおけるバックアップの種類 ホスティングにおけるバックアップの種類を3つ紹介します。 1.内部バックアップ 内部バックアップは、バックアップ対象のサーバ内部にバックアップデータを保存する方法です。 この方法の特徴は、バックアップの保存や復元に時間がかからないことです。 バックアップデータが同じサーバ内にあるため、オフラインで復元できます。 ただし、対象のサーバが物理的に故障した場合は復元できなくなるという難点もあります。 2台以上のハードディスクにデータを書き込む「RAID1」 内部バックアップで一般的なのがRAIDという方法です。 1台のサーバに複数のHDDを搭載し、それらにバックアップデータを保存します。 RAID1はRAIDの一種で、2台のHDDにまったく同じデータを保存する方式です。 片方が壊れても、もう片方にデータが残っているため復元できます。 2台同時に壊れない限り、データが失われることはありません。 ただし、片方が壊れていることに気づかずに使い続け、気づけば両方壊れていたというケースもあるため注意が必要です。 ちなみに、RAIDにはRAID1以外の方式もありますが、一般的に使われているのはRAID1です。 単にRAIDと呼ぶ場合は、RAID1を指していると考えてよいでしょう。 2.外部バックアップ RAID方式では、誤操作によるデータの削除に対応できません。 なぜなら、2台のHDDにまったく同じ情報が記録されるためです。 誤操作するとその結果が2台のHDDに保存され、それ以前のデータは残っていないため復元できません。 同じ理由で、サイバー攻撃によるデータの削除などにも対応できません。 RAIDはあくまで物理的な故障のリスクを分散する方式といえます。 そこで必要になるのが外部バックアップです。 ホスティングにおいては、ベンダーが別のサーバにデータを転送して保存する形式となります。 本サーバに問題が生じた際は、バックアップをとった別のサーバからデータを取り寄せて復旧します。 3.クラウドバックアップ クラウドバックアップは、その名のとおりクラウド環境にバックアップをとる方法です。 ホスティングのデータを保存する方法というより、ローカルなデータをホスティングサービスで預ける方法を指すことが多いです。 社内で管理している機密情報など、失われては困るデータをクラウド環境に保存します。 たとえ自社のデータがサイバー攻撃や自然災害で失われても、クラウドにあるデータは影響を受けません。 必要に応じてクラウドからバックアップデータを取り寄せて復元できます。 ホスティングサービスの選び方 ホスティングサービスを選ぶ際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。 バックアップデータの保存期間はどれくらいか バックアップデータには保存期間があります。 データを保存するほどメモリの容量を圧迫するため、古いものは順次消さなければならないからです。 どのくらい前のデータまでさかのぼれるかはホスティングサービスによって異なります。 そのため、サービス選定時にはバックアップの保存可能世代数を確認しましょう。 たとえば、1日1度のバックアップを10世代分保存できるとすれば、10日前のデータまで戻れるということです。 もし1日1度のバックアップで3日程度しかさかのぼれないとなると、連休明けに連休前のデータまで戻るのは困難です。 できる限り多くの世代を保存できるサービスを選びましょう。 バックアップサイクルはどれくらいか バックアップサイクルは、データが失われても許容できる期間で定めましょう。 たとえば、過去2日のデータが失われても許容できるなら、バックアップは2日に1度とれば良いことになります。 バックアップサイクルが短いほうが失われるデータが少なく済みます。 しかし、あまり高頻度にバックアップをとると、古いデータにさかのぼれなくなります。 半日に1度バックアップをとる場合、10世代保存できても5日前のデータまでしかさかのぼれません。 ホスティングでは、基本的にユーザーがバックアップサイクルのスケジュールを設定できます。 世代数と、データを失われても許容できる期間を踏まえて、適切なサイクルを設定しましょう。 最適なバックアップ方法でホスティングを利用しよう! ホスティングに保存したデータは、さまざまな要因で消失する可能性があるためバックアップを取りましょう。 バックアップ方法には以下の3種類があります。

次の