休職 社会 保険 料。 休職中・休業中の社会保険料Q&A 機関紙(KAWA

育児休業中は社会保険料が全額免除!免除される期間と申請方法を確認

休職 社会 保険 料

ある日、病気やケガによって急に働けなくなってしまった場合、お金についての不安も出てきますよね。 給料はもちろんですが、毎月給料天引きされている 社会保険料について、 休職中はどのような扱いになるのか気になるところですよね。 実は、 休職中であっても社会保険料は免除されないという話もあります。 しかし、手続き次第では対応策もあるとも言われています。 万が一の自体に備え、ここでは、• 休職中の社会保険料は免除されない?• 休職中の社会保険料の受給資格は喪失しない?• 休職中の傷病手当金の支給は? 以上のことを中心に解説し、 休職中の社会保険料の取り扱いについて分かりやすくご説明していきたいと思います。 この記事を読んでいただければ、休職中と社会保険料の関係について詳しく知ることができ、万が一の際に慌てずに備えることができます。 ぜひ最後までご覧ください。 仕事を休んでいるのに社会保険料を請求するなんてひどいのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、なぜ社会保険料を免除されないのかと言うと、「 労働者としての身分がなくなったわけではない」ためです。 労働者として企業で勤めている場合、基本的に企業の 厚生年金や 健康保険に加入すると思います。 休職中であっても「在職中」であるため、企業からみても従業員であることは変わらず、労働者は 被保険者となります。 この身分が続く限り社会保険料は免除されることはなく、休職中であっても引き続き社会保険料は払い続ける必要があります。 また、休職中には 傷病手当金が支給されることになりますが、この支給も社会保険料を納めていることによって支給となるため、基本的に免除されることはないと考えておいた方がよろしいでしょう。 また、病気で休職する場合は健康保険から傷病手当金が支給されます。 企業にお勤めであれば基本的には健康保険の被保険者であるため、健康保険で定められた 傷病手当金を受給できます。 休職中は医療費や生活費など困ってしまう一方、勤務先からの給与がないためどうしようかと悩んでしまう方もいらっしゃると思います。 そんな時、傷病手当金が支給されるのであれば安心ですよね。 ちなみに、傷病手当金の受給要件はいくつかの要件を全て満たす場合になっています。 いずれにせよ、 業務外での病気やケガの影響で仕事に就けない場合に傷病手当金が支給されます。 ただし、 業務中に発生したケガや病気については 労災認定となるため取り扱いが異なりますので注意しましょう。 傷病手当金の支給金額ですが、ざっくりしたものでいうと「 月給の3分の2」が目安となっています。 ちなみに、傷病手当金は支給開始日から「最長1年半」まで支給されます。 途中で仕事復帰したものの、再度休職状態となったとしても勤務期間もカウントされるため、仮に2019年4月1日より受給することとなったとすれば、いずれにせよ2020年9月30日までとなります。

次の

うつ病による休職中の税金~保険料、住民税は支払う必要がある?

休職 社会 保険 料

休職中は、その休職について労災が認められた場合には、労災保険から休業補償給付を受けることができます。 また、労災とは言えないような事情の場合には、健康保険の傷病手当金の制度を利用することが出来ます。 ただし、健康保険料や住民税は支払う必要があります。 ここでは、休業期間中も負担しなければならない保険料や税金についてご紹介します。 休職中の労働保険料 休業した場合には、労働保険料を負担する必要はありません。 労働保険料には、労災保険料と雇用保険料がありますが、労災保険料は全額が会社負担となりますので、休職している労働者がいるかどうかについては実務作業上、ほとんど影響がないと判断されます。 雇用保険料については、失業等給付について労働者の負担分はあります。 ただし、休職によって支給される賃金がない場合には、雇用保険料も発生しません。 また、健康保険から傷病手当金が支払われていた場合であっても、傷病手当金は賃金とはなりませんので、傷病手当金に対して雇用保険料は負担する必要はもちろんありません。 休職中の社会保険料 社会保険料については、休職となった場合でも健康保険が適用されます。 そして必要な給付を受け取ることが可能なので、厚生年金も適用対象となります。 このときの納付の方法については、毎月振込依頼書などで会社に口座に本人負担分の金額を振込む方法がほとんどです。 ただし、休職している労働者は通常、収入が大幅に減少していて、社会保険料の支払いが負担になってしまう可能性もあります。 そこで、労働者の負担する分の保険料を会社が立て替えて負担し、労働者が休職後復職した際に分割して労働者に請求するという方法をとる会社もあります。 休職中の所得税 休職中の所得税は原則として、納付する必要はありません。 所得税は、実際に支給される賃金から社会保険料を控除した後、扶養家族の人数を考慮した所得税額表に当てはめて計算されます。 つまり賃金が支給されていない場合には、所得税も発生しないことになり、納付する必要はないことになります。 その後、本人負担分の社会保険料を会社から請求されて支払っている分を含めて計算し、年末調整で清算される手順となります。 休職中の住民税 休職中の住民税は、会社に対して支払う必要があります。 住民税は、毎月6月から翌年5月までの間に支払うべき金額が決められていて、通常では会社側が賃金から控除して同一市区町村の住所に住んでいる人の分をまとめて納付しています。 休職中で賃金が支払われていない場合には、会社側が休職している労働者に請求し、労働者が、会社に対して支払うという手順になります。 ただしこの場合も、社会保険料の時と同様に、休職している労働者は通常、収入が大幅に減少しているので、住民税の支払いが負担になる可能性もあります。 その際は、会社に返済方法について相談してみましょう。 状況に応じて分割払いなどに応じてくれる会社もあります。 休職中にもらえる手当 以上のように、休職した場合でも、社会保険料や住民税は支払う必要がありますが、休職中にもらえる手当もあります。 これらの手当は申請しないと支給されない場合もありますので、注意が必要です。 1 労災の休業(補償)給付 休職した病気やケガが労災と認められた場合には、労災保険から休業補償給付を受けることができます。 休業補償給付の額は、給付基礎日額(通常、平均賃金に相当する額)の60パーセントです。 2 社会保険からの手当 労災とは言えないような事情の病気やケガの場合には、健康保険の傷病手当金の制度を利用することが出来ます。 傷病手当金とは、健康保険の被保険者(労働者)が業務外の病気やケガで労働できなくなり、その間の賃金をもらえなくなった場合にもらえる手当金です。 傷病手当を受給するためには、「傷病手当支給申請書」に病院の証明書を受けて申請する必要があります。 ただし、健康保険の傷病手当金や、労災の休業(補償)給付がもらえる場合には、いずれも働くことができない間の生活保障を行うものであることから、傷病手当と二重に受給することはできません。 なお、労災で支給される休業補償や障害補償は非課税とされていて、それに対して所得税がかかることはありません。 一方、会社都合で休業した際に支払われる休業手当は給与所得になるため、通常の賃金と同様に所得税を計算した額が変遷控除されて支払われることになります。 以上、休業期間中も負担しなければならない保険料や税金についてご紹介しました。 休職中は、身体の回復を第一に考え、健康保険の傷病手当金や、労災の休業(補償)給付などの支給を受けながら、ゆっくり転職や復職の準備を進めるようにしましょう。 なお、パワハラやセクハラなどが原因でケガをしたりうつ病などを発症している場合には、加害者に対してだけではなく会社に対して損害賠償を請求できる可能性もあります。 一人で悩みを抱え込まずに、まずは労働問題に詳しい弁護士に相談してみましょう。

次の

休職・退職時の社会保険料の天引きに注意!

休職 社会 保険 料

会社は毎月、決められた社会保険料(健康保険と厚生年金保険の保険料)を納付する義務があります。 社員も毎月、個人ごとに割り当てられた社会保険料を負担する義務があります。 通常は、毎月支払う賃金から、会社が社員負担分の社会保険料を控除(徴収)します。 しかし、社員が1ヶ月以上休職や欠勤をする場合は、賃金が支払われませんので、会社は社会保険料を控除(徴収)することができません。 無給であったとしても、会社も社員も社会保険料は免除されませんので、会社は何らかの方法で社員負担分の社会保険料を徴収する必要があります。 徴収の方法としては、次のような方法が考えられます。 毎月振り込んでもらう• 会社で立て替えて、復帰後にまとめて返済してもらう• 本人負担分の社会保険料と同額の賃金を支給して徴収する• 数ヶ月分の社会保険料をあらかじめ会社に預けてもらう 2.の復帰後にまとめて返済してもらう方法は、長期になると社会保険料の総額が膨れ上がって返済が大変です。 また、復帰しないで退職するケースでは、返済に応じてもらえなくてトラブルになることがよくあります。 2.の方法は避けるべきです。 3.の本人負担分を支給すると、支給した金額は賃金として取り扱われます。 健康保険の傷病手当金を受給している場合は、その分だけ傷病手当金が減額されます。 社員にとっては受け取れる金額は同じですが、会社の負担が無駄に増えます。 4.の方法は、予定していた時期に復帰をすれば問題はありませんが、復帰が遅れると問題になります。 支障がなければ、1.の方法が良いと思います。

次の