おとめ 座 銀河 団。 うお座・くじら座超銀河団Complex

マルカリアンの銀河鎖

おとめ 座 銀河 団

かみのけ座銀河団の中に見つかった、X線で輝く巨大な腕。 チャンドラによるX線画像(赤)と、SDSSの可視光画像(白・青)の合成。 とくに明るいX線放射のみを表示しているが、高温ガスは視野内にまんべんなく広がっている。 Sanders et al, Optical: SDSS) 独マックス・プランク研究所のJeremy Sanders博士やJAXA招聘研究者のAurora Simionescu博士らの研究チームが NASAの天文衛星「チャンドラ」とヨーロッパ宇宙機関( ESA)の「XMMニュートン」を用いたX線観測から、およそ3. 2億光年彼方のかみのけ座銀河団に、50万光年以上の長さに伸びている高温ガスの巨大な「腕」を多数発見した。 1つの銀河団にこのような高温ガスの長い腕が多数発見されたのは初めてのことだ。 かみのけ座銀河団は、中心に1つではなく2つの巨大楕円銀河を持つ珍しい銀河団だ。 これらはおそらく、かつてこの銀河団と衝突した2つの大銀河団の、それぞれ最大の銀河の名残と考えられる。 今回発見された腕も、かみのけ座銀河団が小さな銀河群や銀河団との衝突を経て巨大な天体集合体になった過程を物語る痕跡だ。 これらの腕は、かみのけ座銀河団に突っ込んできた小さな銀河団のガスが、かみのけ座銀河団の高温ガスではぎ取られることでできたと考えられる。 研究チームでは、腕のサイズやガス中の音速(=密度のむらが伝わる速度。 この場合は時速約400万km)などを手がかりに推算し、腕が形成された時期をおよそ3億年前と見積もっている。 画像左下の2つの腕は銀河団中心部から200万光年離れた銀河群につながり、さらに150万光年以上、銀河団中心部付近の大構造まで伸びている。 観測データからはとてもかすかな「尾」を持つ銀河も見つかっており、おそらく、銀河団や銀河群だけでなく個別の銀河からも高温ガスがはぎ取られている証拠と推測される。 ほとんどの理論モデルでは、銀河団同士の衝突で高温ガスの強い乱流が引き起こされることが予想されている。 にもかかわらず今回発見されたのは、滑らかな形状の長い腕だ。 何度も衝突を起こしたかみのけ座銀河団の中の高温ガスが意外にも穏やかな状態にあるという驚くべき事実を示している。 これについては大規模な磁場が原因とも考えられるが、銀河団内の乱流の推測については不確定な要素が多く、他の銀河団をさらに観測していく必要がある。

次の

天文学辞典 » おとめ座銀河団への落ち込み運動

おとめ 座 銀河 団

学習レベルで探す• 五十音で探す• カテゴリーで探す• 太陽系• 星間物質と星形成• 銀河・銀河団• 宇宙の進化• 観測天文学• 観測技術• 装置・施設・データベース• 画像を見る• 動画を見る• よみ方 おとめざぎんがだんへのおちこみうんどう 英 語 Virgo infall motion 説 明 の銀河がの重力に引かれて落ち込んでいる運動のこと。 多数のの距離と()を測定し、視線速度がからどれくらいずれているかを調べる過程で1980年頃に発見された。 銀河系もの銀河とともにおとめ座銀河団に引かれて落ち込んでいるが、両者の距離は宇宙が膨張している(ハッブル流がある)ので広がっている。 落ち込み運動の影響は、おとめ座銀河団の周辺にある銀河で、後退速度がハッブル流より遅くなる(宇宙の膨張速度が遅くなっているように見える)効果として現れる(図1, 2, 3)。 さらに1986年には、に対する局所銀河群の運動速度は、おとめ座銀河団への落ち込み運動と、うみへびーケンタウルス座銀河団が、局所超銀河団を引き寄せている速度の合成で説明されるとして(図4)、局所超銀河団より大規模な領域で銀河が揃った運動をしていることが指摘され、それ以後超銀河団より大きなスケールでの大規模な銀河の(bulk motionあるいはstreaming motionと呼ばれる)が活発に研究されるようになった。 も参照。 おとめ座銀河団がなければ、後退速度の等しい線は図の波線のように、太陽を中心とする同心円となる。 おとめ座銀河団がある場合の等後退速度線は実線のようになる。 Tonry and Davis 1981, ApJ, 246, 680にある原図から作成(岡村定矩)。 モデルが概ね観測と合致していることがわかる。 Aaronson et al. 1982, ApJ, 258, 64にある図から作製(岡村定矩)。 白丸は文献によるデータ。 Karachentsev et al. 2014, ApJ, 782:4 9pp の原図より作成(岡村定矩)。 Aaronson et al. 1986, ApJ, 302, 536 にある原図より作成(岡村定矩).

次の

おとめ座銀河団 を 英語

おとめ 座 銀河 団

降着円盤と銀河ハロー [編集 ] おとめ座超銀河団は2つの構成要素からなる。 とである。 直径 [編集 ] おとめ座超銀河団の直径は2億 である。 およそ100の銀河群とからなり、その中心にはが居座っている。 質量 [編集 ] 重力が銀河の動きに及ぼす影響の追跡から、おとめ座超銀河団の質量は、約10 15 と推定されている。 恒星の数のわりにはは小さいため、質量の大部分はからなると考えられている。 おとめ座超銀河団は、の近くにあると呼ばれるに引き込まれている。 構成する銀河クラウド [編集 ] おとめ座超銀河団は、 と呼ばれる 銀河団の集まりからなる。 降着円盤は、3つの銀河クラウドからなる。 、りょうけん座クラウド、そしておとめ座IIクラウドである。 銀河ハローは、細長いクラウドからなり、おとめ座銀河団を指している。 地図 [編集 ].

次の