ビー スターズ メロン。 BEASTARSビースターズ16巻・ネタバレ感想|無料で読める方法もご紹介!|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

【ビースターズ 16巻 ネタバレ注意】レゴシの母親・レアノとの対話が描かれる

ビー スターズ メロン

ビースターズ ネタバレ展開予想 132話 メロンによってルイは消されるのか!? ビースターズ 132話 ネタバレ展開予想! 今は亡きイブキの面影を追って、路地裏でシシ組と遭遇したルイ。 『次に見かけた時は食い殺す』・・・シシ組の約束はゼッタイ。 銃口を向けられ、死を覚悟するルイ・・・ しかし、ベストタイミングでルイの角が落下・・・ 牡鹿特有の角の生え変わり・・・まさかのタイミング。 これによってフリーは狙いを外してしまった。 一気に流れは変わり・・・角の生えていないルイはシシ組は知らない・・・と、 一転して和解ムードに。 角が抜けたことで血が止まらないルイを治療がてらアジトに案内するシシ組。 案内された先で、ルイは言葉を失う・・・ 今まで肉食一筋だったシシ組が、メロンを食べている。 新しいボスの方針で、メロンしか食べられないそうだ。 しかも1日2食・・・肉を食べていいのは月に2回だけ・・・ 一見すると新しいボスとやらは、食肉を許さない、なかなかいい人物のように思われたが・・・そんな事は決してなかった。 シシ組の新しいボス・・・それは、まさかの男だった。 悪獣・メロン・・・!!それがシシ組の新しいボス・・・!! ルイは消されるのか? 仮面夜行会を潰され、相当頭に来たようだが、門番の命で怒りを納めたようだ。 殺した門番を・・・ステーキにして食う異常性・・・ しかも、決して好物などではなく、むしろマズいといいながら、ありったけの調味料で味を誤魔化し、それを喰らう・・・ どうやら肉断ちをさせたシシ組の連中の前で肉を喰らう事がメロンにとっての快楽のようだ。 しかし、メロンは殺された門番の種族は知らぬまま肉を喰らっている。 この事に異を唱える一番の若手アガタ! 肉を食う時、何の種族の肉か知った上で食べるのが裏市の最低限のマナー・・・ だが、メロンがそんな説教を受け入れるはずもなく・・・ アガタの手にフォークをつきたて、それを踏みつける。 このメロンという男の凶悪性、異常性はよく解る・・・ しかし、事一匹の戦闘力に関してはどうなのだろうか? シシ組はみなライオンだ・・・その肉食獣としての強さは、メロンを軽く上回るのではないのか? 恐怖による支配・・・単純な肉体の強さの問題ではないのかもしれない。 一線を越えたメロンの異常な冷徹さ・・・凶悪性・・・ それが百獣の王さえも恐怖で動けなくさせるのか・・・ ルイはボスが現れる前に障子の裏に身を隠したが、メロンの嗅覚は騙しきれなかった。 「フリー、ここに1匹部外者が居るね。 今すぐ俺の前に引きずり出せ。 でないとアガタがこのままお前らの月2のご馳走になるぞ」 新入りの身を守るか、元ボスを守るか・・・ フリーの選択はいかに・・・ ボスの言葉は絶対・・・逆らうことが出来ないのであれば、 ルイは突き出されるのだろうか・・・ 恐らく・・・ルイの事だ・・・ 自ら出て行くのだろうな。 フリーに酷な選択をさせないために・・・ 問題はメロンと対面した時、どう切り抜けるかだ。 演技派のルイならあるいは・・・ しかし、相手はメロン・・・そう生易しい相手ではないだろう。 シシ組は全力で元ボスを守るのか・・・それとも・・・ まとめ 思った以上にヤバイ奴だったメロン・・・ レゴシの罪は大きいかもだな・・・せっかく捕まえられていたのにな・・・ というか、レゴシは無事なのか!? そしてビースターであるヤフヤの立場は・・・ やはりゴーシャと再びタッグを組むしかあるまいて・・・!! アーカイブ• 102• 116•

次の

BEASTARS(ビースターズ)最新刊までのまとめ|No Gaming No Life

ビー スターズ メロン

表紙はどこかのメスオオカミ🐺👠誰でしょう。 カバー下やおまけ漫画いつもよりちゃんと描いた!お楽しみに。 特典ペーパーのテーマは手話👐 — 板垣巴留🐺BEASTARS itaparu99 母親・レアノとの対話が描かれる メロンに撃たれて意識不明の重体……だからこそすでに亡くなってる母親と再会することができた。 レゴシの母親・レアノは「一番甘えたいと時期に相手してやれなくて悪かったわね…幽霊になった今謝ったって何にもならないけどさ」と言い、それに対してレゴシは、レアノが苦悩していたことを理解していたと話すのだ。 レアノを傷つけないために黙っていたレゴシの優しさ。 結果的にはそれが最後の別れとなってしまう。 メロンとの一件についても「俺の選択はいっつも肝心なところで間違える!!ほんと…馬鹿すぎて後悔ばっかりなんだ…」と。 そんなレゴシにレアノは「生きていれば後悔の連続なのは当たり前よ。 それを自分なりにチャラにできるのが人生なの。 私の人生なんてそれこそ後悔ばかりだけど。 レゴシを産めた、それだけでもう百点満点」と愛に満ちた言葉を贈るのだ。 再びメロンの罠にハマるレゴシ 意識を取り戻したレゴシはメロンを捕獲するために動いていくことになる。 メロンを追ってタトゥースタジオに潜入し、独り言に聞き耳を立てていたレゴシはまたメロンに策略にハマってしまうのだ。 その他にも ルイ先輩に惚れてしまった後輩のジュノがレゴシに恋愛相談したり、メロンの罠にハマったことでシシ組との関係性がうまれたり、ゴーシャがブチギレていたりと多くの出来事が描かれている。 愚直で真っすぐなレゴシが、同じ境遇でありながらも捻じ曲がってしまったメロンに、何を訴えかけるのか、今後の展開を楽しみにしたいと思う。

次の

BEASTARS(ビースターズ)163話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ビー スターズ メロン

ビースターズは少年チャンピオンの作品で板垣巴留先生の作品です。 『ビースターズ』前話(161話)のあらすじは・・・ 自分の体を触らせるキュー。 レゴシは44話で女性の体に触れた事はあるが、やはり女性の体には抵抗がある。 キューはいっそオスであるのを辞めたらどうかと言って去勢しようとさえするが…。 そこからふと互いのイマジ ナリーキメラの話になる。 キューのキメラにはウサギとパンダが混じっており、そのパンダは自分の師匠である ……。 と、なんとその師匠がゴウヒンである事が判明!! 2人は改めて打倒レゴシのために手を組む…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 そこでメロンはキャバクラの名刺を見つけたとメンバーに言う。 風紀の乱れだ。 恐らく羽振りがいいから調子に乗った誰かが遊んだのだろうとメンバーは言う。 大人のメスと子供のメスだ。 メスは大人になると変貌する。 メロン曰く、恋愛脳の怪物に…。 だからメロンはこの大人のメスの匂いが嫌いなのだ…。 あの甘ったるいママの声と、花柄とレースで埋め尽くされた部屋を思い出す。 メロンとメロン母は団地で暮らしていた。 そして自室をお城のように飾り立てていた。 メロン母はお使いに行ってくれたメロンに礼を言う。 曰く、ガゼルの旦那はメロン母が食さつしたのではないのかと…。 しかし彼女は行方不明の父については一切口にしなかった。 あのお伽のような世界で作り物のように親子で暮らしていた。 今日の道徳のテーマは自身の名前の由来だ。 それを聞いて金曜までにプリントに纏めて提出するよう言われる。 メロンはクラスメートに絡まれる。 曰く、お前のようなふざけた名前にも意味があるのかと…。 どうせ母親がメロンパン好きだからそんな名前を付けたのだろうと…。 メロンはさつ意が籠った目で彼らを見、彼らはたじろいで帰っていく。 メロンは母に宿題の件を話し、なぜ自分に『メロン』という名前を付けたのか聞く。 『メロン』は、果物でも野菜でもない果実。 それなのにあんなに美味しい。 だからハーフの彼でもそんな甘い人生を送れるようにとの願いを込めたのだ。 が、メロンはそのお伽のようなママが気に入らない。 そう、現実だ…。 いくらそんな御伽噺のような甘い由来を語ろうと、ハーフである自分の人生など……。 パパにそっくりな彼の目が好きで、その怯えた目と弱々しい体が好き。 母はいつまでも恋する乙女だった。 そして異常だったママとふざけたインテリアを破壊したら、ようやくこの部屋がまともになった気がした。 そして母は一つ勘違いをしている。 自分は父とは似ていない…。 「もしもし警察ですか…。 暴漢が入りました」 俺は、とてもママ似だから。 メロンの過去は決して貧困だったりネグレクトされていたわけではないですが、これはこれで辛い物がありますね。 愛する母が自分を父の代替品のような存在として扱っていたなんて…。 しかもその愛情は食べ物に向けるような眼差しでした。 きっと本当に食したのでしょう。 夫をさつ害して喰らったのか、事故か何かで亡くなった夫の肉を喰ったのか、その経緯は分かりませんが…。 その場合、次は誰の話になるのでしょうか。 ハルか、キューの過去か、それともチェリートン学園の話か…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の