免疫 力 を 高める スープ。 【管理栄養士監修】ブロッコリーは免疫力を高める野菜?正しい食べ方や簡単・美味しいレシピ

「免疫力を高める食べ物!」【最強】はコノ7つ!

免疫 力 を 高める スープ

がんと免疫の研究に取り組んでいた私にとって、これは非常に魅力的なテーマでした。 私は免疫と日常食べている食事、食品とがどのような関係をしているのかに関心を抱き、アメリカのハーバード大学などで25年にわたって研究を行い、「免疫栄養学」と呼ばれる新しい分野を切り拓いてきました。 ファイトケミカルの研究も、その1つです。 その膨大な研究データの中から、人間の免疫システムに働く多くの食材が、下記の4つの「力」に集約されていることを見出しました。 1つは、免疫細胞をつくったり、免疫機能を正常に維持する「免疫活性維持力」と呼んでいるものです。 2つ目は、免疫増強作用。 免疫機能に働いて、免疫機能による攻撃力を高める「攻撃力」と呼んでいるものです。 3つ目は、食材に含まれる栄養成分自体が直接細菌やウイルス、がんなどの異物をめがけて攻撃・排除する「抗菌作用・抗ウイルス作用・抗がん作用」と呼んでいるものです。 4つ目は、過剰に働いた結果起こる炎症反応、それを抑える力の「抗アレルギー作用・抗炎症作用」と呼んでいるものです。 これら4つの力は、多様な奏者が一緒になって壮大な交響曲を奏でるオーケストラのようなものといっていいでしょう。 ただし、指揮者のいないオーケストラです。 楽団のそれぞれのパートに指示を出したり、全体をコントロールするような指揮者に値する食材はまだ見つかっていません。 指揮者がいなくて、楽団員みんなが協力し合って演奏している状態です。 2と3の「攻撃力」と「抗アレルギー作用・抗炎症作用」は、免疫を強くする、高める力です。 オーケストラで言えば、管楽器や打楽器が当たるかもしれません。 このようにみんなをグイグイ引っ張ったり元気づける食材も、もちろん大事です。 しかし、このような攻撃一辺倒だと、炎症という反応が起こります。 炎症はさまざまな病気を引き起こす元になります。 胃炎や肝炎などです。 それだけではありません。 その炎症が元になって、がんまで引き起こされると言われています。 たとえばヘリコバクター・ピロリ菌によって萎縮性胃炎が起こり、それが元で胃がんに発展したりすると言われています。 ですから、この免疫力、攻撃力は、度を過ぎないように抑える必要があります。 それが、1と4の「免疫活性維持力」と「抗アレルギー作用・抗炎症作用」です。 「免疫活性維持力」は免疫を整える、免疫機能を維持する力です。 「抗アレルギー作用・抗炎症作用」は炎症を抑える力です。 オーケストラで言えば、弦楽器がこれに相当するかもしれません。 管や打の強力な音ばかりだと、聴衆は疲れてしまいます。 それを弦楽器で気持ちを鎮め、全体の雰囲気を整えていく音色も大事なのです。 食べ物の取り方からいえば、前の攻撃力よりも、むしろこの攻撃力を抑える力の方が、重要と言えるかもしれません。 食事で「免疫を整える」というのは、この4つの力の食材をバランスよく食べるということです。 バランスよく食べることによって、免疫のバランスがとれていくのです。 では、免疫を整えるためには、どんな食材をどのようにとればいいのでしょうか?、ここでは、そのわかりやすい一端を示しておきましょう。 たとえば前に挙げた4つの力の代表的な食材としては、「免疫活性維持力」では白菜や里芋、「攻撃力」では椎茸・昆布、「抗菌作用・抗ウイルス作用・抗がん作用」ではわさび・からし、「抗アレルギー作用・抗炎症作用」ではピーマン・生姜などが挙げられます。 同じ食材でも、食べ方でも変わってきます。 たとえば生の生姜の中には、ジンゲロールという成分が入っていて、これは攻撃型の免疫で、免疫を強くしてくれます。 しかし、風邪を引いて熱が出たりしているときは、生姜を熱い湯で生姜湯にしてやればショウガオールという抗アレルギー作用・抗炎症作用の成分が出ます。 したがって、これを飲むと、体はアレルギー症状もとれ熱も下がって楽になります。 麻布医院院長 高橋 弘 免疫は「上げる」だけではダメ、整えることが大切 最近は何かと免疫、免疫と声高に言われブームになっている感がありますが、さて、「免疫とは何?」と問われてきちんと答えられる人はあまりいないように思います。 よく「免疫を上げると健康にいい」「免疫を高めて強靱な体を作ろう」と謳われていますが、実は、これは間違いです。 免疫を上げるだけではダメで、免疫を上げるだけだとかえって健康に害をもたらすこともあります。 結論からいうと、免疫は「上げる」のではなく、「整える」ことが大事なのです。 「免疫」とは何でしょう。 語源的には、「疫病から免れる」ことですが、これも、今となっては正しくありません。 免疫学の研究が大きく進展したことによって、免疫とは、自分と自分でないものを見分け、自分でないものを排除すること、そしてそうすることによって人間は自分の体を守っているということがわかったからです。 人間の体の中には、そのような自分でないものを見分け、排除するための免疫システムが張り巡らされているのです。 たとえばその1つが、免疫のパトロール隊ともいうべき細胞軍です。 彼らは、日常体の中をたえず巡回しながら、細菌などの自分でないものがいないか、見回っているのです。 しかし、手強い相手だとパトロール隊だけでは対応することができません。 そのような場合には、今度は、免疫の機動隊ともいうべき、もっと強力な武器を持ち特別な訓練を積んだ細胞軍が出動し、攻撃をします。 このように、自分でないものを排除するには、「パトロール隊」「機動隊」という2段構えの連携プレーで仕掛けていくシステムになっているのです。 ところが、この免疫システムの攻撃態勢が、原因はさまざまですが、本来のバランスを崩すようなことが起こります。 そうすると、免疫は、自分でないものに過剰に反応したり、はては自分の体に対してまで攻撃をしたりということが起こります。 前者の代表的なものが花粉症やじんま疹、ぜんそくなどで、後者の代表的なものがリウマチや多発性硬化症、バセドウ病などの自己免疫疾患と呼ばれる難病です。 そして重要なことは、これらの病気は、すべからく免疫の攻撃力が上がりすぎたために引き起こされる病気であるという点です。 つまり、免疫は「上げる」だけではダメで、中庸、バランスをとることが大事、だから免疫は「整える」ことが必要だというわけです。 ファイトケミカルについての髙橋院長の出版書籍• 新刊のお知らせ 宝島社から、「 」が出版されました。 「 ハーバード大学式命の野菜スープ」の最新版です。 キャベツ、 かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ。 この4種類の野菜だけで誰にでも簡単に作れるシンプルな野菜スー プには、健康をリセットし、 病気を予防する体にやさしい自然の力が秘められています。 この「 ハーバード大学式 命の野菜スープ」にはファイトケミカルがたっぷり含まれています。 ファイトケミカルは野菜や果物に含まれる天然の機能性成分。 抗酸化作用やデトックス作用、免疫を整える作用、 がんや動脈硬化を予防する作用、ダイエット効果、 アンチエイジング作用など色々な機能を持っています。 ファイトケ ミカルたっぷりの野菜スープで、 日々の乱れた食生活を帳消しにして、健康をリセットして下さい。 この野菜スープは誰にでも簡単作れ、作り置きができて、冷蔵・ 冷凍保存ができるので、毎回作る手間がかからず、 毎日続けられます。 全国書店、 にて発売中。 「ハーバード大学式「野菜スープ」で免疫力アップ! がんに負けない! 」 がんの患者さんや、がんのご家族の大きな悩みは、「食事」です。 そこで、著者が考案したのが「ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ」。 この野菜スープは次の「4つのチカラ」でがんに対抗します。 このファイトケミカルスープは、がんの食事療法として実績を上げています。 また、本書では「ファイトケミカルスープ」の作り方や実践方法、患者さんの体験談が満載されています。 また、がんに負けない体をつくる「食事の手引書」にもなっています。 全国書店、 にて発売中です。 野菜&くだものパワー! ファイトケミカルできれいにやせるレシピ(宝島社) ダイエットに効く「ファイトケミカルスープ」を詳しく紹介。 植物がつくる天然の機能性成分ファイトケミカルを6色の色で分類 し、ダイエット効果、抗酸化作用、デトックス作用、 免疫力アップ作用、 アンチエージング作用などを分かりやすく解説。 全国書店、 にて発売中。 ドクター高橋の「ファイトケミカル」病気を治すいのちのレシピ 主婦と生活社 病気を撃退する天然の成分「ファイトケミカル」 の作用を7つに分類。 身近な野菜や果物を上手に摂って、 病気撃退に役立てる方法をわかりやすくまとめました。 全国書店、にて好評発売中。 ハーバード大学式「野菜スープ」でやせる! 若返る! 病気が治る! マキノ出版ムック 「免疫栄養学」から生まれた野菜スープ。 がん、高血圧、糖尿病、 脂肪肝、肝炎などにめざましい成果を上げています。 旬の野菜がわかる年間カレンダー付き。 全国書店、にて好評発売中。 病気を治す! 命の新・野菜スープ(TJMOOK) 材料はニンジン、玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃの4種類。 野菜を煮ることで溶け出してくる「ファイトケミカル」が糖尿病、メタボ、肝硬変、がんを撃退します。 全国書店、にて好評発売中。 ガンにならない3つの食習慣 ファイトケミカルで健康になる!(ソフトバンク新書) 日本人の死因のトップはガンです。 2人に1人が一度はガンになり、3人に1人はガンで亡くなっています。 しかし、たった3つの食習慣をとり入れるだけで、ガンを予防・撃退し、発ガンのリスクを大幅に減らすことが可能です。 高橋院長が本書で紹介する食習慣は、どれもお金をかけず、誰でも今日から実践できるものばかり。 その具体的なノウハウを本書で徹底的に公開します。 全国書店およびにて好評発売中。 がんにならない! 4種類の野菜で作る新型野菜スープ、「ファイトケミカルスープ」 で、がんの原因を根こそぎブロック!! 全国書店、にて好評発売中。 免疫を整えるレシピ 「分とく山」花板が挑む体にいいごはん(エビデンス社) 免疫は「整える」ことが健康法のポイント。 和料理の第一人者とコラボして創ったおいしく、 体にいい簡単レシピ。 全国書店、にて好 評発売中。 体に効く! キャベツ(学研パブリッシング) ファイトケミカルのイソリオシアネートが免疫力をアップ、 ビタミンUが胃の調子を整えてくれ、 ビタミンCが美肌を作ってくれるキャベツ。 おいしく食べて健康になれるレシピを紹介する。 全国書店、にて好評発売中。 がんを予防する「食」の新常識(洋泉社MOOK) がん予防する食習慣に関する新常識を特集した1冊。 5人のドクターが語るがんのリスクを下げる新・食事術。 全国書店、にて好評発売中。 免疫活性を維持する成分と食材• ビタミンC(好中球の活性維持や増強):海苔、ピーマン、柚子、唐辛子、ブロッコリー、生姜、すだち、白菜、かぶの葉、大根の葉、キャベツ、さつま芋、菜の花、抹茶、温州みかん、レンコン• ビタミンB2(細胞の再生を助け、粘膜を保護する):海苔、わかめ、唐辛子、椎茸、ひじき、生わらび、パプリカ粉• ビタミンB6(タンパク質の合成、免疫を正常に保つ):唐辛子、こんにゃく、かぶの葉、海苔、きくらげ、抹茶、そば粉、大豆、きな粉、ジャガイモ、ごま、鰯、秋刀魚、鮭、鯖• アスタキサンチン(ストレスによるNK活性の低下を抑える働きがある):海老、金目鯛、鯛、鮭、蟹、鱒、イクラ• クルクミン(抗酸化作用で免疫細胞のダメージを防いで免疫力の低下を防ぐ):カレー粉• 食物繊維(腸管免疫を整える):こんにゃく、きくらげ、椎茸、ごぼう、ひじき、まいたけ、海苔、わかめ、えのき、かぼちゃ、大豆、菜の花、ブロッコリー、レンコン、オクラ• 乳酸菌(腸管免疫を整える):ヨーグルト、漬け物• 亜鉛(免疫力の保持): 鰯、鯖、煮干し、牡蠣、大豆、辛子、抹茶、松の実、ごま、パプリカ粉• セレン(免疫力の保持): 海老、鰺、鯛、鰯、秋刀魚、鯖、牡蠣、辛子、卵黄、小麦粉• ムチン(免役機能を高める):里芋、長芋、山芋、なめこ、レンコン、オクラ• 良質のタンパク質(免疫細胞を作る):魚肉、鶏肉、卵白、大豆、豆腐、豆乳 免疫の攻撃力を強める成分と食材• フコイダン(NK細胞の活性化):昆布、海苔、ひじき、わかめ、もずく• レンチナン(免疫力を高める。 NK細胞の活性化、樹状細胞を活性化して攻撃指令力を強化):椎茸• グリフォラン(T細胞とマクロファージを介して抗がん作用を発揮する。 椎茸に含まれるレンチナンに劣らない抗がん作用がある):まいたけ• インターロイキン2の分泌を促進する):まいたけ• アリルシステインスルフォキシド(NK活性を高める): ニンニク• ビタミンC(インターフェロンの生成と分泌を促し、抗ウイルス作用を発揮する):海苔、ピーマン、柚子、唐辛子、ブロッコリー、生姜、すだち、白菜、かぶの葉、大根の葉、キャベツ、さつま芋、菜の花、抹茶、温州みかん、レンコン• 亜鉛(T細胞とNK細胞の働きを改善): 鰯、鯖、煮干し、牡蠣、大豆、辛子、抹茶、松の実、ごま、パプリカ粉• ジンゲロール(免役細胞数を増やし、攻撃力を高める):生姜• ネギの抽出液(抗体産生能を高め、抗インフルエンザ作用):長ねぎ• バナナ、キウイの抽出液(好中球の増加): バナナ、キウイ 抗菌作用、抗ウイルス作用、抗がん作用を示す成分と食材• アリルイソチオシアネート(抗菌作用、抗がん作用): わさび、からし、大根、菜の花、マスタード• アントシアニン(尿路感染症予防作用): ブルーベリー、茄子、小豆、さつま芋の皮、黒豆、黒米、ブドウの皮、ワイン• ヘスペリジン(抗ウイルス作用):柚子、柚子の皮、すだち、温州みかん、かぼす• フコイダン(インフルエンザウイルス増殖抑制、高濃度でがん細胞のアポトーシス(自殺死)を誘導する):昆布、海苔、ひじき、わかめ、もずく• スルフォラファン(抗ピロリ菌作用: ブロッコリー、ブロッコリースプラウト)• カテキン(抗菌作用、抗ウイルス作用): お茶、小豆• タンニン(殺菌作用があり、抗生物質が効きにくい細菌、コレラ菌、インフルエンザウイルスなどの繁殖を抑制):お茶、レンコン• リゾチーム(殺菌作用):卵白• クエン酸(抗菌作用):梅干し、柚子、すだち、かぼす• フコキサンチン(がん細胞の増殖を抑える): ひじき、わかめ、昆布、海苔• グルコブラシン(がん細胞の増殖を抑える他、がん細胞のアポトーシス(自殺死)を起こす:白菜)• クルルビタシン(がん細胞の増殖を抑える): きゅうり• ブチルイソチオシナネート(大腸がん細胞などのアポトーシス(自殺死)を誘導する): キャベツ、クレソン• フェニルイソチオシアネート(大腸がん細胞や前立腺がん細胞などのアポトーシス(自殺死)を誘導して、がんを抑える): キャベツ、クレソン 抗アレルギー作用、抗炎症作用を持つ栄養成分とそれを含む食材• ジンゲロール(抗アレルギー作用、抗炎症作用): 生姜• ショウガオール(抗アレルギー作用、抗炎症作用): 生姜• クルクルミン(マクロファージや好中球による炎症を抑える):カレー粉• ビオチン(ヒスタミンの産生を抑え、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する):辛子、唐辛子、パプリカ粉、大豆、味噌、枝豆、そば粉、椎茸、まいたけ、きくらげ、卵黄、鰯、あさり、海苔、わかめ、ひじき• リコぺン(強い抗酸化力で抗炎症作用): トマト、スイカ• アスタキサンチン(リポ多糖類が誘導する炎症反応抑制作用):海老、金目鯛、鯛、鮭、蟹、鱒、イクラ• フコイダン(Th2型免疫反応を抑制して抗アレルギー作用):昆布、海苔、ひじき、わかめ、もずく• ヘスペリジン(抗アレルギー作用):柚子、柚子の皮、すだち、温州みかん、かぼす• ノビレチン(抗アレルギー作用): シークワーサー• スルフォラファン(抗アレルギー作用(IgE産生抑制)): ブロッコリー、ブロッコリースプラウト• プロアントシアニジン(抗アレルギー作用(花粉症)、抗炎症作用):小豆、クランベリー、ブドウ果皮と種子、フランス海岸松樹液エキス• カフェ酸(抗アレルギー、5-リボキシゲナーゼ阻害活性を示す): コーヒーを焙煎するとクロロゲン酸から生成される• ロズマリン酸(炎症反応を抑える効果により、アトピー性疾患や花粉症などのアレルギー症状を緩和する効能がある):大葉、シソ• わさび抽出液(抗アレルギー作用): わさび 診療時間 月 火 水 木 金 土 10:00~13:00 院長 院長 院長 院長 院長 - 15:00~19:00 院長 院長 院長 藤代 院長 - 13:00~18:00 - - - - - 院長 休診日:日曜・祝日 診察の 最終受付は、 初診の方は診察終了時間の 30分前、 再診の方は診察終了時間の 10分前とさせていただきます。 当院では 15歳以下のお子様の診察は行っておりません。 当院では 乳幼児を連れての来院はご遠慮いただいております。 診察券をお持ちの方は、受付の際、窓口にご提示ください。 なお、診察券の紛失等に伴う再発行につきましては、再発行手数料として、100円を徴収させていただいております。 以上、ご理解の程、宜しくお願いいたします。

次の

【管理栄養士監修】ブロッコリーは免疫力を高める野菜?正しい食べ方や簡単・美味しいレシピ

免疫 力 を 高める スープ

日本でおなじみの食品も、世界ではまったく違う調理法で、免疫力アップ料理として食卓に並んでいる。 ヨーロッパならではの食材と調理法 パリ在住のジャーナリスト・羽生のり子さんは、ヨーロッパならではの調理法を紹介。 「自粛期間中は日光を浴びる時間が減り、ビタミンDの不足が問題になっていました。 そのためフランスでは、ビタミンDが豊富な青魚を週に1~2回食べることが推奨されています。 ヨーロッパには、『キッパー(燻製ニシン)』を牛乳で煮た伝統料理があり、ロンドンの高級ホテルの朝食にも出てきます。 切り身をパンにのせて食べるのが一般的です。 また、ビタミンDが多いしいたけも人気の食品で、フランスではマッシュルームより高価です」 燻製ニシン(キッパー)を牛乳で煮てパンにのせて食べる(写真/アフロ) 料理研究家で『ビーツ、私のふだん料理』(扶桑社)著者の荻野恭子さんも、定番野菜の意外な調理法を明かす。 「大根の一種であるビーツは、ロシア料理のボルシチに欠かせない野菜。 ヨーロッパでは丸ごとオーブンで焼いたり、フレッシュジュースにも。 ほかにも、地中海沿岸ではブロッコリーは茹でると栄養が流れ出てしまうので、ミネストローネにして煮汁まで食べる。 茹でるより、揚げる方が栄養価をキープできるからです」 ブルガリアで食べられているヨーグルトの冷製スープ「タラトル」(写真/アフロ) 「ボウルにヨーグルトと水を入れて混ぜ、きゅうりの薄切りとくるみのみじん切りを入れて『タラトル』というスープにします。 現地では身近な家庭料理です。 飽きることなく、ヨーグルトをたっぷり摂取できるのでおすすめです。 エジプトの名物料理『モロヘイヤのスープ』も、ウイルスを撃退するビタミンAが豊富。 鶏ガラスープに、にんにくで炒めたモロヘイヤが入っているシンプルな料理です」(管理栄養士の菊池真由子さん) 日本人の基本は和食 世界には、私たちが見たこともないような食品や料理がたくさんあるが、日本人にとっては、やはり和食が基本だ。 名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長で『100歳まで自然に元気な和食の流儀』(白秋者)著者の下方浩史さんが話す。 「日本食は、漬けもの、納豆、みそ、しょうゆと発酵食品が多く、魚介類には免疫機能に重要なビタミンD、亜鉛、セレンが含まれます。 私たちは和食を食べているだけで、自然に免疫機能が高まっているのです」 バランスのいい和食を食べるだけでも充分だが、免疫力は、さまざまな「菌」を取り入れるほど強力になる。 「海外の食品には、日本の食品にはない菌があります。 それらを和食と組み合わせることで、相乗効果が期待できるのです」(管理栄養士の中沢るみさん) 自由に海外旅行を楽しめる日が来るまで、世界の食品を食べて強い免疫力を養いたい。 この記事が役に立ったらシェアしよう•

次の

ハーバード大学式野菜スープで免疫力アップ!簡単レシピをご紹介

免疫 力 を 高める スープ

免疫力を高める食べ物飲み物は果物や野菜の食べ合わせで免疫力を上げることで抵抗力をアップさせる。 免疫力を高める食べ物飲み物を使った食事は続けることが大切で料理レシピで材料を美味しく食べられる。 乳酸菌で小腸の環境を整え白血球を活性化させるにはどんな方法がある? 免疫力を高める食べ物と飲み物を考える場合には、腸内環境を整え、腸を健康に保ち、免疫細胞を活性化させることができる食品を積極的に摂取した上で、バランスの良い食事をすることが大切です。 いちご ビタミンCは水に溶けやすいので洗ってからヘタを取るようにする。 大粒のいちご5つで1日の所要量を満たすので大量に食べる必要はない。 免疫力アップの果物 免疫力アップの果物だからと言って、大量に食べると果物に含まれる果糖によって糖化が起こり、老化の大きな原因になってしまいます。 ですので、果物の栄養をギュッと凝縮した酵素液がおすすめです。 低カロリーで高栄養なので免疫力アップに最適です。 免疫力を高める果物 免疫力を高める果物としては、下記のようなものがあります。 ザクロの効果• カリウム:むくみの解消、高血圧の予防• ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンC:動脈硬化の予防、改善• アントシアニンやエラグ酸 ポリフェノール :抗酸化・抗炎症作用、がんの予防 免疫力を高める飲み物 免疫力を高める飲み物としては、紅茶、ハーブティー、水、ココア、ワイン、スムージー、酵素ドリンクなどがあります。 一つずつ見て行きましょう。 免疫力を高める飲み物:酵素ドリンク 免疫力を高める飲み物の酵素ドリンクは、酵素は含まれていませんが、免疫力アップの野菜や果物、野草などを発酵させて濃縮したエキスと生酵母などが含まれているので、多くの栄養素と腸内環境を整える効果があります。 免疫力を高める食材が凝縮されているんです。 これにより、カラダの中から元気になって免疫力を高める効果が期待できます。 免疫力高める飲み物:紅茶 免疫力を高める飲み物の紅茶は、カテキンやテアフラビンには強い抗酸化作用があることによって、免疫力を高める効果があります。 紅茶の飲み方としては、ホットで1日3杯程度が適量です。 免疫力を高める飲み物:ハーブティー 免疫力を高める飲み物のハーブティーは、殺菌、抗炎症、抗ウイルス、発汗作用があるので、相乗効果によって免疫力を高める効果があります。 免疫力アップ飲み物:水 免疫力を高める飲み物の水は、ドロドロ血液を予防し、栄養の運搬と老廃物の排出をスムーズにしてくれます。 常温の水を飲むだけで体質改善が行えるのですから、水で太るなどというバカな考えは捨てましょう。 免疫力を上げる飲み物:ココア 免疫力を高める飲み物のココアは、ポリフェノールが免疫力を高め、腸内の善玉菌であるビフィズス菌などを増やす作用もあります。 免疫力上げる飲み物:ワイン 免疫力を高める飲み物のワインは、抗酸化物質のポリフェノールが豊富で、様々な健康増進効果が期待されています。 だからといって、飲み過ぎはダメですよ!詳しくは下記の赤ワインで老化防止の記事を参照して下さい。 免疫力を高める飲み物:スムージー 免疫力を高める飲み物のスムージーは、含まれている野菜や果物のビタミンやミネラルが豊富にまとめて摂取できます。 スムージーについては、下記の特集記事を参照して下さい。 免疫力を高める方法 免疫力を高める方法として、生活習慣、食事療法、運動、ツボ、漢方薬、食物繊維、サプリメントの7つを説明して行きます。 免疫力を高める生活習慣 免疫力を高める生活習慣としては、下記が挙げられます。 禁煙:タバコを吸うとマクロファージとリンパ球が減少する• 睡眠:睡眠負債が溜まると自律神経が乱れ免疫力が低下する• 朝日:起床したら朝日を浴びて体内リズムを整えると免疫力がアップする• 食事:腸内環境を整え、抗酸化力の高い食品を食べることで免疫力を高める• 湯船:シャワーではなく、湯船に浸かり体温を上げる。 笑う:爆笑することで免疫力を高める効果が実証されている 免疫力を高める食事療法 免疫力を高める食事療法としては、下記のようなものがあります。 1日30品目以上を目指し、バランスの良い食事を心がける• 乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌、オリゴ糖を含む食品で腸内環境を整える• 免疫細胞の働きが低下する活性酸素に立ち向かう抗酸化力の高いビタミンやミネラルを含む食品を食べる• タンパク質は免疫細胞を活性化させるので積極的に食べる• 脂質の摂り過ぎは免疫力の低下に繋がるので良質なものだけにする 三大栄養素の一つである脂質は、カラダにとって必要なものなので良質なものを摂取するようにします。 ただし、摂り過ぎはダメなので、脂肪の多い食品の特集記事である下記を参考にして下さい。 免疫力を高める運動 免疫力を高める運動としては、あまり激しくない適度な運動が推奨されます。 運動の目的としては、筋肉をつけて代謝をアップさせ、体温を上げることで免疫力を高めることができます。 免疫力を高めるという目的で運動を行うのであれば、下半身を中心にした筋トレであるスクワットを行うことで、効率的に筋肉がつけられて免疫力アップに効果的です。 正しいフォームのやり方は下記を参照して下さい。 筋肉は年齢を重ねたカラダでも十分にアップさせることが出来ますが、男性より女性の方が高めることが難しく、年齢が上がるほどに高めることが難しくなるので、下記のような補助食品を使うと効率的です。 また、年齢によって適度な運動というのは異なってきます。 それだけではなく、今まで運動の習慣があるかどうかも関わって来ますが、ここでは年齢によるスクワットの負荷や回数について整理します。 漢方 効果 桂枝 毛細血管を拡張し、発達を助ける 枸杞子 白血球の活性化、テストステロンの増加、視力回復に効果が期待できる 葛根 免疫の興奮状態を軽減・抑制し、免疫系の負担を軽減 菊花 リラックス効果をもたらし、副交感神経が優位になり免疫細胞が活性化 柴胡 サイコサポニンが免疫系統の亢進状態を鎮め、正常化 大棗 細胞の新陳代謝を活性化 余甘子 赤ワインの約30倍、ブルーベリーの約20倍の量のポリフェノールを含む 鹿角霊芝 TNF-aの産出を促進 山査子 血行改善作用、老化防止効果でスムーズな血液循環と抗酸化作用 はと麦 アレルギー抑圧効果が、免疫システムの亢進状態を鎮め、免疫力をアップ 免疫細胞の一覧• 抗原提示細胞:敵を捕食して、情報をヘルパーT細胞に伝える• ヘルパーT細胞:抗原提示細胞からの情報を元に、各細胞に攻撃命令を出す• 細胞障害性T細胞:ヘルパーT細胞の指令を受けて、適宜、がん化した細胞を破壊• 白血球:ヘルパーT細胞の指令を受け、細菌や異物を攻撃• B細胞:ヘルパーT細胞の指令を受け、抗体で病原菌を攻撃• ナチュラルキラー細胞:独自にがん細胞をみつけ攻撃 免疫力を高める食物繊維 免疫力を高める食物繊維については、免疫力を高める食べ物のひとつとして説明済みです。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は量だけでなくバランスも大切で、水溶性と不溶性が1対2になるように食べることが重要です。 免疫力を高めるサプリメント 免疫力を高めるサプリメントは、小腸に作用する乳酸菌サプリがおすすめです。 乳酸菌サプリを選ぶ際には、乳酸菌の数や種類、腸まで生きて届くかなどが重要です。 それに加え、免疫力を高める効果や花粉症やアトピー性皮膚炎などのようなアレルギー症状を改善することに特化した乳酸菌サプリは他を圧倒しています。 乳酸菌革命で免疫力アップが期待できます。 免疫力アップの食べ合わせ 免疫力を高める食べ物の組み合わせは、食べ物に含まれる栄養素の組み合わせによる相乗効果を指します。 欧米では、食べ物の栄養を最大限に高めるという意味の「フードシナジー」という言葉があります。 フードは食べ物で、シナジーは相乗効果なので、食べ物の相乗効果となり、食べ合わせによる相乗効果と一致しますね。 食べ合わせとしては、下記の栄養素を2種類以上組合せることによって相乗効果が発揮されます。 この中でもビタミンAとビタミンCは、ビタミンEの抗酸化力を高めるので、これらを一緒に摂取すると免疫力を高める効果が高いと考えられます。 詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。 免疫力を高める食べ物の組み合わせの食品として特出すべきなのは、ショウガです。 ショウガと梅は消化不良に、ショウガとキャベツは胃潰瘍予防に、ショウガとタマネギは血行促進に、ショウガとレモンは美肌づくりに役立つ食べ合わせです。 レモン 皮を下にして絞ると香り成分が多く出て美味しく感じます。 免疫力を高める食事とは? 免疫力を高める食事とは、どのようなものなのでしょうか?免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるだけでなく、悪化するリスクも増大します。 免疫力を高める食べ物は何ですか? 免疫力を高める食べ物は何ですか?と聞かれた場合には、免疫力を高める栄養素が多く含まれる食べ物という回答が正しいですね。 免疫力を高める下記の栄養素について、それぞれの食品を見て行きましょう。 タンパク質• 食物繊維• 乳酸菌• ビタミンA• ビタミンB1• ビタミンB2• ビタミンB6• ビタミンB12• パンテトン酸• ナイアシン• ビオチン• ビタミンC• ビタミンE 免疫力を高める栄養素:タンパク質 免疫力を高める栄養素である「タンパク質」は、筋肉の主原料であり、美肌や美髪にも関係する三大栄養素の一つです。 体内酵素である消化酵素や代謝酵素の原材料になるので、不足すれば免疫力が低下するのも当然ですね。 タンパク質は、肉や魚、大豆などに多く含まれています。 詳しくは、下記のタンパク質の多い食品を参照して下さい。 免疫力を高める栄養素:食物繊維 免疫力を高める栄養素である「食物繊維」は、水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性に大きく分かれます。 水溶性食物繊維は便を柔らかくし、不溶性食物繊維は便のカサを増やして便秘解消の効果が期待できます。 また、水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになって、腸内環境を整えてくれます。 水溶性食物繊維の多い食品としては、にんにく・納豆・アボガドなどがありますが、詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。 腸内の便のカサ増しを行って、排便を促してくれる不溶性食物繊維ですが、豆類やシソ、パセリなどに多く含まれています。 詳しくは、下記の不溶性食物繊維の多い食品の特集記事を参照して下さい。 また、肝臓に良い栄養素としても知られています。 レバーなどに含まれていますが、詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。 免疫力を高める栄養素:乳酸菌 免疫力を高める栄養素である「乳酸菌」は、小腸に作用して免疫力のアップ、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の改善が期待できます。 乳酸菌については下記の乳酸菌サプリのランキングを記載した特集記事を参照して下さい。 えっ?乳酸菌っていうと、便秘解消じゃないの?って思うかも知れませんが、便秘解消には、乳酸菌よりも大腸に作用するビフィズス菌の方が有効です。 詳しくは下記のビフィズス菌サプリのランキングを記載した特集記事を参照して下さい。 えっ?ビフィズス菌を摂取しても便秘が解消されないんだけど…って場合には、腸のぜんどう運動の200倍の速度で便を押し出す大ぜん動運動が起きていないことが原因だと考えられます。 免疫力を高める栄養素:ビタミンA 免疫力を高める栄養素である「ビタミンA」は、目に良いビタミンというイメージがあるかと思いますが、粘膜を健康に保つので、腸壁の状態を良くして腸内環境を整えてくれます。 ビタミンAが多い食品というとニンジンが真っ先に思い浮かびますが、このニンジンを食べる際には、油を一緒に摂取すると吸収が高まります。 ビタミンAの多い食品については、下記の特集記事を参照して下さい。 免疫力を高める栄養素:ビタミンB群 免疫力を高める栄養素である「ビタミンB群」は、ビタミンB1・B2・B6・B12、葉酸、パンテトン酸、ナイアシン、ビオチンを指し、どれか一つではなくバランス良く摂取すると効果が高まります。 免疫力アップに効果的なビタミンB群の多い食品は、豚や鶏のレバーや肝などのような量が食べられないものが多いのですが、下記のビタミンB群の多い食品一覧を参考にバランス良く摂取するようにしてみて下さい。 免疫力を高める栄養素:ビタミンC 免疫力を高める栄養素である「ビタミンC」は、美肌の効果があるというイメージが強いのですが、免疫細胞の一種「マクロファージ」の働きをサポートすることで免疫力を高めてくれます。 ビタミンCは、ピーマンやブロッコリー、柿など野菜や果物などに多く含まれています。 詳しくは、下記のビタミンCの多い食品の特集記事を参照して下さい。 免疫力を高める栄養素:ビタミンE 免疫力を高める栄養素である「ビタミンE」は、抗酸化作用が高く、活性酸素が細胞を傷つけてしまうのを予防するので、免疫力を高める効果が期待できます。 ビタミンEは、良質の油やアーモンドなどに多く含まれています。 詳しくは、ビタミンEの多い食品の特集記事である下記を参照して下さい。 腸内環境と免疫力がアップする食品 腸内環境と免疫力がアップする食品としては、腸内環境を整えるために重要な食物繊維や乳酸菌などを含むものを積極的に食べるようにすると良いです。 中でもヨーグルトは毎日の食事に加えると良いですね。 免疫力を高める食品:ヨーグルト 免疫力を高める食品でヨーグルトを食べる場合には、牛乳から作られたものよりも、豆乳から作られたものの方が効果的です。 これは、牛乳の乳糖を分解できない日本人が多いだけでなく、動物性より植物性乳酸菌の方が優れているからです。 でも、普段スーパーやコンビニなどで見かけるヨーグルトのほとんどは牛乳から作られたもので、豆乳ヨーグルトは見かけても割高だったりするので、下記の豆乳ヨーグルトを作る方法を参照して自宅で作るのがおすすめです。 免疫力を高める野菜 免疫力を高める野菜として、下記の2点に着目してランキングを発表して行きましょう。 順位 野菜名 得点 1位 エシャロット 10点 2位 チコリ 8点 3位 ニンニク 7点 4位 タマネギ 6点 5位 アーティチョーク 5点 免疫力を高める食べ物とがん がんになり、抗がん剤や放射線の治療を行うとがん細胞だけではなく正常な細胞も攻撃されて、免疫力が低下します。 抗酸化力が高く、リンパ球の働きを活性化させてくれるファイトケミカルを含む食品がおすすめです。 免疫力を高めるファイトケミカル 免疫力を高めるファイトケミカルは、植物に含まれる色素や香り、苦味成分であり、ポリフェノール(苦味成分)やアリシン(匂い成分)、イソチオシアネート(辛味成分)、スルフォラファン(辛味成分)などがあります。 ファイトケミカル 食品 ポリフェノール 春菊、ブドウ、 トマトなど アリシン にんにく、長ネギ、 タマネギ、ニラなど イソチオシアネート ブロッコリー、キャベツ、 かぶ、大根など スルフォラファン ブロッコリースプラウト、 カイワレ大根、ブロッコリーなど 免疫力を高める食べ物と子供 免疫力を高める食べ物で子供におすすめなのは、発酵食品、旬の野菜や果物、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含むものです。 ここで気をつけなければならないのは、食品添加物です。 食品添加物はカラダにとって異物であるので、消化酵素が無駄に使われ、腎臓や腸も含めた内臓に負担がかかります。 ですので、食品添加物をゼロにするのは難しいですが、できるだけ控えるようにしましょう。 免疫力を高める料理 免疫力を高める料理は、今まで説明してきた免疫力を高める食べ物である野菜や果物、それから飲み物などを上手に組み合わせた料理で、腸内環境を整えるのが基本です。 免疫力を高める食事レシピ 免疫力を高める食事レシピとして、スムージー、トマトポトフ、薬膳豚しゃぶ、W葱の甘い食べるスープなどがありますが、その中からスープのレシピを説明しましょう。 免疫力を上げるレシピで、免疫力を高める料理を楽しく作りましょう。 免疫力を高めるスープ 免疫力を高めるスープとして、W葱の甘い食べるスープの材料と作り方は下記の通りです。 長葱:2本• 玉葱:1個• 豆乳:500cc• オリーブオイル:大さじ1• 塩:少々• 生姜:1㎝角 作り方• 小鍋にオリーブオイル、輪切りにした長葱、玉葱を入れ、とろとろになるまで、中火で炒める• 生姜を加えて、フードプロセッサにかけ、小鍋に戻す• 豆乳を加えて温め、塩で味を整える 免疫力とは何か? 免疫力とは何か?と聞かれると言葉に詰まる人もいるでしょう。 免疫力とは、病気を免れる力だと言えます。 まぁ漢字がそのまま表していますね! カラダの外から入って来た細菌やウイルスのような異物を、自分の細胞と区別して排除する自己防衛システムが免疫なのですが、これが上手くいかないと自己免疫疾患やアレルギーなどになってしまうのです。 この免疫システムを主軸となっているのが白血球です。 免疫細胞である白血球は、下記の3つに大きく分かれています。 免疫力上げるには、白血球が重要だと多くの口コミがありますよね。 免疫 白血球 特徴 自然免疫 マクロファージ 顆粒球 自然治癒力で 最前線で戦う 獲得免疫 リンパ球 顆粒球 遭遇した病原体に 反応するので間違えば アレルゲン反応を起こす 免疫力を高めるにはどうしたらいいですか? 免疫力を高めるにはどうしたらいいですか?と問われたら、まずは免疫力を高める食事などによって腸内環境を整える必要があります。 これに加え、ミトコンドリアを活性化させ、体温を上げるなどが考えられます。 ミトコンドリアを活性化させるには、暴飲暴食を避け、アルコールを控え、適度な運動を行い、良質な睡眠をとるというような規則正しい生活が大切です。 でも、他はともかく、良質な睡眠が大切って言っても、そもそも眠りたくても眠れないんだよね…っていう場合には、下記の眠れない時の対処法が書かれた特集記事を参照して下さい。 免疫力がとても低い 免疫力がとても低い場合には、のちほど説明する免疫力を高める方法を全て実践することをおすすめします。 免疫力が低いとすぐ病気になって命という大切な時間を無駄に使ってしまいますからね! 免疫力低下の理由 免疫力低下の理由としては、下記のようなものが挙げられます。 加齢、妊婦、乳幼児• 激しい運動• 過度のストレス• 睡眠不足、睡眠負債• 自律神経の乱れ• タンパク質やビタミンの不足• 喫煙や虫歯 この中でも気をつけたいのが、睡眠不足による睡眠負債です。 免疫力を高める食事を記載した本記事を読んでいるアナタは、食事については気をつけるでしょうけど、忙しいと最初に削るのが睡眠なので、下記の睡眠負債の解消法の記事を読まれることをおすすめします。 免疫力を高める監修医師・病院 ビタミンACEと書いてエースと呼ばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは免疫を活性化し、動物性食品にも植物性食品にも幅広く含まれるので、両方から摂取すると免疫バランスがよくなるとは言われています。 免疫は、非自己を見わけるというよりも、自己を認識しながら、その中に異常があったときに働くことがまず基本にあって、進化してきたのです。 と、免疫学の第一人者であるは言われています。 免疫の働きは、最初に自然免疫が対応したあとに獲得免疫が出ていくというような単純な図式ではなく、自然免疫と獲得免疫は、相互に複雑に助け合って、病原体を排除していると言われているのは、です。 腸内環境と免疫力 腸内環境と免疫力には非常に大きな関わりがあり、特に免疫力アップに関連するのは、小腸です。 小腸が元気になることによって、免疫力を高めることができ、アレルギー症状の改善にも繋がります。 免疫力を高める食事!野菜や果物の食べ物や飲み物の組み合わせレシピのまとめ 免疫力を高める食事には、野菜や果物の食べ物や飲み物のスープを組み合わせる料理レシピがある。 免疫力を高める食事はヨーグルトのように腸内環境を整え、癌治療で低下したり、とても低い子供が高める方法として医者も勧める。 サプリメントなら小腸に作用するかが重要でしょ? 免疫力を高める最強のニンニク 免疫力を高める食品として、多くの栄養素において上位を独占しているのがニンニクです。 特に女性はニンニク特有のニオイが気になると思いますが、その匂いを消した食品もありますので、一度試してみると良いかも知れません。 食べても飲んでも太らない流行りのこんな方法知ってる? ダイエット方法で注目をあびているのが、痩せ菌ダイエットです。 痩せている人には痩せ菌が多く、デブの人にはデブ菌が多いという分かりやすさが人気となっているのでしょう。 そんな流行りの痩せ菌ダイエットに使えるサプリを、ヤセ菌・デブ菌・短鎖脂肪酸の3つを主軸にして順位付けを行ったのが下記の痩せ菌ダイエット人気ランキングです。

次の