クイック ペイ ポイント 還元。 クイックペイが使えるクレジットカードをポイント還元率で比較|ANA・Orico・JCB等

クイックペイのキャッシュレス消費者還元事業とは?ポイント還元率と付与ルール

クイック ペイ ポイント 還元

2019年10月より、対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると、ご利用額の5%もしくは2%が還元されます。 対象店舗によって還元率が異なります。 詳しくは下をご確認ください。 1 JCBグループ会社については、下をご確認ください。 還元対象期間 2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)• 上の期間のご利用分が還元の対象です。 還元対象店舗 対象店舗は、下の経済産業省ホームページ内の、「使えるお店を探す」よりご確認ください。 「絞り込み検索」機能を使用すると該当するお店のみが表示されます。 【還元対象店舗に関する注意事項】 ホームページや、店舗掲載ポスター等に、JCB・QUICPay(クイックペイ)マークが表示されていても還元対象とならない場合がありますので、本機能を利用してご確認ください。 経済産業省のホームページに遷移します。 このマークの展示・表示のあるお店が目印です! 対象店舗にて、店頭での還元を実施する場合は、以降の条件とは異なる場合があります。 還元対象カード 会員番号が「354」からはじまるJCBクレジットカード 会員番号が「357」からはじまるJCBデビットカード 会員番号が「357499」からはじまるJCBプリペイドカード• QUICPay(クイックペイ)TMおよびApple Pay、Google Pay(TM)でのお支払いも対象です。 「354」からはじまり、カード表面に「JCB CARD Biz」または「CORPORATE」と表示があるカードは対象となりません。 また、その他事業経費の利用を目的としたカードは対象となりません。 JCBおよびJCBグループ会社が発行するカードのうち、上に記載のない会員番号からはじまるカードは対象となりません。 その他、一部対象とならないカードがあります。 Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。 Google Payは、Google LLCの商標です。 還元方法 JCBクレジットカード 【還元方法】• 1 本事業専用のポイントです。 Oki Dokiポイント、その他お持ちのカードに付帯する各種ポイント制度とは異なります。 2 前月16日から当月15日までに制度事務局(経済産業省)から還元データが到着した場合、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)のお支払い時に還元されます。 【還元対象支払い方法】 次のお支払い方法が還元の対象となります。 ショッピング1回払い• ショッピング2回払い• ショッピングリボ払い• ショッピング分割払い• ショッピングスキップ払い• ショッピングボーナス払い• 対象売上情報が弊社に届き次第ポイント算出を行います。 キャッシングサービスご利用の場合は還元の対象となりません。 JCBデビットカード 【還元方法】• 1ポイント=1円として制度事務局(経済産業省)からの還元データが到着次第、順次お支払い口座に入金• 本事業専用のポイントです。 Oki Dokiポイント、その他お持ちのカードに付帯する各種ポイント制度とは異なります。 バリューとは、利用できるJCBプリペイドカードの金銭的価値です。 バリューの有効期限は、会員が最後にプリペイドショッピングを利用した日、または、バリューをチャージした日の2年後の同日に属する月の月末です。 還元を受けるにあたり、個別の申込や申請は不要です。 JCBクレジットカード、JCBデビットカードは、カード退会後であっても、対象期間内のご利用分は還元対象となります。 JCBプリペイドカードは、カード退会後は、対象期間内のご利用分であっても、還元対象となりませんのでご注意ください。

次の

クイックペイが使えるクレジットカードをポイント還元率で比較|ANA・Orico・JCB等

クイック ペイ ポイント 還元

【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー QUICPayの基本スペック QUICPayは、クレジットカードを紐付けて利用する後払い制の電子マネーです。 前払い制の電子マネーでは、利用金額に応じて独自のポイントが貯まりますが、QUICPayでは利用金額に応じて、クレジットカード独自のポイントが貯まります。 QUICPayではクレジットカードの利用限度額がそのまま適用され、支払いもクレジットカードとまとめて請求されます。 会計時のサインは必要ありませんが、 1度の会計で2万円までしか利用できないという制限もあります。 まずはQUICPayでポイント2重取りをしよう! 電子マネーを利用する上で、1番気になる所は、ポイント還元率という方は多いのではないでしょうか? ポイント還元率を重視するので、チャージの際と支払いの際に、2重にポイントをゲットできる前払い制の電子マネーを選ぶ方が多いと思います。 しかし、後払い制の電子マネーだからと言って、ポイントの2重取りができないという事はありません。 前払い制の電子マネーと比べると少し工夫が必要ですが、 QUICPayでもポイントの2重取りができます。 QUICPayでポイントを2重取りするには、QUICPay nanaco を使用する必要があります。 QUICPay nanaco とは、セブン-イレブンでおなじみのにQUICPayの機能が付帯したカードです。 セブン-イレブンで、このQUICPay nanaco を使うと支払い時にも利用金額に応じてnanacoポイントも貯まるため、ポイントを2重取りすることができるのです。 また、利用できる場所が増えるというメリットもあります。 ポイント還元率は、nanaco加盟店でnanacoで支払いをした場合は 100円 税込 に付き1ポイント、QUICPay加盟店でQUICPayを使って支払いをした場合は 200円 税込 につき1ポイントが貯まります。 このように、 QUICPay nanaco を使用するのが、ポイントをお得に貯める上で重要となります。 QUICPay nanaco QUICPay nanaco チャージ 不要 必要 不要 サイン 不要 不要 不要 nanacoポイント 無し 有り 有り クレジットカードのポイント 有り 有り クレジットチャージに限り 有り QUICPayでポイントを3重取りするには? では次に、いよいよQUICPayでポイントを3重取りする方法について解説します。 上述したQUICPay nanaco は各クレジットカードと紐付けることで使用できますが、このときにクレジットカードをうまく選ぶことでポイントの3重取りが可能になります。 JCBには、 JCB ORIGINAL SERIESパートナーというサービスがあり、加盟店でJCBカードを利用して支払いをするとポイント還元率がアップするのですが、 JCBカードで紐付けを行ったQUICPayを利用してもこの還元率が適用されます。 そして、セブン-イレブンもJCB ORIGINAL SERIESパートナーの加盟店なので、JCB一般カードで登録したQUICPayで支払いをするとポイント還元率が高くなるというわけです。 さらに、セブン-イレブンはJCB ORIGINAL SERIESパートナーであると同時にANAカードマイルプラスの加盟店でもあります。 そのため、対象クレジットカードでお買物をすると通常のクレジットカードのポイントに加えも貯まります。 これは、紐付けをしたQUICPayを利用した際も同じです。 この方法を使用することで、非常に効率よくポイントを貯めることができるでしょう。 セブン-イレブンで買い物をする方は、コンビニで貯めたマイルで旅行に行くことも夢ではありませんよ。 年会費は 1,250円 税別 ですが、WEB明細サービスの利用もしくは年間合計50万円 税込 以上のショッピング利用で 年会費無料とすることができます。 また、JCBカードで貯められるOki DokiポイントもJCB一般カードの 2倍の還元率であり、ポイントの面でも強いカードです。 付帯保険も充実しており、国内・海外の旅行傷害保険は 最大3,000万円まで補償されます。 JCB CARD W 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー 最後に紹介するのは、JCBのプロパーカードの中でも最もメジャーな、です。 年会費は 1,250円 税別 ですが、WEB明細サービスの使用もしくは年間50万円 税込 以上のショッピング利用で 年会費無料にすることができます。 付帯保険も充実しており、国内・海外旅行傷害保険は 最大3,000万円まで補償されます。 また、上位のゴールドカードなどへのインビテーションも期待できるため、 よりステータス性の高いクレジットカードを手にしたいという方にはおすすめのカードです。 QUICPay nanaco の注意点 ポイントを貯めるうえでとても便利なQUICPay nanaco ですが、使用する上でいくつか注意点があります。 使う際には、これらの点に気をつけて使うとよいでしょう。 「支払いはQUICPayで」と伝えよう QUICPay nanaco は見た目だけではnanacoと区別が付きません。 そのため、支払いの際にカードだけを出していると、店員さんがnanacoで支払いをすると勘違いしてしまう事があるようです。 支払いの際は、しっかり「QUICPayで」と伝えるようにしましょう。 登録できるクレジットカードが少ない QUICPay nanaco に登録できるクレジットカードは限られており、現在登録できるのは JCBカードが中心です。 QUICPay nanaco に紐付けが出来るクレジットカード QUICPayに紐付けが出来るクレジットカードを発行している会社 ・JCBカード ・セブンカードプラス ・セディナカード ・JCB ・トヨタファイナンス ・オリコ ・セディナ ・日専連 ・UCSカード ・アプラス キャンペーンでポイント・優待をゲット また、QUICPayではポイントや優待をゲットできるキャンペーンを盛んに行っています。 こういったキャンペーンは、自ら応募をしなくてはいけない事が多いのですが、 QUICPayは応募不要のキャンペーンも多数開催されているため、知らない内に得をしているケースもあるかもしれません。 こちらは、現在開催されている応募不要のキャンペーンを紹介します。 ハワイ旅行やドトールバリューカードが当たる! ドトールコーヒーのQUICPay導入記念として、現在ドトールに関するさまざまなキャンペーンが開催されています。 ひとつめのキャンペーンは、 ハワイ旅行もしくはドトールコーヒー関西工場見学ツアーが抽選で当たるというものです。 抽選に参加するにはTwitterでQUICPay公式アカウントをフォローし、希望の商品を選んで特定のツイートをする必要があります。 もうひとつのキャンペーンは、 抽選でドトールバリューカード1万円分が当たるというものです。 抽選に参加するにはQUICPayを合計2,000円 税込 以上使用するだけでよく、参加申込みなどは必要ありません。 これらのキャンペーンも2019年10月31日までとなっているので、早めに参加するとよいでしょう。 オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。 本会員の方が対象です。 資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。 目的別にクレジットカードを探す•

次の

キャッシュレス・消費者還元事業でご利用額の最大5%が還元されます!| JCBカード

クイック ペイ ポイント 還元

ApplePay アップルペイ ではQUICPay クイックペイ を利用可能! iPhoneやAppleWatchからキャッシュレス決済に利用できる「ApplePay アップルペイ 」は、 主流な電子マネーのQUICPay クイックペイ にも対応しています。 そもそもQUICPay クイックペイ とは? 出典: QUICPayとは、国際ブランドの「JCB」が展開する、カードやスマホからお店の端末にタッチするだけで支払い可能な電子マネーです。 QUICPayは大手コンビニをはじめ、スーパーや百貨店、飲食店などといった様々な場所で利用できますが、その魅力はクレジットカードを経由して自動的にチャージできる部分であり、 利用分は自身が連携したクレジットカードから引き落としされます。 という方は、是非安心と信頼の三菱UFJグループが提供しているに登録してみてください! ApplePayでQUICPayを追加して支払い設定をする場合、iPhoneに予め搭載されている「AppleWallet」を利用する必要があります。 その後はカードの読み取り画面が表示されるので、ここから追加したいカードを読み取ります。 そして後は読み取ったクレジットカードの情報を以下より確認して下さい。 その後は画面に表示される手順に沿ってカードの設定を完了させてください。 ApplePay アップルペイ で設定したQUICPay クイックペイ の使い方 最後にApplePayで設定したQUICPayの使い方ですが、QUICPayのマークがあるお店にて店員さんにまず「QUICPayで支払います」と一声掛けたあと、自身が支払いしたいカードを画面上に表示させた状態で、お店の端末にかざしてください。 出典: なお、ApplePayによるQUICPayでの支払いはTouchIDやFaceIDでも行う事ができるので、セキュリティ性も万全です。 QUICPay クイックペイ に対応しているクレジットカード一覧 QUICPayは現在多くのクレジットカードにて対応されていますが、対応されている各種カードの一部を以下の一覧に五十音順にまとめています。 クレジットカード• アプラス• アメリカン・エキスプレス• イオンカード• エポスカード• オリコカード• クレディセゾン• KDDIフィナンシャルサービス• ジェーシービーグループ• 静銀セゾンカード• ジャックス• 住信SBIネット銀行• セブン・カードサービス• セブンCSカードサービス• 大和ハウスフィナンシャル• 高島屋クレジットカード• トヨタファイナンス• 西日本旅客鉄道株式会社• ビューカード• 三菱UFJニコスおよびフランチャイジー各社• UCSカード• ゆめカード• 楽天カード• りそなカード• Yahoo! JAPANカード プリペイドカード• au WALLETプリペイドカード なお、詳細は各カード発行会社の公式サイトから確認するようにしてください。 ApplePay アップルペイ とQUICPay クイックペイ って何が違うの? そもそも、ApplePayとQUICPayって何が違うの…? そう思われる人も多いかもしれませんが、基本的にApplePayはクレジットカードや電子マネーをWalletアプリに搭載してスマホで決済する為の「iPhone上で決済する為の手段」、 いわば「プラットフォーム的存在」です。 なので、実際にお店で決済しているのはApplePayに追加した他者のクレジットカードや電子マネーとなり、 ApplePayそのもので支払いしているわけではありません。 従って、QUICPayはそれを使えば決済する事ができる「電子マネー」ですが、ApplePayはその電子マネーを「iPhone上で決済する為の手段」であり、電子マネーそのものではないのです。 QUICPay クイックペイ が使えるお店は? QUICPayは、以下のQUICPayマークがついている日本全国のお店で利用する事ができます。 なお、使えるお店のジャンルはコンビニやスーパー、百貨店、飲食店などと様々であり、最近では「ディズニーランド」や「牛角」、「タリーズコーヒー」などでも使えるようになりました。 出典: また、他にもたくさんQUICPayを利用できるお店があるので、気になる方は以下のリンクから確認してみてください! QUICPay クイックペイ はApplePay アップルペイ でスマートに使いこなそう! 以上、QUICPayはApplePayに設定して使う事によって、 財布からわざわざ物理的なカードを取り出す必要もなくなるので、更にその利便性が高まります。 例えば、 財布を忘れてしまった…。 といったような時も、AppleWalletにカードを設定しておけば安心です。 お急ぎください!.

次の