メリー 喜多川。 メリー喜多川死んだらジャニーズ終わりの始まり?分裂や弱体化を心配する声も

メリー喜多川は若い頃に不倫と略奪婚?家族構成や夫の経歴を調査!

メリー 喜多川

ジャニー喜多川が亡くなった。 享年87。 ここ数年は入退院を繰り返していたようだし、その死そのものに驚きはない。 メディアの反応も、姪にあたるの社長就任も想定内だ。 よくいわれるように、ジャニーズ事務所の経営上のトップはジャニーの姉のメリー喜多川副社長であり、この人の目が黒いうちは、芸能界における影響力もまだまだ維持されるだろう。 ただ、巨星墜つという感慨は深い。 美少年と芸能にこだわり、それをビジネスとして長年成立させてきたことは世界史的にも稀有だ。 その60年にも及ぼうとしたマネジメント活動において、最大の危機が31年前の出来事だった。 昭和63年の11月、OBで元フォーリーブスのが暴露本『光GENJIへ』を出版。 ジャニー喜多川の性癖を赤裸々に綴った。 「部屋で一人寝ていると黙ってジャニーさんがもぐりこんでくる。 そしていつものようにぬいぐるみを愛撫するようにおれのからだをまさぐってくる」 さらに、などもその対象になっていたことをにおわせ、出版当時のトップ・光GENJIらに対し「おれの二の舞だけにはなってくれるな」と忠告したのである。 その真偽はさておき、少年への同性愛嗜好についてはかねてからがあり、事務所の草創期に週刊誌で報じられてもいた。 それゆえ、ジャニーズに忖度しない側のメディアはこれに飛びつき、事務所は火消しに躍起となったものだ。 ちなみに、仕掛け人はのスキャンダルをめぐってジャニーズと対立中だったAV監督の村西。 引退して芸能界を離れていた北を引っ張りこみ、ジャニーズ告発キャンペーンに使ったわけだ。

次の

ジャニー喜多川の伝説エピソードまとめ【画像】記録や功績も凄い!

メリー 喜多川

もくじ• webry. chiebukuro. yahoo. この噂の発端は、元祖ジャニーズグループ『フォーリーブス』の元メンバー・北公次さんによる暴露本。 『光GENJIへ・元フォーリーブス北公次の禁断の半生記』と題された著者には、自らが受けたジャニー喜多川さんによる強制的な性行為が赤裸々に告白されています。 また実は「ジャニーさんから受けた性的暴行を暴露した書籍」を出版した元ジャニーズメンバーは、他にも大勢いるのです。 amazon. jp 1989年:元ジューク・ボックスの小谷純さん、やなせかおるさん著書『さらば!! 光GENJIへ』 1989年:元ジャニーズの中谷良さん著書『ジャニーズの逆襲』 1997年:元ジャニーズ豊川誕さん著書『ひとりぼっちの旅立ち』 2005年:元光GENJI候補、木山将吾さん著書『SMAPへ-そして、すべてのジャニーズタレントへ-』 これだけの数の暴露本が出版されているにも関わらず、テレビや新聞、雑誌などでは、ジャニー喜多川さんの裏の顔が追求されることはほとんどありません。 これはテレビや出版業界において、ジャニー喜多川さんのプライベートに迫ることは『ジャニーズ事務所を敵に回す恐れのある、決して触れてはいけないタブー』であるからともいわれています。 hujiang. 有名どころでは、1996年5月にSMAPを脱退した森且行さんに対し「森且行なんていう人間は、最初からSMAPに存在していなかった」と吐き捨て、現在もTV局に放映を許可する映像からは、全て森さんの映っている部分をカットさせているといわれています。 また今回のSMAP解散騒動についても、メリー喜多川さんの独裁的な性格が発端となっているようです。 SMAPのメンバーをデビュー当時から現在に至るまで、全てのマネージメント業務を行ってきたのは、ジャニーズ事務所の敏腕チーフマネージャーである飯島三智さん。 この飯島さんが、娘であるジュリーさんと揉めたことを知ったメリー喜多川さんは「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。 自分の子だから。 飯島は辞めさせます」とメディアを通し断言しました。 また「SMAPを連れて出て行け!」との暴言まで飛び出し、そのあまりの暴君ぶりはジャニーズファンのみならず、世の多くの人々を驚愕させました。 ここからジャニーズ事務所内で起きていた派閥争いが加速化し、今回の飯島さんの辞職、さらにはSMAPの解散へとつながっていってしまったのです。 starblog. 現在でも、ジャニーズのゴシップ記事を大きく取り上げるメディアはほとんどありません。 なぜなら「ジャニーズのゴシップを報道したテレビ局や出版社には、今後一切ジャニーズを出演させない」というジャニーさんの非常に独裁的な戦略が、業界内を席巻しているからであるといわれています。 逆をいえば、それほどまでにジャニーズ事務所が抱えるタレントには「数字を集める力がある」ということなのですが、それにしてもあまりに一方的な戦略です。 例えば以前、SMAPの中居正広さんから中絶を強要されたとして、相手の女性が情報を公開したことがありました。 なぜなら、テレビや雑誌が中居さんを叩くような報道をすれば、そのテレビ局、出版社は『ジャニーズメンバーの使用権利』を剥奪されてしまうからです。 またこの噂を裏付けるのような、ある出来事が起こります。 それは2000年『週間女性』が元少年隊・錦織一清さんの借金スキャンダルを報じたことがありました。 すると、この報道に激怒したジャニーズ事務所は、同社から発行されているアイドル雑誌『JUNON』に「以後、ジャニーズ事務所はJUNONの取材に応じない」と圧力をかけたのです。 これを受け、JUNONを出版する『主婦と生活社』はすぐに謝罪したそうですが、結局ジャニーズ事務所側は聞く耳を持たず、それ以降『JUNON』をはじめとする他の雑誌にも、ジャニーズが登場することはなくなってしまいました。 その後『主婦と生活社』は、様々な雑誌の売上が低下し、急激に部数を減らすハメになってしまったといいます。 つまりジャニーズ事務所は、テレビ番組、定期発行の雑誌などにジャニーズタレントを多数起用させることで、ある種の『人質戦略』を築き上げ、情報のコントロールを可能としたのです。 starblog. どの業界にあっても、巨大組織の成功の裏には黒歴史がつきものです。 それはジャニーズ事務所もしかり、おそらく表に出ていない黒歴史はまだまだ他にもあると思われます。 あなたはジャニーズ事務所の黒歴史を信じますか? 【関連記事】 SMAP解散回避もジャニー喜多川メリー喜多川には批判殺到【謝罪会見全文あり】 中居正広「すべらない話」や「ガキ使」出演はSMAP解散後の吉本移籍のため?.

次の

メリー喜多川は若い頃に近藤真彦と交際?“裏の権力者”で中森明菜は

メリー 喜多川

価格:13,482円(税込、送料込) [関連商品] 件のインタビュー記事はこちら。 そもそも、メリーさんがジャニーズと敵対関係にある週刊文春の取材に応じたのは、近藤真彦さんと中森明菜さんの関係に触れた年末の記事にクレームを付けることが目的だった思われます。 インタビューでは、まずそのことで記者さんを叱責してましたから。 マッチ先輩の話だけだったら全く話題にもならなかったでしょうし。 いったいなぜ、マッチはメリーさんから愛されているのでしょうか? [以下引用] ジャニーズに詳しい芸能記者に聞くと、近藤がジャニーズ事務所で重用されるようになったのはかなり昔からのことだという。 実際、30年以上前に元ジャニーズJr. メンバーだった平本淳也が書いた暴露本『ジャニーズのすべて 少年愛の館』にも、こんなクダリが登場する。 「 当時のマネージャーが『マッチだけはジャニーズ事務所にも芸能界にも残れるよ』と言っていたのも思い出し、ジャニーさんに甘えていたマッチの顔が浮かんでくる。 この時、マッチはジャニーズ事務所を継ぐ立場なのかも知れないともこのマネージャーは言った」 近藤といえば、90年代〜00年代には芸能活動を実質的に中断する形で、レーサーとして「フォーミュラ・ニッポン」「SUPER GT」に本格参戦。 また、ジャニーズの中では「マッチだけが待遇に不満を漏らしたことがない」ことも大きいのではないかと言われている。 メリー氏は以前、「わずか10代のタレントに、100万円、200万円というお金を支払うのは、社会的に非常識だと思いませんか?」とメディアに語ったことがあるが、ジャニーズの給料の低さ、待遇の悪さは有名だ。 そのため、所属タレントとの給料をめぐるトラブル、独立騒動が絶えなかった。 そんな中にあって、近藤は不満一つ言わず、逆に後輩の不平を諌める役割までしていたという。 [リテラ] そうですか… 昔からマッチさんはメリーさんから可愛がられていたんですか。 そういえば、年末年始のカウコンに登場した黒柳徹子さんや故・森光子さんといった大御所からも可愛がられていたことは有名な話。 歳上というか、母親世代に気に入られる素質があるのかもしれませんね。 というと、ジャニー氏のいわゆる「ホモセクハラ」が頭に浮かびそうだが、そうではなく、メリー氏と「できていた」とする仰天情報があるのだ。 一時は光GENJI入りが決まっていた元Jr. 「あるジュニアがメリーさんの住むマンションの部屋に用事を頼まれて入って行くと、素っ裸のマッチがいた。 ジュニアに気がついたマッチは慌てて廊下を走っていって、その後に髪を振り乱して出てきたネグリジェ姿のメリーさんに、『あんた! 電話してから来なさいよ!』と、怒鳴られたという」 「メリーさんは本当にマッチを愛していたらしい。 だから、ジャニーさんの毒牙にかからないように、自ら囲っていたのだ。 [リテラ] うーむ、恐ろしい… これが本当だとすれば、マッチ先輩が20歳の時に60歳近いメリーさんと… 芸能界って、なんだかスゴイところですね。。 もちろん、どこまで事実なのかは当事者にしかわからないですが、あのインタビューを読んだ後にこういう話を聞いてしまうと、「そうだったんだ…」としか思えなくなってしまいます。 ちなみに、年明けのラジオ「蜷川幸雄のクロスオーバートーク」にジャニーさんが出演したとき、「マッチなんか写真見せたって『なに、この子』って。 だけど、ハートが伝わって来るんですよね」「マッチはなんで『マッチ』っていうか知ってます? マッチ棒みたいでしょ? 僕はすごく坊主の子はいいなと思うんですよ」など、聞かれてもいないのにマッチのことをたくさん喋ってました。 「マッチは喜多川家の一員」というのは、おそらく本当なんでしょう。 [関連商品] さて、2015年初頭からいきなり爆弾を投下したメリーさん。 芸能界やテレビ業界ではいまだにその衝撃が収まっていない様子ですが、ジャニーズ事務所内部ではそれほどの動揺はないようです。 [以下引用] 「ある男性幹部が苦笑いを浮かべながら『メリーさんの、いいガス抜きになった。 ある部分では、よかったかもしれない』と話していたそうです。 年齢によるものか、最近のメリーさんは説教っぽくなっているようですね。 それを思う存分吐き出せたのだから、今後は落ち着くだろうとみている。 事実、 ジャニーズ内ではそこまで波紋は広がっておらず、メリーさんの性格を知っている関係者からは『あ〜あ、メリーやっちゃったよ(笑)』と半ばネタにしているそうです」(ジャニーズに近い関係者) [日刊サイゾー] でも、公の場でコケにされた飯島さんとSMAPにしてみれば、表面上は冷静を装っていても、内心は穏やかじゃないでしょう。 文春が発売された直後に放送された1月25日の「ワイドナショー」では、SMAPがバラエティ番組に出演してアイドルの新境地を切り拓いた1990年台を思い返して、中居くんが次のように語っていました。 [以下引用] 「 バラエティへの出演は 面白くないなと思ってるメンバーもいたと思いますよ。 でもお仕事がなかったですからね。 出る番組がない。 ドラマもそんな(オファーが)来ないですし。 中略 バラエティだけ、うちの会社って育て方がわからなかった。 だから局の人に育ててもらいました。 ディレクターの方とか、作家の方とか。 稽古とかリハーサルとかも入念にやっていろいろ教えてもらいました」 [ジャニーズ研究会] なんか、タイミング的にも意味深ですよね… 育ててくれたテレビ業界への感謝の気持とともに、「オレたちは事務所に頼らないでここまで来たんだ!」という自負が感じられました。 それが「ジャニーズのトップは近藤真彦です!」と、何度も繰り返し強調したメリーさんへ向けられたものなのかは分かりません。 過去にどんな事件があったのか知らないけど、これだけ大所帯のタレントがいるんだから辛くて悲しい思いをしたジャニタレは他にもいると思いますよ。 中にはマッチ以上に耐えれないほどの苦しみを抱えてた人だっていたと思います。 だけど、その子たちがみんな・・マッチと同じようにメリーさんはしてきてくれましたか? やっぱりマッチだけが特別な存在なんでしょう。

次の