十四代 買取。 日本酒買取|お酒を高く売るなら大黒屋

日本酒の大吟醸で有名な十四代の魅力とは?

十四代 買取

高級日本酒の買い取りは大黒屋にお任せください 日本酒は米を削る割合や原料等の違いにより、純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、特別純米酒、特別本醸造酒の8つの等級に分けられています。 大黒屋では、高木酒造のプレミア日本酒「」を始めとして、黒龍、磯自慢、而今、獺祭、菊姫、残響、田酒、初亀、光明、郷乃誉 花薫光、天狗舞 有歓伯、常きげん 如、龍力 米のささやき、悦凱陣 燕石、久保田 萬寿、千代の亀 銀河鉄道、筰 ZAKU CROWNなど、さまざまな日本酒を高額買取しております。 日本酒には賞味期限がございますので、お飲みにならない場合はお早めの売却をおすすめいたします。 日本酒の買い取りは全国230店舗、オレンジ色の看板でおなじみの大黒屋にお任せください。 お問い合わせ・ご来店を心よりお待ちしております。 現在「十四代」の買い取りを強化しております。 定価15,000円の龍泉は20万以上、定価10,000円の龍月 七垂二十貫は10万以上と相場が高騰しており、高値で売るチャンスですので、十四代のご売却をお考えの方はぜひ大黒屋までご相談ください。 更新日: 2020年7月15日 純米大吟醸酒・大吟醸酒主要買取銘柄 有名な銘柄には高木酒造の十四代 じゅうよんだい があり、十四代 龍泉 りゅうせん 純米大吟醸を筆頭に、十四代 龍月 りゅうげつ 純米大吟醸、十四代 双虹斗瓶囲い そうこうとびんかこい 大吟醸、十四代 白雲去来 はくうんきょらい 純米大吟醸、十四代 七垂二十貫 しちたれにじっかん 純米大吟醸、寿十四代 じゅじゅうよんだい 純米大吟醸、十四代 秘蔵酒 ひぞうしゅ 純米大吟醸、十四代 黒縄 くろなわ 大吟醸、十四代 超特撰 ちょうとくせん 純米大吟醸、十四代 播州山田錦 ばんしゅうやまだにしき 純米大吟醸、十四代 龍の落とし子 たつのおとしご 純米大吟醸、十四代 酒未来 さけみらい 純米大吟醸、十四代 極上諸白 ごくじょうもろはく 純米大吟醸、而今 じこん 純米大吟醸、磯自慢中取り いそじまんなかどり 純米大吟醸、磯自慢 la isojiman らいそじまん 、磯自慢 中取り純米大吟醸35 Adagio アダージョ 、磯自慢 大吟醸28ノビルメンテ、黒龍 無二 こくりゅうむに 、黒龍 石田屋 こくりゅういしだや 、黒龍 二左衛門 こくりゅうにざえもん 、喜久水 朱金泥能代醸蒸多知 しゅこんでいのしろかむたち 大吟醸、龍力 たつりき 米のささやき 大吟醸、美濃菊 みのきく 純米大吟醸中汲み原酒、獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 だっさいじゅんまいだいぎんじょうみがきにわりさんぶ 、田酒 純米大吟醸 斗壜取 でんしゅじゅんまいだいぎんじょうとびんとり 、八海山 純米大吟醸 金剛心 はっかいさんじゅんまいだいぎんじょうこんごうしん 、久保田万寿 くぼたまんじゅ 純米大吟醸、吉乃川 大吟醸中汲み原酒 よしのがわだいぎんじょうなかぐみげんしゅ 、醴泉正宗 れいせんまさむね 純米大吟醸中汲み原酒などがあります。 買取強化ランキング 更新日: 2020年7月15日 十四代 商品名 買取価格 十四代 純米大吟醸 龍泉 720ml 2019. 12月 250,000円 十四代 純米大吟醸 龍泉 720ml 2018. 12月 120,000円 十四代 純米大吟醸 龍月 七垂二十貫 1800ml 2019. 11月 70,000円 十四代 純米大吟醸 白雲去来 720ml 2019. 07月 65,000円 十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 1800ml 2019. 11月 60,000円 十四代 大吟醸 双虹 斗瓶囲い 1800ml 2019. 09月 15,000円 JUJU x 十四代限定コラボレーション 寿十四代 純米大吟醸 720ml その他日本酒 商品名 買取価格 楯の川酒造 光明 純米大吟醸 720ml 30,000円 菊姫 菊理媛 1800ml 12,000円 磯自慢 中取り 純米大吟醸35 アダージョ 2019 720ml 20,000円 黒龍 石田屋 純米大吟醸 720ml 13,000円 黒龍 二左衛門 純米大吟醸 720ml 13,000円 而今 純米大吟醸 NABARI 1800ml 10,000円 獺祭 磨き その先へ 720ml 9,000円 筰 ZAKU CROWN 杜氏特撰秘蔵酒 750ml 9,000円 新澤醸造 残響 Super7 2018 9,000円 磯自慢 La Isojiman 日本酒のボトルを緩衝剤 新聞、チラシ、プチプチ等 で包み、1本1本立てて箱に詰めてください。 横にすると液漏れする恐れがあります。 箱の中で動かないよう出来る限り隙間を埋めて、ボトルとボトルの間にも緩衝材を詰めて梱包してください。 お酒同士がぶつかると破損の原因となります。 万一、配送中に運送会社の過失で破損等のトラブルが生じた場合、補償等については運送会社側での対応となります。 補償限度額30万円を超えるお品物の場合、別途追加保険への加入 保険料大黒屋負担 が必要になりますので、ご希望の際は発送時に佐川急便配送員までお申し付けください。 お酒高価買取のポイント インターネット検索で大黒屋様の「お客さまの声」に安心、お電話させていただきました。 電話対応が親切で、中年の私でも分かりやすかったです。 洋酒を送らせていただきましたが、査定できない商品まで一緒に買い取っていただき、有難うございました。 又、商品がありましたら、宜しくお願い致します。 [査定員コメント] 非対面での取引となるため不安に思われる方も多くいらっしゃいますが、『お客様の声』は、実際に宅配買取センターをご利用いただいた方からの感想を多数掲載しており、そういったイメージを少しでも払拭できるよう日々努めております。 今回お送りいただいたお酒は人気のあるお品物で、弊社の方でも金額がお出ししやすいものとなっております。 さらに状態も文句なしでしたので高額査定が可能となりました。 お酒のような割れ物に対しましては、お送りいただく際の破損を防ぐために弊社が緩衝材やお箱を無料でご用意しております。 また運送中での万が一に備えて運送保険にも加入しておりますので安心してご利用いただければと思います。 事前にお問い合わせがないお品物でも喜んで査定させて頂きます。 またの機会がございましたら是非大黒屋の宅配買取センターをご利用くださいませ。 酒買取スタッフからのご挨拶 このたびは大黒屋の日本酒買取専門サイトをご覧いただきありがとうございます。 弊社では様々なお酒をお買取りしておりますが、今回、たくさんのご要望にお応えして日本酒のお買取りをついに開始いたしました! 日本酒は米を原料とした醸造酒です。 米と水の組み合わせ次第で出来上がるそのお酒は全国のご当地の味になります。 多くの種類の日本酒がありますが、どの商品が高く買い取ってもらえるの?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は弊社でお買取りを強化している日本酒の一部をいくつかご紹介したいと思います。 日本酒の中でも非常に高級なプレミア銘柄として有名で、フルーティーで甘みがあり穏やかな吟醸香とまろやかな甘みでたちまち大ブレイクになった代表格のお酒になります。 地元より関東地方での人気が高く、その希少性から、定価の数倍で販売されていることも多々あります。 食事のうま味を引き出し日本食との相性は抜群なのも黒龍の魅力の一つになります。 しなやか口当たりと澄み切った香りとふくらみのある米の味わいで幅広い世代から人気を博しています。 高級酒でなかなか手に入らない日本を代表するお酒になります。 遠心分離機を利用した日本初の蔵元でもろみやもろみ本来が持つ香りやふくらみなどを崩すことなく表現していて一度で出来る量が僅かでコストもかかるため出回りも少なく非常に貴重なお酒になります。 新潟県の名水百選に指定されている雷電様の清水を使用し、翌日にも残らないすっきりとした日本酒で料理にもぴったりなお酒になります。 今回こちらの4種類の日本酒をご紹介させて頂きましたが、もちろんこの他にも高価買取している日本酒はたくさんあります。 【結婚式の引き出物で貰ったが結局、飲まなかった】【自宅の引き出しにいれたままにしている】などのお酒をお持ちではないでしょうか? 「家にあるあのお酒はいくらになるんだろう?」という素朴な疑問でもかまいません。 お電話やメールにてお問い合わせください。 査定価格は全国230店舗以上の独自の販売ルートで他社に負けない高価買取をしています。 まだご検討の段階でも構いません。 まずはメール・電話・LINEでお問い合わせください。 お客様のご来店を心よりお待ちしております。 大黒屋 日本酒買取店舗一覧 全国50店舗以上にて日本酒・焼酎・ウイスキー・ブランデー・ワイン・シャンパン・茅台酒・ウォッカ・テキーラ・ラム酒など様々な国産酒・洋酒・古酒を店頭買取しております。

次の

【人気の日本酒】十四代 本丸 高価買取受付中!無料査定も|ウイスキー、ブランデー、ワインなどお酒の買取

十四代 買取

こんにちは、緑和堂です。 緊急事態宣言が解除となってしばらく経ちますが、皆様の生活に変化はありましたでしょうか? 私は、正直特に変わらないですが緊急事態宣言が解除されたからこそ新型コロナだけでなく健康にも気を付けていこうと思っています。 さて、今回は人間国宝である十四代今泉今右衛門の雪花墨はじき雪文皿をお譲りいただきました。 「墨はじき」とは江戸期より鍋島でよく使われた白抜きの技法で、染織のろうけつとよく似た技法です。 今回のお品物は共箱やお品物自体の状態が良かったことや十四代今泉今右衛門の本人作であったことから今回の金額となりました。 緑和堂では、人間国宝の作家さん以外のお品物も買取強化中です。 売却をご検討でしたらまずは査定からでも弊社をご利用ください。 買取品目• 骨董品・古美術品• 絵画・油絵• 日本画• 掛軸・巻物• 人間国宝・帝室技芸員• 中国骨董・中国美術• 陶器・陶磁器・陶芸品• 洋食器・ブランド食器• 茶道具・茶器• 仏像・仏具・仏教美術• ペルシャ絨毯• 西洋美術・アンティーク• 書道具・硯・墨• 漆器・漆芸・蒔絵• 香木・香道具• 日本刀• 火縄銃・古式銃• 印籠・根付• 武具・甲冑・鎧・兜• 彫刻・ブロンズ・置物• 金製品• 銀製品• 三味線・和楽器• 尺八・笛・笙• 勲章・軍服・軍事メダル• 万年筆• 着物・和装小物• 宝石・貴金属・時計.

次の

十四代買取|日本酒を高く売るなら大黒屋

十四代 買取

各種酒買取紹介• ブランデー Brandy• ウイスキー Whiskey• ワイン Wine• シャンパン Champagne• 日本酒 Sake• 焼酎 Distilled spirits• その他 Other• サイトメニュー• お酒買取ジャンル• ブランデー Brandy• ウイスキー Whiskey• ワイン Wine• シャンパン Champagne• 日本酒 Sake• 焼酎 Distilled spirits• その他 Other• 日本酒には、醸し人九平次や獺祭、越乃寒梅、鳳凰美田などの漢字の並びが渋く美しい銘柄名がたくさんあります。 難しい漢字が並んでいますが、ラベルに印字された文字を見ると、日本ならではの魅力があります。 その中に一つだけ、十四代という異色な銘柄名があります。 十四代の日本酒には11個ほどの種類があり、中でも高級な大吟醸の龍泉が有名です。 今回は、十四代の日本酒についてお話しします。 十四代はお酒の銘柄名 日本酒の十四代は、山形にある高木酒造が製造する有名な銘柄です。 高木酒造は、操業が1615年の江戸時代で、400円以上の長い歴史を持った蔵元です。 さくらんぼの佐藤錦で有名な山形県村山市にある蔵元なので美味しい水に恵まれており、それが十四代の日本酒の美味しさに反映されています。 十四代という名前は高木酒造の日本酒の銘柄名であり、大変珍しいと言われています。 高木酒造は、十四代の他に十三代や十五代など同じような銘柄名の特許を申請していますがどれも通らず、奇跡的に十四代だけが通ったそうです。 特許が通らないのは、数字を使った銘柄名が禁止されているからなのです。 十四代の銘柄名に対するこだわりはあまりないそうで、たまたま申請が通ったから使用することになったと高木酒造は話しています。 しかし、なぜ十四代だけが通ってしまったのか?高木酒造は、十四代なので「としよ」や「とよしろ」などの人の名前だと思われたのは?と話しているそうです。 偶然にも奇跡的に特許が通った十四代の大吟醸などの日本酒は、そんなエピソードとともに知名度が上がっていったのです。 十四代の日本酒は、どのシリーズも酒屋ではあまり並んでいない貴重な日本酒で、居酒屋やバーなどのお店で多く取り扱われています。 個人で手に入れたい場合は、店舗購入は難しくオークションやネット通販で手に入れるのが一般的です。 十四代の光る文字のラベルが魅力 十四代の箔押しの輝くラベルの文字は、暗いところに置くとさらに輝きを増して印象的です。 日本酒は、品質の劣化を防ぐために冷暗所で保管されるのが一般的です。 そんな冷暗所で保管や陳列される際に目立つのがラベルの文字が輝く十四代の日本酒なのです。 決してそれはきらびやかな輝きではなく、渋い輝きで日本酒の上質さや上品さを表現しているかのようです。 ラベルのベースカラーが黒系や灰色系なので余計に、十四代の輝く文字が渋くこの目に映るのかもしれません。 また、銘柄名よりも「十四代 龍月」なら龍月、「十四代 双虹」なら双虹の方が目立たなければいけないのに、十四代の文字に添えられるように墨色で書かれているところも魅力的な点です。 十四代で人気の大吟醸「龍泉」とは? 十四代の日本酒は全部で11種類ほどあります。 その中でも最高級の大吟醸だと言われているのが「純米大吟醸 龍泉」です。 龍泉が売り出された頃の日本では、辛口の日本酒がブームでした。 そんな中で龍泉のフルーティーな風味は斬新であり、瞬く間に最高級の日本酒として多くに知られるようになりました。 酒米の「龍の落とし子」は、父系が山田錦と金紋錦の掛け合わせでできた「山酒4号」、母系にはたかね錦に放射線処理をおこなって突然変異で生まれた「美山錦」が使われています。 なんと、18年もの歳月をかけて生み出された高木酒造の酒米であり、そこから龍泉という最高級の日本酒が誕生したのです。 龍泉の栓を開けると、ふわっとバニラのような香りが広がります。 口に含むととろけそうな甘さが上品で、まさに単なる淡い大吟醸とは違う格別の甘味が癖になります。 また、龍泉は外観も上質で美しいのが特徴的です。 発売当初の赤いデキャンタボトルが特に魅力的で、表の瓶の刻印は、双龍と泉の図柄が表現されており、香港の有名な彫刻家の陳錦栄氏が手がけたものです。 このボトルはプレミアがつき、かなり高額で65万円〜67万円に上るなど貴重なものとなっています。 通常のボトルは、デザインがもう少し簡素で和紙のラベルの真ん中に「龍泉」と書かれており、売れ行きがかなり良く各所で売り切れが続出しています。 通常のボトルの龍泉も、十四代の日本酒の中でもかなりお値段が高めで720mlの化粧箱入が35万円〜36万円程度です。 まとめ 十四代に限らず高木酒造は、酒販店を厳選して出荷をしています。 特に、高級な十四代の龍泉などは販売する店を決めて出荷しているのと、とても人気がある日本酒なので常に品薄状態です。 龍泉はネットオークションやネット通販でもかなり高額ですが、それでも多くの日本酒ファンに購入されている最高級の日本酒です。

次の