グノー アヴェ マリア。 カッチーニ『アヴェ・マリア』 ヴァヴィロフ作曲

アヴェ・マリアとは (アヴェマリアとは) [単語記事]

グノー アヴェ マリア

キリスト教は聖母マリアにとりなしを願う古い伝統をもっています。 天使祝詞とも言われるアヴェ・マリアは、その中でも最も代表的な祈りの一つです。 アヴェ・マリアの祈りは、前半と後半に分けて考えることができるでしょう。 前半の二つの文は、ルカ福音書からのものです。 「恵みあふれる聖マリア、主はあなたとともにおられます」の部分は、大天使ガブリエルがマリアに挨拶する箇所からとられています(1・28)。 「主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました」の部分は、マリアを迎えるエリサベトの挨拶の一部です(1・42)。 ここでの「イエス」の名は、もともと聖書には記されていませんでしたが、教皇ウルバノ4世(1261-1264)の時に加えられたと考えられています。 このアヴェ・マリアの前半が典礼の祈りとして用いられるようになったのは、6世紀のシリア教会でした。 ローマ教会の典礼においては、7世紀以降に「お告げの祭日」などで使うようになりました。 そして13世紀からは、「主の祈り」、「使徒信条」とともにアヴェ・マリアは、三つの大切な祈りの一つであるという認識が広まったのです。 14世紀になると、朝、昼、晩のお告げの祈り(Angelus)のときに、アヴェ・マリアが唱えられるようになりました。 さて、後半部分の「神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、今も死を迎えるときも祈ってください」の部分は、15世紀の半ばになってようやく現れてきました。 フランシスコ会の修道士ベルナルディヌスによって作られたとされているロザリオの信心とともに、アヴェ・マリアは、前半と後半が合わせられた形として普及し、次第に典礼文としても使われるようになったのです。 さて、ルネサンス期から近・現代に至るまで、多数の作曲家がアヴェ・マリアに曲をつけています。 ルネサンス期のオケゲム、ジョスカン・デ・プレ、パレストリーナ、バードはもちろん、古典派からロマン派にいたるリスト、シューベルト、グノー、ブルックナー、サンサーンスなどが曲を作りました。 その中でも、J. バッハの「平均律クラヴィーア曲集の第一プレリュード」を基にして作られたグノーの作品とW. スコットの『湖上の美人』のドイツ語訳の第3番をもとにして作曲されたシューベルトの作品は、人々に最も親しまれているものでしょう。 『湖上の美人』では、乙女エレンが自分の父と恋人のために聖母マリアに祈る形を取っています。 シューベルトの作品の元となったW. スコットの詩は、次のような内容です。 アヴェ・マリア、やさしき乙女 (Ave Maria! Maiden mild! ) 聞きたまえ 乙女の祈りを (Oh listen to a maiden's prayer)。 荒れし野の果てより 聞きたまえ (For thou canst hear tho' from the wild) 絶望の淵より 救いたもう (And Thou canst save amid despair. ) ののしられ 逐われし身をも (Tho' banish'd outcast and reviled,) 護りたまえ 眠らせたまえ (Safe may we sleep beneath thy care)。 聖女よ、聞きたまえ、乙女の祈りを (Oh, Maiden hear a maidens prayer. ) 御母よ、聞きたまえ、子の願い事を (Oh Mother, hear a suppliant child! ) アヴェ・マリア (Ave Maria! ) シューベルトがこの詩に曲をつけたのは、亡くなる3年前、病気と貧困を極めていた時期でした。 生涯にわたって苦しみの多かったシューベルトは、エレンの祈りを通して慰めと光を求めたに違いありません。 「ののしられ 逐われし身をも、護りたまえ 眠らせたまえ……」。 この部分からは、苦しみの只中で神に向って祈るシューベルトの心が、美しく優しく響いてきます。

次の

ららら♪クラシック これまでの放送

グノー アヴェ マリア

作曲の経緯 《グノーのアヴェ・マリア》の作曲はファニー・メンデルスゾーンの助言がきっかけになったと言われています。 ファニー・メンデルスゾーンは有名な作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの姉。 当時は有名な作曲家でピアニストでした。 グノーよりひと回り年上だったメンデルスゾーンは、親交のあったグノーにピアノ研究の教科書としてバッハの《平均律クラヴィーア曲集 第1巻》を勧めたといいます。 そしてメンデルスゾーンはグノーに思い浮かんだメロディーを《前奏曲第1番ハ長調》に重ねるように促しました。 実際にグノーが《アヴェ・マリア》を作曲したのは、その助言から月日がだいぶたった1859年。 ファニー・メンデルスゾーンが亡くなってから12年後のことです。 Ave Maria, gratia plena, Dominus tecum, benedicta tu in mulieribus, et benedictus fructus ventris tui Jesus. Sancta Maria mater Dei, ora pro nobis peccatoribus, nunc, et in hora mortis nostrae. Amen. アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、 主はあなたとともにおられます。 あなたは女のうちで祝福され、 ご胎内の御子イエスも祝福されています。 神の母聖マリア、 わたしたち罪びとのために、 今も、死を迎える時も、お祈りください。 アーメン。 それにしてもバッハの作品とキリスト教の歌詞は良く合いますね。 さすが教会のオルガニスト! クラーニャ 豆知識:バッハ自身が《アヴェ・マリア》を作曲したら、違う歌詞になっていた? バッハはキリスト教プロテスタントのルター派に属していました。 ルター派とはバッハが生まれる150年以上前に起きた宗教改革で生まれた宗派です。 ラテン語で書かれた聖典をドイツ語に翻訳して使うのが特徴の一つでした。 その流れでルター派に属する作曲家は宗教音楽を書くとき、ドイツ語で作曲するのが基本でした。 バッハが作曲した宗教曲もほぼすべてがドイツ語で書かれています。 もしバッハが《前奏曲第1番ハ長調》にアヴェ・マリアの歌詞を付けて曲を作っていたら、そこに付けられる歌詞はラテン語ではなくドイツ語になっていたでしょう。

次の

名曲に名旋律をかぶせたグノーの「アヴェ・マリア」: J

グノー アヴェ マリア

キリスト教は聖母マリアにとりなしを願う古い伝統をもっています。 天使祝詞とも言われるアヴェ・マリアは、その中でも最も代表的な祈りの一つです。 アヴェ・マリアの祈りは、前半と後半に分けて考えることができるでしょう。 前半の二つの文は、ルカ福音書からのものです。 「恵みあふれる聖マリア、主はあなたとともにおられます」の部分は、大天使ガブリエルがマリアに挨拶する箇所からとられています(1・28)。 「主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました」の部分は、マリアを迎えるエリサベトの挨拶の一部です(1・42)。 ここでの「イエス」の名は、もともと聖書には記されていませんでしたが、教皇ウルバノ4世(1261-1264)の時に加えられたと考えられています。 このアヴェ・マリアの前半が典礼の祈りとして用いられるようになったのは、6世紀のシリア教会でした。 ローマ教会の典礼においては、7世紀以降に「お告げの祭日」などで使うようになりました。 そして13世紀からは、「主の祈り」、「使徒信条」とともにアヴェ・マリアは、三つの大切な祈りの一つであるという認識が広まったのです。 14世紀になると、朝、昼、晩のお告げの祈り(Angelus)のときに、アヴェ・マリアが唱えられるようになりました。 さて、後半部分の「神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、今も死を迎えるときも祈ってください」の部分は、15世紀の半ばになってようやく現れてきました。 フランシスコ会の修道士ベルナルディヌスによって作られたとされているロザリオの信心とともに、アヴェ・マリアは、前半と後半が合わせられた形として普及し、次第に典礼文としても使われるようになったのです。 さて、ルネサンス期から近・現代に至るまで、多数の作曲家がアヴェ・マリアに曲をつけています。 ルネサンス期のオケゲム、ジョスカン・デ・プレ、パレストリーナ、バードはもちろん、古典派からロマン派にいたるリスト、シューベルト、グノー、ブルックナー、サンサーンスなどが曲を作りました。 その中でも、J. バッハの「平均律クラヴィーア曲集の第一プレリュード」を基にして作られたグノーの作品とW. スコットの『湖上の美人』のドイツ語訳の第3番をもとにして作曲されたシューベルトの作品は、人々に最も親しまれているものでしょう。 『湖上の美人』では、乙女エレンが自分の父と恋人のために聖母マリアに祈る形を取っています。 シューベルトの作品の元となったW. スコットの詩は、次のような内容です。 アヴェ・マリア、やさしき乙女 (Ave Maria! Maiden mild! ) 聞きたまえ 乙女の祈りを (Oh listen to a maiden's prayer)。 荒れし野の果てより 聞きたまえ (For thou canst hear tho' from the wild) 絶望の淵より 救いたもう (And Thou canst save amid despair. ) ののしられ 逐われし身をも (Tho' banish'd outcast and reviled,) 護りたまえ 眠らせたまえ (Safe may we sleep beneath thy care)。 聖女よ、聞きたまえ、乙女の祈りを (Oh, Maiden hear a maidens prayer. ) 御母よ、聞きたまえ、子の願い事を (Oh Mother, hear a suppliant child! ) アヴェ・マリア (Ave Maria! ) シューベルトがこの詩に曲をつけたのは、亡くなる3年前、病気と貧困を極めていた時期でした。 生涯にわたって苦しみの多かったシューベルトは、エレンの祈りを通して慰めと光を求めたに違いありません。 「ののしられ 逐われし身をも、護りたまえ 眠らせたまえ……」。 この部分からは、苦しみの只中で神に向って祈るシューベルトの心が、美しく優しく響いてきます。

次の