食べてすぐ下痢 太らない。 食べてすぐ下痢で太らない!痩せる!なぜ?ストレス?病気?

『 下痢の原因になる食べ物&飲み物』リサーチ結果を一挙公開!原因不明の下痢を引き起こす犯人はどいつだ?

食べてすぐ下痢 太らない

下痢はこのように起る!お腹が緩くなるメカニズム!• 下痢が起こる主な原因は何?食事にも注意が必要?• 揚げ物は下痢の原因にある?脂っこいものは下痢になりやすい?• 揚げ物を食べても平気?すぐ下痢になると太らないって本当? お腹が弱く、下痢を起こしやすい人は食べ物やその組み合わせなどには人一倍気を遣っているという人も多いですよね。 そんな中、揚げ物には下痢を起こす原因があると言われていますが、実際はどうなのでしょうか。 また、揚げ物などカロリーの高いものを食べても、下痢になると太る事はないのでしょうか。 今回は、そんな疑問にお答えします。 下痢はこのように起る!お腹が緩くなるメカニズム! 下痢に関しては、頻繁になりやすい人とそうでない人がいます。 では、下痢とはどのように起るのでしょうか。 便の種類 まず理想的な便は、黄褐色のバナナ状または半練り状でイヤなが少なく、するりと出るソフトな便を指します。 下痢の際は、通常80%前後の水分量に対し90%を超えた状態になるのです。 下痢が起こる原因 このような下痢は、腸の働きに何かしらの異常がある場合に起こります。 通常、腸は『ぜん動運動』という動きを常にしています。 消化の始まりが遅い• 吸収に時間がかかる 消化の始まりが遅い 揚げ物など、脂肪の多い食べ物は胃を通り越し、十二指腸でやっと消化・分解をスタートすることができます。 通常、タンパク質などは腸に届く前に唾液や胃で消化することができるのに対し、揚げ物などは消化が始まるまでに時間が掛かるのです。 吸収に時間がかかる さらに、やっと分解された成分が体内に吸収されるまでにも時間が掛かってしまうのです。 もちろん、時間が掛かってもきちんと消化しきることができれば下痢にはなりません。 しかし、揚げ物などの脂肪分はが消化されないまま腸まで流れることが多いのです。 この2つの理由が腸を刺激することとなり、ぜん動運動が過剰になり下痢を引き起こしやすくなるのです。 日本人の腸は油に不向き また、日本人は昔から煮たり焼いたりするヘルシーな食事が多く、油を摂取するような身体の造りではないと言われています。 一方、欧米人は味付けの濃い脂っぽい食事が多く、脂肪消化機能は日本人より強いのです。 揚げ物を食べても平気?すぐ下痢になると太らないって本当? では、揚げ物などはカロリーも高い食べ物なので、避けている人も多いのではないでしょうか。 しかし、下痢になり排出されるという事はカロリーの摂取もなく太らないという事になるのでしょうか。 すぐ下痢になれば吸収しない? では、揚げ物などのカロリーはどうでしょう。 食べてすぐ、下痢になった場合は太らないのでしょうか。 その場合、食べたものが体内で消化され栄養素とりこまれる前に、本来得られるはずの栄養が排出されるので、栄養の吸収が不十分となります。 だからこそ、カロリー摂取量と言う意味では下痢をしなかった場合よりは低いかもしれません。 しかし、人間の体は栄養を摂ることで各器官が十分に働くようにできています。 つまり、下痢できちんとした栄養が取れなくなると各器官がきちんと働かなくなり、代謝機能が低下することでかえって太りやすい体質となるのです。 なぜなら、下痢は体内の水分が排出されることになりますよね。 だからこそ、下痢により脱水されることで一時的に体重は減るという訳です。 下痢で減った体重はすぐ戻る しかし、下痢で一時的に体重が減ったとしても、それは本当の意味で痩せたという事ではありません。 なぜなら、身体は自然と元の水分量に戻そうとしますので、簡単に体重は戻ってしまうのです。 下剤ダイエットも同じ だからこそ、間違ったダイエット法として食べた罪悪感から下剤を飲み、体重が増えないようにするダイエット法を取り入れている人もいますよね。 下剤をしようすると、お腹の中の水分を集め下痢のような便が排出されます。 しかし、根本的に痩せている訳ではなく、無理に下痢のような状態を作っているので逆に吸収しやすい身体を作ってしまいます。 下痢にならない工夫 このように、下痢を繰り返してもメリットはなくできれば下痢にならない環境を整える事がベストです。

次の

やせている人には理由があった! 生活習慣病予防にもなる 「スリム習慣」ダイエット

食べてすぐ下痢 太らない

「思いがけない食べ物が下痢の原因だった!」というケースは少なくありません。 例えばリンゴや豆腐、ブロッコリーなど、ぱっと見、健康に良さそうな食べ物でも人によっては下痢の原因になることがあります。 筆者の場合、お腹を下すひどい下痢の原因はなんと「太麺(つけ麺)」でした! 下痢でお腹を壊すと「食あたり?」「痛んだ古いものでも食べたかな?」とまずは思ってしまいがちですが人それぞれ体質的にあわない食べ物があります。 ここでは「下痢になる食べ物・飲み物」についてお聞きしたアンケート結果と共にメジャーなものからレアなものまで下痢の原因になる食べ物・飲み物をまとめています。 アンケート結果の前に・・・ どんなものが下痢の原因になるのか?主要なものをまとめてみました! 下痢の予防のためにも主要なものは覚えておいてくださいね。 1.刺激物 辛いものや酸っぱいものなど刺激の強いものは腸のぜん動運動が活発になりすぎ、しっかりと便の水分が吸収されずに直腸まで運ばれ下痢の原因になります。 2.冷たいもの 下痢になる飲み物の代表といえば冷たい飲み物、冷たいものを飲み過ぎてお腹が冷えてしまうと内臓の血流が悪くなって活動が鈍くなり消化不良を起こすことで下痢になることがあります。 また、刺激物と同じく冷たいものも腸のぜん動運動を促進するので、活動が活発になりすぎると下痢になります。 3.アレルギー 食物アレルギーが下痢の原因になっていることもあります。 やっかいなのが遅滞性フードアレルギーと呼ばれる時間が立ってからアレルギー反応が起こるタイプ。 食べた翌日だけでなく2,3日後にアレルギー反応が起こることがあり、これに気づくためには普段から口にしたものを記録しておく必要があります。 4.食品添加物 加工食品を食べて下痢になる場合は食品添加物が原因の場合もあります。 例えば、豆腐に入っている「にがり」や中華麺に入っている「かんすい」、ホットケーキミックスなどに入っている「ベーキングパウダー」は下痢の原因になる食べ物として有名です。 その他、増粘剤や酸化防止剤、色調安定剤、着色料にいたるまで下痢の原因となる可能性がある添加物がたくさんあります。 5.食品中の成分 コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノール、にんにく・ネギに含まれるアリシンなど、本来は健康に良いとされるものでも体質や食べ過ぎによって下痢の原因になることがあります。 6.乳糖不耐症 乳製品を食べて乳糖が分解できないために起こる下痢です。 大人になるにつれ乳糖を分解する酵素が減少するのが原因で、病気でも何でもなく、ごく自然な事です。 ヨーグルトやクリームシチューでも下痢になる人もいます。 人によって程度に大きな違いがあるので「これくらいなら大丈夫」という自分の体の目安を知っておく事が大事ですね。 7.食べ過ぎ・飲み過ぎ アルコールの飲み過ぎや脂っこいものの食べ過ぎは下痢の原因になります。 わかっていてもついついやりすぎてしまうものですが、お腹の調子が悪い時は特にご注意を。 私は牛乳を飲むと必ずお腹を下します。 牛乳はもちろんですが、牛乳の入っているもの、例えばコーヒー牛乳やミルクティーでもお腹を下します。 ただ、牛乳を鍋で沸騰させると酵素が壊れて下さないと聞いたので、試しに牛乳ゼリーを作って食べたところ、お腹を下しませんでした。 (男性/30歳) 「たくさん飲まなければ大丈夫」という人がいる一方で「シチューやグラタンでもダメ」という人もいるなど、下痢になる程度は人によって大きく差があるようです。 また、ヨーグルトでも下痢になる人も多い点にも注目、お腹の調子を整えるとされる食べ物でも人それぞれの体質によるということですね。 なかでも唐辛子が入った調味料のペーストがいちばんくだるようにおもいます。 ニンニクも入っているのでニンニクの影響もあるかもしれません。 辛い食べ物が大好きなので、下るとわかっていても懲りずにたべてしまいます。 (女性/30歳) 「カプサイシンが交感神経を刺激するから」だとか「辛いものは胃や腸の粘膜を傷つけるから」など色んな原因が重なって下痢になるようです。 なかには「唐辛子は大丈夫だけど山椒はちょこっとでも下痢になる」という人もいるので 辛さだけでなく香辛料の種類も関係があるようです。 食べ過ぎはもちろんだけど1個でも下痢になってしまうのが悩みです。 特にかき氷系の物は刺激が強いらしく1発でなる時があります。 夏場はアイスを食べる回数も増える為お腹も冷しやすくなる為、冷やし過ぎないように気を付けなければならないと思います。 (女性/36歳) 暑くなると冷たいものを食べる機会が増えますが食べる量には加減が必要ですね。 油系のラーメンを食べると、必ず下痢になってしまいます。 油系のラーメンはとても美味しく、下痢になるとは分かっているものの、定期的に地域のお店へ食べに行きます。 おそらく、油のとりすぎが下痢の原因だと思います。 筆者はまさしく中華麺に含まれる「かんすい(添加物)」で下痢になるタイプですが、「太麺」を避けるようにしてからラーメンで下痢になる事がなくなりました。 ラーメンは材料から作り方までそれぞれ違うので、コレだ!という原因を特定するのはなかなか難しいですね。 でも、下痢の原因と傾向がわかれば下痢に怯えること無くラーメンを美味しく楽しめるようになるかも 最近、焼き肉屋に行くと腹下すんだ。 我が家は何するにも豚肉ばかり使った料理で、牛肉は外食の時だけ。 ずっと何ともなかったのに、ここ1、2年思い返すと焼き肉屋から帰るとお腹が痛いかも。 それに牛肉食べた翌日はおならが異常に臭いし、普段気にも留めていない体臭が臭ってるかも。 牛肉NGなのかな。 (女性/38歳) 肉の脂肪分が下痢の原因だとすれば豚肉だって脂肪分はたっぷりあるはずなのに、なぜに牛肉だけ? アンケート数がまだ乏しいのでただの偏りの可能性もありますが牛肉はほかの肉に比べ下痢になりやすい傾向があるのかもしれませんね。 コーヒーで下痢になるとは思っていない(気づいていない)人が結構いるんじゃないかな? コーヒーを飲むといつもお腹が痛くなります。 インスタントやドリップコーヒーなどの種類で、痛さも違ってきます。 一番、お腹が痛くなりにくいのは、薄めのドリップコーヒーです。 反対に、ものすごくお腹を下してしまうのは、冷たい缶コーヒーです。 (女性/36歳) 「毎日コーヒーは欠かせない」という人、慢性的な下痢や軟便になってるとしたら要注意ですよ! コーヒーには大腸のぜん動運動を促進する働きがあって、適量なら便秘の解消や予防に役立ちますが飲み過ぎは下痢の原因になります。 アレルギー体質じゃないんだけどスイカを食べると必ず翌日下痢になることが判明。 夏場の下痢はつらいのでそれ以降、絶対口にしないようにしてる。 (21歳・男性) 果物の場合、水分の摂り過ぎによる消化不良やお腹の冷えもありますが、食物アレルギーの可能性も高いようです。 ちょっと食べただけでも下痢になる人は果物アレルギーも疑ってみましょう。 下痢になりやすい食品はにんにくです。 精力がつき元気になると有名なにんにくですがその反面食べるとかなり高確率で下痢になります。 餃子一切れなど少量なら問題ないですが、焼肉のたれ、にんにくの多い餃子などを食べた際には要注意です。 (男性/23歳) 青ネギや白ネギ・玉ねぎ・ニンニクなどネギ系の野菜には硫黄化合物の「アリシン(元はアリイン)」という強い抗菌作用、殺菌作用を持った成分が含まれています。 風邪の予防やスタミナ補給など健康に良いイメージが強いネギ系野菜ですが、その強い抗菌作用、殺菌作用が胃腸への刺激になり下痢の原因になるのではないかといわれています。 アリシンは加熱で減らせるので、生では下痢になるという人でも加熱調理なら問題ないという人もいます。 朝食に、パンにマーガリンをたっぷり塗ってそのまま食べるのが大好きだったが、最近はマーガリンを塗った後に、パンを焼かないとすぐにおなかが痛くなる。 そのせいでホテルで朝食をとるときは和食にしているが、すごく悲しい。 マーガリンには全脂粉乳、脱脂粉乳、生クリームなどの乳成分が添加されてるものがあり、乳糖不耐症の人はそれで下痢の原因になる可能性があります。 また、乳成分が原因じゃないなら酸化防止剤や保存料、着色料が入っている商品もあるので添加物も注意してみると良いと思います。 筆者もマーガリンは大好きでしたが体に悪いトランス型脂肪酸ということを知ってからはなるべくマーガリンやショートニングが入ってるものは避けるようにしてます。 麻婆豆腐を食べるといつも下痢になっていたので長年辛いものが原因と思ってましたが原因は豆腐でした。 冷奴でも湯豆腐でも必ず下痢になります。 (35歳/男性) 大豆製品は大丈夫なのに下痢になるなら豆腐に入っている添加物が原因かもしれません。 豆腐は「にがり」で固めていることは有名ですが、この「にがり」とは塩化マグネシウムのことです。 塩化マグネシウムは便秘の治療薬として使われるもので摂りすぎると軟便や下痢を引き起こします。 凝固剤として「にがり」 のほかに、硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトン、塩化カルシウム、硫酸マグネシウムなどを使っている商品もあります。 また、製造工程で発生する泡を消すために消泡剤という添加物も入っているなど、豆腐って意外と添加物の多い食べ物なんです。 まとめ 今回のアンケートで人それぞれ下痢の原因になる食べ物はいろいろと違いがあることがわかりました。 ただ、これだけではまだまだ情報不足なのは否めません。 読者さんが下痢の犯人を見つけるヒントになるように、今後も継続して調査していきたいと思います。

次の

太れない人の最大の敵は下痢!太るためには下痢をしない食生活が大切|カラダツクール

食べてすぐ下痢 太らない

一つ一つ分かりやすく解説していくから安心してね! これらのポイントを踏まえながら、どうすれば良いのか話していきます。 食品で胃腸を助けて下痢をしづらい体にする 胃腸に良い成分を多く含む食べ物を摂取して、胃腸を強くします。 いわゆる腸内環境の改善というものです。 具体的には「善玉菌を多く含む食品」を食べていきましょうという話。 善玉菌と悪玉菌について 善玉菌とは胃腸の機能を活性化させ、下痢の予防をしてくれるのに対し、 逆に悪玉菌は腸の機能を低下させて便秘や下痢を引き起こすものである 腸内環境の改善にはこの善玉菌が必要不可欠となります。 そして善玉菌は、食品の健康効果によって増えていきます。 善玉菌を増やす代表的な食品は、ズバリ発酵食品です 腸内の善玉菌を増やしてくれる効果がある食品の中でも代表的な食品の発酵食品ですが、中でもさまざまな種類がある中で、何が良いのか詳しく見ていきましょう。 おすすめの発酵食品とは? 自分の好きなものを選んで食べていくというのが継続のコツです。 好きなものを美味しく食べる習慣をつけて、太る胃腸を目指しましょう。 僕自身ヨーグルトが大好きなのでそればかり食べていました。 それでも効果は期待できるので、自分が好きなものを継続的に食べていきましょう。 消化酵素を増やして下痢を無くす 消化酵素とは、食べ物を食べた後の消化を助けてくれるものです。 太れない体質の人はこの消化酵素が著しく欠けている場合が多く、これがあるのとないのとでは消化の効率も大きく影響してきます。 この消化酵素は三つの種類に分けられており、酵素ごとに助ける栄養素が変わるので消化を助けたい食品と一緒に食べることで消化の効率をアップさせてくれるんですね。 消化酵素の種類とは?• 味の濃いものや脂っこいものは控える• 胃腸を労わる時間帯を作る• 食物繊維を摂りすぎない これらは下痢をしないため、 胃腸を良い状態にして消化・吸収をするために絶対に忘れてはいけない事。 ここまででご紹介した「食品で胃腸を助ける」以上に大切なことかもしれません。 それぞれ深掘りして話していきます。 「こんなカロリー高いものばかり食べてるのになんで太らないの?」 なんて考えたことがある方は多いんじゃないでしょうか。 答えは簡単です。 すべて栄養として吸収できていないからです。 ですが摂りすぎには注意が必要です。 食物繊維の摂りすぎが良くない理由 食物繊維は摂りすぎにより腸のぜん動運動が活発になりすぎてしまい腸にとどまる時間が短くなってしまい便に含まれる水分が多い状態のまま体外に排出されることになります。 水分量が多い便、つまりは下痢になりやすいということ。 それだけでなく、本来吸収されるはずだった栄養素まで一緒に排出されてしまうんです。 役立つ反面摂りすぎには注意が必要です。 ちなみに食物繊維はイモ類や豆類に多いので芋や豆を食べる時は気を付けましょう。 そんな方には胃腸を常に最善の状態にしてくれるサプリを飲んでいくのがおすすめです! 筆者も毎日飲んでいて、食欲増進・消化不良を無くす上で非常に効果的と感じています。 それがこの です。 これは、筋トレなどをするトレーニーの間でも利用している人は多く、Amazonの胃腸薬ランキング1位になっているほどの商品で大人気なサプリです。 太れない体質で下痢を悩んでいる方の味方です。 できれば利用を推奨します。 使用した感想や効果については下記記事で解説しています。 水分の摂りすぎは下痢をしやすくなる 僕自身下痢をしやすく、頻繁にお腹を壊していました。 下痢をしないためにあらゆる方法を試していましたが、完全になくなることは無く悩む日々が続いていました。 ふと、誰かが「腸内で水分が吸収しきれなかった時、下痢になる」と言っていた人がいたことを思い出し「普段飲む水の量も関係するのでは?」と考えるようになりました。 たしかに僕は毎日たくさんの水分を摂っていて、心当たりがあったので飲む水の量を半分以上減らしてみたんです。 その結果ピタっと下痢が無くなった• 毎日エビオス錠を飲む• 食事中の水分を少なめに• 大根おろしを頻繁に食べてみた(二日に一回ほど夕食に)• お菓子を食べないようにした 特にお菓子を食べないようにすることは効果が高かったのではないかと思います。 スナック菓子などを頻繁に食べる人は、是非我慢してみると良いですよ。 お菓子も高カロリー食品で胃にかかる負担が大きいですからね。 今回伝えたいことは以上となります。 是非、太れない体質の人は下痢をなくせるように頑張ってみてくださいね。 参考になっていれば嬉しいです。 当記事の内容も含めた、実体験をもとに太れない体質が太るための「正しい太る方法」の総集編として、こちらでまとめています。 関連記事>>.

次の