皮膚科 宮崎県。 皮膚科,宮崎県,宮崎市,たじり皮膚科医院

宮崎市の皮膚科の病院・クリニック(宮崎県) 35件 【病院なび】

皮膚科 宮崎県

宮崎市にある皮膚科10選 くるみ皮膚科• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市大字恒久5980• 電話 0985-50-9630• 院長 加嶋 亜紀 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 口コミによると穏やかで丁寧な女性医師が診察を行っているようです。 男性女性、子供から高齢者まで幅広く診察しており、髪の毛から足の爪まで皮膚に関する症状はすべて取り扱っています。 女性ならではの観点を活かし、その人その人に合う治療法が提案できるよう努めていて、スキンケアの相談も可能です。 病院は木のぬくもりあふれる作りで、患者さんがリラックスして診察を受けられる環境づくりがされています。 診療時間開始の30分前から受付を開始しており、受付締め切りは診療時間終了の30分前です。 蜂須賀クリニック• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市丸山2-83• 電話 0985-24-5551• 院長 蜂須賀 裕志 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 朝は早くから診察しており、急を要する場合や仕事前などの受診が可能です。 先生は大学病院での経験を活かして診察を進めており、患者さん一人一人が納得のできる治療法を提供するよう努めています。 また疾患についてや薬の塗り方まで丁寧に説明をしてくれます。 必要な場合には、麻酔を使った簡単な日帰り手術も行っています。 また美容皮膚科ではAGA 男性型脱毛 やプラセンタ注射も行っており、希望する患者さんにはジェネリック品を使用することもできます。 中野医院• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市橘通東4-6-18• 電話 0985-22-2695• 院長 中野 俊二 先生• 休診日 水曜・日曜・祝日• ホームページ 土曜も一日診察を行っている病院です。 平日、土曜日の午後、手術がある場合には診察は16:00~となります。 患者さんの負担を少しでも減らす治療を目指していて、あざの治療などではレーザーや、その他にも最新機器を取り揃えて治療にあたっています。 同じ建物内に美容皮膚科も併設されており、しみやしわ取り、リフトアップ、男性ならではの悩みに対する治療にも対応しています。 皮膚に関する悩みや施術にあたって心配なことなど、電話またはメールでの相談が可能です。 相談方法はホームページを確認ください。 みきクリニック宮崎• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市広島1-17-33 K&PROCEEDビル2・3階• 電話 0985-33-9678• 院長 多久嶋 美紀 先生• 休診日 月曜・日曜・祝日• ホームページ 院長は女性の先生で、土曜日は午前・午後も診察が可能な病院です。 皮膚科のほかに形成外科と美容皮膚科も併設していて、皮膚にできた腫瘍で形成外科的治療が必要な場合も対応してくれます。 皮膚は表面だけでなく、内臓疾患のシグナルの場合があるため、様々な観点から治療にあたります。 美容皮膚科では二重手術やAGA治療など幅広く取り扱いがありますが、その中でもサプリメントに関しては、血液検査を行いその結果を分子整合栄養医学に基づいて体内の不足した栄養素を分析することで、その人その人に合ったサプリメントを処方してくれます。 きくち皮膚科泌尿器科クリニック• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市中村東2-1-29• 電話 0985-51-1953• 院長 菊池 英雄 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 皮膚科と泌尿器科が併設された病院で、金曜日の夜、土曜日も診療を行っており、仕事終わりの方の受診も可能です。 最新機器も取り揃えており、検査の取り扱いも多いので、患者さんの生活の質を落とさない治療ができるよう、患者さんの希望を聞きながら今後の治療方針について考えてくれます。 また男性特有の疾患についても親身になって話を聞いてくれるため、一人ひとりにあった治療を行っています。 院内は全面バリアフリーで車いすの方や、ベビーカーで診察を受けたい方への配慮がされています。 東皮膚科• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市神宮西2-192-1• 電話 0985-25-2533• 院長 東 久美子 先生• 休診日 木曜・日曜・祝日• ホームページ 開業から30年経つ地元に密着した病院で、女性の院長先生が診察を行っています。 これまでの経験を活かし、患者さんの症状の改善、治療はもちろんですが、その疾患の原因追及にも力を入れており、繰り返し発症することを少しでも減らそうと努力しています。 一般的な皮膚疾患の治療のほかに、手荒れやAGA、パッチテストなど幅広く取り扱っています。 また、傷に対する診察も行っており、皮膚科医の立場から肌のことを考え、適切な処置をしてくれます。 むろい皮ふ科・アレルギー科• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市大字小松1093-3• 電話 0985-47-8350• 院長 室井 栄治 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 広々とした待合室で患者さんがリラックスした状態で診察を受けることができるような環境づくりがされている病院です。 先生は大学病院での経験を活かし、丁寧な聞き取りをしたうえで様々な観点から治療にあたってくれます。 予約することはできず、受付順の診察となります。 普段からのスキンケアの相談も可能で、病院では市販のボディーソープがなかなか合わない人のために、医療機関用の低刺激ボディーソープの取り扱いもあります。 たじり皮膚科医院• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市清武町加納2-41-1• 電話 0985-84-1110• 院長 田尻 明彦 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 古くから地域に密着した病院で、一般皮膚疾患全般を乳児からお年寄りまで幅広く受け入れています。。 先生は落ち着いてしっかりと話を聞き、その人に合った治療を進めるだけでなくその症状の原因、今後の予防法を患者さんが納得できるまで丁寧に説明してくれます。 院内は全面バリアフリーで車いすの方や、ベビーカーで来院の方も駐車場から診察室までそのまま進むことができます。 また、院内感染の予防を徹底しているため、患者さんが安心して診察を受けることのできる環境づくりをしています。 南部病院• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市恒久891-14• 電話 0985-54-5353• 院長 山成 英夫 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 地域の中核病院となることを目標に、皮膚疾患全般を扱い、他病院からの受け入れもしている病院です。 救急の場合に24時間対応していますが、救急受診の際には来院前に電話を入れる必要があります。 皮膚疾患に対して、他の治療法とも併用ができ、効果の実感が早いのに副作用のリスクが少ない中波紫外線療法を取り入れています。 ちぐさ東洋クリニック• 基本情報• 所在地 宮崎県宮崎市千草町3-3• 電話 0985-82-8000• 院長 川越 宏文 先生• 休診日 日曜・祝日• ホームページ 皮膚科、内科、アレルギー科、心療内科を併用している漢方診療を行っている病院です。 皮膚疾患でも様々な観点から診察を行い、それぞれの症状に合う漢方を処方することで、薬に抵抗のある方、現在服用中の薬を減らしてゆきたい方などへの対応も可能です。 待ち時間短縮と診察の質の向上にあたり、予約優先外来です。 電話での予約を受け付けていますが、来院後の待ち時間を減らすため、事前にインターネットで問診票をダウンロードし準備しておくことをおすすめしています。 また、ホームページから待ち人数や比較的空きのある日を確認することができます。 他のエリア•

次の

【宮崎県】評判の良い皮膚科 ランキング

皮膚科 宮崎県

しみ治療に詳しい• 肝斑治療に詳しい• 若返りの症例写真• 肝斑治療が安い• 色素沈着の症例写真• ピコレーザー• タトゥー除去に詳しい• レーザー脱毛が安い• しわ治療/注入療法• ボトックス特集• 小顔注射• ニキビ跡• ニキビ跡治療が安い• リストカット跡・傷跡• 赤ら顔(症状別)• 赤ら顔(レーザー機器別)• 目の手術• 目の手術(症例写真)• 鼻の手術(症例写真)• 医療痩身が安い• 医療セルライト対策• 痩身手術一覧• ワキガ多汗症治療• アートメイク• 薄毛治療(女性も可能)• スキンケア• アンチエイジング• アレルギー•

次の

宮崎県宮崎市の皮膚科一覧

皮膚科 宮崎県

形成外科・美容外科・皮膚科• 評価・患者が多いこと、またVHO式巻き爪矯正手術した経験から平均より良い方と考えます。 ・VHO式巻き爪矯正手術が可能。 ・診察後から医療費の支払いまでの待ち時間が10〜20分。 大きい病院では倍以上の時間がかかる。 欠点診察待ち時間が1. 0〜3. 5時間かかる。 平均1. 5時間で初患者は待ち時間が長いと皮肉を言って帰る人が多い。 特に午前中の待ち時間が長く、午前8:30〜9:00の受付時間に15〜40人が登録する。 登録のバラツキは学校の夏休みの月曜日が最も人が多く、学校が休みでない平日の水曜日が少ない状況となっている。 待ち時間を少なくするには午前に登録予約して午後に診察すれば少しは改善できる。 院内清潔感• 皮膚科• 昨年の同症状の経緯を説明しているにもかかわらず、塗ると悪化したステロイド軟膏を処方された。 1週間我慢して塗り症状悪化して再診。 悪化はしていない、薬の塗り方が悪いもっとグリグリ力を入れて塗らないと駄目と言われ診察室を追い出された。 患者の話を全く聞かない。 取り付く島も無いとはこの事。 こんな医者は有り得ない。 待ち時間無し以外に良い所無し。 某女性専用サイトでは、薬の塗り方を丁寧に指導されると高評価の人も居るようですが、力を入れて強く擦り込む事が皮膚にとってどれだけ刺激になるかをよく考えて見ましょう。 比較的丈夫だと言われている顔の皮膚に貴方は化粧水を強く擦り込みますか?。 薬は一定以上の濃度があれば効果がある様に作ってあるので、どんなに強く擦り込んでも無意味です。 強く擦り込めば良く効くという考えは、非科学的と言わざるを得ません。 特に、炎症を抑える薬であるステロイド軟膏を塗るのに、力を入れてて塗り込む行為は皮膚を無駄に刺激してるだけで、具の骨頂以外の何者でもないと思います。 院内清潔感• 皮膚科• 何度も繰り返す湿疹で子供が何度か通院しました。 ドクターは優しい感じですが、疑問点をもって質問したことが、自分の考えと違うと、ムッとされた感じで、日本皮膚科学会のホームページをご覧になってくださいといわれました。 夏は湿疹を繰り返すと思ってくださいと言われましたが、なぜ繰り返すのかを説明していただきたいですね。 大袈裟にぐらいにしか思われてないのかなとも感じました。 医大にいらっしゃった先生なのか、マニュアル通りにすすめられてる感じがします。 アレルギー専門医であれば、もう少し皮膚のケアの仕方とか看護師も含めて患者指導などお勉強された方がよいかと思います。 年配の看護師がいらっしゃいますが電話応対とかも冷たいです。 お友だちのお子さんもあわなかったみたいです• 院内清潔感.

次の