あ この 映画 面白かっ たよ 別れ た 恋人 が 死 んじゃ うん だけど。 ircleインタビュー 最新作『Cosmic City』で描かれる死と希望、その背景を探る

#月刊少女野崎くん #堀政行 先輩が鹿島くんを寝取られる話。

あ この 映画 面白かっ たよ 別れ た 恋人 が 死 んじゃ うん だけど

ネタバレ! クリックして本文を読む 1966年、AV女優となって6年目、26歳の林由美香とともに監督は北海道最果てまで自転車旅行を敢行する。 それが前半60分。 平野監督と恋人だったのは4か月程度。 その後は友だちとして、仕事での付き合いだったが、監督にとって彼女は大きな存在だった。 2005年。 35歳のバースデーに映像を撮ろうと彼女のアパートを訪ねたときに異変が・・・電話にも出ないし、鍵がかかったままの部屋。 その時の模様が痛々しいほど訴えてくる。 警察へ連絡する平野。 泣き崩れる母親。 こんな生々しい人の死の周辺をドキュメントしているのだ。 死因は酒と薬物によるものだった・・・ ネタバレ! クリックして本文を読む 個人的にプライベートな人間関係のドキュメンタリーフィルムは、こっぱずかしくなる質なので、最初の北海道自転車旅行までは「うーん、イマイチ」。 しかし、由美香さんの「死」が、偶然にもフィルムに収められていた緊迫感溢れるシーンから、一気に画面に吸い込まれてしまいました。 第一発見者の母と元恋人。 母の慟哭とは対照的な元恋人。 彼はその後「死」を受け入れるまでに5年を要することになります。 そして、5年後。 封印してきた感情を自転車に乗って開放し、由美香さんの「死」を受け入れるというラストシーン。 自転車で疾走しないと、叫ばないと、泣かないと、恨みごとを言わないと、突破できない苦しみ。 この作品は、単純な恋愛物語ではなく、ひとりの男のありのままの記録と通過儀礼の物語です。 18歳でヤングマガジンのちばてつや賞を受賞し、将来を期待された漫画家であったにもかかわらず、突如漫画を捨て8ミリフィルム映画を自主制作しそれも処女作で受賞。 その後AV業界に転じ、そこでも天才の名をほしいがままにしてきた平野勝之と、「最後の映画女優」といわれ、ピンク映画そのものだとも評された伝説的AV女優の故・林由美香(『たまもの』を観れば、その彼女の圧巻の演技に出会えます)との長年にわたる関係を描いたドキュメンタリー映画。 『監督失格』という題名、また予告映像のくどいまでの平野の語り、そして庵野秀明プロデュースというふれこみから制作者達のオナニー感まるだしの作品と思いきや(確かにオナニーなのだが)、個人的には庵野秀明監督のエヴァンゲリオン以上に人類補完計画を完成させた作品であるという感想を持った。 このドキュメンタリー映画は誠実な作品である。 「誠実」という表現がやや陳腐であるとしたら、敢えて「ほんとう」の作品という言葉で形容したい。 そこには、ドキュメンタリーにありがちな撮る側の企みが全く感じられず、平野勝之をはじめとする、林由美香にまつわる人たちの「ほんとう」の気持ちがつまっているからだ。 そしてこの「ほんとう」は、平野勝之と林由美香との長年の関係、そして平野という男の根底にある、「ほんとう」への渇望によって担保されているのだろう(実際平野のこれまでの作品をざっとみるだけで、彼の作品が突き抜けようとする葛藤によって成り立っていることが分かる)。 これらが非意図的に積み重なり、そして最後に庵野秀明の作為によって、この映画は「ほんとう」の作品となり得たのだ。 この映画のあり方を象徴的に位置づけるのは、やはり林由美香の遺体を発見してしまった平野と林由美香の母親が狼狽するシーンだろう。 私生活すらもカメラに差し出していた平野は、作品の前後すべてをカメラにおさめていたため、林のアパートへの訪問、彼女との連絡の取れない不審さをも撮り続け、ついには遺体発見までを偶然にも記録してしまったのだ。 もちろん、林の遺体が出てきた時点でカメラを止めるのが普通で、人としてはそれが当然だ。 しかし平野と林の長年の関係は、平野がカメラを止めることを許さなかった。 彼らにはその必然があったのである。 それは、映画の題名でもある「監督失格」キーワードに由来する。 この言葉は監督の自意識過剰などではなく、林由美香がドキュメンタリーAV『わくわく不倫旅行』で自分と平野の恥部(しかし最も重要な)を撮り逃した監督に対し当てつけられたもので、いかなるときもカメラを回すべきであるというプロ意識からくるこの林の言葉は、この映画を「ほんとう」のものにし続ける遺言となった。 この言葉を以てして、後半 前半は『わくわく不倫旅行』の総集編となっている 、まったく登場のないはずの女優は常にその存在感をフィルムに染み込ませるのである。 さらに、この言葉が林由美香の死後、作品を撮れなくなっていた平野をつき動し、林由美香の母が自分の娘の死を記録した映像を世に出すことを認めさせたのだということを考えたならば、なんと不謹慎な幸運の結果にして、映画史上類をみない適切な題名だろうか。 この映画は、最愛の女性と最高の被写体を失った男・監督の、喪失と再生の物語だ。 ラストの平野の喪の作業は何とも単純で稚拙だが、数時間の限りなく「ほんとう」のこの映画を観た後、観客は平野の激走と咆哮によって、「ほんとう」の人類補完計画を目の当たりにするのである。 『わくわく不倫旅行』でウンコを食べちゃう林由美香の可愛さ(今作ではそのシーンはカット)、同作で大自然に囲まれた道路の真ん中でオナニーに興じる平野の愛らしさ(やっぱりカット)、由美香ママの寝た子を殺すような目つきの美しさ、アスファルトに染みる優しい雨を撮ったカンパニー松尾の涙の温かさ(このシーンが実は一番好き)、この映画の鑑賞後、AV業界への色眼鏡はあなたから強制的に取り外されることだろう。 しかし、どうも庵野秀明という男は相変わらず他人のオナニーに興味津々のようである。 平野は以前にも林由美香を題材にしたドキュメンタリー「由美香」を撮っており、本作は集大成とも言える。 映画は、前半は「由美香」でも描かれていた二人の北海道への自転車旅行の模様、後半は衝撃の映像が捉えられている。 久し振りに由美香と仕事をする事になった平野だが、由美香と連絡が取れない。 カメラを回したまま由美香のマンションに赴くと… 由美香は死んでいた。 死体こそは映らないが、ヤラセでも作り物でもなく、偶然にも由美香の死に遭遇した瞬間。 泣き喚く由美香ママの姿は、娘を失った母親の真実の悲しみの姿で、胸に迫る。 スナッフフィルムまで後一歩のような衝撃のドキュメンタリーだが、この映画は、平野の由美香へのラブレター、鮮烈なラブストーリーだ。 平野のAV監督デビュー作が由美香の出演作。 当時、由美香から「監督失格」と言われ、それをバネにしキャリアを積み、後に恋人関係になる。 北海道旅行での由美香の愛くるしい一面、醜い一面、繊細な一面は、恋人だった平野だから収める事が出来た映像。 二人は別れ、平野は由美香への想いが残り、スランプに陥る。 そんな時、久し振りに由美香と再会するも、その矢先…。 由美香を失った喪失は大きい。 由美香ママ共々、考える事が出来ないくらい。 その為、例の映像は封印された。 しかし、平野は、由美香が「映画を撮って」と言っている気がしたと言う。 封印を解き、映画作りを始める。 それは同時に、由美香の死と向き合い、受け入れる事でもある。 それが出来ず、苦しみ泣く平野の姿が捉えられている。 由美香の死から立ち直ろうとする痛々しいまでの姿でもあった。 その後平野監督は映画を1本も撮れなくなって、ロードムービーを撮った後に別れたはずなのになぜか由美香の影がずっと付きまとっている。 件のロードムービーを観て多大な影響を受けたという庵野秀明監督に協力してもらって、由美香の呪縛を断ち切って再起するために作ったのがこの映画。 しかしなかなか自分をさらけ出せず、庵野監督に尻を叩かれてラストシーンに追加したのが、ぎっくり腰を押して自転車で夜中走り出して「早くどこかに行っちまえ!!!」と泣き叫ぶシーン。 ここで終わり。 世俗的、一般的な常識に捉われない生き方があり、そしてその生き方をしても世間から注目を浴びて絶賛されることもある。 不倫や浮気も道義的には良くないけど、石田純一ではないけどそこから生まれるものもたくさんある。 そして林由美香という稀代の名女優にしてあげまん。 彼がなにをどうやって林由美香を描くのか、その興味だけでずっと気になっていたわけで・・・ スタッフロールが流れた瞬間、ボーっとしてました。 「俺はいま、とんでもないものを観たのではないか?」。 『それは一本のビデオテープから始まった』といえば『あんにょん由美香』と同じセリフになっちゃいますが、そのテープがあまりにも凄かった。 確かにこれがあったら林由美香が亡くなってから5年間何も撮れなかったという気持ちがよくわかる。 けれどもそれが無かったらこの映画は存在しないし、平野氏自体もう映画は撮らなかったと思う。 じゃあ何故作ったのか? 『あんにょん由美香』で松江君が平野氏に挨拶に行った時、「俺はいまやれないね」って語ってました。 それをやってしまった。 多分それは「林由美香の呪縛を取らなきゃ前に進めないんじゃないか」と。 5年間なにも出来なかったんだから。 プロデューサーの庵野秀明もエヴァの呪縛があるから。 感動とかそういうものじゃない。 言ってしまえば平野氏のおのろけ映画ともいえるが、好きな人におのろけても別にいいじゃない。 ただ見終わった瞬間、平野氏は映画を辞めるんじゃないか?と思ってしまった。 上映後、寺脇研とトークしてたら、話がどんどん進んじゃってティーチインが無くなって仕舞いましたが、寺脇氏の計らいで「出口で監督にいさせますので面白かったとか、この糞野郎とか声かけてください」と言われたので、閉会式があったのですが、別に関係ないのでいの一番に挨拶に行きました。 私「次回作はあるんでしょうか?」 監督「もう企画があります」 私「あのー、松江監督と不仲なんですか?」 監督「そんなことないですよ。 試写会も来てくれたし。 まぁ彼がどう思っているのかわかりませんけどね(笑)」 私「次回作、期待しています。 頑張ってください!」 と、握手してきました。 両手で握手してくれました。 その時の監督の笑顔は清々しいものでした。 吹っ切れたのかな? 情熱を感じました。 素晴らしい映画だと思います。 お近くで上映されたら見にいくことをお勧めします。 これはドキュメンタリーである最大の恋愛映画です。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

ircleインタビュー 最新作『Cosmic City』で描かれる死と希望、その背景を探る

あ この 映画 面白かっ たよ 別れ た 恋人 が 死 んじゃ うん だけど

監督: 製作国:日本 上映時間:87分 これは年に何本かある、観たいか観たくないかに関わらず観ないといけない系映画だが、観たら気が滅入りそうだと思って観るのが遅れた。 だが実際のところ、確かに悲惨な状況だが悲惨過ぎてアッパーな領域に入っており、またなので映像もカッコいいのでアッパーさを感じてしまい気は滅入らなかった。 あと確かに悲惨な状況を描いているが、塚本監督なので画面にはカッコいい色味のフィルターがかかっているせいか、あまり陰惨な気分にはならなかった。 この監督の映画は画面がカッコよくて、何だかどの映画を観てもフェなエロさを感じる( クローネンバーグにも似たものを感じる) 末期の敗北寸前の日本軍。 フィリピンのレイテ島に送られている兵士が主人公()。 殺しとか戦争とか明らかに苦手そうで、ものを書くのが好きなそうなので感情移入も容易。 彼はを患っており、部隊とをにされる。 その間、芋とか塩をGETするが何だかんだ上官に取られたり、すぐ泣く若い兵士を見過ごせなくてあげてしまったりする。 だけど、それが伏線になってたりするんだから世の中何が起こるかわかんないもんだね。 すぐ泣く若い兵士は自分を持っておらず他人に依存しがち。 で、どう見ても他人を利用して生きてる系のオッサン()にいいように使われている。 こいつはずる賢い奴だが演じてるのがなせいか、人間的魅力に溢れていて一緒に行動したくなる気持ちもわからんでもない。 主人公に感情移入して観ていると、何だかどいつもこいつもクズばっかという感じで、まあ確かに彼らはクズっぽい香りはするが極限状態なので多分、誰があの場に居ても大差ないような気がする。 きっと自分も戦地に居たらレイプしたり人を喰ったりするのかもしれない(本当にやるとは思えないが、きっとそうするだろうと思う事が大事) すぐ泣く若い奴はどっちかというと一番被害者の面が強い気がするが、後半に増長してたり狂奔したりする木の葉の様に翻弄されてる様を見ると、一番ムカッと来るのはこいつだった。 やっぱ自分がない奴というのはムカつくな。 20歳くらいの時の自分がこんな感じで自分がなくて、エゴの強い奴に指示されたがってたから近親憎悪を抱いたのかもしれないな。 しかし普通の社会にいたら多分、いい子だったんだろうという気がする。 主人公はこの青年が成長した、自分は持っているが多少優柔不断なところがあるというキャラかな。 どうでもいいけどって昔から役者もたまにやってるけど、男前じゃないけど妙な色気があってカッコいいよな。 友達に似てるし、どういう人物かは知らないが不思議な好感を抱いています そんな感じで主人公はジャングルをうろつくが、行く先々で行動を共にしている兵士が片っ端から爆撃や銃撃で吹っ飛んで死んでしまい、孤独な放浪が続く。 戦場には食い物がない。 「ジャングルなら食い放題じゃないの?」と思ってたがどうやら動物性が必要な様子。 暑さに助かる大事な塩もどうでもいい仲間にあげちまったし。。 ジャングルには死体が転がってるが、餓鬼やゾンビの様にうろついてたり、ただただ寝転んでたりウンコ座りしてこっちをじっと見ている死にかけ兵士の方が死体より怖い。 「生きてる奴」「死んだ奴」と、デジタルな感じで二種類の人間がいるだけじゃなくて「死にかけの奴」という中間のグレーな奴の方が多いというのが辛い。 世の中、何事もこの中間の中途半端で格好のつかないグレーゾーンのものが多いという事を忘れないようにするのが大事だな、といつも思う。 そういえば俺は出身なので、8月になるたびに学校の体育館に集められて「」とか訳のわからん映画を見せられた。 確かに戦争反対という気持ちは芽生えたが、それらの映画はグロすぎて(原爆でドロドロに溶けたオバサンや子供がゾンビの様にうろつきまくって川に飛び込んで水飲んで苦しんで死ぬような映画ばっかり)確かに戦争の悲惨さを伝えるのは大事だが、それらの映画やや教室に置いてあった原爆絵本は子供にはどれもグロすぎて「とかいう以前にグロくて嫌すぎるから戦争や政治の事を考える事自体が嫌」と焼き付いて戦争は嫌だなとボンヤリ思うだけで、その先は思考停止して一切考えない子供だった。 だから子供に見せる戦争もの、グロすぎるのも考えもんだ。 話が逸れた。 とにかく煉獄の様なジャングルを行進していく中で悲惨な光景だけが続く。 主人公も自殺しようとするが、愛する美しい妻()とのSEXを思い出してとどまったりする(そういう時に思い出すのは確かに異性の内腿の暖かさ)。 そうしてるとと自分がない青年の師弟コンビと再会する。 それでやはり悲惨な結末を迎える(ここで青年が舌を出すシーンこええ) ネタバレしてしまうとラスト、主人公は何とか愛する妻の元に帰れている。 視点は主人公から妻へと変わる。 そこで妻が見る、夫が食事する前の動きがよくわからず、静かに狂ってる人を見る妻の網膜に入った気がしてなんだか怖かった。 そんな悲惨な描写にならなくてよかった。 やっぱパワーのある映画で面白かったです。 戦場なんか絶対行きたくねえ~。 脳みそとか腕の断面とかのとこだけカットすればいけるいける そんな感じでした.

次の

[相談17]溺愛してくれるハイスペ夫を愛せず、一目惚れした遊び人と長期不倫。でも満たされない|ぱぷりこ|note

あ この 映画 面白かっ たよ 別れ た 恋人 が 死 んじゃ うん だけど

ネタバレ! クリックして本文を読む 伴侶の死、退職後の生活、長年の後悔、病気。 それぞれの思いや事情を抱え、イギリスからインドのホテルへやってきたシニア達。 イギリスと比べれば決して便利とは言えない生活環境の中で、インドの生命力と活気に刺激され、本国で縛られていた概念から徐々に解き放たれていく彼らの変貌が描かれていました。 その一方で、インド人は彼ら自身の慣習に縛られており、結婚も仕事も自由にならない若者達の現状が非常に対照的でした。 幾つになっても悩みや苦労は尽きない代わりに、心の柔軟性さえ失わなければ何度でも挑戦できるのかなと思いました。 同世代になったらまた観てみたいです。 "The challenge is to cope with it. And not just cope, but thrive. " "The only real failure is the failure to try. And the measure of success is how we cope with disappointment. " "... the person who risks nothing, does nothing; has nothing. " "All we know about the future is that it will be different. But, perhaps what we fear is that it will be the same. So, we must celebrate the changes. " "Everything will be alright in the end. And if it's not alright, then it's not yet the end. C 2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の